元シールズ元山氏のハンストは5日で終了!またも村本と高須のバトルか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票に不参加を決めている5市に投票実施を求め、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)が宜野湾市役所前で続けていたハンガーストライキが5日目となる19日午後5時ごろ、ドクターストップで終了した。

15日午前8時から始まり、水と塩だけの摂取で挑んだ元山さんのハンストは105時間に及んだ。

元山さんは記者団に

「5市長がまだ参加を表明しない悔しさはすごくあるが、県議会で動きがあるのを期待して、自分のハンガーストライキという抗議は終えたいと思う」

と発表した。

19日午後3時ごろから、市役所前の道路に日章旗を掲げた街宣車が停車。

拡声器を使い

「宜野湾市民の迷惑なんだよ。早く解散しろ」

などと主張し、パトカーが出動するなど現場は騒然とした。

午後4時半に医師の診断を受けた元山さんは、2日前より血圧が急激に下がり、このまま続けると「危険な状態になりかねない」と中止を求められた。

元山さんは続行の意思を示したが、サポートメンバーとの協議の末、終了が決まった。

その後、疲労がたまった様子の元山さんはメンバーに肩を担がれて車に乗り、病院へ向かった。

その後のツイッターでは「沖縄、日本、海外からたくさんの方々に支えられ、涙があふれています」とつづった。

仕事の合間を縫い、元山さんのテント生活を近くで支えた那覇市の男性(24)は「昨日ぐらいから声が小さくなって反応も遅くなり、立ったり歩いたりもキツそうだった」と振り返る。

市役所前で、拡声器で大きな音を出し続ける街宣車を見つめ

「あの人たちも、辺野古に賛成の人も反対の人も、みんなで話して投票したいという思いだけなのに。悔しくてたまらない」

と語った。

元山さんが入院した後も、サポートメンバーが5市長に実施を求める署名は市役所前で20日正午から午後6時まで続け、週明けに5市長に届ける予定という。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00374573-okinawat-oki

『「市民の迷惑なんだよ」元山さんに浴びせる大音声 水と塩だけの5日間、ドクターストップ』のニュースに世間の声は

ハンストという手法も、4日で根を上げた結果も、ただただダサい。

普通に考えると身内だけで盛り上げるにも無理があるレベル。


自分の健康を人質のようにして、相手方に翻意を求めるなんて、まるでテロリズムですね!

ドクターストップって 全然ハンストではないな

元山さんのハンストを、まるで「殉教者」の如く数時間毎に伝える沖縄タイムス&琉球新報に、違和感を通り越した“激しい怒り”を感じている県民が多い。

デニー玉城ならびに沖縄メディアのやり口は、卑怯だ。


健康保険は使わないでね

右翼団体は誉められたものではないが、「市民の迷惑」なのは事実でしたよね。

市役所敷地内にテントを設置して、市の撤去要請にも応じず不法占拠してたのですから。


自費診療でお願いしますよ!

結局なんだったんだか。

人騒がせな迷惑行為でしか無かったと言う事でしょうか。


個人的には彼のように独自に医師管理のもとに行われるものをハンストと呼ぶ事に疑問を感じますね。


幼児が寝て駄々をこねる程度の無様な結果。
投票内容が一方的だから反対していることを理解する能力が乏しいカッコつけ屋さん。
玉城知事に投票内容の変更を求めるハンストなら世論の高まりを期待できたのに残念です。

主張は置いておいて
5日は短い気がする。


親に理不尽に怒られて納得いかずに飯を食べなかったことがあるけど、9日続けて毎日学校も通っていた。

やつれていく姿を見て家以外でも食べてないことに気づいて、親が謝って御飯を食べるようにお願いしてきた。

正しい手法だとは思わないけど、ドクターストップで止めるくらいならはじめからやらなきゃいい。


せめて反対してる市議会議員が食べ物を持ってきてくれるくらいまではやらないと、ただのダイエットだよね。


市役所前ってことは明らかに他人の土地を無断で占拠してた時点で不法占拠でルール違反をしてる人が、自身を正当化して訴えた所で響かないよな。

自身の言葉を伝えたいなら、まずはルールを守ってから訴えるって発想がないのかな?
そしてメディアもルール違反をしてる人を下手に庇い立てするから信用されないのに気付いたらいいのにね。


まぁ気付いてて偏向報道してるんだろうから改善する気はないのは分かってるけどね。


辺野古では、あなたたちの仲間が拡声器やメガホンで大きな声だしてるやん。

ハンストを4日で終了したこの若者といい、浦添の埋め立ては容認というデニー知事。


大風呂敷しいて2人の信念ってこれだけ?って思ってしまう。


この若い彼の場合、ドクターストップでの終了はシナリオ通りとは思ってたけど、ここまで早いとは…世間を騒がせただけやん!って感じは否めないでしょう。


それと、この記事の中で街宣車に妨害されて…みたいに書いてあるけど辺野古では、この方たちの仲間が一般の地元の方にやってることの方が酷いと思いますよ。


この新聞の記者もよくわかってるでしょう?

