ホーキング博士の訃報に惜しむ声多数!死因は?物理学・天文学の天才 享年76歳

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

難病を抱えた「車いすの天才物理学者」として知られ、独創的な宇宙論を発表しつづけた英国のスティーブン・ホーキング博士が死去した。76歳だった。英主要メディアが親族の話として14日報じた。

ホーキング氏は英オックスフォード生まれ。ケンブリッジ大大学院在学中に筋萎縮性側索硬化症と診断され、車いす生活となった。その後も活発な研究活動を続け、77年からケンブリッジ大で教授を務めている。「ブラックホール蒸発理論」や宇宙創成に関する独創的な理論などの業績で知られる。障害者用意思伝達装置を活用、世界的なベストセラーとなった「ホーキング、宇宙を語る」など一般向けの著書で日本でもファンが多い。

00年に出版した著書で「人類は今後1000年以内に災害か地球温暖化のために滅亡する。唯一の助かる道は別の惑星に移住すること」などと警告。07年には急降下する航空機で無重力を体験し、09年中に宇宙旅行する予定を発表していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000041-mai-eurp

ホーキング博士とは

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング

生年月日:1942年1月8日

イギリスの理論物理学者。

一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。

1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えた人物である。

また、一般人向けに現代の理論的宇宙論を平易に解説するサイエンス・ライターの才能も持ち合わせており、その著作群が各国で翻訳されており、これでも人々によく知られている(日本語版は『ホーキング、宇宙を語る』など)。

「車椅子の物理学者」としても知られる。60年代、学生のころに筋萎縮性側索硬化症を発症したとされている。通常、発症から5年程度で死に至る病気の患者でありながら途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上たっても健在であった。晩年は意思伝達のために重度障害者用意思伝達装置を使っており、スピーチや会話ではコンピュータプログラムによる合成音声を利用していた。

ホーキング博士の死因は?

ホーキング博士は、若い頃に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という病気を発症されていたということから、死因は呼吸不全ではないかと考えられます。

ALSという病気は、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵される病気で、初期症状は手や指などの筋肉が弱くなりだんだんと動かせなくなり、次第に呼吸筋が弱くなって呼吸困難になる。

つまり症状が進行すると呼吸ができなくなり死に至る可能性があるという難病指定されている病気です。

日本でもフジテレビ「僕のいた時間」という、三浦春馬さんが演じた役がこの病気にかかるという設定のドラマがありました。

他には、ALSの研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、またはアメリカALS協会に寄付をする運動 『アイス・バケツ・チャレンジ』で、世界に広く知られることになりました。

 <訃報>ホーキング博士死去を聞いた世間の声

謹んでご冥福をお祈りします。
凄い人だった。
天才と位置付けるだけでいいのかと多くの人が感じた人物。優秀な解説者、執筆者でもあり、物理学と天文学を重ねて生活の根底に落とし込んで考える哲学者でもあった。常に奇想天外な発言だったけど、常に理由を伴って人に説いていた。

博士、ありがとうございました。

あの特殊な環境で何十年も、脳味噌の中ではどういう世界が広がっていたのか。
奇跡ということばを安易に使いたくはないが、その存在と業績はまさに奇跡といってよいだろう。

心より冥福をお祈りする。

ご冥福をお祈りします。
偉大な方でした。
世界中の科学者の中でも間違いなく偉大な功績を残した人物の一人。
昔から宇宙が好きでホーキング博士の著書を読んでいたので、この訃報は衝撃です。ホーキングパラドックスや様々な仮説、どれも非常に興味深かったです。
学問の奥深さ、難しさ、楽しさを教えてくれたことに感謝です。
ありがとうございました。ご冥福をお祈り致します。
シェルドン・クーパー博士が悲しむなぁ・・・・残念
ご冥福をお祈りいたします。

たらればになるけど、もし、この人が自由に歩き回れて、
不自由なくパソコンのキーボードを叩ける状態だったら、
現代科学は今よりも一段階か二段階くらい進んでいたんじゃないかな。

宇宙論のホーキングさん・・ご冥福をお祈りいたします。貴方の夢を追いかける方々沢山いますよ・・・

フェイクであることを疑う余地のない天才でした。合掌。

若い頃、死を宣告された人が、結局、人間の普通の寿命まで生きた。
感慨深い。
大きな仕事をさせるために、神の意思が働いたように感じる。
ゆうてることが難しすぎて理解出来へんけど凄い人やったことは解りますわ。
残念ですな。
今世紀一番ショック。死の概念を越して、いつまでも尊敬しています。安らかな眠りを。
いや
これは一部の人にとり大ニュース
本が売れる?
するとその関係の株が上がる?
若くして奇病にかかり、その後も研究を続けた彼だけど、幸せだったんかな?
天才ゆえの宿命??

ホーキング博士。
太陽系外惑星への人類移住計画などは、
どうなってしまうんですか?

まさに奇跡の人。
本当の天才とはこう言う人の事を言うべきだと思います。

ホーキング博士の死は宇宙研究にとって大変な損失です。
これから博士の業績を基に一層の研究が進み,
博士の思考の深淵へとたどり着き,
宇宙の果てへと召された博士と再び巡り会えますように。
将来への希望をひとつ失った様なやるせない気持ちになるな…
これから、あの世での異次元の世界の研究で忙しそうだ。
早過ぎる
生前前に言ってた「人類の残された時間はあと100年」
アレを信じているオイラって。
幼い頃に「ホーキング、宇宙を語る」を父が読んでいてホーキング博士を知りました。
文系の私にもわかりやすく解説されていて私の宇宙の知識は博士の書物から得た物がほとんどです。
ご冥福をお祈りします。
マジか! ついに・・・
惜しい人を亡くした。
医療技術が発達するまで脳は冷凍保存されるんだろうか?
難病なのに長生きしたな、医学の発達のおかげだけど、こんな体で生きるのはいやだね、アーメン

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!