大晦日と元日はローソンでホットミルクを飲もう!大量廃棄の危機を救え!

ホットミルク時事ニュース

2021年の大晦日と2022年の元日、ローソンでホットミルクが半額の65円で販売されるというニュースが話題となっています。

コロナ禍の影響で、牛乳の消費が減ってしまったため、消費支援を目的としているそうです。

岸田総理も「牛乳をいつもより1杯多く飲んで」と異例の呼びかけを行うほど。

余れば大量廃棄されてしまうそうなので、積極的に牛乳を飲もうと思います。

このことを伝えるニュースがこちら。

  このニュースに対する世間の反応も。

「廃棄の危機にある生乳のために」と温かい支援が始まる。 ラテマシンから注がれているのは、温かいホットミルク。

この季節にうれしい飲み物。

ローソンは21日、2021年の大みそかと2022年の元日の2日間、全国の店舗で国産の生乳を100%使ったホットミルクをこれまでの半額の65円で販売することを発表した。

新型コロナウイルスの影響で、業務用の消費が少なくなっているほか、年末年始は学校が休みで給食がなくなるため、提供が減ってしまう牛乳。

およそ5,000トンにも及ぶ生乳の大量廃棄が心配されていて、担当の農水相や小池百合子東京都知事らが、「もっと飲んで」と呼びかける事態となっている。

今回のキャンペーンは、牛乳の消費を少しでも増やし、廃棄されないよう支援することが目的。

ミルク缶をロゴにするローソンならではの取り組み。

店に来た客(20代)「すごくいいことだと思います。ホットミルクちょっと飲んでみたいかなと思います」

ローソン広報部・持丸憲さん「少しでも多くの方に手に取っていただくきっかけになればと思います」

  引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/198872e4bd86ea9f98782deba846166b17da13a5

スポンサーリンク

岸田首相「年末年始は牛乳を多く飲んで」異例の呼びかけ

牛乳などの原料となる「生乳」がこの年末年始に大量に余ることが懸念されている中、岸田総理が「牛乳をいつもより1杯多く飲んで」と異例の呼びかけを行いました。

岸田首相  「牛乳をいつもより1杯多く飲んでいただく、料理に乳製品を活用いただくなど、国民の皆さんの御協力をお願いいたします」  

新型コロナの影響で需要が減少したことから、牛乳などの原料となる「生乳」がこの年末年始に大量に余り、5000トンが廃棄される懸念が出ています。

岸田総理は、「廃棄を防ぐために牛乳をいつもより1杯多く飲んで」と異例の呼びかけを行いました。(21日23:47)

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/0d35331be6a30df74758e3226726993eaf45c8e9
スポンサーリンク

『年末年始 ホットミルク半額 ローソン「牛乳消費」支援へ 』のニュースに世間の声は

ローソンはもともと牛乳屋が発祥だからね。

昨年の緊急事態宣言で学校止まった時期にもカフェラテかなんかで支援してた記憶。
期間まだだけど他の買い物ついでに1杯頼んでこようかな。

酪農家です。
ありがたい!いや本当にありがとうございます。
これまでもこれからもローソンでいっぱい買います。ウチカフェ最高です!

早い
この行動力
単なるパフォーマンスと揶揄する人もいるけど
やってることは生乳消費にもなるし消費者も安くおいしいホットミルクが飲める
いいね

これ、昨年もやっていましたよね。
とてもいい取り組みだとおもいます。
我が家は牛乳大好きなので、嬉しいです。

error:Content is protected !!