日本政府が小型衛星網の構築の開発支援!宇宙事業投資への反応は?

時事ニュース

日本政府が、国産の小型人工衛星による観測網の早期構築に向け、企業を支援する取り組みを始めるというニュースが話題となっています。

 

このことを伝えるニュースがこちら。

 

このニュースに対する世間の反応も。

政府は来年度、国産の小型人工衛星による観測網の早期構築に向け、企業を支援する取り組みを始める。小型衛星の撮影データなどをあらかじめ5年分程度買い取る契約を結ぶことで、事業化までの資金調達を継続的にサポートし、世界に対抗できる企業を育成する。

 

100~500キロ・グラム程度の小型衛星を群れのように連携させて運用する観測網は、「衛星コンステレーション」と呼ばれる。30基以上打ち上げれば、数時間以内に世界のどの場所でも撮影したり、観測したりできるのが最大のメリットだ。

 

政府が、成長を見込めるとして特に重視するのが、小型レーダー衛星。通常のカメラを搭載した光学衛星では難しい悪天候、夜間での撮影も可能で、データを地震や水害の被災状況の把握、不審船の監視などに常時使える利点がある。

 

国内では、新興企業を中心に開発が進むものの、現状では1~2基による運用や実験機の打ち上げにとどまる。売り上げ実績がほとんどない中で衛星を量産する必要があるうえ、衛星群を連動させる新しい技術開発などもあり、事業を軌道に乗せるのが難しいためだ。

 

政府は、これらの開発を後押しするため、20基以上の小型衛星の打ち上げを計画する企業を対象に、データを購入する契約を締結。衛星(1基あたり数億~十数億円)の開発費を5年間程度にわたって支援する方向だ。買い取ったデータは、政府の複数の省庁や自治体の間で共有して使えるようにする。

 

小型レーダー衛星の開発をめぐっては、約10基の衛星群を組むフィンランドの企業が日本への進出を計画するほか、米国では米空軍にデータを提供する企業が登場するなど、競争が激しい。政府は、海外勢が主導権を握る前に、国内企業の事業化を促し、日本独自の観測網の実現を目指す。

 

◆衛星コンステレーション=小型衛星を星座(コンステレーション)のように展開して運用する。米宇宙企業スペースXが、1万基以上の衛星による高速通信の実現を目指すほか、農林水産業や交通・物流などでの活用が期待されている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/fbc96fcd0559b0a8f4e5eb886fca4cc2e2419b89

 

スポンサーリンク

『Yahoo!ニュース 【独自】小型衛星網の構築へ、政府が開発支援…観測データを事前購入 』のニュースに世間の声は

宇宙事業への投資が遅すぎる…。

本来で有れば、日本政府と民間企業が官民一体となって進めて行くべきなのにね。


それもこの判断も20年前くらいからやっとけば…と思いますけど、現在では日本は宇宙事業については大きく遅れを取っているので、今後の挽回に期待したいですね。


いつの日か宇宙が隣県くらいの距離感になるといいですね。


打ち上げ事業だけでなく、こういった衛星本体の国内基盤の建て直しにももっと力を入れて欲しいです。

あとは、これから増えるであろう、放置衛星やデブりの破壊・回収技術についても、積極的に資源投資を推進していただければと思います。


宇宙空間の安全な利用に必要な技術は、安全保障上の備えにもなりますから。


日本のロケットで打ち上げるのが条件なら良いかなと思うし
なんなら打ち上げ補助金まで出しても良いと思うけど
そうじゃないならどうせ手遅れな上に規模で勝てっこないから
中型衛星補完の小型軍事衛星なり小型気象衛星なり作らせて上げさせる方がいい気がする

二番煎じのようなところでは在るが、日本には日本語という参入障壁があるので、オールジャパンで発射から、製作全部自前でなんとかやって欲しい。

あらかじめ5年分でもデーターを買い取ってやると言うランニングコストを面倒見てやれば、独自性が発揮できるくらいには成長できるのではないか。

変な利権を生むことなく、永続的に成長する企業を生み出すきっかけとなってくれれば良いと思う。

日本は日本列島以外に多くの島を抱えており、相当広範囲に領土・領海をそして排他的経済水域を監視する必要があり、観測・監視衛星はそういった意味でも、とても重要だと思います。

