ピエール瀧の賠償金は芸能界史上最高の5億円以上!?「払えるの?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 東京地検は2日、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で、ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)を起訴した。

これを受け、所属事務所はこの日、瀧被告のマネジメント契約を解除したと発表した。

事務所および、瀧被告が所属する音楽ユニット「電気グルーヴ」のホームページに

「本日、ピエール瀧が起訴されたことを受けまして、マネジメント契約を解除いたしました。

なお、本件に関しましては、引き続き誠意をもって対応させていただく所存です」

と声明文を掲載した。

電気グルーヴの今後の活動については未定。

起訴状によると先月12日ごろ、自宅とは別の世田谷区内にあるマンションの一室で、コカイン若干量を吸引したとしている。

東京地検は認否を明らかにしていない。

大河ドラマ「いだてん」やCMなど、引っ張りだこだった瀧被告の逮捕を巡っては、撮り直しや番組の打ち切り、公開中止が次々と発表されるなど波紋が広がっており、賠償金が芸能界史上最高の計5億円を超える可能性もある。

これまで芸能人が犯罪を起こした場合は損害賠償について自己負担するケースが多い。

ただ事務所との契約内容や関係性によって事務所側が一部負担することもある。

CMについて広告代理店側が負担するケースもある。

起訴を受け、今後は瀧被告から申し出があった場合、東京地裁が許可すればきょう3日にも保釈される。

保釈後は多額の賠償に加えて、20代のころから使用していたという薬物を断つための日々が始まる。

依存症脱却には夫人や家族のサポートが必須となるが、事件の衝撃を乗り越えて、円満な話し合いが持てるのかも不透明な状況だ。

再起へは多くのハードルが待っている。

◆ピエール瀧(ぴえーる・たき、本名瀧正則=たき・まさのり)

1967年(昭42)4月8日生まれ、静岡県出身の51歳。

89年に石野卓球らと「電気グルーヴ」を結成し、91年にメジャーデビュー。

俳優としても活躍し、映画「そして父になる」(13年)などに出演。

14年にブルーリボン賞助演男優賞を受賞。

17年には映画「アウトレイジ 最終章」に出演。

今年一年限定でグループでの活動名を結成当時の「ウルトラの瀧」に戻していた。

  引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00000098-spnannex-ent

『ピエール瀧被告「解雇」賠償金は芸能界史上最高の可能性も』のニュースに世間の声は

他では数十億と報道しているケースもあったが支払い可能なのか?。

覚せい剤系薬物の使用は罰則を強化すべきだね。
某国の死刑とまでは言わないけど、初犯だと執行猶予が付き、治療という流れが目立つ。
再犯でも一桁台の実刑だし。
需要があるから供給する売人がいて、暴力団の資金源になっているわけだし。

ここ数年の覚せい剤系検挙件数は、1万5千件前後で推移してるようだけど再犯が6割強。

芸能人の逮捕は目立つけど、潜在的な使用者は少なくないと思うし。
また在留外国人の増加、将来の移民政策に備え、米国みたいに某南米の国の標的にならないように、今から対策を講ずべきだね。

多分執行猶予が付くだろから判決が下ったら直ぐに出てくるだろうけど
それからが大変だろうな
まずは身体からしっかり薬の習慣を抜いて一生の戦いだけど
違約金と言っても本人が払えなかったら請求してもどうにもならない弁護士を立てての話になるだろう
芸能界の復帰になるんなら禊に何年もかかる
一つ一つを積み重ねて更生して欲しいですちゃんと更生した人間もいますから家族にも
人は自分の為にする事には限界があるけど人の為にやるなら限界を越えられる事もある

事務所のソニーの対応やコメントを批判してる輩がいるが、解雇されて当然だと。
多額の損失被られて、誠意に対応するなら更生するまで面倒見ろとか意味不。
一般企業でも解雇なんだし、芸能人でも特別視しないという事務所の対応こそが誠意だと思うから。

30年前後、薬漬けだったんでしょ?
彼はある意味ラッキーで、ある意味アンラッキーで。


こんなに長い間発覚することもなく、蓄財し贅沢三昧の日々を送れ、音楽活動も俳優活動も色々あったかも知れないけれども成功を収める事が出来た。


一方で、早くに明るみにされなかったが故に、薬漬けからは解放されることはなかった。


しかもこれからは多額の賠償金を整理しなきゃならない。


どちらが結果的に幸せだったのでしょう。


年齢的にも、もう復帰の道はほぼないかもしれないから、人生の終盤に苦しみを自ら作ってしまった、つまり晩節を汚してしまったので幸せとは言えないでしょうかね。


一度も陽の目を見ない俳優やミュージシャンもたくさんいるから、ピエール瀧はそれでも幸せだったのかとも思いましたが。


ファンでもないが 20代の頃から使用してたという。

賠償金など考えれば若い時に逮捕されてた方が
人生やり直しが出来た感あったのに!
世間は薬物を使用してまで いい作品を要求してはないでしょう!

