大相撲舞鶴場所で市長に心臓マッサージする女性らに「土俵下りて」のアナウンス動画!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

4月4日(水)、京都で大相撲の春巡業が行われていた最中、土俵の上であいさつをしていた舞鶴市の市長の体調に突如異変が起き、土俵上で倒れるという緊急事態が起こりました。

しかし、1分ほど誰も駆け寄ることもなく、やっと駆け寄った行司や巡業関係者などはおろおろと何をしていいか分からない様子。男性たちは見守るしかできませんでした。

そこへ一人の女性が土俵へ駆け寄り、市長を囲んでいた男性たちをかき分けて入り、即時に倒れている市長に心臓マッサージを施しました。

しかし、そんな緊急事態のときに、行司が不適切なアナウンスをしてしまったというニュースが入ってきました。

そのニュースと、その時の様子を撮影した動画がこちら。

4日午後2時すぎ、京都府舞鶴市で開かれていた大相撲の春巡業「大相撲舞鶴場所」で、土俵上であいさつをしていた多々見(たたみ)良三・同市長(67)が倒れた。

市などによると、複数の女性が土俵で市長に心臓マッサージをしていたところ、少なくとも3回にわたって「女性の方は土俵から降りてください」「男性がお上がりください」などと場内アナウンスがあった。

地元有志らでつくる実行委員会によると、女性2人が土俵に上がって心臓マッサージをした。

直後に救急隊員が土俵に上がり、女性に代わって救命措置を始めた。その間に複数回、「女性は降りてください」と場内に流れたという。

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は4日夜、協会の行司が「女性は土俵から降りてください」と複数回アナウンスしたことを認めた上で、「行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫(わ)び申し上げます」とのコメントを出した。

市長は救急車で病院に運ばれ、意識はあり、会話もできるという。

大相撲では「土俵は女人禁制」の伝統が続いている。

2000年の春場所では、太田房江・大阪府知事(当時)が千秋楽の表彰式で府知事賞を自ら手渡したい意向を表明したが、協会が難色を示した。

社会問題となったが、知事側が断念した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000096-asahi-soci

救命措置をしてくれた女性に「土俵からおりて」とアナウンスする動画

八角理事長、救命女性に直接謝罪へ…舞鶴市長も見舞う

八角理事長は、この件に関して謝罪と、救命措置をしてくれた女性の方々に感謝の意を文書で発表しました。

しかし、ワイドショーなどでは、文書だけでの謝罪で済ますつもりなのかという批判もあがりました。

そんな中、八角理事長が市長へのお見舞いと、救命にあたった女性へのお礼と謝罪を直接行う意向であるというニュースが入ってきました。

そのニュースがこちら。

4日に開催された京都府舞鶴市での大相撲春巡業で多々見良三市長(67)が土俵上で倒れた際、救命措置の女性が土俵から下りるよう場内放送で促された問題で、日本相撲協会は5日、八角理事長(元横綱・北勝海)が市長へのお見舞いと、女性へのお礼と謝罪を直接行う意向であることを明らかにした。

舞鶴市はこの日、市長は「くも膜下出血」で、手術を行ったと発表。命に別条はなく、約1か月の入院が必要だという。

女人禁制とされている土俵に、命を救うために上がった女性をとがめるアナウンスが流れた“事件”。興行担当者の松ケ根親方(元幕内・玉力道)は5日、両国国技館を訪れ、八角理事長ら執行部に経緯を報告した。

取材対応した尾車事業部長(元大関・琴風)は、「(理事長が)可能なタイミングで市長のお見舞いへ行かせていただき、救命措置に協力していただいた女性の方にも、直接お会いして感謝の気持ちとお詫(わ)びを申し上げたい」と明かした。

尾車部長によると、場内放送をしていた若手行司が「女性を土俵に上げていいのか」と観客から出たために慌ててアナウンスしたと説明。「とっさに言ってしまったようだが言い訳はきかない。

女性が土俵に上がってはいけないことと、人命救助は別次元の話。人命より大切なものはない」と釈明した。女性は看護師で、市長が病院を経営していたことから多くの看護関係者が観戦していたという。

