龍角散の社長がセクハラ申告され調査担当者を解雇!「セクハラとパワハラ・・・」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 龍角散(東京都千代田区)を解雇された元法務担当部長の50代女性が6日、同社を相手取って、地位の確認と解雇後の賃金などの支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。

訴状などによると、元部長は同社の藤井隆太社長が女性従業員にセクハラをしたとの話を聞いて社内調査を開始したところ、セクハラ被害を捏造(ねつぞう)したなどとして解雇されたという。

元部長と弁護士が同日、記者会見して明らかにした。

訴状などによると2018年12月6日、同社の忘年会に参加した藤井社長が、同席していた女性従業員に抱きついたり、「この首筋がゾクゾクするよ」と発言したりした。

元部長は参加者から忘年会でセクハラがあったと聞き、職務上の調査を開始。

女性従業員に事情をヒアリングしたところ、従業員はセクハラの内容を語ったうえで、セクハラについて第三者に相談できる窓口を設置してほしいとの意向を示したという。

ところが、忘年会から11日後の同月17日、元部長は藤井社長から社長室に呼び出され、「セクハラなんてなかったのに、セクハラを捏造してけしからん」などと指摘され、自宅待機を命じられ、今年3月28日付で解雇されたという。

元部長側は、セクハラについては忘年会に参加した複数人の証言があり、事実であったことは明らかとしており、解雇は会社による解雇権の乱用と主張している。

元部長は会見で「忘れてしまいたいが、第2、第3の被害者が出るのを防ぐためには会社の健全化が必要で、勇気を出しました」と話した。

訴状などによると、会社側は解雇の理由について、この女性従業員がセクハラにあたるとは思っておらず、会社に被害を申告する意向もなかったのに、そのような従業員の認識や意向とは異なる申告を元部長がさせたことなどを挙げているという。

龍角散は6日午後、朝日新聞の取材に対し、「訴状が確認できていないので、コメントできることはない」とする一方、同社ホームページに「当社と利害関係を有しない法律事務所に依頼して調査を行ったが、セクハラの事実は認められなかったとの報告を受けている。

訴状を受領次第、内容を検討し、適切に対応する」などとするコメントを載せた。

龍角散は1871(明治4)年に東京・神田で創業。

社名と同じのど薬で知られる。

同族企業で、藤井氏は創業家出身の8代目社長。

1995年に社長になると、服薬補助ゼリーなどの新商品を積極的に投入し、同社の経営を立て直した。

フルート奏者としても知られる。

同社のウェブサイトによると、19年3月期の売上高は204億円、従業員は106人。

非上場。

(榊原謙)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000061-asahi-soci

『「セクハラ申告巡り解雇は無効」 龍角散の元部長が提訴』のニュースに世間の声は

この社長、もともとフルート奏者かなんかでしたね。

なんか優秀な経営者扱いでテレ東の「カンブリア宮殿」とかに取り上げられ、”健康にまさるファッションはない”という自らの哲学をPRしているようです。


セクハラの調査段階で”捏造”を理由に謹慎、解雇。

明らかに力で抑え込もうという姿勢に見えます。

自身が全く無実と思うなら自由に調査してもらい、取締役会と社員に判断してもらえばいいのに。

もしくは、早々に謝罪し、収束をはかれば良かったのに。

法務部長を解雇って最悪の一手に見えます。


企業体質の問題です。
ワンマンの創業系の社長、自分の意にそぐわなければクビ。
龍角散ってこんなに古い体質だったんだと改めて思いました。
下で働いている人は次は自分ではないかとビクビクしながら仕事をしないといけないね。
この系統の会社で生き残るには上には逆らえないこれが会社の風土の大前提ですね。

社長のセクハラ疑惑をもみ消そうとするあからさまなパワーハラスメントだ。

こんな強権的なパワハラが堂々となされている事に唖然とさせられる。

オーナー企業の風通しの悪さがその原因の1つだと思う。

旧態然としたセクハラ、パワハラを根絶するためにも裁判を通して、実態解明を進めてほしい。


>>元法務担当部長の50代女性
ある意味法律のスペシャリストじゃない
その人が訴訟を起こすからには、相当の自信があるんでしょ
それにしても、これで敗訴したら龍角散側はとんだ赤っ恥だね

