森友14文書書き換え。削除された政治家の顔は?「悪者を設定する手法はさすが」の声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題における財務省が作成した文書を書き換えていた問題で、3月11日、書き換えられた14文書のうち1つは開示請求後に書き換えられていたというニュースが入り、話題となっています。

なお、財務省は12日に国会で報告するということです。

ネットでは、「悪者を設定する手法はさすが」「完全に役人の責任だけに押し付けている」「政権も絡んだ問題だろう」などの声が挙がっています。

このニュースの詳細や、文書から削除されたという政治家の顔世間の声をまとめました。

森友14文書書き換え 1つは開示請求後 財務省理財局職員が関与

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、財務省近畿財務局が作成し、途中で書き換えた文書(決裁文書を含む書類の束)は14あり、このうち1つは、情報公開法に基づく開示請求後に書き換えていたことが11日、分かった。財務省は12日に調査結果を国会に報告する方針だが、これまで書き換えを否定してきただけに、野党は反発を強めており、事態収拾のめどはつかない。

■政治家関連記述も削除

複数の政府高官が明らかにした。

書き換えがあった14の文書の内訳は、貸し付けに関する決裁書が2つ、売買に関する決裁書が1つ、特例に関する稟議(りんぎ)書が2つ、これらに付随する文書が9つだった。1つの文書から交渉の経緯などを削除しようとしたところ、玉突きで次々に書き換えせねばならなくなったという。

開示請求後に書き換えた文書は、近畿財務局と森友学園の籠池泰典理事長(当時)の交渉に関するメモ。籠池氏と価格交渉したと受け止められかねない部分について開示請求後に削除したとみられ、財務省理財局の職員が関与した疑いが強い。

理財局が保管していたのは決裁後の文書だけ。近畿財務局も文書の大半を大阪地検に押収されていたため、財務省は森友学園との交渉に関与した近畿財務局職員27人からヒアリングを行い、自民党幹部らに「明確な書き換えの事実はみつからなかった」と説明していた。

だが、自民党側は納得せず、さらなる調査を要請。佐川宣寿氏が国税庁長官を引責辞任した直後の10日未明、法務省が検察当局に資料の提供を求め、検察当局が、これに応じて押収文書の写しを提供した。

財務省が提供文書を10、11両日に分析したところ、14文書で書き換えが確認されたという。

書き換えの動機は、佐川氏が昨年の通常国会で理財局長として「交渉記録は残っていない」などと答弁したことだった。理財局の職員らは、答弁との整合性を取るために次々に書き換えを続けたとみられる。

この問題に関し、麻生太郎副総理兼財務相、福田淳一財務事務次官、太田充理財局長らは一切関与していなかったという。

一方、近畿財務局が、3年間貸し付ける計画だった問題の土地を、籠池氏の強い要請を受けて10年間に延長することの承諾を求める稟議書にも書き換えがあった。鴻池祥肇元防災担当相、平沼赳夫元経済産業相、鳩山邦夫元総務相(故人)、北川イッセイ元参院議員の各秘書らの働きかけがあったことの文面はすべて削除されていた。

ただ、近畿財務局は政治家に関連する働きかけについては「ゼロ回答」だったという。

引用:Yahoo!ニュース

削除されていた政治家の顔

鴻池 祥肇 元防災担当大臣、 平沼 赳夫 元経済産業大臣

鳩山邦夫元総務相(故人)

出典:Wikipedia

北川イッセイ元参院議員

出典:Wikipedia

このニュースを受けての世間の声がこちら

「官僚のボスは腐ったの多い」「悪者を設定する手法はさすが」世間の声

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!