「エウブロンテス・ノビタイ」の名前の由来はドラえもんの「のび太」だった!

時事ニュース

中国・四川省で発見された新種の肉食恐竜の足跡化石に、『ドラえもん』のキャラクター「のび太」の名前がつけられたというニュースが話題になっています。

 

このことを伝えるニュースがこちら。

 

このニュースに対する世間の反応も。

 中国・四川省で発見された新種の肉食恐竜の足跡化石に、『ドラえもん』のキャラクター「のび太」の名前がつけられた。その名も「エウブロンテス・ノビタイ」。この新種を発見した中国の研究者が大のドラえもんファンであることがきっかけだという。

 

2021年7月、中国地質大学(北京)の恐竜足跡研究チームが、「中国四川省の白亜紀前期足跡化石の新種エウブロンテス・ノビタイ」に関する論文を公開した。恐竜名の最後の「ノビタイ」の部分が、ドラえもんの「のび太」に由来する。

 

この貴重な化石が中国四川省で発見されたのは2020年7月のこと。四川省を襲った集中豪雨の後、ひっくり返った板状の岩石の上に4つの足跡が刻まれているのが見つかった。

 

中国地質大学(北京)のシン准教授らがこの足跡を詳しく調査した結果、肉食の恐竜エウブロンテス類の新種であることがわかり、この研究が国際的な学術誌で認められたことで新恐竜の命名に至った。

 

シン准教授は1982年生まれの39歳。子どもの頃からの『ドラえもん』ファンで、2020年12月に中国で公開された『映画ドラえもん のび太の新恐竜』(日本では2020年8月公開)の中で、のび太が新種の恐竜に自分の名前をつけているのを聞いて、今回の恐竜にのび太の名前をつけたとのこと。学名はラテン語の文法でつづられるのが基本で、「のび太」に人名を示す接尾辞「i(イ)」をつけてエウブロンテス・ノビタイ(Eubrontes nobitai)と命名した。

 

シン准教授は今回の発見、命名にあたり、次のようなメッセージを寄せた。

 

「のび太とドラえもんは多くの中国の子どもたちにとって非常に大きな存在です。『ドラえもん』は想像力、好奇心、そして優しさにあふれた作品で、私にとってもかけがえのない楽しい子ども時代の思い出です。感謝の気持ちをこめて、新発見のこの化石に『のび太』の名前をつけました」

 

エウブロンテスは元々アメリカのコネチカット州で発見されたジュラ紀の肉食恐竜の足跡につけられた学名で、エウ(真の)+ブロンテス(地響き、雷)という意味。

 

二足歩行で、3本の指先に鋭いカギツメの痕があることが肉食恐竜の証だ。ノビタイは白亜紀の地層から初めて発見されたエウブロンテスになる。

 

ノビタイは、これまで報告されているエウブロンテスの他の種よりも第2指と第4指の左右の開きが大きいこと、中央の指(中指)がやや外側に向いていること、幅広な足をしていることなどから新種と認められた。

 

足裏の長さ(約31センチ)から、ノビタイは全長4メートル程度と推察され、今から約1億2500万年前の白亜紀前期に地上を歩いていたと考えられている。

 

ただエウブロンテスはこれまで足跡の化石しか見つかっておらず、どんな恐竜だったのかはまだよくわかっていない。

 

『ドラえもん』を描いた藤子・F・不二雄氏は、恐竜が大好きで『ドラえもん』の中でもひみつ道具を使い、何度も恐竜時代に冒険に出かけている。

 

1980年に映画も公開された『大長編ドラえもん』の第1作目は『のび太の恐竜』。フタバスズキリュウの子どもをのび太が育て、白亜紀に送り返す物語。ピー助とのび太の別れに涙した人もいるかもしれない。

 

短編の「恐竜の足あと発見」(てんとう虫コミックス第44巻収録)は、足跡化石発見のニュースに興奮したのび太が、ドラえもんと一緒に恐竜時代へ行って足跡をつけさせようとする話。『ドラえもん』には、この他にも数々の恐竜が登場する短編がある。

 

今回のび太の名前が恐竜に命名されたのも、藤子・F・不二雄氏の恐竜への強い思いがあったからだといえるだろう。

 

国立科学博物館・副館長の真鍋真氏はこう語る。

 

