スルガ銀行のパワハラ内容がヒドい!第三者委員会調査報告書で分かった実情とは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 日常的にパワハラが横行。

それを経営陣は黙認していた。

スルガ銀行第三者委・中村直人委員長は「当委員会によるインタビューで、偽装に何らかの関与をしたことがある証拠が全く見つからなかった者は、1人もいない」と話した。

スルガ銀行の不正融資について、7日公表された第三者委員会の調査報告書。

不正を産んだ背景に、営業ノルマをめぐるパワハラの横行があったと明らかにした。

スルガ銀行第三者委・中村委員長は「(数字への)プレッシャーが非常に強かった」、「『数字(の達成)ができないなら、ビルから飛び降りろ』と言われた」と話した。

シェアハウス・かぼちゃの馬車のオーナーなどへの融資で、審査を通りやすくするために、書類の改ざん行っていたスルガ銀行。

第三者委員会は、行員およそ100人が偽装に関与していたとして、組織ぐるみの不正と認定。

多くの行員が、不正に走った理由として、上司からの激しいパワハラを指摘した。

スルガ銀行第三者委・中村委員長は「上司の机の前に起立し、どう喝される。机を殴る蹴る、持って行った稟議(りんぎ)書を破られて投げつけられる、そういうことがいっぱいあった」と話した。

さらに、営業担当の執行役員が、審査部門に圧力をかけるなど、企業風土の問題も指摘。

スルガ銀行第三者委・中村委員長は「営業本部の専務執行役員がどう喝をするとか、どう喝して、無理やり(審査を)通してくるという話や、営業本部のトップが、審査部の人事の起案をしてしまう」と話した。

この調査報告書を受け、スルガ銀行は、創業家出身の岡野会長や米山社長ら5人が辞任し、新社長には、有国取締役が昇格した。

今回の問題で、金融庁はスルガ銀行に対して、厳しい行政処分を検討している。

背景にノルマめぐるパワハラの横行 スルガ銀 不正融資(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
日常的にパワハラが横行。それを経営陣は黙認していた。スルガ銀行第三者委・中村直人 - Yahoo!ニュース(フジテレビ系(FNN))

スルガ銀行で起こっていたパワハラ内容(一部)

(1)「なぜできないんだ、案件を取れるまで帰ってくるな」と言われる。首を掴まれ壁に押し当てられ、顔の横の壁を殴った。

(2)(営業店長在任当時)本部長、推進部長、ブロック長、MAからの厳しい叱責は、会議や電話にて日常的に行われていました。叱責のみならず、部下の取上(非公式の異動)、TM 強要、会議の場での侮辱、月曜日朝の営業報告(休日出勤強制)など枚挙に暇がございませんが、最も印象に残っているのは営業会議の場で案件がないことを理由に「今から営業してこい」と追い出されたことです。

(3)センター長会議において、実績不振店に対し集中的に叱責されることがある(不振理由は所属長のマネジメントが悪いとされることが多い)

(4)数字ができないならビルから飛び降りろと言われた。

(5)センター長より営業成績が上がらないことに対し、「銀行の収益の足を引っ張る社員」、「去れ」「お前に給料を支払うのが勿体無い」、「大した営業成績も上げずに時間外ばかりつけやがって」など厳しく叱責されました。

(6)ほぼ毎日30分以上説教される。

(7)上司に呼ばれ個室で2人になり叱責を受けた。他の社員の前でも叱責を受けた。「なぜできないのか?」「それで?それで?だから?」「 銀行員なんてやめちまえ」「できないくせに偉そう」等パワハラだと感じていた。

(8)担当しているチームの目標数字に対し進捗が不調であったとき、チーム全体を前に立たせ、できない理由を言わされた。時間は2時間以上にのぼり支店の社員の前で給与額を言われそれに見合っていない旨の指摘を受け、週末に自身の進退(退職)を考え報告を求められた。

