徴用工訴訟で建設的な対応ない限り日韓首脳会談はなし!「また逆ギレするかな?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 悪化する日韓関係をめぐり、政府は、いわゆる徴用工訴訟問題などで韓国側が建設的な対応を見せない限り、当面文在寅(ムン・ジェイン)大統領との日韓首脳会談には応じない方針だ。

日韓請求権協定に違反する事態を一方的に作り出した韓国側の変化を待つ意向で、9月の国連総会などに文氏が出席した場合でも、現状のままなら直接対話の場を設けない。

安倍晋三首相は「ボールは韓国側にある」として責任ある対応を求める姿勢を貫く。

「国交正常化以来、最悪に近いんじゃないか」  首相に近い官邸関係者は、出口の見えない今の日韓関係をこう語る。

政府は、半導体材料の対韓輸出管理の厳格化に加え、8月2日にも、貿易上の優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定する。

一方、韓国側は、日本側の対応を徴用工訴訟への経済報復と批判。

日本を世界貿易機関(WTO)に提訴する準備を進めている。

しかし、韓国側は肝心の徴用工問題について、協定に基づく仲裁委員会の設置要求に応じず、事態を収拾させる動きをみせない。

6月には、韓国最高裁の確定判決に基づき、原告側が韓国内の日本企業の資産の現金化手続きに入ったことに関連し、韓国政府が日韓企業の出資による解決策を提案。

日本側は、請求権問題を「完全かつ最終的に解決」と確認した協定違反は明白として拒否した。

こうした不誠実な対応を受け、首相は同月28、29両日に行われた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、韓国側が求めた首脳会談を「実のある話し合いはできない」(政府関係者)として拒んだ。

今後、日韓両首脳の出席が想定される国際会議は、9月の国連総会や10月末からの東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議-がある。

政府は、韓国が徴用工訴訟の解決につながる前向きな提案をしない限り、これらの場で直接対話に応じない考えだ。

さらに、年内に中国で日中韓サミットを開く方向で調整しているが、日韓関係のあおりも受け「具体的な日程協議は進んでいない」(外務省関係者)という。

外務省幹部は「韓国政府が『最高裁判決は尊重するが、請求権問題は協定で解決されている』との声明を出し、政治判断で解決すればいい」と語る。

しかし、韓国側が応じる気配をみせないことから、対立は長期化しそうだ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-00000541-san-pol

『日韓首脳会談当面見送りへ 徴用工訴訟で建設的な対応ない限り』のニュースに世間の声は

韓国が折れるまで会わないのが正解。

今後も日韓首脳会談する意味がない。


むしろすべて日本が起こした問題と逆ギレするんだろうなー。

真摯な態度で接してくれればこちらだってちゃんと対応できるのに残念でしかない。


絶対に日本が甘い顔してはダメだ。
歴史が証明している。
中国のやり方を真似て強気の姿勢でお願いします。
子孫に禍根を残さないためにも今後はきっちりかたをつけるべきだ。

徴用工問題で何かしらの反応があるとしても
ホワイトリスト除外は継続すべきであり 中断すべきではないと思う
徴用工だけが問題なのではないから
そのうち 差し押さえ資産も売却されるだろうし
韓国の国民一人一人が日本の意図を理解するまで 追加制裁は不断に行うべき
長年日本を雑に扱ってきた報いを存分に味わっていただく必要があるから

いいですね。

今回の政府の対応は首尾一貫性があって、覚悟のほどがうかがえます。


隣国が過ちを認めたり折れたりするはずがない。
もしあるとしたら次期代表かも。

対話にならない隣国とは会談なんてする必要なし。


安倍晋三首相は「ボールは韓国側にある」として責任ある対応を求める姿勢を貫く。

偉大なる文在寅大統領は、もしかしたら本気でどうやってボールを投げ返したら良いのか分かっていないのかもしれませんね
ぶっちゃけ、今の文在寅大統領の政治スキルでは日本とのルールをまともに守ることは困難なのではないでしょうか

>韓国政府が『最高裁判決は尊重するが、請求権問題は協定で解決されている』との声明
一番初めにこれやってれば、ここまでこじれることはなかっただろうし、表面上はうまくやっていけたんだろうし、それが普通の国の対応だったんだけど、初手を間違えて、そこからドミノ倒しのごとく状況が悪化していったね。


まぁ、ここまできたら、とことんやりあうしかないでしょう。


不十分な首脳会談をして表面上を取り繕う。
玉虫色の条約を結んでお互いに都合の良い解釈をし、自国の国民に説明してきた。
その結果が現在の状況である。
手を握るだけの首脳会談ではなく両国の将来を真剣に考えて十分に準備をしてからするべきだ。