これは社長に勝ち目がない気がするなあ。

セクハラ調査で解雇とは。

元部長が男性でも同じ処分を下したのだろうか。


企業にもよるが創業家一族の経営は世間の認識とズレがち。

優秀な人材が育つはずがない。

ミツカンと同じだな、同族企業トップが黒と言えば黒、白と言えば白、それに逆らえば解雇

この会社ダメ。
以前も、別の女性社員だと思うが、差別して虐げていた話が出ていた。

あの社長の裏の顔ですね。

テレビみてて、ワンマンには感じた。

話し方に品位を感じませんでした。

龍角散ののどすっきり飴は口や喉がすっきりするけれど、
この会社の対応はすっきりしないなあ。


社長かー。

でも泣き寝入りせずに声を上げたのは素晴らしい。

頑張って欲しい。

これはひどい。

状況からすれば、おそらく元部長の訴えの方が真実でしょう。


仮に、社長側の言うように被害者本人がセクハラの認識が無かったとしても、その様な小さな芽をつんで社内ガイドラインを作ったり、社員教育を実施したりすることも元部長の職責に含まれていたはず。


まっとうな仕事をしようとしたら切られるって、相当会社が腐っている証拠だと思う。


真相はわからないけど、記事に書いてある内容だけで見ると
龍角散社長がクロだよなー。


セクハラ&パワハラ
上場企業ではないけど龍角散のブランドに悪影響は免れない。


これを機に世襲体制を変えた方が健全化しそうな気がする。


龍角散って、できる女性社員を左遷したり、そもそも会社の体制に問題が多々あるようだね。

セクハラ調査したたけで、「捏造」とは?
また、セクハラ行為と断定した社内、社外文書を作成して配布したのか?
解雇する理由は?手続きは?
調査委員会の調査結果を公開すべき。


当初聴取した女性は、社長から何かしらの圧力があったと思うほうが妥当では。


裁判で真実の証言を願う。


何故、調査結果を待てなかったのか?
「社長が抱きついた」と言う事が事実かどうかを
調査する事は、会社にとっては有益な事では?
解雇する理由になるのか?

カネカもそうだけど、龍角散もリスクマネジメントが出来ていない愚かな会社だ。

社長藤井隆太に危機管理能力が欠如していると言わざるを得ない。

仮にやっていないとしても周りから見て誤解を与える行動を取るなんてトップとしての資質が問われる。
あまりにも軽率である。

もし従業員でセクハラの疑いがあったならば藤井隆太は同じことを言うのか?
名の知れた社長という立場は常に人目に晒されている立場であり、プライバシーはない立場である。


実際にセクハラがあったなかったの問題ではない。

藤井隆太の誤解を与える軽率な行動が問題である。
法律上の問題ではない。
トップとしての資質の問題である。

龍角散を建て直し、マスコミにちやほやされて天狗にでもなったのかな?

この時代にこんなことやっているようでは,会社として先は長くないでしょうね。
自浄力がなく腐っている会社であることが明らかになったんだから。
仮にセクハラがなかったとしても告発者を解雇するなら,誰も声すら上げないことになるんだから。

社長に立ち向かうのは相当勇気要りますね。
今回ニュースに出てきた方も、正直ハズレくじ引かされたようなもの。
雇用主の長を相手に社員が社長に色々とインタビュー等しなければならないのは最悪。

ここの社長さん、メディアにも結構登場しているけど目立ちたがり屋かな。

ここまで取りあげられてヨイショされると人は変わる人多いですからね。
裸の王様になってしまったのかな。

去年くらいに日ハムの社長ご一行様がJALのラウンジで下品な言動により辞任した事がありましたが、雇われ社長は会社員と同じくらいクビになるのが早いですね。

セブンアンドアイの鈴木氏も上に創業者居たし。

社員が調査すると萎縮してしまうので、利害関係が全く無い第三者による調査にしないと意味が無いです。


社長も顧問弁護士と相談の上で解雇していると思いますが、解雇された側もただで退くのは納得がいかないでしょうね。


セクハラかどうかは、まあ、セクハラなんだろうけど、それは見解の違いとかはあるのかも知らんが、捏造という言いがかりの上、解雇っていうのはあり得ないなぁ。

それまでに色々あったんだろうとは、想像出来るが、まあ、ダメだな。

社長としてはあり得ん。

セクハラ被害を第三者に
相談できる窓口を設置するとマズイからでしょうね


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!