(9)上司からではなく、一部幹部から叱責された。毎週1回のペースで行う会議では、無担保ローン一件5,000千円以上の案件を上程することが必須で、営業本部の幹部が参加して、案件を上程できなかった回が続いてしまうと厳しく叱責された。当時の部署の上司は、幹部にさらに強く叱責されていた。

(10)毎日に2~3時間立たされ詰められる、怒鳴り散らされる、椅子を蹴られる、天然パーマを怒られる、一か月間無視され続ける等々

(11)かなり昔ではあるが「死ね」「給料どろぼう」「出来るまで帰ってくるな」などは平気で言われた

(12)月末に融資案件がダメになると「他の支店に頭を下げてこい」「数字を頼んでこい」など

(13)休み前金曜日に「月曜までに案件とってこい」などの指示

(14)上司の机の前に起立し、恫喝される。机を殴る、蹴る。持っていった稟議書を破られて投げつけられる。

(15)毎日、毎日、怒鳴り続けられ昼食も2週間ぐらい全然、行かせてもらえず夜も11時過ぎまで仕事をさせられ体調が悪くなり、夜、眠れなくなって、うつ病になり銀行を1年8ヶ月休職した。

(16)目標が達成できなかった時に、支店長席の前に1時間以上立たされて叱責を受けた。支店長が激高し、ゴミ箱を蹴り上げたり、空のカフェ飲料のカップを投げつけられたことがある。

(17)徹底的に目標数字ができない理由を追及された。死んでも頑張りますに対し、それなら死んでみろと叱責された。

(18)審査部融資管理のとき、部長にお前らは営業で仕えないからこの部署に来た、会社として数字を作るためには債権回収することは営業と同じ、ここでできなければお前たちは会社を辞めるしかない。俺が拾ってやったんだから死ぬ気でやれ。時間がなければ土日も働けと日常的に言われていた。

(19)毎週の報告で 「そんな数字では受けれない」という叱責。お前のところは(新店舗で)既存顧客がいないんだから(有担保)ローンとセットで無担保を取って来い。センター長会議では成績の悪い店舗は叱責の嵐でした。数字がないなら今すぐ営業して来いと退席させられた方もいらっしゃいました。

(20)無担保融資については実行額が少ないから金額増やせ(顧客本位ではない)、実行件数が少ないなら行動量を倍にしろ、など今日の TM件数は何件だ、と毎日叱責。役席であっても行動管理票をもとに毎日詰められた。精神的に毎日詰められていた。保険担当者は支店長から「有担保セットであってお前の努力でじゃないんだから勘違いするな。給料泥棒だ」と言われていた。支店長は営業社員を軽視しており「営業は誰でもできる仕事で営業社員はそれしかできないんだから、数字だけやってりゃいいんだよ」となどと発言していた。

(21)融資実績が上がらない人は口なし(意見をしてはいけない)雰囲気。目標に対して達成率が低いとどうするんだと椅子を蹴られ、机を叩かれ、恫喝されながら育った。当時は数字が上がらないならば休日はなしという雰囲気。数字が上がらないならば時間外請求するな。融資実績が上がらないならば会社に給与返せ。いつまで会社から定額自動送金してもらっているんだというモラルの欠片もない会社だった。

(22)フリーローンの営業目標未達成時に、未達であるなら現在交渉中の顧客に余分に借りてもらうよう依頼し、実行後すぐに繰上返済するよう言えと言われた。

(23)毎日ローンのノンストップ運動をやっており、途切れたり、数字ができなかった場合に、ものを投げつけられ、パソコンにパンチされ、お前の家族皆殺しにしてやるといわれた。上司を目の前で土下座させて謝罪させた。椅子の背面をキックされた。

(24)月末に勘定が閉まったあとに、今月あといくら融資実行するのか確認の電話が毎月営業推進部長からかかってきていた。当月の数字が伸び悩む時は営業推進部署に呼び出しがあり、担当の執行役員に対して「処遇はお任せします」と言わされていた。

