元野村証券社員の女が顧客の現金を騙し盗り逮捕!犯行の手口は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 野村証券の社員だった女が客の男性からキャッシュカードをだまし取ったうえ、現金600万円余りを引き出して盗んだとして逮捕されました。

逮捕されたのは、当時、野村証券の社員だった嶋直美容疑者(46)で、おととし、客の80代の男性からキャッシュカードをだまし取ったうえ、ATMから現金およそ620万円を引き出し、盗んだ疑いが持たれています。

嶋容疑者は、

「持っている古いカードを更新しなければならない」

「私が持っていき、新しいカードと取りかえます」

などと話し、だましていたということです。

警察は去年7月に野村証券から告発を受けて捜査していたということで、取り調べに対し、嶋容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

警察は、他にもあわせておよそ5000万円の余罪があるとみて調べています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190116-00000013-jnn-soci

『 元野村証券社員の女を逮捕、顧客の“現金”だまし取ったか』のニュースに世間の声は

野村證券だったら普通に生きて真面目に生きていれば安泰だったのに、もったいない。

こういう事件を見ていつも思うけど、何故?こんなにすぐ足がつくようなことをするのかね?
頭は良いのだろうけど、やる事が幼稚過ぎる。


会社の体質にも問題あるんだろうな…。

当然会社も責任とらなきゃいけないだろうし…さもないと会社のイメージが悪くなって顧客が減っていくよ…。


5000万円とはすごい。

どうして出来たのか知りたい。


なぜ、このようなことをしたのか。

詳しく調べてください。


男の影があるのか?
浪費の内容知りたい。


野村から新規上場株のお誘いがある時は必ず下がる

自分みたいな底辺労働者から見ると良く客に見下される態度とられるが
肩書が立派なのにこういう事件みると所詮肩書なんて大したことないなって思う。

自分もだが日本人は大なり小なり「会社」っていう後ろ盾がないと何にもできないだな。
でもそれは「そういう教育」受けてきたから仕方ないと思うが・・・・・。

野村だったら給料もかなり良いはずなのに。

いくらお金があっても足りないタイプの人間は
最後自滅するんだな。


もったいない話だ。


もっとあると思う。

何に使ったのかな。


いつかバレると考えないものかね…
お決まりの台詞、返そうと思っていた。

かな?

身内に不幸があり、野村證券の財産もあるけど、損切になってしまう株以外は基本野村證券から移すわ。
自分が年寄りになったら何されるかわからないからな(怒)。
「カードを預かることはありません。」というビラを目にしたが、自分のところの不祥事とはねえ。

大手の証券会社じゃん。
普通に勤務して真面目にしていたら、かなりの年収じゃないの?
金がそれでも足りないのか?

将来のかなり良い生活保障を捨ててまで犯行に走った動機が知りたい。

社内のノルマみたいなもの?男?ただの浪費?

返せない借金に追われると、それまではモノでしか無かった他人の金が、リアルな金に見えてくる。

お金をたくさん扱う職業の定説だそうです。


フツー、金融機関の関係者がカード預かることはないけど。
更新するとなるとむずかしい。

ほかにも絶対細かいのあるんだよなあ…。
謎の退職や左遷が定期的にあるんだってさ。
ああ…察し…になるそうです。

金融は性根が比較的悪い人多いよね。
特に証券会社は悪い。
担当ごとにスゲー対応がバラバラだし。

もっと余罪があると思うが、結局何にお金を使っていたのか?気になる

年収(1000万ぐらい)良いと思いますが。
借金とかあるんかなぁ?

野村に入社できるような人なのに、
その能力の使い方が、
あまりにも稚拙。


オレオレ詐欺みたいなことを民間がやるのか…

なんでだろー。
ごく地味そうな人なのに。

理由が知りたい。


こんなことをして恥ずかしくないか
金融関係の人は他人の財産内容を
把握できるから簡単にできる
そーれ、野村に聞いてみようという
CMがあったが怖いよ

CMであるね
♪それ、野村にきいてみよう♪

お金は有れば有るほど欲が出てくるもんだ
普通に生活できる位がちょうどいい。


返金はされるから、大手でまだ良かった。

それ、野村にきいてみよう

娑婆に出てきたら熟女AV事務所くらいからならでもお誘いがあるさ。

多額の借金をしてて、すぐに金が欲しかった
こんなところか

すぐに穴埋め出来るから一時的に拝借しただけ…って思ってそう。
客の金で穴を開けた分を損失補填したのかな?


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!