緒方夕佳熊本市議”のど飴問題”は海外ではOK!?日本では許されない意見多数!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 【ロンドン時事】熊本市議会が喉あめをなめながら質問をした女性市議に退席を命じた問題を英メディアが相次ぎ報じている。

保守系紙デーリー・テレグラフ(電子版)は1日、「柔軟性を欠いたエチケット、規則、上下関係でがんじがらめに束縛された社会に光が当たった」と伝え、市議会の対応に批判的だ。

熊本市議会の緒方夕佳市議が退席を命じられたのは9月28日。
英メディアは、緒方市議が昨年11月、子連れで議会に出ようとして退席を求められた一件も含めて報じており、「安倍晋三首相が『女性の活躍』を提唱しながら、職場の男女格差解消で日本が他の先進国に大きく立ち遅れていることは有名だ」(同紙)と論調は冷ややかだ。

左派系紙ガーディアン(電子版)も事実関係を淡々と伝え「日本の親、とりわけ母親は、保育所も足りない中、仕事と子育ての両立という困難に直面している」と問題点を指摘している。

熊本市議問題、英でも報道=「束縛社会」と批判(時事通信) - Yahoo!ニュース
【ロンドン時事】熊本市議会が喉あめをなめながら質問をした女性市議に退席を命じた問 - Yahoo!ニュース(時事通信)

熊本市議会の最終日。当初、正午過ぎには閉会すると見られていた本会議が、今も終わらず、混乱しています。(28日午後6時15分時点)

正午過ぎには終わる予定だった市議会は、現在も続いています。
緒方夕佳議員が、議場のインターネット中継を求める請願をめぐり、議論が尽くされていないのではないかと登壇し、質問する際「のど飴をなめていた」ことから懲罰委員会が開かれたためです。

午前10時から始まった熊本市の定例市議会は、熊本城の大天守・小天守の災害復旧費や、ペットの飼育ができる災害公営住宅の土地取得費用などを含む、一般会計補正予算案などの議案が可決される見通しでした。

しかし、市民からの請願に関する質疑で登壇した緒方夕佳議員が「のど飴」を舐めながら質問を行ったため、質疑が中断されました。

「緒方議員、緒方議員、まだ待ってください」「何か口にくわえていますか?」(議長)
「のど飴をくわえています」(緒方夕佳議員)(怒号飛び交う議場)

議会は、緒方議員の行為が市議会会議規則の「品位の尊重」に抵触するとして懲罰特別委員会を設置。審議の結果、戒告の次に重い「陳謝」の処分になりましたが、緒方議員は陳謝せず、再び中断したったいま議会が再開しました。このあと再び懲罰動議が出されるとみられ、議会が何時に終わるのか先が見えない状況となっています。

動画を見ると、「龍角散のど飴を…」と聞こえます。

喉の調子が悪いときに舐めたくなるあの飴ですね。

たぶんこれだと思うのですが、これを舐めながら登壇してしまったのでしょう。

良い悪いの前に、飴を舐めながらでは、話をしづらいと思うのですが…。

登壇するときぐらい、口から出しておいたらよかったのではないかと。

議長が呼び止めて確認するほど、飴の音が気になってしょうがなかったということでしょう。

どんな感じだったのか聞いてみたいです。

さらに、この方、謝罪を拒否して体質させられたそうです。

この市議さんは、以前も議場に赤ん坊を連れてきて議会をストップさせてしまったというようなこともありました。

そんなこともあり、まわりの市議さんたちから、より厳しい目で見られているということもあるかもしれません。

『熊本市議問題、英でも報道=「束縛社会」と批判』のニュースに世間の声は

女性問題とは全く別の次元だと思います。口に物入れて普通に喋れるのでしょうか?

安倍政権関係無いし、飴を食べながらの質問はダメです。


どうしてものことならば、事前に確認を取ってから、議場内で舐めていて良いかどうか…というくらいの話なんだろうと思いますし、少なくとも、質問のときは控えましょう。

そのくらい最低限のエチケットだと思います。


確かに、寛容さがない閉塞感のある社会だとしたら国内外問わずメディアに批判されて当然かもしれません。

しかし、日本人的なマナーの観点から見れば、一般的には好ましくないでしょう。ただ、この議員は当日風邪気味で咳が止まらなかったとの情報もあります。

のど飴ひとつで退場を迫ったことも行き過ぎ感があります。一方で以前からマスコミで取り上げられていた議員でもあり、ネタにされやすい側面があったかもしれません。

また、この議員の思想信条についても特定の層からは批判されています。こういった背景から、今回の議会の対応に多少行き過ぎ感があっても、問題となった議員のパーソナルな部分により、特定の層の日本人が傍観しているように海外メディアには捉えられたのかもしれません。


