坂口健太郎初主演ドラマ『シグナル』あらすじ・登場人物【予測不能のヒューマンサスペンス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

出典:カンテレ

2018年4月、フジテレビで毎週火曜よる9時、坂口健太郎さん主演のドラマ『シグナル』がスタートします。

初回は、4月10日(火曜)よる9時から15分拡大で放送されます。

現在の刑事と過去を生きる刑事が無線機を通じて協力し未解決事件を解決していく極上のヒューマンサスペンス。

坂口健太郎さんがドラマ初出演!過去の事件で心に傷を負い警察を信じられない警察官三枝賢人という難しい役に挑みます。

原作は、韓国で数々の賞を受賞した大ヒットドラマだけに、期待してしまいます。

ストーリー

無線機を通じて未解決事件を追う…!
“現在”と“過去”、二人の刑事の思いが奇跡を起こす!
警察官の三枝健人は、幼い頃に友達の女子児童が誘拐・殺害された事件で、女子児童を連れ去った謎の女を目撃した。

しかし、そのことを警察に伝えるも誰にも相手にされず、事件は未解決のまま15年が経ち、時効間近となっていた。

そんなある日、廃棄処分されるはずだった無線機から聞こえてくる声を耳にする。その声の主は、健人と同じ事件を追う刑事で、事件に関する手がかりを話す。

最初は信じられなかった健人だが、無線機越しの刑事から聞いた場所に向かうと、なんとそこには何者かの白骨死体が…。

その後も、その刑事と交信を続けるうちに、健人は自分が無線機越しに会話する相手の刑事が、過去を生きている人間であることを知る。

二人は謎の無線機を通じて、互いに協力し合い未解決事件を解き明かしていく――。

出典:カンテレ

第一話あらすじ

幼い頃に友人の女子児童を誘拐、殺害された賢人。

彼は女子児童を連れ去った謎の女性を目撃。警察に伝えるも相手にされず、時効の時が迫っていた。

そんなある日、賢人は廃棄処分の無線機から自分と同じ事件を追う刑事・大山剛志(北村一輝)の声を聞く。

登場人物・キャスト

三枝賢人 坂口健太郎
大山剛志 北村一輝
桜井美咲 吉瀬美智子
山田勉 木村祐一
小島信也 池田鉄洋
安西理香 青野楓
加藤亮太 神尾楓珠
岩田一夫 甲本雅裕
中本 渡部篤郎

スタッフ

原作:『シグナル』
脚本:キム・ウニ
制作:Studio Dragon & ASTORY
脚本:尾崎将也
演出:内片輝、鈴木浩介
音楽:林 ゆうき、橘 麻美

主題歌

BTS (防弾少年団)「Don’t Leave Me」

放送日程

カンテレ(フジ系) 2018年4月スタート
毎週火曜日 夜9:00~9:54
第1話:2018年4月10日(火曜)夜9時


元ネタは韓国の人気ドラマなのね

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!