日本の許可も得ずに排他的経済水域で良からぬ事をやっている国があるが、警告する二も適時でなければならないし、日本海での違法操業などの監視にも積極的に利用できると思います。


日本の安全や海の資源を守るためにもドンドン推進して欲しいです。


日本も弾道兵器や極超音速滑空体の捜索・追尾を小型衛星網に頼ることにしたのか。
低軌道上に盾となる衛星をばら撒いて弾道兵器に衝突させるのもありだが、問題はEMPと大量発生するデブリの抑制・回収技術を実現できるかにかかってる。
民間利用も有用だが本命は準軍事衛星の民間開発なんだから機密情報を守れるかも重要。

小型衛星網の構築も悪くは無いが,もっと現実的な防衛問題にも本腰入れて下さい。
危機の迫った尖閣等国土を守る体制は本当に出来るのでしようか?本来ここに国家予算を投じて,来るべき侵略者に対応出来る,多数のミサイル等の設置や電磁波砲等の新兵器開発と実戦配置が早急に必要かと思います。

別業界ですが、わが国で政府支援は進まないです
理由は、アナログすぎるから
カーボンコピーの6連の手書き資料の山がドサっと送られてきて、記入ミスがあったら書き直しで、申請までに半年とかかかる
申請が通ったら、毎年の分厚い報告書作成を押し付けられて、その作成とチェックに1年の半分は取られる
コロナ禍の補助金申請でお金が流れないニュースで状況は世間に知られるようになりましたが、昔っからですよ

技術の向上や他国との競争も大切だとは思うけど…
もうそろそろ世界はケスラーシンドロームを引き起こさない対策も
同時並行で真剣に考えるべきだと思う。


スペースワン(清水建設、キヤノン電子、IHIエアロスペース、日本政策投資銀行が設立)が今年末?ぐらいから、和歌山県串本から小型ロケットを年に20基以上打ち上げの予定で進んでいます。
いずれの会社もJAXAに寄与しているので失敗の確率は低いと思いますので、期待をしています。

軍事的用途にはいいんだろうけどね。
大型偵察衛星1機の機能を、数十機の小型衛星に分割すれば生存性、冗長性が高まるわけで。
民間需要があるかは微妙なところ

官公庁は海外企業からデータを買い取る現実があるのだが、そこんところどうなの?
政府は「秘密保全」を盾に官公庁に高解像度のままデータを提供しない。


結局、官公庁は海外から遥かに高品質なデータを買い取る。


第一、国産衛星の性能が微妙が秘密保全もありはしないが。


各国で宇宙開発するのは良いけど、そろそろスペースデブリについて国際的な取り決めしておかないと不味いのでは?
公害とかの環境問題と同じで、「困っても後の世代がなんとかしてくれる」等の後世への押しつけ感が半端ない。


まあ数十年くらいで人類が進歩するなんてわけは無いしね…

本来は早期にやらなくてはならなかったことだがやっと。

懸念されることは、また政官民の癒着の温床にならないかかな。

そういう意味で、もともと美しい文化だった忖度社会が汚されてしまったので、社会全体が脱却しないといけない。

民主党政権で無と化した将来への投資が徐々に復活しつつありますが、まだまだ遅い気がします。

国産ワクチンも同様に過去の記憶に捕らわれず積極的に遅れを取り戻して欲しい。


日本は海外に比べて大きく遅れを取っているからな。

アメリカ、ロシアには及ばないにしろ、その次位のポジションには付けると思っていたのだが。


今では他のアジア諸国にも出し抜かれそうな勢いだ。


もっと投資をすべきである。


ゴミにならなければいいけど慎重にではなく迅速に正確に進めたほうがいいと思う。

予め予算は決めておき超過は認めないと明言し、ダラダラとお金の垂れ流しは厳禁で。


遅い。
というか、欧米は国家主導の宇宙開発からスペースXのような民間主導の宇宙開発に移行しつつある。
これから取り組むのであれば、宇宙デプリ除去を事業化できるよう助成金を奮発してほしい。
間違い無くビックビジネスとなる。


 

error: Content is protected !!