(25)お客様と十分に合意形成がなされていない段階でも、SSPなる会議への出席、案件上程を要求され、会議中にはターゲットになる者を特定され、多人数の前で罵声を浴びせる。結果その被害者が精神的に追い詰められて休職や退職に至ったら、それを反省するどころか営業推進を一生懸命に行った結果だと肯定し、その数や追い詰め方を自慢し競い、賞賛されるような状況にあった。まさしく恫喝、強要でパワハラ以外の何でもないことが各地で行われていることを知っていながら、誰も止められなかった。本気で止めようとしなかった。

お知らせ

『 背景にノルマめぐるパワハラの横行 スルガ銀 不正融資』のニュースに世間の声は

利益を上げようとする行為は、目的論的には正しいですが、そのために行員を潰すような行為は、方法論としては絶対に間違っています。
今の日本は人を大切にする心が欠けていると思います。まずは公益性の高い職場の人達が、範を示すべきなのに…と、思ってしまいます。

銀行の営業とよく話すが、「無駄な仕事、無理のある仕事してるなぁ」と思うよ。大したことないサービスに値段つけて売ろうと必死。行員さんなので面と向かっては言わないけどね。
今収益は落ちてると思うけど、ある意味正常化したんだと思う。
無理に拡大路線を志向するよりも、行員の数、給与水準などを見直し、コストを下げて本来業務重点の安定路線に振るべきだと思う。

パワハラの定義はできてるけど、程度や度合い等もっと明確に、やった本人にやられた側の苦痛同等の処分をもっと与えるべきだと思う。
この銀行に限らずどこの業界でもこういう事は日常的に行われてるんだし、この文章と同じような行為をされた事が過去にある。
スポーツばかり出て来るけど、一般の大半は、泣き寝入りかリスクを考えて行動に出れないのが現状。
弁護士先生の新しいビジネスにもつながると思うんだけどな。。

東芝と同じようにお粗末なマネージメントですね
目標を上げるなら戦略を変えなきゃいけないのに、何の戦略も思いつかないダメマネージメントが部下にプレッシャーをかけ続ける
現場の仕事ができるのと管理職として優れてるのとは全然違うのに管理職にする仕組みも変
上が無能でも株主が文句言えないから、部下が大変
日本の会社らしい会社ですねw

日本はまだまだ古い体質ですね。
ここの銀行もそうでしょうけど自動車産業も同じ。
物流業界、建設業界、その他・・・・・
営業ノルマ、効率重視、人を人として尊敬せず、だんだん人の質が下がる。
こんな事ばかりの日本、だから大企業のデータ不正改ざんなどもおこる。
挨拶一つ出来ない自動車産業のブルーカラー。
その他のきちきちで働かされてる所は人としての基本がおろそか。
奴隷のように働かさせる効率重視の日本がまだまだ横行。
政府は働き方改革やってますが現実はそれに追い付いていないのが現状。
社員がバイトにパワハラもまだまだあります。
効率重視の日本から人として人を大切にする社会になるにはどうするべきか、効率とバランスをとるためには何かを捨てなければ変わらない。
利益重視も企業には大切ですが、日本の働き方って海外の人が見たらどう感じるでしょうか。
スルガの行員も不満がたまっていたでしょう。

一度、潰した方がいい。金融機関なんて他にもあるし。

右肩上がりの経済成長が望めない現代で、目標設定による成果主義というのが主流となったいま、この様な事が顕著に現れてきているのだろうね。
もともと、金融機関はノルマを課せられ、ノルマ達成を強いられる環境であるが、それが更に強まったのだろうね。

仕事は辛いこともあるけど、働く個々人が前向きで幸せでなければ意味がない。

半沢直樹のドラマが、けして創作ではなくリアルな世界だったという証左になってしまったね。
銀行なら、多かれ少なかれ、どこにでもある話。
銀行は、楽して給与が高いと、何の根拠があって言っているのかわからない奴もいるが、相当理不尽な職場にはちがいない。

新社長もパワハラをして数字をあげてきた人なんじゃないのか。支店長上がりってことは、ズッポリとパワハラに染まった人だと思います。

果たして、新社長に適任なのかかなり疑問がある。結局、何も変わらないと思うし、今まで不正を推奨していた側の人間がどうやってガバナンスを変えるというのか。どの口がそれを言うのか??

