韓国の文大統領が現実悟った!?日本に対話と協力呼びかけ「いつもの手口」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

【ソウル=名村隆寛】

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日、日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」の記念式典で行った演説は、日本政府による輸出管理厳格化などを批判しつつ、日本に対する過度の刺激を避けた抑制した内容だった。

いわゆる徴用工や慰安婦の問題を蒸し返し、日本の批判に耳を貸さず譲らない文氏だが、今回はこれら具体的な日本との歴史問題について直接言及することはなかった。

文氏は「日本の不当な輸出規制に立ち向かう」と強調。

「責任ある経済強国に向かう道を一歩一歩進む」と述べた。

韓国が「誰も揺るがすことができない国を実現できずにいる」と認めた上で、その実現を「改めて誓う」と述べ、日本の措置に危機感を強める韓国国民に危機克服を訴えた。

一方で、「日本が過去を顧み東アジアの平和と繁栄を牽引(けんいん)するよう望む。

対話と協力の道へ向かうなら喜んで手を結ぶ」と語った。

文氏はこれまで、日本の措置を歴史問題に対する「経済報復」だと断じ、「警告する」とまで言っていた。

この日の演説は打って変わって、現実を直視したものになった。

ただでさえ低迷から抜け出せない韓国経済に日本の措置が加わり、韓国社会はこの1カ月半、動揺に支配された。

演説の最後に「われわれは、できます!」と国民に改めてげきを飛ばした文氏だが、韓国が直面している厳しい現実を認めざるを得なかったといえる。

日韓関係の悪化を、米国は両国との同盟関係に悪影響を及ぼすと見ており、特に最近の韓国での対日感情悪化に懸念を強めている。

日本を強く非難していた文氏は12日、「日本への対応は感情的になってはいけない」と語った。

発言の背景に、米国からの圧力があったかどうかは不明なものの、文氏が経済問題だけではなく、高揚する韓国内の反日感情に危機感を覚えたのは間違いなさそうだ。

ただし、徴用工や慰安婦の問題など、韓国が協定や合意を守らず日本に不信感を与え続けている懸案をめぐって今後、対話が実現しても韓国側が歩み寄りを見せるとは楽観できない。

日本との歴史問題で文氏の基本姿勢は変わっていないからだ。

文氏が冷静さを取り戻そうとする一方で、韓国社会での反日感情が収まる気配はない。

日本大使館周辺での反日デモや日本製品の不買運動、日本への旅行回避は続いており、これを主導しているのが文氏を支持する左派勢力だ。

日本に和解を求めつつも、文氏が火のついた国民の反日感情を鎮めるのは難しそうだ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000546-san-kr

『現実悟った文大統領 日本に対話と協力呼びかけるも楽観できず』のニュースに世間の声は

日本は我慢に我慢を重ね、今の状況があります。

日本政府には、これからも毅然とした態度をとっていただきたいです。


いつもの手口だね。

今まで散々、対話を拒否してきたからホワイト国から除外されたのに
もう遅いんだよ

対話をして欲しいならば、韓国の違法状態を方向転換してからでしょう。
それと問題のすり替えを重ねても、何ら改善はないということ。

今まで散々、反日煽ってきたのだからツケが回るのは当然だ。

いかにいままで日本が甘く、優遇してきてくれたことか。


恩を仇で返してきた報いをこれから味わうべきだ。


個人的には、
今後も厳しい対応を日本政府には願う。


絶対に許してはならないと強く思う。


手を結ぶといった手には画鋲が仕込んである、とか、手を結んだ結果、半年後には反故にするのが分かってるからなぁ。

で、日本側が拒否すれば、融和を呼び掛けたのにそれを蹴ったのは日本だ!とやるのでしょう。


日本が悪いと吹聴されるので、その辺しっかり手を打って静観しておくのが良いと思います。


今更ですか?もう無理だと思う!国交断絶でいいし、対話も協力も必要なし。

今後、対話が実現しても韓国側が歩み寄りを見せるとは楽観できない。


産経さんともあろうものが、歩み寄りを期待しているとは。


楽観もないと思います。

むしろ、日本政府が腰くだけしないように、監視と鼓舞を続けるのみだと思います。

危機感を覚えたのではなく、過去の自分の発言を覚えてなくてその時思った感情のままに学習力無く喚いてるだけでしょ。

日本は主張を変えず冷静に無視し、“与えない、譲らない、関わらない”の非韓三原則を貫くべき、

謝罪は受け入れますが、代償は、ちゃんと払ってもらわないとダメですよ?

