沖縄県今帰仁村のジュゴンの死因は基地建設工事の影響ではなく「エイのとげ」と判明!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 環境省や県、今帰仁村は29日、今年3月に同村の運天漁港で見つかった国の天然記念物ジュゴンの死因について、オグロオトメエイのとげが腹部に刺さったことが原因だとする解剖結果を発表した。

環境省によると、エイのとげによって腹腔(ふくくう)内が傷つけられ、腸管の内容物が漏れ出すなど、状態が悪化したことによって死亡した。

明らかな骨折や外傷などは見つかっていない。

ジュゴンの死骸は3月18日、運天漁港沖の防波堤に漂着しているのが発見された。

頭部や胸びれに傷や出血があった。

沖縄防衛局が沖縄近海で確認していた3頭のうち、同村沖を生息地とした「個体B」とされる。

防衛局は6月、辺野古の新基地建設工事が環境に及ぼす影響を検討する「環境監視等委員会」で、ジュゴンの死に関し、工事の作業船による影響はないとの分析を報告している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000015-ryu-oki

『沖縄・今帰仁村で見つかったジュゴンの死因はエイのとげ 環境省と県、村が調査結果を公表』のニュースに世間の声は

沖タイ、琉新残念でした。
辺野古の工事が原因としたかったのにね。

またアクロバティックな理論で関連付けてくるかもしれんが、そもそもジュゴンがここまで減少した主因は、戦前の乱獲と戦後の密漁。

もともと20頭必要と言われる自然繁殖は3頭からでは無理で、残念ながら本島では絶滅を待つだけなのは、専門家なら知られていること。


辺野古の工事の責任に出来なくて残念でした。

ジュゴンの死が辺野古工事が原因ではなかった事実を、辺野古工事が原因と騒いでいた人たちはどう思うのであろうか…
日本政府と戦うよりエイと戦った方がいいのでは?

何としても、辺野古の埋め立てとジュゴンの死を結びつけたい皆さま、残念でした。

エイの毒って、凄いんだね
ダイビングの方も気をつけて

ジュゴンの死因を調べて
基地に関連することが出てこないか期待してる連中。


キモ・・

沖縄本島を挟んで辺野古の反対側でどうやって辺野古の工事が影響してるんだか・・・。

反基地派はまたアクロバティックな理由で「安倍の陰謀がー」ってやるのかなぁ。


新報さん残念でしたね。
埋め立てによる環境汚染が原因との調査結果を熱望してたのに(笑)。

元々、地理的に見ても
辺野古工事とは関係ない確率が高い事を
反対派は利用しようとした
自然が大切というならば、規模が大きい
観光客の為の空港、観光施設工事を
止めるべきだろう
反対運動の為ならば何でも利用しますね

