太陽光発電の買取制度が終了!?2020年の法改正目指す「国が詐欺していいの?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 経済産業省が、太陽光発電など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の終了を検討していることが12日、分かった。

つくられた電気の全量を一定価格で電力会社が買い、費用を電気料金に上乗せする仕組みで消費者らの負担が増したことに対応。

再生エネ拡大と負担軽減が両立するような新制度をつくる方向で議論を進め、2020年度の法改正を目指す。

制度は12年に開始。

特に太陽光発電の拡大に貢献し、18年末の再生エネの設備は制度導入前の約2.2倍に拡大した。

一方、電気料金に上乗せされる「賦課金」は19年度で約2兆4千億円に上り、一般的な家庭で月767円の負担となる見通し。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000152-kyodonews-bus_all

『太陽光買い取り終了検討、経産省 全量・固定価格やめ負担軽減へ』のニュースに世間の声は

国が買取制度を始めた理由を今一度思い出してほしい。

個人の利益の為ではない。


買い取り制度をつくったとき、抜け穴だらけだったわけでしょ。

検証して改善するまでのタイムラグがありすぎ。


誰かの利益は、国民全員の電気代上乗せが減資。


外国資本でも参加できたわけだし、ムダや他国への利益供与がないような制度にしてほしい。


買取制度があるからって前提で購入した人はどうしたらいいの?

決して貢献ではない
多くの農地が失われ、景観が損なわれ、この政策は未来へ負の遺産を残しました。


数々のメガソーラーを見てきたが、 あの広大な土地には沢山の発電パネル…。
これからどうなるのでしょう…。

国民を振り回さないで欲しい。

国を挙げての詐欺だよね。

国民の負担が増えただけ。


国が安定して書いとる太陽光は太陽がある限り無限に富を生み出す投資先だと騙された人が、多いだろうなぁ

いつかこうなると思っていたが、ついに来たか!

太陽電池自体の耐久性もそろそろ限界。

廃棄もどのようにしていくのか…

山林や田んぼにうじゃうじゃ設置された太陽光パネルを見ていると業者に騙された老いた農家さんが目に浮かびます。

やらなくて良かった…

制度廃止となったら電気料金は下がるのね?
そこの所ウヤムヤにしないでね。


そろそろかなと思ってました。

国が詐欺していいの?

10年縛りの売電契約はもちろん継続されるでしょwww
それが守られないならば、それこそ違法。


菅政権の負の遺産。

その解消は必要ですが、騙された人々は大変ですね。


すでに固定価格で20年契約してる場合は
どうなるのだろう…

我が家は太陽光パネル乗せるのに打ってつけの屋根らしく去年くらいまでしょっちゅう営業が来て、電気代だけでも安くなるなら、と付けるか悩んだけど、我が家はオール電化ではなく半分はガスなので、そんな大金出してまではわざわざつけなくてもいいってなり、つけなかったが、つけなくて正解だった。
よかった…
てか、今の日本、年金といい、色んな政策が詐欺じゃないですか?何を信じて選択していけばいいのかわからない、不安だらけすぎて、嫌になるわ。


補助金目当てで設置する人が一気に増えた。

そこをエサにする業者が私腹を肥やし、高いローン組んで結局残債残したまま自宅ごと競売にかかってる人も多くみる。


職業柄、良く競売物件をみるが太陽光パネル設置してる人が競売にかかってることが多い。


売電などで手軽に小遣い稼げるかもと安直に考える人が多いんやろうなーと思う。


あと、自販機設置してる人も多い印象。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!