NGT荻野に脅迫FAXを送った男が逮捕!「精神ギリギリだったのは山口さんでは」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 NGT48・荻野由佳(20)が所属する大手芸能事務所のホリプロが20日、同社公式ホームページで荻野の脅迫事件に関する声明文を発表した。

荻野を名指しし、「殺す」と書いた紙をファクスで報道機関に送信し脅したとして、脅迫の疑いで京都府城陽市の無職堂本一輝容疑者(24)が逮捕された。

逮捕容疑は、今月9日、荻野の名前と、「殺す」と繰り返し書いたA4用紙1枚を報道機関にファクスで送信した疑い。

堂本容疑者は「送ったのは間違いない」と供述。

同様の内容が書かれた紙は新潟市の行政機関にも届いており、県警が関連を調べている。

この件についてホリプロは「脅迫罪での犯人逮捕について」と題して文書を発表。

「捜査協力のため、脅迫を受けている事実の公表は控えておりましたが、警察に対して告訴するとともに、厳重な処罰を求めて参りました」とし、

荻野の状況に関して「荻野に対しては全く事実に反する誹謗中傷、いわれのない風評、また本件のような脅迫行為により警備も厳重にせざるを得ず、

荻野も恐怖を感じておりましたが、ここまでぎりぎりの精神でずっと耐え忍んでいた次第です」とつづった。

今後に関しては「法的な手続きも含めまして厳粛な対応をしていく所存です」とした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000160-sph-ent

『NGT荻野の所属事務所が声明文「荻野はぎりぎりの精神で耐え忍んでいた」』のニュースに世間の声は

山口真帆さんが被害者だったら対応は遅かったのに、荻野由佳さんが被害者だと逮捕当日にコメントが出るんですか。
この違いを説明してほしいものですね。

山口さんだってギリギリの精神というか、それ以上の恐怖だったのに…
対応の差が呆れる。


確かに「殺す」との脅迫は犯罪。
ホリプロの対応は正しい。

山口さんの事件の際になぜAKSはこのような毅然とした対応でタレントを守れなかったのか・・。


しかし、現状では「荻野はぎりぎりの精神で耐え忍んでいた」の声明は「山口さんの方がもっと長く辛い状況を耐え忍んでいた」との反論を生む可能性が高い。


まあ、一つのグループで所属事務所が違うタレントが存在する仕組みが理解し難い。

プロ・スポーツチームでもあるまいし、ましてキャバクラのように指名を奪い合うシステムなら仲違いや派閥形成して反目し合う構図ができるのも当然。

この事件含め、もうNGTは解散が妥当でしょう。


実際に襲った山口さんの事件の方が重たいと思うけど…あれが事件じゃないならこれも事件じゃない

山口さんの方がギリギリだったと思う。
因果応報。
同情できない。

世間的には黒メンバーは非公表だけど、山口さんら3人の卒業公演があったタイミングで脅迫があると、荻野は黒メンバーであることをまだ知らない世間の人にも疑惑を持たれただろうな。

脅迫は悪いことだが、SNSで山口さんを煽りまくっていただけに、因果応報ということで同情はそれほどない。


確かに怖かったとは思う。

だが実際に見知らぬ男と目の前で対峙した
山口さんのほうが遥かに声が出せないくらいの恐怖と悪寒を感じたはず。


気のせいかな?
荻野さんなんか人相が変わったというか悪くなった感じがするのは私だけかなと

それを誰が信じるのかと。

事務所もかばうことばかりしないで、真相をはっきりさせようとしないのが問題。

本当にぎりぎりの精神で耐えてたのは山口さんで
この人は表面上は心配してるふりして内心はほくそ笑んでたんでしょう。


犯人達と対峙した山口の感じた恐怖に比べたら。

家に押しかけて暴行しても不起訴なんだから
この件も当然不起訴ですよね?

彼女がすべて悪いとは思いませんが、
今更被害者アピールはないでしょ。


正直に話していたらこうはなっていない。


こういう時は迅速な対応何だな、ぎりぎりの精神って、山口さんの方がもっと辛い日々を送っていたと思うがね。

脅迫文とリアル犯人に脅されるのとどちらが恐怖でしょうか。

所属事務所の違いもあるだろうが、対応の差に驚くほかない。


山口さんも相当憔悴していたと思うのですが、この対応の違いは一体何なのでしょう。

たしかに脅迫はいけないけどされる理由に心当たりあるでしょう?

もちろん脅迫は悪い。

その上で原因を作っているのはAKS。


ホリプロも荻野さんを守りたいのならAKSに対して厳重に抗議した方がいい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!