文科省キャリア官僚を覚醒剤と大麻所持で逮捕!「健康診断で薬物検査もすれば」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 関東信越厚生局麻薬取締部は28日、覚せい剤取締法違反(所持)、大麻取締法違反(同)容疑で文部科学省のキャリア官僚で初等中等教育局参事官補佐の福沢光祐容疑者(44)=東京都新宿区=を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は28日、自宅で覚醒剤と大麻それぞれ数グラムを所持した疑い。

麻薬取締部は同日、文科省を家宅捜索。

福沢容疑者の机から、袋に入った覚醒剤のようなものと注射器を押収した。

注射器は自宅からも見つかり、使用済みとみられるものもあった。

「薬物を使っているのでは」との情報提供があり、捜査していたという。

今後は入手経路や使用の可能性も調べる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000141-kyodonews-soci

『文科省キャリア官僚を逮捕 覚醒剤と大麻所持疑い』のニュースに世間の声は

経産省、今度は文科省と続き、次のお役所はどこだろうか?
日本のお役所全部を対象に、ガサ入れをしなければならないかも。


役所や一般企業の健康診断の血液検査に薬物検査を必須にすべき。

小さい企業も今時ISOなんかよりよっぽど薬物検査してますって方が信頼高そうだけどな。


もうこれはダメだわ
健康診断時に薬物検査も取り入れないとね。


日本の中枢機関て働いてる人が非合法勢力と接触あるとかもうね。


みんなの目が川崎の事件に向いてるけどこれ前回の経産省に続いてとんでもない事件ですよ。

自宅より職場の方が安全と思ったのかいつでもやれるように職場に置いたのか。


こないだ捕まった経産省の役人はかなりの量を輸入してたっぽいから、意外と今回捕まったのはそっちから流れてきたものだったりして。

俳優兼ミュージシャンの時は「被害者がいないから」と訳のわからない擁護をしていた識者やファンがいたが…

大麻から薬物を始めて、だんだんそれでは刺激が足りなくなって覚せい剤に手を出してしまう。
大麻が薬物使用の入り口と言われる理由だ。

大麻を日本では合法化しようとは思わない。

大麻を嗜好品としてやりたい人のほどんどは薬物依存しやすい性格。

煙草と同じで薬物もきりがないんです。
ヨーロッパでは薬物の所持を処罰せずに販売者に厳罰を科す流れ。
なぜかと言うと、いくら検挙して禁錮刑にしても出てきたら中毒だから再犯。
治療することが唯一の解決だから所持は違法にせず、使用しそうになったら交番に行って「俺、薬物使いそうだ」と言えば治療に連れていかれる。
一方、販売者には厳罰を科す。
これにより使用者は地下にもぐらず、また家族にとっても公的な支援要請が可能になる。

残念だが日本はもうかなり薬物汚染が進んでると思う。

ヤクザやチンピラや芸能人だけじゃない。


教師、医師、教授や弁護士など先生と呼ばれる職業の者にも、警察官、官僚、国を背負う立派だと言われる職業の者にも、もちろん民間サラリーマンや事業主、そして主婦や学生などにも。


もしかしたらバレてないだけで政治家の先生の中にもいるかもしれない。


職業を問わず一定の人口比で薬物使用者がいるぐらいすでに国中に蔓延してると思う。


数年前から堂々と大麻解禁の声を上げる人間が増えたのもその実態の象徴だと思ってる。


「大麻なんか依存性無いしタバコよりもずっと体にいいでしょ」みたいな軽い感覚でいる者がどれだけ多い事か。


確かに他の薬物より害は少ないだろうが無害とも言えない。


他のコメにもあるように、健康診断の際には一緒に薬物検査すべきだと思う。


覚醒剤は思っているより一般に蔓延してますね
案外、所得の高い層に多いのかも

子供たちの未来を担う天下の文科省の役人が覚せい剤と大麻とは。
日本の教育が荒廃している現状がわかるような気がする。

これは霞ヶ関官僚に相当出回っていると見るべきだろう。
使用例と入手経路を掘り下げる事で明らかになるが、影響者の存在なくし個人で手を出す筈はなく、真っ先に疑われるのはやはり職場関係者だろう。
官僚はガードが固く、一般人との付き合いはかなり慎重になる奴が多い。
知り合いの厚労省官僚もそうだったが、出版社から賄賂を手にするなどは、奥さんの名前で謝礼を受け取り、接待はよく帝国のなだ万を利用していたが、必ず裏動線から入り、タクシー送迎も異常に気にするそぶりだったな。

社会的な影響も考えれば、いくら薬中でも逮捕は避ける工作をしてただろうから、局内の蔓延が予想される。

まあ、国家の影響を重んじてこいつ1人、トカゲの尻尾切りで終わらせるんだろうが、公務員の不祥事にどう対峙してくつもりか、検察の対応が楽しみだ。

経済的停滞を背景とした社会の崩壊が少しずつ進行しているのかも知れない。
30年間も経済的発展に失敗し続けてきた財務省と大多数の
経済学者の無能を冷静に判断しなければならない。

安倍政権は頑張っているが、もし消費増税を実施したら厳しい審判を下す必要がある。

日本の不幸は、不真面目なメディアを信じ込み、政治をないがしろに
しつづけ、与野党共に無能な政治家を生み出し続けた結果、まともな
政治家の数が極端に少なく、政権選択が事実上不可能な事にある。


日本の中央がヤクザとズブズブだろうな、っていうのは、何故か、テレビやメディアにヤクザの話が多くされてたりすることで子供でもわかるんだけど、
それにしてもすごいなー
ちゃんと真剣にやめてほしいですね
たぶんこれで逮捕されても本人が痛い思いしてなくて薬しながら仕事できてたくらいならやめられないですよ
治療に繋がってるのはやったらおかしくなっちゃうとか上手く使えなくなってしまった人達だからさ

とうとう 文科省にまで広がっていたとは。
子供達に示しがつかないよ。
一人でも使用者が出たら、その所属している省庁は一度解体すべき。
新しい人材はいるのだから。
これからは定期検査すべきじゃないの?勿論上は大臣から下は出入りしてる業者までも含めてね。

職場にまで置いてあるなんて、相当な中毒者だと思われ。

日本中に中毒者が増えているのが大変心配。


覚醒剤などの使用により幻覚作用などが現れ、殺傷事件などが多くなったら怖い。


大麻については、吸引等の目的で使用の場合でも逮捕できるようにして欲しい。


また、再犯率が高いので、初犯からでも執行猶予無しで厳しく厳罰して欲しい。


なぜ覚醒剤に手を出すのか…。

もう戻れないと思うけど。


大麻はまだ合法の国があるので…。


でも覚醒剤を合法にする国って
ないと思う。


逮捕に行きついた経緯が知りたい。

行動が怪しかったのかな。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!