市長搬送後に協会関係者が土俵に塩をまいたという一部報道については「(女性蔑視では)絶対ない」と断言。稽古や本場所で力士がけがをした後などにまく慣例に従ったと強調した。

春日野巡業部長(元関脇・栃乃和歌)は「今後そういうことも想定しながら対応策を取っていかないといけない」と、緊急時の対策を検討する方針を示した。アナウンスを担当した若手行司は、巡業先で「僕は何も言えない」と話した。

舞鶴市は5日、多々見市長は「くも膜下出血」で、手術を行ったと発表した。命に別条はなく、容体は安定しているが、約1か月の入院が必要だという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000298-sph-spo

角界の常識は「不適切でした」春日野巡業部長が謝罪

4日に京都府舞鶴市で行われた大相撲春巡業で、多々見良三市長(67)が土俵で倒れた際、救命措置の女性が土俵から下りるようアナウンスで促された問題で春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)が5日、姫路市の巡業先で事情説明した。

春日野部長はアナウンスの若手行司について「動揺していた。頭が『土俵に女性が上がっている』との思いでいっぱいになったらしい」と話した。

ただ人命に関わる事態で「土俵=女人禁制」の“角界の常識”にとらわれたことは「不適切でした。本場所でも起こりうることなので教訓にしたい」。

若手行司は「僕は何も言えない」と話した。

5日は舞鶴巡業を担当した松ケ根親方(元前頭玉力道)が両国国技館内の協会で八角理事長(元横綱北勝海)らに経緯を説明。

女性は市長かかりつけの病院の看護師だという。

報告を受けた尾車事業部長(元大関琴風)によると、理事長は市長へのお見舞いと女性へのお礼と謝罪を直接行う意向を明らかにした。

その上で「不適切なアナウンスをおわびしたい。どんな時も人命が第一」と、あらためて謝意を表明した。市長はくも膜下出血で手術を受け命には別条ないという。

尾車部長は市長が搬送された後、協会関係者が土俵に塩をまいたとされることについて、力士がけがをした後などにまく慣例だと強調。「女性蔑視のようなことは全くない」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00171239-nksports-fight

やく氏、土俵に大量の塩の理由は女性ではなく市長 SNS発信者にも「学べ!」

時津風部屋暴行事件の際に再発防止検討委員会の外部委員も務めた漫画家のやくみつる氏が6日、フジテレビ系「とくダネ!」に生出演し、舞鶴市長が倒れ、土俵に女性が救命救急のために上がり、その後大量の塩がまかれたとされる件に言及。

ケガ人などが出た後に塩をまくのは珍しいことではないとし、SNSで発信した人へ「学べ!」と訴えた。

番組では、大相撲舞鶴巡業中に舞鶴市長が土俵上で倒れたため、複数の女性が心臓マッサージなどを行うために土俵にあがったが、土俵から降りるようにアナウンスがあった騒動を特集。さらに救護の後、土俵に大量の塩がまかれたことも伝えた。

この塩がまかれたことについて、女性が土俵に上がったからなのか、市長が倒れたからなのか、議論を呼んでいるが、これにやく氏は「一緒くたにし過ぎ」とバッサリ。

「日頃、相撲を見ている人であれば、ケガの時など塩をまくのは見慣れた光景。珍しいことじゃない」と語り、塩をまいたのは女性が土俵に上がったからではなく、市長が倒れたからだと説明した。

そして「こんな人までが、鬼の首を取ったかのようにSNSで発信するなと思う。学べ。学んでからにしろと思う」と怒りをにじませていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000042-dal-ent

アナウンスだけでなく協会員が口頭でも直接支持していた

若い行司が、他の観客からのクレームを受け、気が動転して慌ててアナウンスしてしまったということでしたが、その後の調査で、アナウンスだけでなく、救命措置をしている女性に向かって協会員が口頭で直接支持していたということがわかったというニュースが入ってきました。

そのニュースがこちら。

京都府舞鶴市で4日行われた大相撲春巡業で、あいさつ中に突然倒れた市長の救命措置で駆け上がった女性に、日本相撲協会側が土俵を下りるよう求めるアナウンスを流した問題で、アナウンス以外にも、女性に向かって土俵を下りるよう協会員が直接指示していたことが5日、分かった。