女性活躍とかの前にマナーの問題ではと思う。
普通議会でのど飴舐めながら答弁はしないし、それは男性であろうが女性であろうが批判されるべきことだ。


のどが痛いのであれば、なめる必要のないスプレー型の薬だってあるし、最悪なめるにしても突っ込まれる前に自身でどうしてものどが痛いので舐めながら答弁させてもらいます位言えばここまでにはならなかったと思う。


常識を知らない人。
のどの調子が悪かったら、議会の前に対処するべき。
議会中、どうしても調子が悪かったら、喉のスプレーなどを使用すべき。

まぁこの方を議員にしたのも有権者。
もっと国民、市民は選挙の大切を考えるべき。


我をだすところ、協調するところのメリハリが下手すぎ。
たまたまとんがったところが有権者に受けて当選したのかもしれないけど。


このくらいで揉めてるなら、落選した人がうかばれない。もっとうまくしてもらわないと。
議会を止めたりすることのないようにしないと。


外国の意見に左右されてはいけない。
このような道徳感は日本の美学だ。
なんでも欧米はという案件ではない

海外の方にはわからない、日本にはマナーという文化がある。
口に物が入ってる時は喋らない。公の場に口に物を入れて行かない。
このマナーの観点からいくと…
彼女は人の親である前に熊本県民の代表、大きく言えば女性の代表。
自分が下手こけば周りも同じ目で見られるかもとか思わないのか?
要は自覚がないのか?
ちょっとこの方は一般の方との常識が逸脱してるように思える。

相手の方や周りの方に失礼のないよう心がけなければいけない。この議員は自分のことだけ考えて、同席している人に対してどんなことをしているのか全然わかっていない。

素でやっているなら日本的なマナーを考えた方が良いし、敢えてやっているなら問題提起の方法が強引で利己的。

子どもを議会に連れてきたことも、そのこと自体は確かに考えさせられる問題であるかもしれないが、関係者に先に相談するくらいはしても良い。この人はやり方に問題があると思う。


外国がいいと言ったから許すべき、とかの問題ではない。日本には日本の文化、マナーがある。これはよくない行為。
この人ちょっとズレてる。

女性の労働問題とは全く次元が違う話。今回のはたまたま女性でしたが、男性が同じことをしても、やはり同じ結果だと。議員が発言するのはある意味仕事です。

そこでのどが痛いからのど飴舐めながらというのは、プロ意識がゼロだと思います。アナウンサーが飴舐めながら仕事はしません。彼らは声の管理を徹底的にするはずです。

議員もそれぐらいの意識を持ってほしい。それとこういう事件をすぐに海外紙が批判するけど、こういうものはその国の文化習慣に関すること。海外の批判はまったく論外だと思います。


子連れの時は問題提起としてやったのかな、とも思ったが、今回の飴の件は全く別問題。喉の調子が悪いとはいえ他にやりようはあったはずだし、せめて冒頭に断りを入れてから話すべき。

何も前置きせず飴を舐めながら話すのは明らかにマナー違反。ガムを噛んだりタバコを吸ったりするのと同じだ。


イギリスにはイギリスの考え方があって良いと思いますが、自らの価値観では他の国の、それも、精神性に関わるような事柄に口を出す権利はない。

日本社会においては、飴を舐めながら顧客対応をしたり、会社の会議に出席したり、学生であっても飴を舐めながら授業を受けたりすることはあり得ません。

理由はその行為が目上の方に対して、あるいは顧客に対して、あるいは教師に対して非常に失礼な行為だとされているからです。それが日本の常識です。


貴方達が災害のたびに日本人の秩序について誉めそやしてくれますけど、こういうことの積み重ねが、あの様な非常時にも節度を持って行動できる原点なんですよ。


飴を舐めながら質疑対応は異常だ。
ルールに無い事は何でもいいという考えなら、ルールに縛られるようになる。
マナーまでルール化するとその管理に奔走しなくてはならなくなる。
決めなくても良いのが、マナーだろう。


普通に考えて、食べ物を口に含んで会話をするか?
友人同士での会話ではないのだから。
なんでもありで、
試して通る事と通らない事を確認すると言うのも問題だ。


この女性議員は赤ん坊騒動の際に自ら英国紙に英文寄稿し、市長を含めた市議会の対応をかなり激しく批判糾弾したと聞きました。

議会関係者に一切何も言わずにこの行動だったので相当反発があったようで、熊本市議会とは今回の騒動以前にかなり埋められない溝が出来ていたみたいです。


英国は議会のお手本の国と言われます、今はネットの発達で英国議会中継なども視聴出来ますから私が見た限りで言わしてもらえれば議会質疑で答弁している人間が飴をくわえながら喋ってる光景なんか見た事がありません、この記事がこの議員を応援したいのかは知りませんがこれが実際の所です。


