失業保険の追加給付を受ける方法は?金額は?住所変更した場合は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2019年1月、雇用保険などの過少支給が発生していることが発覚。

原因は、厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査でした。

そして、1月23日、政府は、雇用保険を現在受け取っている約80万人に対し、3月中に追加支給を始める方針を固めました。

この問題で気になるのが、

  • 自分は対象者なのか?
  • 追加給付を受け取る方法は?

という点です。

この件について、厚生労働省のホームページに記載されていたので、ざっくり、まとめました。

詳細は、厚生労働省HPで確認できます。

さらなるお知らせも随時掲載されると思うので、対象者と思われる方は、厚生労働省のHPをチェックしておくのがよさそうです。

追加給付の対象者は?

  • 平成16年(2004年)以降、追加給付が必要となる時期に遡って対応する

  • 現在受給されている人にも対応する

  • 本来の額よりも多くなっていた人には、返還は求めないこととする

追加給付を受ける方法は?

  • 対象者の特定、給付額の計算が可能なケースから、できる限り速やかに順次追加給付を開始することを予定

  • 【雇用保険・労災保険・船員保険】の受給者で、住所データが残っている人については、システム改修等の準備が整い次第、手紙にて連絡がくる。(ただし、追加給付の開始はシステム対応後となるため、時間を要する)

  • 【雇用保険・労災保険・船員保険】の受給者で、住所データがない受給者の人や、転居等で住所が不明となった受給者の人については、受給者から申し出をし、受給実績や本人であることの確認、追加給付額の計算を行った上で、追加給付を行うという流れを想定

  • 【事業主向け助成金】の受給者で、所在地データが残っている事業主については、準備が整い次第、手紙にて連絡がくる。
    所在地データがない又は移転等で所在地が不明となった事業主については、事業主から申し出をし、必要な確認・計算を行った上で、追加給付を行うという流れを想定

  • 専用の問い合わせ電話番号を開設するなど、国民からの照会・相談にきめ細かく対応する

  • 相談窓口は以下
    ★雇用保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル 0120-952-807

    ★労災保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル 0120-952-824

    ★船員保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル 0120-843-547

    0120-830-008

    受付時間 平日8:30~20:00
    ※1月12日(土)~14日(月)の間もお問い合わせを受け付けます。
    (8:30~17:15)

    ※全国どこからでも通話料無料でお電話いただけます。
    ご相談の期限は、当面、設けません。

追加給付の対象となる可能性がある人と追加給付の推定額

 (1)雇用保険関係(別紙1参照)

・ 「基本手当」、「再就職手当」、「高年齢雇用継続給付」、「育児休業給付」などの雇用保険給付を平成16年8月以降に受給された方

→ 一つの受給期間を通じて一人当たり平均約1,400円

 (2)労災保険関係(別紙2参照)
・ 「傷病(補償)年金」、「障害(補償)年金」、「遺族(補償)年金」、「休業(補償)給付」などの労災保険給付や特別支給金等を平成16年7月以降に受給された方

→ 年金給付(特別支給金を含む):一人当たり平均約9万円

→ 休業補償(休業特別支給金を含む):一人一ヶ月当たり平均約300円

 (3)船員保険関係(別紙3参照)
・ 船員保険制度の「障害年金」、「遺族年金」などの船員保険給付を平成16年8月以降に受給された方

→ 一人当たり平均約15万円

 (4)事業主向け助成金
・ 「雇用調整助成金」の支給決定の対象となった休業等期間の初日が平成16年8月から平成23年7月の間であったか、平成26年8月以降であった事業主  等

→ 雇用調整助成金等:対象件数延べ30万件、給付費約30億円

おすすめ記事

雇用保険追加給付の給付金額や自分が対象者かどうかを調べる方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!