失業保険等追加給付の対象者は2004年以降の受給者!3月中に給付予定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 毎月勤労統計の不正調査により雇用保険などの過少支給が発生している問題を巡り、政府は23日、雇用保険を現在受け取っている約80万人に対し、3月中に追加支給を始める方針を固めた。

衆参の厚生労働委員会は24日、この問題で閉会中審査を開く。

不正が起きた経緯や責任の所在、組織的隠蔽に関し、根本匠厚労相や厚労省に説明を求める。

与野党とも厳しく追及する構えだ。

追加支給の対象は2004年以降、雇用保険の失業給付や育児休業給付、労災保険の休業補償や障害年金、船員保険の障害年金などの給付を受けた人。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000010-kyodonews-pol

おすすめ記事

雇用保険を過去に受給した人への追加給付は11月から!

失業保険の追加給付を受ける方法は?金額は?住所変更した場合は?

雇用保険追加給付の給付金額や自分が対象者かどうかを調べる方法は?

『雇用保険追加支給3月開始 勤労統計不正で厚労省』のニュースに世間の声は

個人的感想ですが、森・加計問題も、多分、正義感から自殺された方とは、対象的に、佐川さんだったでしょうか、麻生さんに守られて、懲戒くらいで生涯安泰で暮らされるであろうこととかありましたが、この問題も、あきらかであろう組織的なことが、組織的でないとしてまかり通る理不尽さが、当たり前であることに対して、日本人として恥ずかしさを感じます。

行政は法のもと行政指導。
厚生も財務も同じで、自ら法を犯し、それで指導。
年金事務費流用で娯楽品買ってたし、、、、、うやむやばかりの行政はやはり破綻していたね。

霞ヶ関のサボタージュは今に始まったことではないが、未だこの時点でもやっている問いところがあきれてしまう。

この企ては何時、誰が、どうして行ったのか、そして何故チェックされずに後任に渡されたのか?これらの報告と本人をヒラバに引きずり出すことが必要だ。

さらに今も同時進行で行われているであろう他のサボタージュを調べ公表する組織を何時誰が責任を持って立ち上げるのか首相がそのトップとして国民に報告と約束を行なわなけれならない。

2004年からの全受給者を割り出し連絡くれるわけ?自己申告制にしないでくださいね!
それにかかる費用は、厚労省のOBは勿論現役公務員で補償して下さい。

公務員だから何をしても賠償責任がないのはおかしいでしょ!

民間は不正があると指名停止や厳罰を与えられます。
中にはそれが尾を引いて倒産せざるを得ない事もあります。

厚労省は何回目の不祥事でしょうか…

ささっと対応を済ませたよと印象付けたいのであろうけれど、
過去に受給していて今現在は受給していない数多くの人たちのフォローは本当にできるのかい?

連休・プレミアムフライデ-とかうかれている場合ではない。
また、年号がかわれば穴やミスがでる。
休み返上してでも手抜きを修復して対象者に支払いするするべき。
「手抜きの分利益ではないが楽できたのでしょ」さらに、ここにかかる金銭のため公務員のボ-ナスカットも検討するべし。
あとそろそろ本当に公務員を監視する民間人が必要だと思います。
違法・犯罪にならない公務員が楽を覚えたらどうしようもないでしょう。

追加支給すれば良いって問題じゃないんですけどね。

国民に「また同じ事が起こる」と思われている以上、解決した事にはなりません。


不正案件は調べれば、色々な省庁から沢山出てきそう。
表面化しているのはごく一部だと思う。

メディアでは連日、給与あがっているって言ってたけど、自分は相変わらずワーキングプアのままで、世間が好景気であっても自分はダメなんだな、自分のせいみたいに思っていた。
専門職の不当に安い賃金も変わってないし、人権侵害にも値するような雇用を、民間の手本となるべき行政が自ら行っている。
それでもテレビでは「労働者の環境は良くなっている」。
周りを見てもよくなってる人はなく、ずっと違和感は感じていた。

この期間、日本人の勤労意欲は大分下がったと思う。

経団連のせいでかつては尊敬される存在だった大企業経営者を敵視する兆候も生まれた。
ただの統計間違えてました、って話でないと思う。
日本人は働き者だったから今のような技術もサービスも一流の国になれた。
そのモチベーションを下げた功罪は果てしなく大きい。

政府も、何かおかしいと思わなかったのか?厚生労働省が出してくる数字と、肌で感じる風が違うとは思わなかったのか?

原因調査が不十分などの報道があるが、組織としてチェックと是正が機能していないという単純な問題。
どこの会社でも普通にやってることだから解決方法なんて簡単な話で書くまでもないが、それが出来ないということが問題。
公務員がやってる仕事は全部民営化してしまえ。
責任の取れない集団が自ら是正するわけない。
今までもそうだっただろ。

責任の所在を明らかにして公表し、関係者には厳罰を与えて欲しい。
不正を2度と繰り返さないように。

与党が全容解明する気がないのか、野党の時も起こっていたってすぐに安倍式の野党攻撃を
させてからに、菅さんも統計法違反と言いながら法律で裁こうとしないで給与の減額とかで、ごまかしているし、雇用特別会計のお金で賄えるのにわざわざ補正予算を組んでいるので、
与野党共にずっと昔の追及するのじゃなくて、アベノミクスで有効求人倍率が上がって失業者が減ってたはずなのに、雇用保険料を取り続けて埋蔵金にあたる雇用特別会計にお金がじゃぶじゃぶあふれ国会議員の機密費ななっているような気がするので、今後姑息な政府なので雇用保険料をこっそり上げてくるおそれがあるので明細書のチェックが重要だと思う。

