「青森ねぶた祭」が初めて中止になった理由とは?

時事ニュース

 

青森市で毎年夏に開かれる「青森ねぶた祭」(8月2~7日)を運営する実行委員会は8日、2020年のねぶた祭りを中止することを決めたというニュースが話題となっています。

 

中止の理由は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、祭りの開催は不可能と判断したためです。

 

この新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とは、2019年12月に中国の湖北省武漢市で「原因不明のウイルス性肺炎」として最初の症例が確認されて以降、武漢市内から中国全土に感染が拡がり、全世界に拡大していきました。

 

2020年3月には、WHO(世界保健機関)がパンデミック状態と認定し、各国の都市がロックダウン(都市封鎖)するなど、感染を防止するために、人との接触を避ける措置をとっています。

 

このことを伝えるニュースがこちら。

 

このニュースに対する世間の反応も。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、青森市で毎年夏に開かれる「青森ねぶた祭」(8月2~7日)を運営する実行委員会は8日、今年の祭りを中止することを決めた。

 

中止は昭和33(1958)年に「青森港まつり」から現在のねぶた祭となって以来初めて。

 

ねぶた祭は毎年、300万人近い観光客が訪れる東北最大規模の夏祭りとして知られる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00000551-san-soci

 

 

スポンサーリンク

『今年の「青森ねぶた祭」中止 新型コロナ感染拡大で』のニュースに世間の声は

 

残念ですが、この状況では自粛が良いかと思います。

まだ夏だと不透明な部分も多いですし、来年出来ることを願っています!

あ〜山車は1年掛けて準備するんですってね.本当に残念ですね.みなさん,来年目指して頑張って下さい.

まぁ予想はしていたが作る側からすれば無念だと思う。
八戸の三社大祭も弘前のねぷたも五所川原の立佞武多も開催は不可能だろうな。

開催を強行したら色んな所からバッシングされるだろな。


青森ねぶた祭の中止は、毎年楽しみにしているだけに、本当に残念です。

ただ、あの立派な山車は職人さんの汗と涙と正に情熱の結晶であり、その制作には時間と手間がかかり、物によっては1年がかりのものもあるそうです。


その事を考えれば、開催できないのは本当に残念ですが、出来るだけ早い時期での中止の判断は正しいと思う。


新型コロナが一日も早く終息することを願ってやみません。


苦渋の選択でしょうね。

去年ライブ映像見たけど、すごい迫力でした。


職人さん、今年は残念ですけどまた楽しみにしている方の為に来年頑張って下さい。


マジかぁ・・・・毎年楽しみにしていたんだけどな。

まだ3ヶ月以上あるのに、ずいぶんと早い決断でしたね。

でも、それくらいのスピード感がないといけないんだろうな。

残念ですが、来年の楽しみにとっておきます。


夏開催とはいえ、様々な準備が進んでたと思います。
残念。

でも安全を考慮した勇気ある早めの決断は素晴らしいと思います。


国の象徴的なお祭りやイベントが中止になるたびに大変な時なんだ、と実感します。


これを終わらすのは私たち一人一人の心がけなのでみんなでがんばりましょう!

本当に残念だけどギリギリまで様子見して結果中止になるより早くから中止を決めた方が対応しやすい。

来年は開催できますように!!

早い決断ですね。
でもやるのかやらないのか分からないままズルズルしてるよりは良いと思います。

作る方(出演する側)も早い決断の方が行動しやすいですし。


観光客は行くか行かないかだけだから時期的にはまだいいけど。


未来永劫やらない出来ない訳じゃないので、今は我慢でしょうかね。


青森住民です。

弘前の桜もみれず、ねぶたも見れず。


今年は雪も少なく。


楽しみが無さすぎて心の風邪を引きそうです。


非常に残念ですし関係者は
特にも落胆している事と思います。


前回終了から直ぐにも次の年の
準備に取り掛かる為、尚の事。


夏に終息しているかも分からないけど
準備を進めて中止なら
余計な出費も抑えれるでしょう。


各地域非常事態宣言の他
集団で集まる事を自粛していれば
致し方無いでしょう。


来年は特にも盛大な祭りを!

