サニブラウンが9秒96をマーク!2回めの9秒台!「まだまだ記録伸びそう!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

<陸上:全米大学選手権>

◇5日(日本時間6日)

◇米テキサス州オースティン

◇男子100メートル準決勝

完全に覚醒した。

陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が追い風参考記録ながら2度目の9秒台をマークした。

準決勝3組で9秒96(追い風2・4メートル)の2着に入り、全体2位で7日(日本時間8日)の決勝に進んだ。

11日の米大学南東地区選手権決勝で日本人2人目の9秒台となる9秒99を出していた。

それからわずか、3週間後、追い風参考記録ながら再び10秒を切るタイムを刻んだ。

サニブラウンは東京・城西高を17年3月に卒業後、オランダでの拠点を経て、同年秋から米フロリダ大へ進学した。

競技に関する設備面だけでなく、スポーツマネジメントも学ぶため、日本を出るという王道とは違う道を選んだ。

92年バルセロナ五輪100メートル銅メダリスト、デニス・ミッチェル(米国)らを育てたマイク・ホロウェイ・ヘッドコーチらのもと、スタートを改良。

現在は無理に低く出ることを意識せず、自然に上体が上がるイメージを心掛けている。

持ち味の後半に、苦手だったスタート技術も備わった。

もともと「10秒切り」への執着はない。

東京・城西高時代から「持つなら大きな目標がいい」と当時の日本記録10秒00でなく、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が持つ世界記録9秒58を目標に掲げた。

もちろん今も本気で目指している。

「10秒00」も「9秒99」も認識は同じ。

米大学南東地区選手権で自己記録を一気に0秒06縮めたように、「10秒の壁」という意識は存在しない。

また日本に衝撃をとどろかせるタイムを刻んだ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-06060050-nksports-spo

『サニブラウン9秒96 追い風参考も全体2位で決勝』のニュースに世間の声は

サニブラウン見てると走りが全く安定してない感じがする、桐生よりまだまだ伸びしろを感じる

東京オリンピックの男子400mリレーが楽しみ。

サニブラウンが出るかはわからないけど、展開次第では歴史が変わる可能性もあると思ってる。


生活保護費を上げてほしい。


ポテンシャルを感じる記録ですね。

今後も100Mでの期待値はかなり大きいですな。


この選手にはロマンを感じるわ。

まだまだ成長するだろうし進化の途中だと思うから、
これからのサニブラウン選手にも期待。


桐生に比べると伸びしろがあり、まだまだ上に行くでしょう。

だからこそ今まで9秒台の壁にチャレンジしてきた桐生に先に9秒台を出して欲しかったし、そうなってよかったと思う。


素人ですが、どうもサニブラウン君の走り方が未完成に見えてます。
まだまだ伸びしろがある選手だと思います。
期待してます!頑張って下さい!

先日の桐生の布勢スプリントの走りでもし追い風2.4だったら理論上は9秒台は出ると思う。

ただ、それは単純計算。


実際2.4mの風は強すぎてフォームに影響出るから、
参考とはいえきっちり9秒台を出せるのは凄いし、
その感覚を練習ではなくレース内で感じられたのは糧になると思う。


ポテンシャルは一番ある選手だからね。
もう少ししたらコンスタントに9秒台連発するかもね?他の選手も追って盛り上げて欲しい。
特に山縣選手、早く9秒台出ます様に…。

すごいです。
陸上短距離で日本選手が活躍することなど、夢みたいです。
是非、日本での9秒台をみてみたいと思います。
記録が出にくいといわれている日本の風土で、どれだけ活躍できるか楽しみです。

流石アフリカの血が入っているだけあってバネが違う。
しかも親がスポーツ経験者とあって優秀な遺伝子の持ち主が努力を重ねるとやはり結果がついてくる訳か。
怪我だけは気をつけて楽しんで走って欲しいものです。

フォームキレイじゃないから体のブレを直す余地が大きい。

まだまだ伸びる気がする。


やはり陸上でも他の競技でも、アメリカでトレーニングも生活も、科学的に分析されたことを実行してるほうが記録が出やすいのだろうね。

しかもサニブラウンは黒人の血も入ってるから、潜在ポテンシャルはかなり高いんじゃないの?

桐生、山縣、ケンブリッジ、多田、小池などなど日本短距離界はレベルが格段と上がり、見るのが楽しくなってきました。

しかし、サニブラウンは別格だと思う。

本気でボルトの世界記録期待したいですね。

今、日本は早い選手が沢山いてリレーが本当に楽しみ!ただ選考が難しいという贅沢だけど切実な問題もある!

日本にいるといちいち9秒台がどうのといらぬ注目を浴びるからね。
桐生がその後出していない事からもかえってこの選択は良かったのかも知れない。
サニブラウンにはのびのびと競技を楽しんで貰いたい。

追風2.4あるからなぁ。

それを考えるとサニブラウンの実力からしたら平凡な記録と言えると思う。


しかし、桐生が日本記録出した時と同じ追風1.8の条件で今回走ってたとしたら、少なくとも日本タイ記録までは出てただろうと思うわ。


まだまだ伸びる選手。


今の実力なら参考記録にならない程度の風でも十分に9.95前後の記録は出せそうですね!
まだオリンピックまで一年あるしさらなる成長が楽しみです!

東京五輪の100mファイナリストになる可能性を感じるね、大きな記録も期待したいけど安定して9秒台で走れることが大事でしょ

まだ若いし、いずれ日本記録を出すような気がします。
頑張って

「日本を出るという王道とは違う道を選んだ」って日本に居たら
伸びるものも伸びないよ。


日本を出てアメリカって方が王道でしょう。


それにしても素晴らしい。


ボルトの記録も夢じゃないんじゃないかな。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!