昨日も移民、奴隷法案の審議をするのに法務委員会で、やっていたが、各省庁にまたがる案件なのに、未だに法務省にまかせて野党に質問させていたけど、いくら丸投げ法案でも予算の配分もせず地方にやらすのは無責任だと思う。

同じ様な給与調査が人事院勧告の為に並行的になされている、、、事になっているが、全くの無駄な重複調査だと思う。
常識的にも統計局みたいな組織が専門的集中的に統計を取り各役所がその資料を利用すれば良い。
厚労省の調査と同様に公務員給与決定の人事院給与調査が『実際』の給与水準よりも低かったとも常識的に思われないのだが。
とすると全く同時期の調査で真逆な統計が並立していた事ともなり不可解な現象だ。

日本の官僚制度も制度疲労が来てる感じですね。
戦後の官僚は立派だと昔聞きましたが現在の官僚では相当にレベルが違います。
一般会社では許されませんよ。
責任所在を明確にして信賞必罰で政府にはお願いしたい。
余にもレベルが低すぎる。
こんな社会だから老後も不安、若者も夢が持てない社会になるのではないでしょうか。

厚労省の職員全員10年間ボーナスカットぐらいしないんですか?おそらくなんとも思っていないと思います。

現在、受け取ってる80万人で終了したりして・・・。

あとは適当に、のらりくらり、なんだかんだで過去の分、うやむやにされそうな可能性もなきにしもあらずだから、ちゃんと注視してないとだな。


こんな問題が頻繁にあるのに公務員が昔より優秀になったという人が理解できない。
底辺で比較されて自分達の待遇改善されて、納税する側は負担が大きく還付は小さくなっているのに図々しさと厚かましさにぞっとする。

優秀とかいう評価もお得意の隠蔽捏造改竄歪曲過大評価なんだけどね。

日本人の恥ずべき人間が利益を得られない世の中になってほしい

この問題に関し当該部署の管理職以上は全員懲戒対象にすべきである、又追加の支給は当然だけど僅かな支給で年金が停止される方がいるのではないか?もらえるべき過去日付においての支給にしてもらいたい。

役人は徴収した金は自分たちの物だと思っている。
仕事なんか型通りするだけで、自分たちが損をしなければ何とも思っていない。
仕事は少ないほうがいいと思っている。
我々に対しては文書の形式が違うとか枚数が足りないとかうるさいが中身・内容は理解できていない。
気にしているのは昇進と天下り先の確保だけ。
今回の手抜き統計は厚労省だけではないと思う。
特に文科省は詳細に調べるべきだ。

社会保障に使う税金を少なくするために意図的にやっていたことでしょう。

役人が一般市民のために働いていないことは明らかです。


公の場で 理路整然と追求して欲しい 本件が然るべき準拠する法に抵触するなら これも明確にして欲しい と同時に全ての労働者は諸々のニューズに惑わされる事無く 唯一 自己の信念に基づき団結し 異議が生ずれば 然るべき法に準拠して 継続して是を申し出る

厚生労働省の行っている横柄な業務全体の精査が必要である。

年金問題も年金機構を民営化した中途半端な対応で、どれほど国民にしわ寄せをし迷惑をかけていることか、政府の対策がいい加減すぎる。


年金機構、厚生労働局、厚生労働省と3か所で責任の所在が希薄になっている業務のうち、障害年金支給審査など具体的に精査してほしい。


厚労大臣他、国民の代理である代議士は、仕事を確実にしてほしい。


そもそも、不正となる一因に
調査自体が、膨大な量で現在の公務員では
捌ききれない内容だと思われます。


その数値自体がどれほどの意味があるのかと
調査をもっと簡易化できないか考えて
なんでも細かくやれば、いいってもんじゃない。


問題の本質は、なんでも詳細にやればいいと思っている
統計調査だと思う。


公務員を監視する機関が必要だと言うことだ。

税金で給与を貰っているのに、納税者を裏切った行動だし・・。


厚労省・・・前身の社保庁・・名前を変えただけで、中身は変わって折らず、組織的に行なわれていた事を隠蔽したが発覚した。


これが、民間なら隠蔽したとなるのでは?
マスコミが皆同じ方向を向いて、
政治一辺倒で打倒政府である以上こういう事が表面化しないね。


全ての統計の基礎が訂正ならば 支払われなかった 全ての国民の年金や生活保護費や雇用保険や全てが計算しなおして 2004年までの
未支給を これは絶対に払うべきである あれほど毎日 アベノミクスによって給与は上がりますと言ったことだ よもや政府は忘れてはいないですね 支払ってください 参議院選挙にも影響します

離職票の給与明細が反映されていないなら、失業手当を
少なく受け取っている人もいれば、多く受け取っている人も
いるはずだ。


なんでメディアは受け取りすぎている可能性は問題にしないのか??
だから大手新聞社の報道には信用出来ない部分もあるんだよな。


議員もそれほど追求する気はないと思いますね。


追求する気があるならマニュアルを
書換えた理由を質さないといけない。


別に追及しなくてもいい。
これに関わる追加支給の原資を担当職員達の給与から天引きすればいい。
そうすればこのようなミスは自然と減っていくでしょう。

関係ない人の金が穴埋めに使われるのは納得いかない。


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!