緒方議員が今回の騒動でまた一方的に熊本市議会の議員から糾弾されている映像がクローズアップされましたが、あの映像の水面下に至るまでは私が冒頭の指摘した様な出来事があり既に修復不可能な程に険悪状態だったのです、実際に懲罰動議は緒方議員以外の全議員が賛成、共産党含む。


議会が個人を攻撃しているのか、個人のマナーの問題か。
どちらが正しいか日本人であれば、考えればわかると思うが…


議員として法を犯さなければ何をやっても良い訳でわなく、民意で選ばれてる以上、もっと周りの意見を聞いて、市民の鑑となる行動でニュースに載ってもらいたい。


この人の問題は女性差別ではない。
発端は自分が有利になるような事を税金を使って行えと議会に抗議した事。
新しく保育園を作って自分もそこに応募、空きを待つならともかく、自分は入って当たり前という考えを簡単に読み取れる行動をとっていたのだから、議員としての質を問題視されていたんでしょ・・
どうせならそこも記事にして欲しかった。

飴をなめて答弁することの賛否はともかく、この人自身が女性の地位向上のために、また、そもそも人に意見を聞いて貰いたいと思うのであれば、あきらかに突っ込まれるであろうポイントはさけるべきであり、指摘を受けるまでそこに気づかないほど周りが見えてない人が議員をやるべきでない。

もし、わざとやって、全国ニュースや海外メディアにまで取り上げてもらうことをにより、女性が差別されてるかの世論を巻き起こそうとしてるなら、あざとい。こういうやり方は、好きになれない。


海外なんかでは普通なのかもしれないが、日本では普通じゃないこともある。
男女格差や保育園問題もといっても戦後数十年でここまで経済成長して、人口が都市型に集中して、バブルが弾けて不景気になった背景がある。

保育園作ろうにも日本の面積は限られており、かつ保育園建設予定地の周辺住民が建設反対するので一概に世界と一緒にできない。
その辺は考え方の問題もある。


風邪をひいてたら飴舐めたいでしょうが会議中くらい我慢しなさい。
サラリーマンが飴舐めて接客しますか?
せめてマスク程度にしておいて、「風邪をひいておりますのでマスクのまま失礼します」と言うのが社会人の常識だと思うが

議会中に飴をなめるのは結構だと思いますが、自分がしゃべる間くらいは止めるのがマナー。
それが海外では理解されないのが残念です。日本人のマナーや礼儀は海外で高く評価されていますが、そういったところから気を使っている証です。
そもそも議員としてプロ意識があるのなら、議会に合わせて体調管理をするべきです。

まずもって前提として外国人に理解される必要はないと思います。

こういうことする人って海外が進んでいて日本が遅れていると単純に思い込んでいる人が多いように思います。日本には他国にはない素晴らしい美徳感覚があるんだと思います。

他人を不快にさせないよう、ちょっと過ぎるくらいの配慮をする、受け取る側もそれを汲み取って気持ちよく受け取り、また相手に配慮の心を持つ。


でも正直、口に飴ちゃん入れたまま「何が悪いんだよ!?」っていう人に対しては何も言うことはないと思います。

そういう意味では退場させる必要は無かったように思います。こんなくだらないこと(質問中に飴ちゃん舐めたらいけない)ルールにするのもバカらしい。

でも素直に他人に配慮する心を持っている人ならそんなことしないのではないでしょうか?


英国が自分の国を基準にして他国を非難すること自体おごりだろう日本には日本のマナーがあるのである。女性市議も事前に確認するなり方法があったのではと思うが?

