創志学園(岡山)の西投手のガッツポーズは「流石にやりすぎ」の声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

新たなスター候補が甲子園から消えた。

15日、創志学園(岡山)の最速150キロ右腕・西純矢(2年)が下関国際(山口)戦で179球の完投負け。2回戦で敗退した。

試合後、この2年生エースは、複雑な表情を浮かべながら、報道陣にこんなことを口にした。

初回、先頭打者を見逃し三振に打ち取った際、大きなガッツポーズをして雄たけびを上げた。これが球審の不興を買ったというのだ。

感情をむき出しにしながら、相手に立ち向かうのが西の投球スタイル。試合中にそれを否定され、「リズムが狂った」と言う西は、被安打3ながら9四死球と大乱調。初戦で優勝候補の創成館(長崎)を無四球で完封したのとは別人だった。

その後も自然と握りこぶしをつくり、八回にも再度、注意されたという西は、九回に3点を奪われ、力尽きた。

試合中の不意な禁止通達が動揺を誘ったことは想像に難くない。長沢監督は試合後にこの話を聞いて驚いていたそうだが、当然だろう。

ガッツポーズは高校野球の規則で禁止されているわけではない。相手ベンチに向かって挑発行為を取っているわけでもない。

声を出したり、気合を前面に出したりして自分を鼓舞しなければ、こんな酷暑下でやっていられないだろう。

なぜ、西に関してはガッツポーズがダメだったのか、高野連の竹中事務局長にたずねると、こう答えた。

要するに、西は高野連の考える高校球児らしさから逸脱していたというのだが、野球ファンの吉川潮氏(作家)は「あり得ない」とこう断じる。

高野連の唐突な宣告は、やはり「ご都合主義」というほかない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000024-nkgendai-base

創志・西投手のガッツポーズなぜ禁止に? 高野連に聞いた

あれだけ雄叫び上げてのガッツポーズはさすがに不興を買うとは思う
地方大会でも注意されてたら尚更だ
その時点で監督が指導すべきだと思う

ピンチを切り抜けた時とかはいいと思うけど、先頭打者を三振に取っていきなりガッツポーズはウザいな。下手したら27回やりかねん

監督がもっとしっかりすべき。本人がかわいそう。

ただの挑発行為で報復死球を食らってもおかしくないし、審判に注意される前に監督が指摘なり注意すべきでしょう
注意された後もやってたのに、なにも言わない監督がおかしい

仰け反りながらのガッツポーズは流石にやりすぎだと思った

観てる側もかなりの不快感を感じてましたがそこは無視ですか?

ガッツポーズしてはいけないという訳ではないけど、あれはあまりにもひどいガッツポーズだと思う。自然にでるとはいえ相手チームの事も考えるべき。

審判が注意する前に監督、部長が注意しなきゃダメ。この投手も打者を打ち取って喜ぶ気持ちはわかるけど、対してピンチでもない時に大袈裟なアクションがあるのは見ていて清々しいものではなかった。いい選手は敗者のメンタリティを有している。

ピンチでもないのにいちいちガッツポーズして雄叫びあげてるのはついついやってしまうレベルの話じゃないやろ。挑発だと受け止められても何にもおかしくない。

ハッキリ言う。自分は地元やが相手を応援した。どれ程不快感があったか理解していただけると思う。

この件に関しては高野連の言う通りだと思う。
バッターや相手ベンチを見てなかろうが、後ろを向いていようが、あの威嚇的なガッツポーズは、見ていて挑発以外の何物でもないと
思った。
頭が悪そうに見える行為なんだから、やってるのが高校生なら、大人は止めるべきだと思う。

地元民から一言。
ここの監督は公式戦でも審判や役員に対して平気で文句を言う等の悪評が絶えない。選手以上に監督の指導が必要だと思う。

こりゃ普通にダメだろ。
地方大会でも注意されるさ。
監督がしっかり指導しないと。

本人は不調の原因を審判のせいにしたいと思うんだろうけど、やり過ぎ。マスコミも煽るのをやめた方がいい。

高校時代の桑田の映像、誰でも見たことあると思う。あれが一流。

問題は西投手の資質にあるんじゃないのかな

高校野球も教育の一環の一つ。ここは監督が指導すべきだったかと。

礼に始まり礼に終わる!周りの大人が教えてあげないといけませんね!

ある程度オッケーでも限度があるって事でしょ。「そんな規定はない」とか言ってたらエスカレートして次は報復死球始まるよ。

あほな記事 マナーまで規則に書き出したらきりがない

そんなの当然のマナーでしょう。
ルールに明記されてなければ何をしても良いという訳ではない。
この記事を書いた人こそ、あなた何歳ですかと言いたい。

これはそれほど高野連が間違っていると思わない。
高校生が興奮してやったことを咎めるのは大人の理屈でしかないって、やりすぎを大人が注意しちゃいけないのか?何言ってんだ?