土俵に上がった女性のうち、少なくとも1人は現役の看護師だったという。

■あいさつ1分後に倒れ

関係者によると、多々見(たたみ)良三市長(67)は土俵上であいさつを始めて約1分後、あおむけに倒れた。観客席にいた女性が土俵に上がって心臓マッサージ。会場に待機していた救急隊員らがAED(自動体外式除細動器)や担架を持って駆け付けたという。

この際、場内アナウンスのほか、日本相撲協会の協会員が女性らに「下りなさい」などと声を掛け、手ぶりでも下りるよう指示。多々見市長が運び出され、女性らも土俵から下りた後、土俵には大量の塩がまかれたという。

協会側はアナウンスについて、「人命に関わる状況には不適切な対応で、深くお詫びする」などと謝罪。

塩をまいたことについては「土俵で骨折や大きなけががあった際の通例で、女性が土俵に上がったこととは関係はない」と釈明した。

■医師の市長が院長を務めた病院の看護師

関係者によると、最初に土俵に上がった女性のうち1人は、医師でもある多々見市長がかつて院長を務めた病院の看護師。

「市長が倒れ、いたたまれずに、とっさに土俵に上った」と話しており、上がる際には「上がっていいですか」と、周囲に声をかけていたという。

多々見市長は搬送後、くも膜下出血と診断。命に別条なく、約1カ月の入院が必要という。

■「女性の行動は勇気ある」

巡業実行委員会の河田友宏委員長(78)は「女性の行動は勇気があり、適切な処置だった。アナウンスはわざわざすることではなく、理解しがたい」。

巡業の勧進元(発起人)を務めた四方八洲男(しかた・やすお)さん(78)も「しきたりと人命、どちらが大事かといえば人命。大相撲は女性ファンが増えており、議論が必要」と話した。

スポーツ文化評論家の玉木正之氏は「伝統が本当に正しいか、時代に合っているかを考える必要がある。

そもそも、相撲関係者がどれだけ伝統の意味を理解しているのか疑問で、おそらく教条主義的に『女性は土俵に上がってはいけない』としているのではないか」と指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000541-san-soci

土俵で救命措置の女性、感謝状を固辞「当然のことした」

京都府舞鶴市で開かれた大相撲の巡業で、あいさつ中に土俵で倒れた同市の多々見(たたみ)良三市長(67)に心臓マッサージをしていた女性たちに、行司がマイク放送で「土俵から降りてください」と求めた対応が批判をあびている。

主催した実行委員会の幹部によると、女性は看護師らだった。大相撲は「女人禁制」の伝統があるが、相撲協会も不適切な対応だったと認めた。

会場にいた巡業の勧進元(主催者)で、前綾部市長の四方八洲男(しかたやすお)さん(78)は「人命かしきたりかと問われれば、ちゅうちょなく人命。あのときの行動はなかなかできるものではない。立派だ」とたたえた。

さらに、「染みついたしきたりにより反射的にああいうアナウンスをしたのだろうが、女性の相撲ファンも増えている。

しきたりを見直す、前向きなきっかけにしてはどうか」と提案した。

実行委は5日午後、心臓マッサージの中心になった女性に感謝状を贈りたいと連絡したが、「当たり前のことをしただけ。そっとしておいてほしい」と固辞したという。

土俵の近くにいた60代女性は「ぱっと行動に移せた女性は偉い」と評価。夫と訪れた70代女性も「アナウンスが流れてもすぐには降りず、救命措置を続けていた。アナウンスが流れ、なんでだろうと疑問だった」と振り返る。周囲の観客も「なんでや」と話していたという。

観客の70代男性は「アナウンスが流れたとき意味がわからず、後になって女人禁制のことだとわかった。それぐらい救護は自然なことで、アナウンスは不自然だった」と話した。

市によると、多々見市長は1カ月ほど入院し、堤茂副市長が職務を代行する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000005-asahi-soci

