清水圭が岡本氏に恫喝された過去告白!人払いして恫喝は常套手段!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 吉本興業所属のお笑いタレント・清水圭(58)が22日、自身の公式サイト内のブログを更新。

一連の“闇営業騒動”について会見した同社の岡本昭彦社長(53)から、18年前に恫喝されていたことを明かした。

清水は「忘れもしません。私は18年前の2001年、ドラマ『明日があるさ』第1話において、準備稿に書かれていた私のセリフと出番が、決定稿では半分ほどになり、さらに自分で一番の見せ場だと思っていたシーンが跡形もなくカットされていることを見て、正直憤りました」と回想。

当時のマネジャーに「なんでこうなったのかの説明がなかったら俺出られへんわ」と訴えると、後日それまでほとんど面識のなかった岡本氏が突然控え室に現れたという。

「マネージャーを楽屋の外に出し、ふたりきりになってから、私の説明を聞くこともなく、『いきなりなにが文句あるんですか?言うときますけど、テレビ局もスポンサーも清水圭は要らんと言うてるんです。

それを吉本がお願いして出られるようにしてあげてるんです。

会社のやり方に文句があるなら、いつ辞めてもらってもいいんですよ』と恫喝されました」と告白。

「私は『おまえ、所属タレントに向かってそんなひどいことよう言うなぁ。

わかった。

ドラマには出るけど、もう出て行ってくれ』と言って、帰ってもらいました」と振り返った。

「あれから18年。社長になっても岡本氏はなにも変わっていませんでした。

まず人払いをして、話を聞かずいきなり恫喝する。

このパターンは私の時と全く同じです。

以上のことから考えても、宮迫の言葉は信じるに値します」と断言。

「今日の会見においても岡本氏は何度も『コンプライアンス』と口にしました。

ひとを平気で恫喝する人間が芸人のコンプライアンスの話をするってどの口が言うとんねん!」と怒りをぶちまけた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000089-spnannex-ent

『清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」』のニュースに世間の声は

清水さんの告白は、吉本の拝金主義、芸人を育てず使い回す、酷い実態を裏付ける点で、貴重な内容だ。

宮迫は擁護する必要はないが、吉本は経営陣交代しか道はない。


次から次と、タレントさんからの社長への不満が出ますが、宮迫さんの件と会社、社長 吉本の事は、別々に考えないといけないと思います。
宮迫さんが悪い事をしたのは本当の事です。
100万円を懐にいれたんですよ、一般人から見れば年間、100万円で苦労しながら暮らしている人も居ます。
社長の会見で社員からの不満が一人出て 二人出て もっと もっと これから出て来るでしょう。
又 先にたつひとが、社員を 引っ張って行かないといけないので社員には厳しさも必要です。
吉本の社長さんとは別に。
宮迫さんの問題と吉本の会社の事を別々に考えないといけないと思います。

ひどい話だと思うけど、逆に言えばそこまでしてスポンサーに尽くせば、吉本で出世できるということなのかもね。

これは恫喝というより、出番減ったと駄々をこねるタレントを説得したとも取れるけどな。

マネージャーを外に出したのも、清水のメンツを潰さないようにと。


今回の反社営業で嘘発覚から後手後手の対応は岡本のミスだが、それと清水の件は全く別だよ。


人が落ち目の時に後出しでdisる人間は器量が狭い。


だからいまの清水は落ち目で地上波キー局で露出が少ないんだろうね。


いまだに吉本に所属しているのに。


>言うときますけど、テレビ局もスポンサーも清水圭は要らんと言うてるんです。
それを吉本がお願いして出られるようにしてあげてるんです。

だとしたら、清水圭は感謝しなくてはならないだろう。


実際、面白くないからテレビ映ったらチャンネル変えてたし。


こんな時に、便乗して言うなよ。


社長を擁護する気持ちは全くありませんが、これは違うのでは?
現実がわかっていない清水さんに現実を突きつけただけという感じ。


人を外に出したのは、恥をかかせない為では?
大体、出番などを減らされるという事はそれなりの理由があったのでしょう。


清水さんが全く出なくなった理由がわかる気がする。


清水は運が良かった 4時ですが人気爆発した流れでけいしゅー5の番組してた ほんま面白くなかった 東京でクイズ番組出たり
吉本の力なくてはテレビに出なかった人と思う

恫喝は 確かに良い訳ない。

けど、圭さん…、自身が書いてる内容をよく見直しほしいな。

ドラマでしょ?多少のなら監督も演出家の人も妥協したのかもしれないが、あまりに大根で作品の一部として使えないとなれば、その責任を1番取らなきゃなんないのは誰?
確かに芸人と役者では畑違いだし、適性の有無の差は雲泥とまで言われるもの。

そりゃ清水さんも畑違いの仕事やけど一生懸命やってるのにと云うのは当時のマネージャーさんも解ってたとは思うけど、適性の無さだけは どないしようもないんちゃうの?適性があれば宮迫さんみたいにドラマの仕事が今もあるはず。

岡本社長は口が悪いトコがある、立場上キツい言い渡しをしなきゃあかんかもしれないが、言葉と立場を考えてくれ、俺んときから変わってないのは どうかと思うし、言われる側に配慮が足りないって書けば違うんちゃうの?