成田山神勝寺の、一般人が参加する断食修行は最長7日間なんだけど、4日で断念ですか。

少しは健康体に成れて良かったと思うけど、やらなきゃよかったのにね。


しきりに体調不良を強調していたことを考えると、
早くドクターストップしてほしかったんだなと思う。


元々ドクターストップを期待していたのでしょう。

途中で病院に行って点滴もしているし…
本気ならば血圧検診を拒みますよ。


デニーの浦添埋立容認がハンスト中にあったり、環境保護の反対理由が崩壊したし。


二者択一から三者択一の検討が始まり、元山代表の『二者択一』の筋書きの無理押しが明らかになって来た。


元山代表のシールズ時代の反社会的勢力行動が周知する所となった。


オボッチマの社会への甘えと自己満足の意図が見えて来た。


> 辺野古に賛成の人も反対の人も、みんなで話して投票したい
普天間の固定化についても、賛否を投票するよう求めれば?
直接投票で、増税賛成ですか?と聞けば反対が多いでしょう、福祉を手厚くすべきか聞けば賛成が多いでしょう。


でも、これ、意味ありますか?
辺野古片方だけなら、なおさら無意味でしょう。


元シールズの奴に共感はしない。

県民投票を実現したいのであれば「ハンスト」という手段ではなく、県民の意思を正確に表すための「選択肢の増加」を訴えるべきでした。
現在の状態で県民投票をすると、「オール沖縄という民意」を既成事実化したい沖縄知事のパフォーマンスになっていまいます。
また、結果の公表の仕方によっては、自治体住民同士の感情対立の引き金となり、知事に従わぬ自治体に対する財政的圧力の道具としても使われかねません。
辺野古決定までに、日米両政府・防衛当局者・地元住民の間で相当な苦労(住宅から遠ざけるのはもちろん、どういう訳かジュゴンの生態で激しくやり合っています)がありましたが、これを意図的に無視して前・現知事と沖縄マスコミが問題を単純化・矮小化しています。
基地や米兵で迷惑する人・米軍相手の商売で生活が成り立つ人・無関心な人と利害も立場もいろいろなのに「オール沖縄」でまとめようとする手法はとても賛同できません。

ハンストっていう手段は本当に下らない。
なんのアピールにもならない。

ただ、拡声器っていうのも輪を掛けて下らない。


基地移転も民意だけど、県民投票も民意、そしてそれを拒否する首長も民意で選ばれている。


これは日本の民主主義と安全保障が次のステップにいく過渡期じゃないかと思う。

国も県も市も議論して欲しいが、安全保障の議論は忘れないで欲しい。

日米地位協定を独伊レベルに上げるのは必要だと思うし、そのためには片務的な条約を見直す必要がある。

基本的には憲法を改正すべきだと思う。

早いな。

ドクターのいうこときくんなら初めからハンストなんか選ぶなよ

はじめからドクターストップがかかることを期待してやったんでしょ?つまりただのパフォーマンス。
なにが命懸けの覚悟だよ。

マスコミ向けのハンストと 思われても仕方ない

ハンストはかまわん。
だけど辺野古移転反対派だから賛美してる沖縄タイムズ。
これが辺野古移転に賛成の一票を、と賛成派のハンストだったらどうだったかね?同じようにハンストの姿勢を賛美するか?つまりはそういうこと。

他の記事にもコメントしましたが、
断食合宿に参加したことがあります。


やれ「塩」をとか、
「おにぎり1つでも」とか、
点滴だとか、命の危険が…とか、
その時の経験と照らし合わせると、ちょっと違和感があり過ぎです。


水分だけは必ずキチンと取らないといけないですが、
自分が断食をした際は4日断食でも周り皆身体ピンピンしてましたし、
むしろ自分は日頃の不摂生を考えると、体調良くさえ感じられました。


健康な若者が4日間食事を抜いたことで「命の危険」というのは、
やや違和感を感じます。


もちろん、食事を抜くという事を軽視している訳ではないですし、
断食を推奨する者でもありません。


ただ、本当に目の前の食事に困っている人もいる訳で、
そういう人こそ、本当に「おにぎり1つ」が必要な人なのかと。


意見を言う場は必要ですが、そういうことを考えると
ほかの手段をもっと考えて欲しいと思ってしまいます。


自分達に民意があると思うなら、抗議活動やストライキの様な過激に取られる行動じゃなく。
ネットなどの実行力の薄い署名活動ではなく、リコール請求の為の地元有権者の署名活動をして、前々から自分達の地元の為の首長を立てるべきだったと思う。

それ以前に、首長選挙で当選している首長が県民投票を反対している時点で移設はやむなし。

という民意にも一方では取れると思う。

反対反対と活動するなら、相手に更に好条件を代案で出すのも反対の仕方だと思う。


相手に求めるために,自分を犠牲にする行動は絶対にしてほしくないです。

わが子が自分のわがままを通すために,自分を痛めつける行動と被って見てしまいます。

わが子であれば,自分の方からも寄り添って考えてあげようと思いますが,基本的にわが子にも,もっと他の手法を学んでほしいと思います。

そういう意味で私はハンガーストライキは幼稚な手法にみえて否定的です。


右翼の街宣車はやかましくて迷惑でしかない存在ですが、今回の彼に対する大音声の罵声は間違ってはいないと思います。

今のご時勢、死ぬまで続けると言うことは不可能
だと思うが、このような結果になることは、
十分想定できただろう。


その上で、ハンストを実施したのならば、
ただのパフォーマンスだとのそしりは、免れ得ない。


元山さんの名前が売れたこと以外に、
何か効果はあったのだろうか。


投票したいのなら、投票のための予算を市町村が負担するのではなく、県が負担するように沖縄県庁に対して請願してみてはどうでしょうか。

投票を実施しない自治体は議会が、つまり民意がそれを決定した体裁をとっているので、一個人の意見、しかも脅迫行為でそれを覆すのは難しいでしょう。


だったら、知事選という民意で示された沖縄県がその予算を負担すればいい話です。

まだその方が話が通りやすいのではないでしょうか。

いずれにしても、このような脅迫めいた行為は非難されるべきです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!