このひと月で心の底から韓国が嫌になった。

ここまで人に責任転嫁できるのか。


ここまでころころ考えが変わるのか。


ここまで自分の非を認めないのか。


彼らの心根、本性があらわになったひと月でもあった。


珍しくしっかりした方針を示したと思う。

アメリカに言われようが、中国に言われようが、方針を守ってしっかりとお願いします。


あと、外相会談も見送りで良いと思いますよ
提案を聞くだけなら事務レベル、それも課長級も必要なく担当者レベルで十分ですよ

韓国は100回の嘘で1つの真実を作る天才です。

輸出強化に対しても今後色んな国際会議で韓国は主張するでしょうが、1つ1つ問題点を指摘し非難しないと、もし無視や沈黙してしまうとさも真実であるようにされます。


経産省をはじめ内閣行政一丸でこの問題に対応して欲しいです。


会ったら会ったで有ること無いこと
良い散らかすからね、彼の国は。


信用できない国の人と会うためには
それなりの準備が必要ということでしょう。


安倍さんの判断は正しいと思います。


お灸をすえる意味でも、しばらくは
放置プレーですね。


多少の差はあっても、Kは昔からあんな感じ。

今後も会わなくて良いと思います。


東日本の震災時にも、台湾はすぐに支援に動いてくれたのに、Kは「震災おめでとう」でしたもの。


どう考えてもKよりは台湾の方が親日。


当時の小泉首相はなにを考えていたんだか。


正しい判断だと思いますね。
国と国との約束事の重さを知ってもらいましょう

断固とした対応を!

まだまだ締め上げなければだめだ。
切り札は日本に遥かに多くあり韓国にはほとんど無い。
ホワイト国からの除外が実際に効いてくるのは秋頃からか?ここはじっくり韓国の出方待ちでいい。
ただ在留邦人の安全が気になる。
半狂乱になった韓国国民が何をしてくるかわからない。
また韓国政府自身が何か適当な理屈をつけ在留邦人の拘束をする可能性もある。
実際彼等のカードはその程度のものしか残っていない。
8月中には在留邦人引き揚げを含む保護対応が必要だと思う。
今回の韓国との紛争は武力を使用しない戦争と思わなければならない。

>しかし、韓国側が応じる気配をみせないことから、対立は長期化しそうだ。

長期化は困るので断交して一気に解決しよう。


韓国もそう望んでいるだろう。


今回で終結すれば良い。

いつまでも大戦の呪縛に縛られる必要はない。


しかも日本より後も戦争に加担した韓国に
とやかく言われる筋合いはない。


今回、安倍さんは絶対にひかないと思う。

自分の代で韓国との関係を「日本が韓国を忖度しない関係」に持ち込むつもりだろう。


今までは、日本が折れてきたのは韓国を忖度したからであり、それを終わらせるには悪いことは悪いと主張するしかないから。


安倍さんには頑張ってほしい。


ここでこちらが甘い顔を見せたらまたつけ上がりますからね。

10年後、20年後にまた同じような問題が出てこないよう、徹底的に厳しい対応をお願いします

今回は一切の妥協はしないで欲しい。

このまま断交も本気で視野に入れた方がいい。

韓国と会う必要はないと思います。

今後の10年先を考えても、彼の国との会談は必要ない。

断行のチャンスと思います。

韓国の繁栄は日本の忖度により成り立っていたってことを実感していただくには良い機会です。

徹底的に優遇処置を無くし、他国と同じようにしていきましょう。


過保護に育てては韓国の為にもなりません。


そんなに韓国は経済報復をして貰いたいのなら、望み通り日本は正式に「制裁」を出すべき。
韓国側の変化を「待つ」て。
一連の流れでその可能性は薄い。
この時代、タイミングと時間は大切。
日本は時間を無駄にする必要はない。
韓国は問題を解決する気もないし何も考えてない。

今まで妥協し甘やかし過ぎた。

子供にはしつけが必要。


約束は守らなければいけないと。


日本は韓国政府の謝罪以外受ける必要なし。

アメリカからも攻撃されたし、8月2日以降も同じ態度なら、韓国民は自国経済の崩壊を望んでいるとしか思えない。


国を大事に思うなら、感情論抜きで客観的に見ても文在寅を弾劾した方がいいと思う。


一国民として安倍政権が「良い!!」とは言わないが、過去の外交の中で一番「スカッツ!」って事をやったね。
ただ、諸外国に比べて日本は「人が良い」から気をつけたいね。
あっても「無意味」な時には「妥協」して会うべきではない。
しかも、上げ足を取る事がお好きな方がいらっしゃるのでマスコミも「不用意な発言」は控えた方が良い。

「やる事はやって、寡黙を保つ」これぞ侍。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!