記事から琉球新報の無念さがにじみ出ています

なんだか沖縄も、韓国化してる発言が多いね。

辺野古移設工事が原因とあれほど騒いだ結果がこれ???
ジュゴンもかわいそうだったね。


安らかに。


残念だったな。
工事の影響じゃ無かったな。
普通は死んでたって大袈裟にしないんだろうがあわよくば中止の判断材料になるかもと期待してたんだろうな。

デモの口実にならず残念でした。

この、辺野古の基地に関して抗議している人々に対する不信感の大きさよ。
無理もない。

真に環境の為を謳って抗議するならそれはそれで一つの意見としてありだろうが、しかしそう叫ぶ彼らの口からは他の沖縄の環境問題に関する言葉が出てきた覚えがない。


つい先日、沖縄では工事によって防災林などが大きく伐採される被害を被っているというニュースを見た。


辺野古の環境の為にと抗議している反対派の彼らなら、その事実を把握していないはずがなく、基地問題と同時にこのような環境問題を世論や県に訴えていていいはずだ。


だがそんな話はろくに聞いた覚えがない。

いつも基地が、基地が、そんな話ばかりだ。

きっと抗議している彼らは基地以外はどうでもいいのだろう。

だから誰にも支持されない。

基地ばかり見て、他の大事な環境保護活動をしない彼らを心底軽蔑せざるを得ない。


辺野古関連工事の影響でエイが凶暴化しジュゴンにアタックしたのが死因だ。


次のインネン付けはこうなります。


そもそも辺野古とは反対の西側にある今帰仁沖で見つかったジュゴンの死を辺野古の工事と結び付けるには相当な無理があった。

もし何らかの工事が起因したのだとしたらむしろ那覇空港だろと思ったけどね。


まぁ、調査結果をちゃんと報道したのは評価するよ。


辺野古と志摩を挟んで真逆でしょ?
那覇の乱開発の方が今帰仁村の海への影響は大きい。


ジュゴン保護には辺野古移設に反対する前にそちらに手をつけなきゃだめなのは誰でも分かってるのに意地でも変化するに結びつけたい中国能開大手先ども。


沖縄の人はまともな新聞を読む自由さえない。


当時、あれだけ辺野古のせいじゃないかと騒いでたのに急にトーン低めですね。

たまには「疑って悪かった」位言ってもバチは当たらないと思うけど…
エイの毒は危ないと良く言われてますね。


小学生の時に毎年、潮干狩りがあったが良く落ちていた。


トゲに毒があるから、エイを絶対に触るなと良く言われました。


ジュゴン程の大きさであっても、死に至るダメージを受けるとは…恐ろしい。


沖縄県民です。

辺野古の埋立は逐一、細かいことまで報道するのに、浦添西海岸の埋立・開発については、都合のいいことばかりしか伝えない沖縄のメディア。


あの広い干潟にも数多くの生物がいるんです。


「浦添 干潟」「浦添 カーミージー」などで検索すると、様々な情報が出てきます。


これらを沖縄県(玉城デニー知事も推進派)、浦添市はしれーっと潰して、マリーナ、ホテル(本土、海外資本)、人工ビーチを作ろうとしています。


そしてこれらを報道しない沖縄のメディア。


沖縄県民が知らないうちに、沖縄の自然が削られていきます。


被雇用者としては仕事が増えていい事なのかもしれませんが、本当に潤うのは沖縄県外の人間です。


沖縄のメディアは沖縄県民をミスリードして、沖縄をどこに導こうとしているのでしょうか?
こんなメディアが牛耳っている沖縄県内、まっとうな選挙結果なんて出る訳がないんです。


あおった報ステの後藤のけんじは責任とって降板してほしい。

>防衛局は6月、辺野古の新基地建設工事が環境に及ぼす影響を検討する「環境監視等委員会」で、ジュゴンの死に関し、工事の作業船による影響はないとの分析を報告している。

基地反対派は、絶対にこの説明に納得しないでしょうね。


彼らにとっては、日本政府は「絶対悪」以外の何物でもないでしょうから・・。


まんま、どこかの国と同じと思います。


沖縄のジュゴンは、もともと乱獲で絶滅に瀕し、更には辺野古移転反対のネタにされた。

死体が発見された時には半ば嬉々として埋め立てとの関連を示唆していた。


トキのように本気で救おうとしておらず、ジュゴンがかわいそうでならない。


辺野古工事のせいにしたかったのに残念でしたって書こうとしたらすでに書かれていた。
みんな思う事は同じなのね

辺野古工事を原因としたかったようだが、開発工事の規模から言ったら民間工事の方が圧倒的に大きい。
例え開発が原因だとしても基地のせいにはできない。

ある意味、エイ毒針が原因で良かったね。

もし「胃から大量のビニールが出てきた」なんて話だったら、「環境破壊がー!」なんて声高に叫んでいる手前、大騒動になっていたと思うんだけど。


レジ袋は当然禁止になるだろうし、農業用ビニールシートやビニール紐等も禁止の対象に鳴るかもしれないし。


ジュゴンにとっては災難に違いないけど自然界にはよくある話だし、平和な死因だったと思う。


もともと生息数が減り過ぎている。
いつも危機的状況になってからどうにかしようとするから間に合わない。

それを基地建設のせいにしようとしているのもどうかと思うし、そうじゃなかったと非難する方もどうかと思う。


水族館でエイやサメに触れ、学ぶ機会がありました。

エイは大変恐ろしい尻尾と毒を持っていると言われました。


その時のエイは毒針を取ったエイなので、心配はなかったですが、近くで見ると尻尾は太くて頑丈でした。


これが刺さって、さらに毒が回ったらひとたまりもないなと怖くなりました。


今回ジュゴンが被害にあったのは悲しいです。


他の方も言ってるように基地工事による死因ではないのですね
でも結局は絶滅してしまうのでしょうね
辺野古の工事だけではなく人間の環境破壊は世界でも進んでいます
ジュゴンだけではなくいろいろな生物が人間のせいで絶滅していきます
まぁ、最終的には人間自体が絶滅しますけどね


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!