文化の違いを他の国にとやかく言われる必要はない。
女性の社会進出問題は確かに考えなければならない問題であるが、口の中にのど飴を入れて質問するというのは、「日本では失礼にあたる」。
これは、常識ではなく、良識の問題。
こんなことをしていたら、女性の活躍の場を広げるという問題にすら尾悪影響が出ることが分からないのか。
単なる非常識な人ではないか。

例えば聴いている側で自席で舐めるのはありかも知れないですが自分が話す時に飴を舐めながらというのはどうでしょう。口の中に何か入っていて喋るのは話しづらいし聞き取りづらい。

ましてや市議会という公の場での話ならなおさらだと思います。男女差別とかではなく日本の常識としての話だと思いますよ。


自分がどんな認識でのど飴を口に入れてるか他の人が理解できるような態度を示せたらよかったかも。
のど飴一旦口から出して脇に置いて、質問終わったらまた舐めてたらそれはまた周りの見方も違ったと思うし、薬用のトローチでそうするならまた違ったのではなかろうか。
自分も時々するけど、舐めながら相手と話すのは礼儀を欠く行為かなとは思う。
声も出にくいだろうから、のど飴だけに会議中は舐めるなとは言わないけど、すこし周りに対する配慮に欠けたかな。

個人的には議論すべき何物もない、市議会で勝手にやっていてくれ、とも言いたくなるトピックと考えます。
むしろ問題なのは、このようなトピックを「国民が知るべき、議論すべき、判断すべき」問題として、他にも無数にある諸問題の中から、マスコミがあえて選択し取り上げていることかと。
国民も舐められたものです。

的外れな市議会批判はやめてください。
またあのおかしな女性市議会議員が調子に乗るような報道はやめてください。

「束縛社会」?論点がズレてる。
日本には日本のルールがあるのです。
他国の人にはわからないでしょうが、昔から日本人は立ち振舞いやしぐさを親から厳しく躾られます。
なぜなら身のこなしひとつでその人の育ちがわかってしまうから。

この女性市議会議員の容姿を見て思うことは、今まで誰からも注目もされず、スポイルされてきたんだろうなってこと。
今、市議会という舞台を得て「議会デビュー」しちゃったんでしょうね。
子ども抱えてババーンと登場してみたり、飴玉咥えて登壇してみたり。


んー、でも、日本人としてどうなのかなぁとは思う。
日本の文化として、礼を欠く事は慎むべきと思うが。
海外的には良いのかも知れないけど

公的な場で、公的な立場での振るまいとしてはNGだと思います。
女性でも男性でも礼儀に欠けると思いますが…働く女性云々とは別問題ですかね…子連れで議会に参加したことも個人的には同じ女性としても理解しかねます。

この方のことはよく存じませんが、社会通念というものをわきまえたり、周囲の方の気持ちを配慮しながらご自分の考えを主張されたら良いのではと思います。働く女性が全員こういう考えを持ってると思われても困るし…


口に何か物を入れながら仕事の場で質問するのは駄目だと思う。男女関係ない。

質問する前に出すとか方法はあったはず、他の方も書いてますが、事前に相談してもよかったと思いますが、、余りに唐突で根回しも無しは厳しい。

本当に働き方を変えていきたいと思って議員という仕事をしているなら、もっとアプローチの仕方を考えなければ反発を買うだけだと思う。


あえて批判されるのを承知でしてるんだからしょうがないんじゃない?

それによって議会が飴を舐めながらの質問を許可するかは市民の反応によって変わると思うけど、少なくとも飴を口に含んでの質問は市民からの理解はあまり得られないと思うよ
それを理解出来ない段階で議員としては、未熟だと思うけどね
結果的に議会に対する不信を喧伝しているわけだし


ある程度のマナーは必要だと思う。
のど飴とはいえ、発言中には舐めないのがマナーだと私は思う。これを束縛社会といえば、『何でもありあり』に繋がりはしないだろうか?

赤ちゃん連れの一件も、じゃあ皆連れて来だしたり、家庭の事情を職場に持ち込んだりしたら、果たしてスムーズに仕事ができるだろうか? 赤ちゃんのためにも良くないと思う。
論点がズレている気がする。


質疑の前に『風邪により喉飴を舐めながらの質疑』を議長や壇上で自ら許可を取れば良かっただけのこと。

当然、それは品位とかよりも質問者としてのマナー違反として却下されるだろうが、それにより辞めていれば何の問題にもならないはず。
そんな手順も出来ない市議を熊本市は選んでいるのだから市の品位も疑われる。


女性議員の数が少ないのは熊本の例に見るように資質に問題がある場合が多い。
社会人として常識をわきまえた人物が県の代表として選出したい。

柔軟性を欠いてるのはむしろ飴をなめながら喋る女性の方なんじゃないの?

やむを得ない事情があるなら話す前に一言説明すればそれで問題ないでしょうに。人に一方的に理解を求めるだけで自分の努力はおざなり、今の現代問題を体現してる気がします。


日本で起こった問題だから、他国の意見は無視すれば良いと思います。
問題の議員さんは、事前に体調の悪さを訴えるとか、何らかの根回しが出来なかったのかな?事の内容と言うより、議員としての能力を疑ってしまいます。


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!