アスリートだけが自身のそれにかけてる訳じゃないし、
特別でもなんでもない。


ねぷた製作の人達も考案から作成まで、この日のために心血を
注いでらっしゃる。

「中止」の判断は素晴らしい。

残念な中止です。
ねぶた祭りは、青森市の経済の中心的祭りでもあるので、中止による青森市の経済打撃はかなりのもの。

それでも中止にした判断は市民を守る決断としては、最善と思います。


早い決断はすごいと思います。
例えるなら夏の甲子園を今から中止決断するようなもの。

国にもこういうスピーディーな政策実行を望む。


秋田の8月にやる竿燈祭りも中止検討中です。

おそらく中止するしかないでしょう。


例年なら5月頃にはもう練習が始まります。


北海道でも一時落ち着いたように見えましたが、第二次感染拡大の懸念があるようです。


例え今年の夏前に全国の感染が落ち着いても、
第二波の感染拡大なども起きているかもしれません。


ワクチンが出来るまで、気を抜いてはいけないように思います。


きっと来年は今年の分も華やかに、盛大に祭りが出来るように。


日本政府は東京オリンピック・パラリンピックの予定どおりの実施と中国主席の来日にこだわったために感染拡大を招いてしまった。
祭りの実行に未練がましくこだわるより、いさぎよく迅速に決断したほうがいいと思う。

本当に苦渋の決断だったと思う
しかし、これで青森市の宿泊施設や飲食店などが大きく潤う機会もなくなったわけなので
地元経済への影響が心配
なんとか耐えて来年は盛大に盛り上がってほしい

6月開催の英グラストンベリーフェスティバルは3月に中止を発表し、
8月開催のねぶた祭は4月に中止を発表。


しかし、同じく8月開催のフジロックは、まだ出演アーティストを
発表していたりして、早く中止の決断をしたほうが良いような。


8月には終息しているかもと判断を先延ばしする各祭礼関係者が多くいるなか、素晴らしい決断だと思います。
各地の主催者の皆さんの一刻も早く中止を発表して下さい。
今年は、大人しく過ごしましょう。

毎年の楽しみだったのですがとても残念です。
しかし骨組みができて、紙が貼られて、色つけができてとなるとどんどん費用もかさみ損害も増えてしまうので早い段階での中止決定はいいと思います。

来年無事にお祭りが開催され、みんなが楽しめるようにまた頑張っていただきたいです。


青森市在住です。

ねぶた祭りは青森市民なら唯一と言っても過言ではない魂の祭りです。

開催中止でとても残念でなりませんが、この新型コロナの影響ではやむを得ないと思います。

小野寺市長や、関係団体の皆様の苦渋の英断を支持します。

また、来年みんなで頑張るべな!

時期的にはもう制作に取りかかってましたし、各準備もあるので早めの決断をしなければならないですよね
弘前の桜祭りも無くなり弘前公園もバリケード作り閉鎖されましたね
ねぶた祭りも無しとなれば地域経済にもかなりの大打撃でしょうけど
なんたかんたけっぱって今年を乗り越えて、来年のねぶた祭りで2年分のうっぷんばのれそれ晴らし爆発させれる様に今は耐えて欲しい
今年はどこの夏祭りも花火大会も中止となるでしょうね
それこそ地域の祭りや宵宮とかも自粛や中止となりそう
コロナが早く治まれば良いが、それも国民の意識次第で変わる
1人1人が意識して行動すればそれだけ終息の時期は早まると思う

青森市内でもコロナ感染者が出ているし、今から準備しなきゃいけないし、緊急事態宣言が半年間有効で、終息してなかったらリスクが高いし、仕方ないと思う。

来年以降、開催できることを願います。


残念でしょうが、今年は、涙をのんであきらめるしかないですね。

この思いを、来年の開催に向けての希望にかえて頑張って下さい。


そして、未だ 危機感を持たず移動を考えてる人 1日も早く終息できるように
自分の行動が、終息を、遅らせ 多くの国民の楽しみを、奪ってる事に気付いて下さい。


今年は全国のお祭りが中止になるでしょう。
全て後手後手の政府の政策の為に国民が辛抱を強いられています。
そのくせ給付金は限定で自分たちの給与はそのまま、国民に辛抱強いるなら自分たちの給与も月10万でコロナ終息する迄生活してください。

