ピエール瀧の初公判は6月5日に!実刑判決か執行猶予か注目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された、ミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(52=本名・瀧正則)の初公判が、6月5日に開かれることが決まった。

東京地裁が8日、指定した。

瀧被告は東京都内やその周辺でコカインを摂取したとして今年3月12日、関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕され、その後起訴された。

4月4日の保釈時には

「反社会的行為で迷惑と心配をかけた。誠に申し訳ございません」

と約30秒間にわたり、頭を下げた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-05080606-nksports-ent

『ピエール瀧被告の初公判、東京地裁が6月5日に指定』のニュースに世間の声は

ただ薬物吸引の歴史が長いからな、復帰の為には相当期間の治療が必要だよな。

薬物事件では、たとえ本人だけの問題(のはずはないが…)であってもボコボコに非難される人が多いのに、この人はなぜか擁護されることがある。

役者は演技が(現実の自分の人生とは別の)仕事だから、作品の評価とこの人の反社会的行動を分けて考えたいというのは当惑しながらも同感する。


古いTV映画では、現在では馴染まない差別的表現などをテロップで断りを入れた上で放送しているように、作品性は評価したとしても、悪いことを正当化するものではないという大前提を忘れるべきではない。


私もこの方は、メディアの上では好感度を持っていただけに、興味のなかった芸能人より頭にくる。

でもなんとか、厳しくやり直してもらいたい。

出演した作品のためにも、共演者、関係者のためにもしっかり更生してほしい。
俳優としてしか知らないけど、よい監督、共演者に恵まれていたから、見られなくなったら惜しい作品ばかり。
ピエール自身もまた見たい俳優だ。

これからが大変だと思うよ、裁判では初犯扱いで有罪の執行猶予が付くのは確実だが執行猶予がつけば社会に放り出されるつまりは薬を絶つには牢屋に居るより難しくなって執行猶予中に逮捕って事になりやすくなる、20代から薬漬けになってた者が自力で薬を絶つのはほぼ不可能だと思う

薬物依存からの復帰は難しいと聞きますが
瀧さんにはたくさんのファンがおられます。


どうかファンが悲しむニュースにならないよう
頑張って下さい。


復帰後のご活躍、期待して待っています。


依存症は病気、更生の機会に繋げてあげるのが正しいのだと頭では理解できる。

でもな、本人の反省や後悔あっての回復や更生ではないのか。

それなりの時間も要するでしょう。

拙速に許せ許せの論調には違和感しか感じない。


江夏豊さんも覚せい剤で実刑を受けた。

出所後言ってたけど
「もし執行猶予だったら、クスリをやめられなかった」。


江夏さんは実刑で良かったと言ってます。


酒もタバコもやれず、ローカロリー食で健康になる。


痛風が自然に治ったらしい。


協調性を学んだ。


プロ野球のエースだったなんて、塀の中では通用しない。


ひたすら規則を守り、仲間と協調することを身につけた。


文章の勉強ができた。


なにより自分を見つめて謙虚になれたと。


出所後、自分が書いた野球評論を携え、若い新聞記者に
「読んでください、悪いところを教えてください」
と頭を下げる江夏さんを見て、彼を知る人はぶっとんだらしい。


「あの江夏が頭下げてる・・・」
その後の健筆はご存知の通りである。


才能ある人は刑務所で一皮剥けるという。


瀧さんも、一度入ったほうがいい。


そして罪を償ったきれいな気持ちで、また活躍してほしい。


どの程度の刑となっても、この人の復帰を願ってる人を思うならしっかりと償って欲しい。

て、言うか再犯しないためにも執行猶予になれば仕事した方がいいんでは?今まで謹慎?した人はたいがい再犯してる。
だったら発想を変えて人気あるなら表舞台に出なくても頑張るべき。

「凶悪」観ました。

凄い演技です。

これは製作者側は使いたくなりますね。

でもこの演技中も薬やってたのかと思うと複雑です。


これまでの役者人生と薬との関連性を自身の言葉で語ってほしい。

何処までが薬の作用の演技なのか、
何処までが本当の自分の演技なのか、
音楽も然りで、キチンと語ってもらいたい。


実刑判決を望みます。

初犯だから懲役一年六ヶ月執行猶予三年でしようけど、20歳位からやっていて常習性も高いので実刑に処すべきです。


どんなに有名でも、悪いことは悪いこと。

すぐテレビにでてると、コカインやっても問題ないんだと勘違いを生じさせるので、数年はだまっててほしい

擁護などしてはいけない。

薬物の金が暴力団の資金源となり、
拳銃代などの人を殺める一端となっているのである。


評価される役者だからと言って殺人と一端となる資金を
支払っていた奴など許されるべきではない。


初犯でも重罪に処してほしい。


社会は薬物に甘すぎる。


これだけ騒がれて卓球にも迷惑かけてそれでも再起を願う人が多いのだからスッキリ依存を克服してください。

もうファンを裏切るな!

これを期に薬と手を切って欲しいなと、作品を気に入ってたファンとまでは言えない一般視聴者の私は思う。

いい俳優として活躍してたから、ちゃんと治療して復帰してほしい。

当分は電気だけの活動になるかもしれないけど。


2回目は無いくらいの気持ちで。


常習性を考えても普通に芸能界は引退でいいだろ。

それ以外で頑張ればいいと思う。


まだ保釈の身という事を忘れないでください。

擁護する人も保釈されはしたが犯罪者であることを知ってください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!