プロでもここまで派手にポーズとるピッチャーいたら相当ウザがられるし報復も受けかねないと思うけどね。
高校生らしくないとかそんな次元の話じゃない。

この件に関しては、高野連が正論で、
批判してる作家さんと、この記事の執筆者の方が、??な感じ。

彼だけではありません。
ここの野球は、いかに相手をイラつかせるか。
バッターボックスでの揺さぶりも徹底していました。
常に初球はセーフティーバントの構え。ボールが先行するとセーフティーバントの構え。過度です。
攻撃中、相手の何でもない牽制球を、「あれ?今のボークじゃね?」と審判に訴えていました。過度に。
なるほど、ひょっとしたらそれを聞いた相手バッテリーは、『今、何かおかしかったかな?』と余計なことを考えたかもしれません。
確かにルール違反ではないし立派な作戦でしょう。でも見ていて気持ちの良いものではありませんでした。彼の過度なジェスチャーも指示では?と思ってしまいます。そんな暇があるなら野球の練習すれば普通に強いのに。。。

ガッツポーズは悪くないが、やはり何事もほどほどにしないといけない
実際に見たが、あれは正直見てる方も気分いい気はしない
ただ、本人は本当に真剣に勝負してるし
彼が悪い訳ではないと思う
ここまで来るまでに、監督や先輩など周りがしっかり彼に教えるべき!監督は1番悪い
ただ強いチームを作るだけが監督の務めじゃない
YouTubeで何年か前の岡山大会決勝で、1度は判定でアウトになり敗れたが、判定に選手達がもう抗議し判定を覆し、その後逆転勝利して甲子園にでた動画がある
選手達が審判に怒鳴りつける様に抗議してる
光景を観て、この野球部の雰囲気がそうさせてると感じた、全て監督や先輩達のスポーツに対する考えを改めなければこのチームは変わらない

世論と真逆な記事なんなんだ。
あんなに年がら年中ガッツポーズして西バウワーして相手選手を睨みつけて、注意を受けない方がおかしいでしょう。寧ろ審判はよく言ったと思う。記者の神経が分からん。

以前はホームラン打った時のガッツポーズでもそういうことがありましたね。
高校野球を叩きたい人が批判もするでしょうがメジャーでも言われること。
張本くんのチョレイと同じ、やり過ぎは相手や見ている人に不快感を与えます。

そもそもガッツポーズをダメと言われたくらいで、制球乱すんならそほ程度の選手やろ

禁止しなくても、あれだけ一喜一憂してると、気が緩んだ時に昨日みたいにガツンとやられるよね。

他の選手とは違い、西の場合は感情が爆発して派手すぎたからね。
下手すれば挑発行為にもなりかねなかったし、試合後も利き手でペンチの策を殴ってたし、西は感情をコントロールして成長してきてほしいね。

過度なガッツポーズは相手への挑発行為でしょう。
逆に西を闘志剥き出しのヒーロー像に仕立て上げたいメディアが審判の対応を批判しているようにしか思えない。

相手チームを応援してたわけじゃないけど、あのガッツポーズはいくらなんでもやり過ぎだと思った。
これ見よがしに思えた。
普通、高校生はあそこまではやらないよ。

今年は下関を応援していたが度々相手に対して大声出したりするのを見てると、だんだんと不快な気持ちになりました。やはり相手がいるのだから、その相手に敬意を払うのは日本にいれば当然のことだと思う。
いかにも審判のエゴのような記事を書いているが、こうなる前に身近に咎める大人がいなかった事が残念。
これからも頑張って欲しいね。

審判も好きで注意しているのではない。やりすぎなのは明らか。それにたいして、おかしいと談じる記事は如何なものか?

高校生活の中で過度な事が起これば注意するのが当たり前 高校野球もその一環なら注意して当たり前
規定が無いから良いってものでは無い

ガッツポーズは必要
本当にピンチをしのいだ時に自然に出るのはわかるかど、いつでもガッツポーズされてもありがたみがない気がすます。
投げるたびに帽子を落として拾う行為もどうかと思います。軸がブレてる
監督さんちゃんと指導お願いしたいです。

程度の問題。あれはちょっとくど過ぎ。

このチームは全体的に好きになれん
放し飼い状態やろ

自制心がない、独りよがり、相手を思いやる気持ちがない、唯我独尊。人は一人では生きていけない。野球はチームプレー。その他諸々。審判員の方は彼に気付いて欲しくて注意したと思うが、彼は受け入れなかった。残念な人だ。


ちょいちょい問題になるガッツポーズ。。。

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!