「猫の島」北九州の馬島で猫が急減!原因は毒殺か!?青い薬品付きの不審な餌が散布!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 多くの猫を地域ぐるみで管理し「猫の島」としてひそかな観光スポットにもなっている北九州市小倉北区の離島・馬島(うましま)で、個体数が5年前に確認された約90匹から、30匹程度まで急減していることが判明した。

不審な餌が散布され、不自然に苦しむ猫の目撃情報があるため、管理に関わってきた保護団体などは虐待の可能性があるとして、刑事告発や緊急保護を検討している。

馬島は小倉港から約10キロの響灘(ひびきなだ)に浮かぶ周囲5・4キロの島で、14世帯約30人が暮らす。

元々猫が多かったが近年は住民の倍以上に増え、ふん尿の臭いや踏み荒らしなど畑の被害もあったことから、福岡市の市民団体「大切な猫たちプロジェクト」(竹下雅美共同代表)が不妊手術を提案。

2014年に公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県)に依頼し、島で確認された約90匹のうち、高齢猫などを除く79匹を手術した。

その後は島外から餌の支援を受けるなどして島ぐるみで地域猫を守り、隠れた名所として観光客が訪れるようになった。

しかしここ数年、元気だった猫が島民の目の前で泡を吹いて倒れたり、若い個体の死骸が沖合で見つかったりする事態が起きるようになった。

17年9月には港近くの集会所の半径30メートルほどの範囲で、死んでいたり瀕死(ひんし)状態だったりしている5匹が一度に見つかり、結局5匹とも死んだ。

昨年10月と今年5月には青い薬品のようなものが付着した魚の切り身が畑や漁協事務所前など島内の数カ所に置かれていた。

島民から5月に相談を受けた竹下さんが動物虐待防止に取り組む特定NPO法人「SCAT」(福岡市)と調査を始めたが、30匹ほどしか確認できないという。

全国で10万件近い不妊手術に取り組んできた「どうぶつ基金」の佐上邦久理事長は「異常な減少で、虐待など外的・人為的要因があるのは間違いない」と指摘する。

現在では、餌やりの時間などに港に折り重なるように集まってきた光景が影を潜め、頻繁に訪れる観光客が島民に「異様に減っていませんか」と尋ねることもあるという。

ある島民は「腹立たしいし悲しい。誰かが虐待しているのなら絶対にやめてほしい」と話す。

竹下さんは不審な餌を証拠として動物愛護法違反などでの刑事告発を検討する一方、全ての猫の島外避難も考えており、「地域にかわいがられてきた小さな命を何とか守りたい」と話している。

【津島史人】

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000003-mai-life

『北九州「猫の島」謎の猫急減 5年で3分の1 毒殺?刑事告発検討』のニュースに世間の声は

迷惑だったのかもしれないが、人知れず毒殺するのは卑劣すぎる

何らかの毒物等で猫を殺そうとした犯人が悪いのはもちろんですが、大事に保護している猫の状況がわかっていて、その青いものを採取しておくとかしないものなのでしょうか?3分の1になってから騒ぎ始めるのでは出遅れ感を感じるのですが。

月曜日に子猫を保護し、自分はもう飼えないので
NPOの方に昨日引き取ってもらったばかりです。


こういうニュースには悲しい怒りを感じます。


5月頃に富山県射水市で50~100匹近く、地域猫や飼い猫を連れ去って大量に虐待死させ漁港に遺棄していた方が逮捕されています。

猫に会えると言うスポットを中心に狙いを定めており、周辺の不審者目撃情報や管理をしていたボランティア保護団体の調査で犯人が特定されていますが、犯人は虐待すると楽しい、快感だ、ストレス発散としてやっていたと供述しており、エスカレートすると対象が女性や子供に行く危険性が有ります。