「ノビタイは肉食恐竜の足跡なので、のび太くんもきっと喜んでくれるのではないかと思います。足跡からノビタイの姿を想像したり、体の化石を探したくなったりと、今後への夢も広がります。これをきっかけに、子どもたちの中から恐竜や足跡化石の研究者が育ってくれたら嬉しいです」

 

ノビタイの足跡化石のレプリカは、日本でも今後「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」で、11月30日からは東京・上野の「国立科学博物館」で公開される予定となっている。

 

レプリカを見ることで、1億2500万年という悠久の時に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

引用:NEWSポストポストセブン

 

スポンサーリンク

『Yahoo!ニュース 中国で新種発見、肉食恐竜の足跡化石に「のび太」の名前がついた 』のニュースに世間の声は

結局、自分の専門分野が確立していて自分に自信がある人は、外部世界のつまらない扇動には影響されない、ということかな。

中国が和名を使うとまたあれかと思ったけど、ドラえもんの著作権側の承諾の上なら問題ないと思う。

今後の映画に登場させても楽しいと思う。


名付けてくれた中国の研究者に
素直にお礼が言いたい。


もしも新種の首長竜の化石を発掘したらピー助と名付けて欲しい

自然の遺物といい、古人の文化遺物といい、さらにレアアースなどの鉱産といい、中国は本当に恵まれてる。
仲良くやっていればお互いにいいのにな。

ありがとう!
素直に嬉しい!

中国からの日本に関わるニュースのほとんどが我々の頭に来るようなものの中で、これはもしかすると・・いい話なのかな、と。

のび太の名前が永遠に残る事になるのかな。

あぁ、やっぱりいい話なのか。

彼を選んだ君の判断は正しかったと思うよ
あの青年は人の幸せを願い 人の不幸を悲しむことのできる人だ
それが人間にとって一番大事なことなんだからね
彼なら間違いなく君を幸せにしてくれると僕は信じているよ

確か以前にも中国で新種の花を発見した東方Projectファンの教授が”霊夢”の名称を付けた話があったね
日本の手柄では無いけどこういう話はちょっと嬉しい

「のび太とドラえもんは多くの中国の子どもたちにとって非常に大きな存在です。
『ドラえもん』は想像力、好奇心、そして優しさにあふれた作品で、私にとってもかけがえのない楽しい子ども時代の思い出です。
感謝の気持ちをこめて、新発見のこの化石に『のび太』の名前をつけました」
シン准教授のこのメッセージと実際の行動がとっても嬉しい。

俺も三国志や西遊記、カンフーとか好きです。
^ ^

>ノビタイの足跡化石のレプリカは、日本でも今後「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」で、11月30日からは東京・上野の「国立科学博物館」で公開される予定となっている。

ここまで決まってるってことはちゃんと連絡あったということなんでしょうね。


特に著作権とか肖像権とかの話ではないですが、言ってみたら公式がお墨付きを与えたということだと思うのでシン准教授も嬉しいでしょうね。


すごく、いいんじゃないかな。

政治や経済ではどうか知らないが、民間の文化的な交流はあってもいいと思う。


シン准教授がのび太っぽいんだよな。

なんかいつも中国関係の話題はネガティブなの多いけど、ガチのドラえもんファンがいると思うとほのぼのするね。


中国に限らず、アジアでドラえもんの人気は絶大。

2012年9月、タイ・バンコクのターミナル21というモールが黄色いドラえもんで埋め尽くされたことがあった。


ドラえもん生誕マイナス100周年記念ということで、吹き抜けを突き抜ける巨大ドラえもんや、のび太たちの着ぐるみショーもやっていた。


無数の黄色いドラえもんは量産型ということで、耳もついていた。

そのうちの一体が耳を齧られて青くなったという原作に忠実が故の大量の黄色ドラえもんだった。

マイナス100歳を祝うため、都心の巨大商業ビルをドラえもんで埋め尽くすなんて、日本でさえ考えられないこと。

すごくホンワカぱっぱしました。

同い年です。
今みたいに情報も多くない子ども時代、どらえもん達の優しさや勇気や好奇心に大きく影響されたものです。
道具をきっかけに科学者を目指す方もおられましたが、この方はまさかの恐竜。
とても夢のある良い話、ありがとうございます。

ある有名なオタクのオッサンの発言で「アニメや映画は現実ではない。
だが、素晴らしい話がたくさんあり、現代人の人格は架空の素晴らしい話で構成されることで、過去の人間よりも豊かな人間性を持っているのだ」といった趣旨のものをどこかで見た。