細かい解釈は無意味だ。

現状維持と受け取ればいい。


彼は何一つ責任を取ることは無い。


なんだろう? 一人で怒って一人で泣いて、冷静になったと思ったら大人のフリして。

自分でひっくり返した慰安婦の問題、徴用工の問題はどうする?
自分達が答えを出さなければ、握手なんかないと思うが??

なにをいおうが、信用できない。

日本政府は断交よろしくお願いします。


ここで手を緩めればまたつけあがるのは目に見えてわかる事。

冷静にかつ断固とした対応をお願いしたい。


我慢にも限度があると言う事を思い知らせてもらいたい。


喧嘩に勝つにはいかに小さく、早くがセオリー。
南朝鮮は喧嘩をした事が無いからね。
日本をイビリ倒して喧嘩に勝ったと勘違いをしてきた。
今回は様子が違うから内心ビビって日和ってきたがもう遅い。
日本もだらしなかったが今回は冷静にではなく、シビアに対応しなくてはダメだと思う。

是非、歴史問題にも、領土問題にも、徴用工、慰安婦問題、そしてレーザー照射、更に、なぜ理由もなく三年も話し合いの呼びかけに応じなかったのか?触れてから、やるべきことをして出直しされた方がいい。

いまなら、仮に応じても結果は同じだ。


彼らがタカリビジネスを止めるはずがない。

止めたことがないのは実績が示している。


1000年は続けると言っていたではないか。


福澤先生の慧眼こそが我々の宝だ。


我々が侮辱されてきたことを忘れてはならない!
郷に入っては郷に従え。


もう手遅れです。
日本は長年援助をして駄々っ子をのご機嫌をとるように付き合って来ました。

それでもダメだったじゃないですか。


東日本大震災でひどく傷ついた日本に人とは思えないような誹謗中傷を繰り返し、それでも日本は黙っていたよね。

もう手遅れです。

対話の前に信頼回復が先です。

信頼関係がなければ、対話も無意味です。


嘘つきを相手にするのはごめんです。


対話が成り立たない相手は動物と同じ扱いしかされませんので
なぜ信頼損ねたのをまず、考えましょう

これまでとは、言い方を変えただけで、相変わらず、強い統一コリアを作り、日本を抜いて、東アジアをリードする!とか、絵空事を述べています。
全く楽観はできません

自分から煽っておいて、火消しに躍起。

感国の大統領は日本をダシに色々やらかしてくれるけど、日本は基本静観の立場を貫いてるだけ。


暴走後の後始末は自己責任でお願いします。


その間にも感国経済は落ち込み、国民の不満も溜まっていきますがね。


今まで助けてきた日本も今度ばかりは助けなくてもどこからも非難されずにすむので、高みの見物させてもらいます。


楽しみ。


自分が困ってるのに、あくまで上から目線。
すごいね。

日本は、堪忍袋の尾が切れた状態です、安倍政権だからこそ、今の立ち位置があると思っている、今回ばかりは妥協してはならない。
日本も国際社会にもっと問いかけリードして欲しいと願うばかりです。

これだけ事を大きくした二枚舌が都合良すぎだよなぁ。

こんな信用できない国は珍しいと思う。

これまで長年に渡って対話と共生をしようとした結果が今の断交の流れなら、それが結論だと思う。

もう対話はし尽くしたし、共生は無理でもお互い生きていくためには別々の道を進むのが日韓にとっての真の未来志向だと思います。


もともと謝罪の概念がない国なので、今更感があります。
手遅れとはどういうことなのかを、この機会に学んでほしいと思います。

悟ってないって。

外野にガミガミ言われるから少しだけその姿勢を見せてるだけだ。


落ち着いたらまた、あっと驚くような残念なことをする。


韓国株価とウォンが下がってくると同時に
文大統領の日本への強い態度も弱まってきた感じですね。


ボールはそちらにあります。

少なくても今までの過ちを認め謝罪が無ければ対話なんてできません。


こちらは対話の必要性があるとは思っていませんから、上記の要件は必須です。


できることならこのまま国交を絶つことをきぼうしまs。


日本と対話や協議したければ、そうお願いしてくりゃいい。
もちろん、単に願ってもダメ。
こちらが指摘してる問題に対する答えを持って、お願いしてきたら受ける可能性もある程度だよ。

答えも、国際約束は守ること、指摘した輸入管理問題の確認と対応は最低限だよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!