批判されると思いますが、私がモヤモヤするのは売れてない方が会社批判している…しかも己の給料だったり待遇だったりで。
ある程度吉本に昔から在籍されてる方が特に今回声をあげてると思うのですが、知ってて吉本はいってますよね?と聞きたいです。
今の時代コンプライアンス厳守ですが一昔前のお笑い界にはそんなのなかったとよく芸人さんがお話しされますが、知ってて入って批判はモヤモヤします。
選んだのはあなたですよね?

今は宮迫の会見を疑ってる人は少ないと思いますよ。
ただ、それと宮迫の犯した罪はまた別です。

こういう時に暴露って、この人が残念だ。

ここぞとばかりに乗っかってるよね。


この前の会見は、闇営業で金銭を受け取ってないと虚偽の報告をした事の謝罪が1番の目的であって、社長がどうこうは別問題だよ。


うーん、この状況は岡本さんが一方的に悪いとは言えないような気がします。
圭はマネージャーに説明して、マネージャーが岡本さんに正確に伝えて。
セリフカットなんてよくある話で、俳優でもない圭は尚更その対象であるわけで。

言ってる事もわかるけど、たしかに吉本の力がなければ清水さんは出れなかったのでは?
人気があるわけでもないし、ちょっとでも出れるだけ良しとしなければ。


あまりにも的外れな話だ。


「テレビ局もスポンサーも清水圭は要らんと言うてる」というのが真実なら、感謝するべきでしょ。


役者だって大幅なカットは当たり前にあるのに、この状況でカットされたのならそれがテレビ局とスポンサーの真の意向であり、清水の実力。


それで憤れるのも事務所の力でしょ。

しかも出る出ないの選択を自分が出来るというのは大きな裁量を貰ってる証拠だし、決まった仕事に出ないというカードを切るのはそれこそ卑怯だ。

これは清水圭が勘違いして横暴になったのを治めた話。


それに岡本さんの口調優しいから、恫喝ってのも被害妄想に見える。


そもそも必要のなかった上役を呼び出さないと話しにならなかった清水の態度に問題があったと思う。


余計な仕事増やして、文句言って、18年も前のことを蒸し返す。


駄目なのは誰なのか。


宮迫達とはしっかり対話してるよ。


その上で決裂しただけ。


勘違いにも程がある。


清水は昔天狗でスタッフに横柄で注意されたはず。
それを今ごろ便乗して会社側のせいだけにするのはカッコ悪い。

清水の演技が下手でシーンが減り、マネージャーに逆ギレしたら、ねじ込んで仕事を取った側が 逆逆ギレしても不思議じゃない。

これは、恥ずかしい…笑
言葉は悪かったのかもしれないけど、現実を教えてくれただけだと思う。


社長が矢面に立った途端、売れない芸人達が次々と不満をぶつけているけど、
ギャラの問題だって、確かに安いけどそれを知ってて憧れて吉本に入った人が多いわけでしょ?不満だったなら別の事務所でやる道だってある。


契約交わして、最低保証があればそういう不満はでないとは思う。


直営業やバイトもしなくていいと思う。


でも、良くも悪くも吉本はそういうスタイルの事務所。


別に騙して入れて、ギャラが安かった!って訳じゃないんだから…
それでも負けずに面白い事出来る人は、文句なしに売れてる訳で。


今はギャラをたくさんもらってる面白い芸人たちも、元はそこからスタートだったんだから…

思うんだけど、SNSで会社の愚痴や社長のこと発言する人さ小物ばっか
過去にちょびっとテレビに出た経験ある人が不満を漏らしている傾向がありますね
あの頃はよかった的な?
実力ない人に見られるひがみといいますか、売れてない・メディアに出てない・今ひとつ活躍できていないのは会社のせいだと言わんばかりの不満者のような気がします

何だか味噌もクソも一緒に
なってしまっていますが
これは恫喝ではなく、タレントを軽視した横柄な態度レベル。


何より清水圭自体も横柄で我が儘であり、身勝手な言動が多く現にいいとももレギュラーから僅か1年で外れ、それ以外のレギュラーも事々外されて時期でもあるのでこれは今回の件とは違う。

現場でとにかくスタッフへの態度の悪さと文句が多かった。
選り好みも激しかったのは有名。

そもそも人気俳優や中堅俳優たちも突然台詞や出演シーンのカットや大幅な手直しは随時です。


本職の俳優陣が黙っているのに逆に芸人だけが文句を言い始め説明求めたりとかごねれば釘を指す意味で所属事務所の人間がじゃあ辞めればの一言も出るかなと。


芸人ファーストではないですし軽視した横柄なよくない対応には変わりませんが当時の清水圭も裸の王様状態でしたので。


以上から今回の岡本社長恫喝問題と清水圭の芸人軽視横柄問題は似て非なるもの。


1ミリも面白くない清水圭がしばらくの間幅利かせられてたのは紛れもなく吉本の力だと思うが。
感謝すれども批判できるような立場でないと思うがな。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!