これは名言だと思う。


作者没後ウン十年の第0巻は初版予約完売。
映画は例外なく国内興行収入10位以内。
国内外で愛され海外のファンが作品にちなんで(原作では恐竜の足跡の化石を取ろうしたのび太があやまって転倒し自分の転んだ姿が化石として現代で発掘されてしまう)こうして世紀の発見(足跡)に名前まで使ってくれる。
やはり別格としか言いようがない。

のび太が、出木杉が見つけた新種の肉食恐竜の刃の化石から欠片だけ貰って(語弊あり)、地中で全体化石を復元して発見しようとしたら出木杉に発見された話もあったな
本体の化石も見つかるといいね

81年生まれの中国人ですが、小さい頃から、日本のアニメ文化に育ってられた世帯です。

今の若者にも強い影響を与え続けていると思います。

過去の事よりも、今の日本、そして日本の文化が好き!という人はほとんどだと思います。

なかなかいいお話しで、素直に嬉しい。


中国では「のびた」は“大雄(ダーション)”と別の名前で呼ばれてる。

でもちゃんと正式名の「のび太」に準じた発音で命名したので座布団ニ枚あげましょう。


比較的保存の良い一個体のみの行跡だけれど、地面の状態や動物の姿勢などによって様々に形状が変わる足跡化石を新種とするのは、中国では昔から多いけれど、本来はかなり難しいこと。
大きさ30cmは世界中で見られる獣脚類の足跡としては普通で最も多く見られるサイズである。
それらと比べると3つの趾の太さが大きい特徴と第2・4中足球跡があることがユーブロンテス属の新種とする決め手だと思われる。
けれど、ジュラ紀の獣脚類はほぼ白亜紀では別属別種なので、あくまでも、従来の方法に則って、形を基準に命名しているだけで、同じ属の恐竜と言うことではない。
そして、9割の種が20万年ほどの寿命しかないことからすると、時代が異なりすぎていて同種はあり得ないから別種と言うことなのでしょう。
ここまで有名になった足跡は他に無いでしょう。

すてきな話ですね。
ドラえもんやのび太が、それほど胸に焼き付くとは。

高倉健は中国でも絶大な人気でした。

日中関係がよろしくないのに…と思うのはこっちの発想で、中国人からすると「アジアの生んだ偉大な俳優」という位置づけらしい。
のび太も今や、アジアのスターなんですね。

島を巡る争いだけが日中関係ではないと分かって、ホッとした気分です。


いい話だね。

この若い研究者はもしかしてドラえもんの影響もあって、恐竜を専門に選んだのかもしれない。


彼の粋な命名が嬉しいよね。


日本の良質な漫画が世界で愛され、こんな分野にまでひょっこり顔を出す。


まるでドラえもんの四次元ポケットじゃん。


漫画がサブカルチャーとして認知される以上に、子供たちには文化的な影響があるんだな。


漫画家は心して作品作らなくちゃならんね。


素敵な話ですね、ネーミングセンスあるね親近感がもてます、このような人が多い国ならもっともっと仲良くできるのにね。

40代から下の中国の都市部の若者は日本の同世代と少しラグはあるけどほぼ同じ作品の洗礼を受けてる、大学で中国からの留学生と友達になった事がある人なら分かると思う
村上春樹がずっと人気作家だし、羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)を観れば明らかに日本のアニメーションの文脈を受け継いでいる
国同士では揉め事もあるけど、話してみれば共通の話題がとても多い人たちだと思う

中国の皆さん、有難う!とても嬉しいです。
幼い頃からドラえもんを見て育った世代ですが、国境を越えて共感できるものが確かにありますね。
原作者もこれは喜ぶと思います。
「三体」のような優れたSF作品をこれからも世に送り出して下さい。

タイトルだけ見て、足跡にのび太と書いてある化石が発見されたのかと思いリアルのび太と恐竜かと。
なんか、ギスギスした世の中にホワッとした話題があってなんかいいですね。
お互いリスペクトし合いながら同じ時を生きていければいいなと思うな。



 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画ドラえもん のび太の新恐竜 [ 木村昴 ]
価格:3550円(税込、送料無料) (2021/7/9時点)

楽天で購入

 

error: Content is protected !!