早めの判断で良いと思います。

夏にどうなっているか分からないし、
万が一7月にはおさまりそうな状況になっていたとしても、
大勢が集まる祭に、
青森県以外の方々がまた一気に観光に来る事で、
再び感染が増える事になっては意味がありません。


青森ねぶた祭だけでなく、
弘前や五所川原のねぷたなども同時に中止する事が、
再び広めない為の最善の策だと思います。


今年は我慢我慢でとても苦しいですが、
全国がお祭り中止を早めに検討していくべきかと思います。


そして来年は例年通りになる事を願うのみです、

日本の夏祭りと言えば、真っ先に青森ねぶたが思い浮かびます。
夏の青森は風が涼しくて、ビールを飲みながら迫力あるねぶた祭りを見に行くのが楽しみだったけど、中止は英断だと思う。

ねぶた祭りが中止を決断したなら、全国的にどこのお祭りも中止になるだろうね。


仕方がないとは思うが、ねぶた祭は経済面でも、市民の気持ち、誇りとしても大きな祭だから、非常に残念・・・。
短い夏に燃え尽きる場所が無くなってしまった・・・。
来年、開催できるかも分からないし、不景気になれば、ねぶたの台数も減るかもしれないし、本当に辛い、寂しい状況だ・・・。
早く再開できることを祈ります。

これは悔しいですね。

短縮開催も検討したのかもしれないが、人混みが予想されるし、安全面を配慮して中止を決めたと思います。


青森の夏の風物詩が無いのは寂しいですね。


盛岡さんさ踊り、秋田竿灯祭り、山形花笠まつり、仙台七夕祭りの動向も気になります。


新型コロナが、いつ終息するか不明な状態なので、こういう大人数が集まるお祭りやイベントは、終息宣言が出るまで、中止になります。
今年は、できないのは残念ですが、来年の2021年には、伝統的な祭りやイベントができるようにしてほしいです。

今年は東北4大祭り全て中止になると思われます。
私は札幌に住んでますが雪祭りは経済が勝ち開催しコロナが流行りました。
その教訓で札幌の今年のビッグイベントは全て中止になるようです。
イベント祭りは又できます。
今は命が一番ここ1年の我慢です。
来年の開催を楽しみにしてます。
又オリンピックが晴れやかに安全に開催されることを祈ります。

東北六魂祭の後継、東北絆まつり(今年は山形)も延期となりましたね、 残念ですが状況が状況ですから仕方ないです。

今は来年できるようウィルスに勝つのが先決。


現状を考えれば仕方ない事。

それでも首都圏では未だに自分は大丈夫だろうと思って外出する人が多い。


政府も外出等限定的に強制力をかけれるように早めにしてほしい。


残念ですが、この時期の決断に賞賛の意を送りたいですね。

地元の方、観光業の方、観光客の方々に早く決断をすることで、迷惑、被害を掛けるのを最小限にすることが出来るので英断だと思います。


どこかのジャニーズのアイドルグループとは大違いですね。


様々な行事、イベント等が中止になってる。

これを仕方ないのひとことで片付けていいのかな?
そもそも発生した時の初期対応がまずかったし隠蔽もまずかった。


世界中が「責任者出せー!」をすべきだ。


最初がちゃんとしてればこうにはならなかったはず。


青森県はまだ10人程度だったと思うけど、英断。

県外からの観光客がすし詰めで密集するから。


決断が早い自治体は信用できる。


運営に当たられている方には大変つらい決断だったと思います。
全く関係のない者ですが祭が中止になるのは本当に残念ですが、今年が中止でも日本全国には沢山の「青森ねぶた」好きがいますそして待っています。
来年再開されたと時は今年の分の思いを込めてねぶた祭りを楽しませてもらいます。


error: Content is protected !!