一般の会社でもそうだと思うけど有名人がそれなりの事したんだもん解雇も賠償も当たり前。

新井氏が同じように事務所を契約終了された時と、今回のピエール瀧被告の所属事務所の契約解除との場合のここでの反応が違いすぎますね。
犯した罪に被害者がいるかいないかという問題が大きいにせよ、事務所サイドの契約解除はやむえないでしょう。
おそらく一方的な解約でなく、事務所と当人か代理人かとの話し合いでお互いが了承した形でしょうから。

ピエール被告にしても、芸能人全般にしても社会人ではあっても会社人ではないですから、尿検査を事務所側が強制的に行うのは倫理的に難しい問題ですし、仕事を出す側(スポンサー、テレビ局あるいは広告代理店)がケースごとに尿検査の結果を求めるというのが、効果的になるでしょうが、これしたらパワハラだとネットで騒ぐだけの人たちはあおりませんかね、そういうことです。


所属事務所は契約解除しても、被告が所属していた時点での発生案件ですから、責任義務はありますよ。


たぶん、賠償問題をうやむやにする為に解雇とした可能性があるよね。

表向きは起訴された事で解雇というまっとうな理由づけだが。


個人が賠償出来る額を超えている。

だって今後の仕事の需要は賠償出来るほどの量は見込めない。
所属事務所としては、自分らに矛先が向かないようにする為と、ピエール瀧が賠償請求されても、事実上、返済不可能になる事を承知で自己破産の選択肢を選ばせる状況を考えたのではないかと思う。
自分らも生き、ピエール瀧も生きられる選択をしたのではないか。

しかしつくづくヤフコメ民は人を見て評価を変えるんだなと。

正直、ここまでピエールに擁護の声が多いとは思わなかった
とりあえず復帰どうこう言えるのは罪を十分に償ってからでしょう
コカイン吸引って結構重大な犯罪だと思うけどな…

作品には罪は無いという…。
たしかにそうかもしれない。
しかし、考えてみて欲しい。
一般市民が何らかの犯罪を犯したらその後の人生で生活費を稼ぐにも苦労する程、就職もままならないようになる。
もし芸能人の作品を「逮捕前の作品だから」とか言って出すことを許せば彼等に印税という決して少なくない金が座して居ても安定して入ることになる。
そこが問題なんだと思う。
たしかに映画とか多くの人が関わっている作品は損害も大きく、お蔵入りさせてしまうには余りに勿体ないというのも理解できるから、今後は出演契約書に犯罪発覚後の印税、未払いの出演料は全て払わないという一文を入れて本人に一切金が入らない仕組みを作ってはどうか。
それなら多くの人が納得できるのではないか。

20年以上逮捕できなかった事実。
これはこれでもっと真相究明するべきです。

賠償金額も大変なものだけれど、こうなる前に 芸能事務所は 所属タレントに 抜き打ち薬物検査を義務化するのが良いのでは? 薬物が蔓延してたり 寄ってきやすい環境であるなら タレントを 守るのも芸能事務所の特殊な役割り。
きっとそれでもすり抜ける人もいるだろうし防ぎきれないかもしれないけど。

自業自得とはいえ、大変だな。

稼いでいただろうから大丈夫だろうが、
今後は今までのようにはいかない。


得るものが多いだけに、失ったときがすごいな。


薬物犯罪を犯したのだから当然の処分でしょう。
更生するまで事務所の責任みたいに言う方がいますが、それは違うかな?事務所が薬物をやらせてた訳では無いし、事件により事務所も多大な損害を被ってるから…
違約金についても因果応報、自分が犯した罪の対価なので、真摯に対応して欲しいです。


その上で、しっかりと罪を償い、薬物汚染から更生した際は、社会復帰できる場を設けて欲しいですね!

ソニーの対応は至極当然だと思うが、既存タレントに具体的にどう対処・管理していくのか明確にしてこそ、特にクライアントに対する誠意ある対応なのでは?
まあいずれ明確にはするんだろうけど、ヤバくなったら切り捨てる、を繰り返してるだけに見えますね、このテのマネジメント会社は。


卓球とは、精神的信頼や絆は絶大だけど、彼が金銭的に助けてくれる事はまず無いだろうなぁ。

卓球は吠えていたがこういう時こそ力を貸して一緒に返済してあげればいい。

犯罪者を擁護することは相応の覚悟が必要、その覚悟を見せてほしい。


ドン底になってしまいましたね…薬とは そんなモノです。
後悔しても遅い。
手を出したら辞められない。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!