異常な人間が野放しになってると思うとゾッとします
早急に捕まって欲しいです。


皆が皆猫が好きではないけどどう考えても毒殺とかはダメだよね。
犯人を見つけて厳罰に処して欲しいものです。

猫嫌いが殺しに来たのでは??
人慣れしている分、警戒心が薄い。


こう言った情報は他の猫島とも共有しているのでしょうか??
猫ブームで観光客が増えたのを疎ましく思った島民、あるいは観光客に紛れた犯人か。


とにかく島民は高齢者が多いだろうから有識者による保護と警察による捜査を切に願います。


人為的な問題に猫が巻き込まれている。


これまで自分達を助けてくれた人間がくれた餌なら、現状では確定していないが例え毒でも食べてしまうだろう。


裏切られた猫があまりに可哀想。


猫の島なのに、こんなに猫が減るまで問題解決に動かなかったことを恐ろしくも思う。

限定的な人だけの生活というのは変化に対してここまで動かないのかという驚きもある。

これまでの行動からも猫への愛はあったような気はするが、どうなんだろうと疑問に思ってしまう。


観光客の「異様に減っていませんか」と言う声の方が余程、猫への愛を感じる。


もし猫嫌いの人がいて島の方針に口出し出来なかった・我慢の限界だったとしたら、気持ちは理解できるが行動は理解できない。


今回の件も猫の島と呼ばれるようになったことも、どちらも人為的なことに巻き込まれただけ。


あくまで野生動物なのだろうけど、観光資源として利用した分は誠実に対応してあげて欲しい。


命の重さ云々を論じる気はないが、人知れず・無差別にとかだと怖すぎる
思うところがあるなら声を上げて手続きを踏むべきだろ

島を訪れる人は猫が好きな人だけでは無く
猫に怨みを持つ人も訪れてるって事ですね。


確か有名になり海外からの観光客も増えてるとニュースで見ました。


島民、国内・海外の観光客、犯人探しは難しいでしょう。


犬派ですが、命はいっしょ残ってる猫を大事にして下さい。


誰かが毒餌を巻いたのだとしたら、本当に人でなし。
どうしてそんなことができるのか分からない。

外部か内部の犯行かはわからないが、テレビ等で猫の島を取り上げて、観光客を増やしすぎているのが問題だ。
そっとしてあげてほしい。

猫好きにこの島の事を広めているのと同時に猫を虐待するのが好きな輩にも宣伝していることになるのだから。


今回の件は確かに毒殺だと思いますが、「5年で3分の1」になった原因の内訳としては、避妊の影響は小さくないのでは?
この記事は避妊の効果を検証していませんが、高齢を除いて90頭のうち79頭を避妊ということは、ほぼ全てを避妊させたということで、5年経過すればかなりの影響はあると思います。


ほぼ全て避妊済ということは、地元は将来も猫島としてやっていくつもりはないということですよね。


観光で地元が喜ぶと考えるのは「他人に猫の世話をしてもらって、自分は楽しむだけ」な観光客の自己満足で、実際は糞害等に苦しむ声が地元ではかなり大きいのだろうと思います。


観光地化されると必ずこんなことが起きる。
迷惑に思う住人も居るのだろうし、外部の人間が故意にやることもあるし、良かれと思って餌付けをする観光客だって猫の健康のことを考えてじゃない(何を与えているかわからない)。

だいたい増えすぎた猫たちも幸せかどうかわからない。

弱い個体はいじめられるし、喧嘩をすれば猫エイズが蔓延する。
観光地化する人たちも猫たちの幸せを考えて欲しい。
愛猫家としては心が傷むし気持ちが沈む。

意図的に減らすのは良くないと思うが、野放しに増えすぎるのも良くないと思う。

猫達のお陰で多少なりとも島が潤っているのなら、増えすぎないように管理する必要があると思う。


責任も何も持たず
中途半端に餌付けしてその後の管理はしないってのも
十分虐待にあたると思うけどね。


猫の島外避難を検討ということは、島民が犯人の可能性が高い。

多分誰がやっているのか、うすうす判っているのでは…。


島民の中には猫が嫌いな人もいるだろうし、猫で迷惑をこうむっている人もいると思う。


だけど虐待はやめてほしい。

猫たちに罪はない。

猫好きばかりじゃないからな。

殺すことには反対だが、猫嫌いと言えない雰囲気があるのだろうな。


>誰かが虐待しているのなら絶対にやめてほしい
というより、明らかな犯罪行為なのだから必ず犯人特定してやめさせましょう。

人を殺めるなど論外だが、こういうことする奴は本当に邪悪で凶悪であり、いつそれが人間に向けられても不思議ではないと個人的には思います。

うん。


猫の島になることを良しとしない人もいるだろうけど、狭い世界だから口に出せないしということもあるのかな。

畑も荒らされ至る所に糞されること想像すると、特別猫好きでない私は耐えられない…。


もちろん殺さないが。


外部の人間がやってるならそれこそ虐待目的。

それで観光にしている島民にも打撃だし、苦しむ猫も可哀想。

北九州の小倉駅にはほぼ毎日、野良猫の保護や譲渡をされている団体がおります。
土日とか多い日は5団体くらい。
通りがかりにケージの中の犬猫に癒やされております。

泡を吹いて亡くなる猫や毒物のような目撃がされているのにここまで表に出てこなかったのは、おそらく島民の方が犯人なのでしょうね。

島外の人間は口を出しづらい事件なので、解決は難しいですね…。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!