どこまで行っても駄目な組織の典型のような気がします。笑


金融庁が定期的に検査に入っているはず。都市銀ではかなり厳しく検査された経験がありますが、地銀には甘いのでしょうか。

管轄省庁の責任が全く問題視されないのは何故でしょう?他より景気が良かったら余計厳しいチェックされるのかと…


怒鳴って殴って脅すのが管理職の仕事ならチンピラでもできる。
そういう職場環境に慣れマヒしていくと、家庭でも奥さんや子供に対して手が出たり怒鳴ったりするんだろう。
企業の社会的責任として倫理観の高い人の育成も大切だと思うが、この会社の社員はちゃんと育っているのだろうか?声のでかい人が得をするDNAばかり育ててないだろうか?

どこの銀行もパワハラ横行しているが、スルガ銀行のような不正融資はほとんどない。スルガ銀行の不正融資はパワハラが原因ではないと思う。

経営陣が決めた銀行の戦略が根本的に誤っていたのだと思う。アパートや不動産に関しては、本来購入できる自己資金のある方が少なく需要がないのに、目標を高くしすぎたのだと思う。


CRMをいち早く始めた地銀がスルガ銀行。
メガバンク相手に個人顧客を中心に業績を伸ばした企業。
岡野さんはそれまでの銀行がやらなかった中途採用など積極的に行い新しい組織を作りだしてきたが、今回のニュースは非常に残念。
小が大を食うことはやはり難しいか。

取引先を含め、懲戒解雇になった事例は結構聞くけど、売り上げ至上主義のパワハラが原因だったものが結構多い。
うちでも、その中で育った40代~50代の管理職が、まだ昔の感覚でパワハラを行って問題になってる。当時を知らない20代~30代は当然として、当事者だった定年前や再雇用組の60代↑がコンプライアンス重視でパワハラをやらないというドーナッツ化現象。
こういうのはトップダウンで改革しないと変わらない。
うちも社長変わってから、ガラッと変わって、パワハラ発言見られたら冷や飯ぐらいだよ。

日常的にパワハラが横行していて、しかもそれを経営陣(一人ではない)が黙認していたと?それが本当なら経営陣の方針がそうだったということになりませんか?
この銀行はもっと本質的な問題があるように感じます。

自分の管理能力、指導力、発想力・・・・がないのを棚に上げて。
まぁ経営陣に経営能力がないのでしょうが。
ただただ「数字」が上がれば能力があるとして出世させるのはどこの会社でもあることだけど。

厳しい処分は、下されるべきだとは思う。
潰せという声もあるだろうが・・・今回の一件に手を染めていない行員
もいるだあろうし、なにより、借金してオーナーになった被害者もいるからなぁ~。

許されないよ。
役員全員訴えて路頭に迷わせないと、彼らもうたんまり儲けたから、満足でしょうが、
下は頑張り損。
でも、何の罪で?とかになるよね。
頑張ってた人が気の毒でしょうがない。
会社は早々潰してほしい。
他も大概かもしれないけど。

一度、この銀行は解散したほうがいい…。

営業系の会社では割と普通ですが。逆にない会社があるのか知りたい。

これは明らかに経営の不手際。株主代表訴訟の対象。
トップを逃げ得にしてはいけない。

不動産投資について少しでも調べてみたことがある人なら知っていると思うけど、スルガは圧倒的にアパートローンが通りやすいと有名だったからな。やっぱなんかおかしかったよ、ここは。


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!