ドラマ「モンテ・クリスト伯」あらすじ・登場人物【ディーン・フジオカが復讐の鬼に】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

出典:フジテレビ

2018年4月、フジテレビで毎週木曜よる10時、ディーン・フジオカさん主演のドラマ『モンテ・クリスト伯』がスタートします。

初回は、4月19日(木曜)よる10時から15分拡大で放送されます。

主演のディーン・フジオカさんは、柴門暖、モンテ・クリスト伯という全く別のキャラクターを演じるにあたり、俳優として新たなチャレンジだと意気込んでいるそう。

また、ディーン・フジオカさんは、脚本を読んで「民法ってこういうことやっていいんだ!」と驚いたようで、「結構ダークな内容なので、この木曜10時という枠で、見た人がどう感じる”賭け”です。怖いもの見たさという感じになるかも」と挑戦に意欲的だそう。

結構ダークな復讐劇だなんて、面白そう。期待してしまいます。

ストーリー

物語の舞台は、小さな漁師町。柴門暖(ディーン・フジオカ)は、愛する女性・目黒すみれ(山本美月)との結婚が決まり、幸せの絶頂にいた。

そんな中、婚約者を奪おうとする恋敵・南条幸男(大倉忠義)、出世を妬む同僚・神楽清(新井浩文)、ある事情を抱えた警察官・入間公平(高橋克典)の保身によって、異国の地の監獄に送られてしまう─。

無実の罪で15年間異国の地の牢獄に閉じ込められ、婚約者と自らの未来を奪われた主人公は、思わぬ幸運で獄中生活から逃れ、巨万の富を手に入れた別人となって舞い戻る。

人生を地獄の底へと葬られた2003年から2018年の“空白の15年間”という復讐に満ちた過去と現代のタイムラグをもって描かれていく。

その知力と絶大の財力を駆使し、かつて自分を陥れ人生を狂わせた3人の男たちに対して、大胆かつ緻密で華麗な復讐劇を魅せていく─。

出典:フジテレビ

第一話あらすじ

船乗りの暖(ディーン・フジオカ)は、愛するすみれ(山本美月)と婚約し幸せの絶頂だった。

そんなある日、暖の乗った船が行方不明になり、数週間後に帰ってくるが、船長が事故で死亡する。

暖は、船長から手紙を預かっていた。迎えた結婚式当日、暖はその手紙がもとで公安の入間(高橋克典)の戦略により逮捕されてしまう。

登場人物・キャスト

柴門暖 ディーン・フジオカ
南条幸男 大倉忠義
目黒すみれ 山本美月
守尾信一朗 高杉真宙
神楽清 新井浩文
入間公平 高橋克典

スタッフ

原 作 アレクサンドル・デュマ(仏)『モンテ・クリスト伯』(1841年)
脚 本 黒岩 勉(『僕のヤバイ妻』『ようこそ、わが家へ』『ストロベリーナイト』)
プロデュース 太田 大(『名前をなくした女神』『息もできない夏』『ファースト・クラス』)
荒井俊雄(『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』)
演出 西谷 弘(『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』『ガリレオ』『刑事ゆがみ』)
髙野 舞(『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』)
野田悠介(『超限定能力』『突然ですが、明日結婚します』)

主題歌

未発表

(随時更新)

放送日程

フジ系 2018年4月スタート
毎週木曜日 夜10:00~10:54
第1話:2018年4月19日(木曜)夜10時 15分拡大


巌窟王で知られてるよね

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!