スルガ銀行がデート商法関与!?婚活サイトでカモを捕まえローン契約!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 スルガ銀行の行員がデート商法詐欺まがいの行為に関与し、個人向けローンを融資していた疑いがあることが13日、関係者の話で分かった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000090-kyodonews-bus_all

『スルガ銀、デート商法関与か』のニュースに世間の声は

問題が多い銀行。

淘汰した方が良い。


次から次えと。

スルガは潰した方がよいな

ここ住んで見ると解るけどね!
公務員、議員、生保以外は生活も経営も成り立たないと思う。


まともじゃない。


企業も大学も逃げ出したし、住民も続々転出中。


概要が全然わからない記事。
3行で要約するのはムリがあるだろ!

ガイアの夜明け第2弾だな。
前のはレオパレスがメインだったけど、これもしれっと触れてたね。

さすがテレビ東京。


みんな初めは高い志を持って銀行員になったんだろうけど、最後はデート商法って!どんどん若い行員を洗脳していったんだろうなぁ、そう思うとかわいそうだわ。

潰していいんじゃね…

金融機関としての資質を疑う。
そりゃあ一気に大きくなったんだから悪いことしててもおかしくないと思う。
まだ氷山の一角だと思います。

多分中間から上層部の指示または認識はしている筈だからまともな地銀ではない。
無くした方が良い。

こんな状況なのに新支店作ってるし。

理解出来ない。

銀行はある程度まともでなくてはならない業種。


他に沢山銀行あるんだから無くした方が良い。


犠牲になった若くてまともな人は他に行ける筈。


現場の人は大変だろうな。


その分給与としてもらってるとは思うから次に切り替えた方が良い。


どんな組織にいてもある程度自分の中で善悪軸を持ってやってないとこれからは本当に厳しい時代だと思う。


まだまだ犯罪も不祥事も出るよ。

しかし、日本の金融行政はこういう金融犯罪者を一切取り締まらないのだから、監督していないのと何ら変わらないし、そもそも存在意義が無いね。

スルガが廃業に付されないのなら、事実上日本の銀行はいかなる犯罪をしても、制裁をうけないと言うことだからね。

金融庁と銀行は信頼できないものと認識した方が良いと思う。


地銀で抜き出たトップクラスの給与。

優良就職先として人気があったが、こんな地方で給与が高いということは、インセンティブ報酬制度だから。

銀行外務員に成功報酬型を導入すると深刻な問題を引き起こすのは道理の当然。

「おかしいよね」と思っていた金融関係者は多かったはず。


経営方針による結果。

地方に傷跡を残した幹部の罪は大きい。

スマートデイズが潰れる前、かぼちゃの馬車は入居者の女性に派遣を斡旋したりしていたのだけどアレだろうか?
表向き、ホワイトなバックオフィスのお仕事をを紹介しますみたいに謳ってたけど、内実は水や風もあるよって感じで誘導してたというウワサは聞いた。


上京したいけどお金や仕事を掴むスキルや経歴がない若さだけはある女性に、都会で住む足がかりになってあげる代わりにその若さを搾取するシステムになっていたということか。


まあ解説しますと、美男美女ブローカーが出会い系等を通してカモを捕まえ、様々な投資話をします。
その後、スルガ銀行が審査が速いなどと紹介する流れですね。
この記事だけだと、あたかもここの銀行員がデートしてるように捉える方が多いと思いますよ。

金融庁が規制を緩和した結果だよな。

 ほかにもうじゃうじゃ出てくるだろうな。

このタイトルからは銀行が組織的に関わったような印象を受ける。
行員が個人の判断で関わったのであれば個人の問題で終息すると思うが。

地銀はとにかく融資がしたいが利益が出ない

スルガはヤクザかなんかが経営してるくらい
埃が出てくるね。

もう潰した方が良いよ。

潰したらいいというコメントが多くあり、そのコメントにプラス評価が多くついていることに驚きとともに寒気を感じる。

北海道拓殖銀行が潰れたことで北海道経済がどれだけのダメージを受けたかを知らない人が多いということだろう。


中小企業は軒並み倒産、その経営者はいまだに借金を背負っている。


そのため地域経済も破綻。


経営者には責任を取らせなければならないが、銀行を潰してはだめだ。


テレビでやっていたが
婚活サイトを使っていたと思うけど、
不動産とか、銀行とか大きなお金扱うところは
悪い奴多い気がする。


ズル銀の範疇を超えている・・・
一方、シブ銀の方はなんだかんだいって安心感はある。


敵にまわすと県内では生きていけないが。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!