“土俵で心臓マッサージしていた女性に「降りて」 京都”に対する世間の声

相撲は「神事」っていうけど、人命救助のために女性が土俵に上がったぐらいで「相撲の神様」って怒るのかな?
もう、撤退して相撲協会の膿だししたら?
人の命と、伝統どっちが大切?
その場にいた訳では無いので、私の個人的な意見だが、心臓マッサージをするような生死を彷徨っている状態で降りろなんてよくアナウンスできたね。
自分の親が心臓マッサージされてる状況でもこの人は同じ事を言えただろうか。
一番初めに駆け寄って来た女性が来る前までは、周りの男の人たちは市長の周りに居るだけで何もしてない、そこで来た女性(看護師らしい)は、すぐ心臓マッサージをする。
それから数人女性が加担する感じで来た時に、このアナウンス。
おそらく後から来た女性も看護師経験の方だと思われる。
伝統って何ですかね?
たぶんね、相撲協会はアナウンスは当人が勝手に発した発言で私たちは関係ない!で終わりでしょうね。
アナウンスした人に厳重注意ぐらいですかね?
個人的にはアナウンスした人を罰するとかではなく、この体勢を本当に見直せよ!と言っても無駄なんでしょうね。
心底、相撲協会は残念な組織だと決定付けさせてくれました。
人命がかかっているのに…。
何が大事なのかがまったく分かってない。
相撲協会の体質を象徴するような出来事と思う。
相撲より人命のほうが大事だと思うけど。
緊急事態でも?心臓マッサージしなきゃいけないくらいだから、けっこう危ない状態だったんじゃないの?命かかってるのにそここだわるところか?
それこそ、しきたりだか伝統だか知らないけど、女性は土俵に上がれない…現代社会ではそれ問題ですよ。
命の方が大事だとわからないのか。回復されたから良かったが亡くなっていたらどう責任とるのか。
私だったら人が突然わ倒れても、とっさに心臓マッサージができるかと考えると不安しかない。
その中で出来るこの女性の方がすぐに動いてくれたにも関わらず…その発言…
もし身内が倒れたら?それでもそう言うだろうか。
そういう決まりがあるのはわかるが、命を捨ててでも?
もっと守るべき大事なことはあるだろうと思う。
親方、行司、関取誰一人救命処置が出来ないのかな?この方は女医さんらしいけどお客さんで来たのか仕事なのか心臓マッサージをやっている時男とか女とか関係ないし途中で止めてしまったらそのまま死んでしまう可能性もある。すぐにAEDを持って来て交代するとしても女性は降りてくださいとアナウンスする必要はないと思います。アナウンスする暇があったら心臓マッサージを交代しろって思う。以前暴行で骨が折れていても診療所に行かせ整体で済ませる。部屋を逃げ出している弟子の親に対して病院へ連れて行くと嘘をつき本人自ら病院へ行ったら何故病院へ行くと怒る。そのまま顎の骨が砕けたままでいたら味覚障害どころか食事も呼吸もできない状態になっている可能性もあるのに既に引退しているからと一切謝罪しない相撲協会。
今回も救命処置が出来る人がいれば女医さんが土俵に上がる事もなかったと思います。
そもそも、神様が男女差別するかな?
その状況で伝統って必要?
相撲ファンを減らす出来事の一つになったね。
もう、相撲は見る気なくなったけど、相撲協会の動向が面白いわ。
命と伝統、どっちが大切?
それもわからない相撲協会は終わってる。
相撲協会は、人命よりも土俵が大事なんですね。
その内、相撲の神様も見放すと思います。
相撲は神事って言うけど、神の言葉を使って欲しくない程、地に落ちたと思います。
記事をよく読むと、一部の観客から、「なんで、女が土俵に上がってるんだ」とクレームがあり、慌てて若手行司が言ったとある。
だとしたら、杓子定規にしか物事を考えずに、クレームを言った観客にも問題がある。
ちょっと考えれば、検討つくだろう。
これは相撲協会だけの問題じゃない。我々観客がほんの少しでも、度量があれば、こんなことにはならないと思う。
テレビ業界に関しても、同じ事が言えると思う。
徹底的にこだわるなら、男性の医療関係者を待機させたりしておかなきゃ。
人命を優先できない組織って、なんだかなぁー。

今回の女性たちの勇気ある行動に感謝すべき

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!