三田佳子が高橋祐也の4度目逮捕にコメント!ネット民「まだ小遣いあげてた?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 女優・三田佳子(76)が11日、次男で職業不詳・高橋祐也容疑者(38)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された件について報道各社にコメントを発表し謝罪した。
高橋容疑者が覚醒剤を巡り逮捕されるのは4回目。

三田は「このたびの事件を受け、大変ご心配をおかけして申し訳ありません」と謝罪。
高橋容疑者が統合失調症を抱え治療を行っていたことを明かしながらも「このような結果になり、大変残念としか言いようがありません。
親としては、もう力及ばずの心境です。
このうえは、本人も40手前ですし、自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして罪を償って、生き抜いてもらいたいと思います」と突き放し、自らについても「多くの方の支えや応援に感謝しつつ、俳優としての残りの人生をかけて、仕事に邁進していきたいと存じます」とした。

渋谷署によると、10日午後8時45分ごろ、渋谷区内の飲食店から「客が口論になっている」と通報があった。
駆け付けた署員が店にいた高橋容疑者から話を聴いた際、様子が不審だったため尿検査を実施。
覚醒剤の陽性反応が出たことから、11日朝に逮捕した。

高橋容疑者は知人と店を訪れていたという。
逮捕容疑は8月下旬から9月10日までに、東京都内またはその周辺で覚醒剤を使用した疑い。

高橋容疑者は、覚醒剤に絡み直近では2007年に同法違反容疑で警視庁に逮捕され、08年に懲役1年6月の実刑判決を受けている。
三田は00年に高橋容疑者が逮捕されたときに1年間、芸能界での活動を休止していた。

三田佳子 38歳次男4度目逮捕でコメント「親としては、もう力及ばずの心境です」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
女優・三田佳子(76)が11日、次男で職業不詳・高橋祐也容疑者(38)が覚せい剤 - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

『三田佳子 38歳次男4度目逮捕でコメント「親としては、もう力及ばずの心境です」』のニュースに世間の声は

いい歳した大人がやった事なんだから親が出てくるのは逆におかしいと思う。
何か事件犯す前に一生出れない所に入れた方がいいのでは?

普通では考えられないくらいの金額の小遣いを与えて甘やかして育てた結果になります。
基本的に駄目なやり方をして来たのですから、力及ばずになっても不思議はありません。

高橋は既に38歳だし、三田は77歳なのだから、三田にはもう責任はない。
18歳の高校生の時が初犯で、現在は38歳でこの20年間に覚醒剤の逮捕歴が4回も有るのだから、ずっと遣っていたのは間違いないだろう。
覚醒剤は一番再犯率が高い犯罪だと云うが、この高橋の犯歴が典型的な例かも知れない。
現状では残念だが、治りそうにはない。

トウシツでヤクチュウの男性に、いくら母親でも76歳の女性が注意できないでしょう。何されるかわかりません。かわいそうだけど、見放すしかないと思います。

こどもが自立する機会を奪い甘やかせている大金持ちは多いだろう。
しかしその全てが覚醒剤に手を出すわけではない。
最近はトーク番組でも三田よしこを見かけてただけに、気の毒にも思えるが、金銭的な支援をいまだに続けてたとすれば、出資者としての責任があると思う。

依存症は病気だから、まず諦めずに治療を継続してほしい。親はもう介入しない方が良いと思う。

同じような息子を持った場合、一般家庭と「三田佳子」の家庭では意味が違う。いつまでたっても親が燃料をくべてたわけでね。自ら火を大きくしながら力及ばずもクソもあったものではない。当然の結果すぎてなんの驚きもない。

心痛お察しいたします。
ただ、生活面での経済的援助をなさっていたのなら、今後考え直すべきだとは思います。ある意味庇護下にあったと考えられますから。
この再犯性が覚醒剤の怖さだな。
でも年齢も年齢だし、親の責任でもないような。

一般的には、成人しているのだから親の責任について煩く言う必要もないのだろうが、ここの家庭の場合は、母親が小遣いを与え続けていることでクスリの購入を容易にしている訳で、三田佳子には大いに責任があると言わざるを得ない。

これは完全に毒親被害。
確かに現在、38才の大人かもしれないが、始まりは10代。最初の逮捕の時に彼に真剣に向き合うべきだった。彼一人を正しても意味がない、家族ぐるみで変わらなければならなかった。
それが出来なかったし、して来なかったからこその4度目だろう。
本人も分かっていながら止められず。
いつになったら、考えを変えて本気で取り組まなければ息子の命はないとわかるのだろう。

他人が巻き込まれる事件をしでかしていないのが不幸中の幸い。
三田さんも、息子を更生施設へ入れるとかしないのかね。

芸能活動とか需要ないでしょ。ただのチンピラ。

可愛いさあまり、多額のおこずかいを渡していたら、あかんぜよ。
本人のためを思うなら、本人の目の前で勘当せい。

覚醒剤の流通を止められない事が最大の問題だと思います。
依存性の異常に高いモノに対して、再犯を責めてもしょうがないように思う。
薬物に関しては、手を出す人間の責任ももちろんあるが、売っている人間の責任を上回るとは到底思えない。
彼へ薬物を売っているルートすら撲滅出来ない。
この事がもっと問題視されるべきだと思います。

問題は仕事らしい仕事をしてない次男が、妻と子供をどう養ってたのか。そこで母親がまた毎月人並み以上の金を与えてたら母親にも責任があると思うが、金銭を与えてなければ、76才の母親に責任はないと思う。


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!