元貴乃花親方と景子さんが離婚!貴景勝の初優勝1ヶ月前に”卒婚”を選択

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 大相撲の元横綱で元貴乃花親方の花田光司氏(46)が元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(54)と離婚していたことが26日、分かった。
10月25日に離婚届を提出した。

2人は貴乃花親方が横綱時代に結婚。
1男2女をもうけ、現役引退後は貴乃花部屋を切り盛りするおしどり夫婦として知られていた。

花田氏は本紙の取材に「夫婦を卒業する“卒婚”です。
(河野さんには)自分の道を行ってほしいということ」と心情を明かした。

花田氏と河野さんは、事実上の別居生活が長かった。
花田氏は品川区五反田に自宅があり、河野さんはそこを生活拠点にしていたが、花田氏は現役引退後は弟子の指導のため貴乃花部屋で弟子たちと生活。
中野区から江東区に部屋を移転した16年以降は、一緒にいる時間がさらに短くなっていた。

2人の仲がすれ違いになっているとの噂は既に夏頃から出ていた。
花田氏は離婚を決意した理由について

「(相撲協会を)引退してからも一人の社会人として、生きていかなくてはならない。そこは真っすぐ進んでいかなければいけないこと。
(進む道が違うのであれば、河野さんには)自分の道を行ってほしいということ」と説明した。

そして「“卒婚”ということ。
お互いに夫婦として卒業するということです」と続けた。

花田氏と河野さんは95年に結婚。
1男2女をもうけたが、長男は靴職人として独立。
2人の娘もそれぞれの道を歩み始めている。

熟年夫婦が別れるケースでは、子育てが終わったことがきっかけになることも少なくない。
花田氏は「円満な夫婦は別れない。円満じゃないから別れるということ。
お互いの道を行こうということです」と心境を口にした。
離婚届は10月25日に提出した。
「お互いがそう(離婚しようと)思った時期が、そう(離婚届提出日に)なった」と話した花田氏。

ただ、その後の今月4日に福岡県田川市で行われた「炭坑節まつり」では、花田氏の代理で河野さんが総踊りに参加する姿も見られていた。
先日、千秋楽を迎えた九州場所では愛弟子の貴景勝が幕内初優勝を飾り、気持ちにも変化が芽生えたという。

「まずは(弟子の)優勝と思っていたので、これで次に進めます。
これから新たな土俵を求めて動くかもしれません」と公私ともに再スタートする決意を語っていた。

事実上別居長く…元貴乃花親方、景子さんが離婚「卒婚 自分の道を行ってほしいということ」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
大相撲の元横綱で元貴乃花親方の花田光司氏(46)が元フジテレビアナウンサーの河野 - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

『事実上別居長く…元貴乃花親方、景子さんが離婚「卒婚 自分の道を行ってほしいということ」』のニュースに世間の声は

どっちもどっちだろう。
やはり部屋を持ったなら、弟子とは寝食を共にすべきに思う。

景子さんは、いろいろな意味で個性的な夫をよく支えてきたと思います。
やはり、協会を離れて部屋を畳んだことが、大きな原因なのでしょうか?
この選択が、お二人によい結果をもたらすことをお祈りいたします。

おかみさんが部屋住みせずに、おしどり夫婦ですか?無理にイメージ作らなくても良いのでは?

景子さんと結婚してから貴乃花の洗脳騒動で貴乃花の笑顔がなくなった気がする。自宅が五反田にある時点で貴乃花にとって景子さんは尽くす女ではなかったと思う。景子さんもしたたかだもん。

子どもたちを相撲から遠ざけ、景子さん自身は相撲部屋に住むことはなく、おかみとは名ばかりと良く言われていました。貴乃花にとって、相撲は自身の命そのものである訳で、相撲に理解をもち、愛してくれる女性ならば、離婚はなかっただろう。一つの道を極めた貴乃花にとって、息子が職人と言いながらテレビに出て、不倫騒動を起こすなどして、無理だと思ったのだろう。離婚は遅すぎた位。

昔から見てると、この人は常に何かを我慢し続けていると思う。何か、今の姿が本心じゃない感がすごく伝わってくる気がするのは、小さい頃の家族団欒の無邪気な姿や宮沢りえ騒動の頃に見た心からの笑顔を、他で見たことがないからか。心の安らぎをこの先得られることを祈る。

貴乃花は良く言えば、孤高の人。
悪く言えば殻に閉じこもった意固地な人。
景子元夫人はおかみさんでは無かったよね、弟子と寝食を共にしてないし。
親方をサポートしてないのも同然。
どちらもどっちという印象。
しかし、貴乃花は何がしたいのか何を極めたいのか、進む道はどこなのか凡人には理解出来ない。

この人は、自分を許せない人なんだな…。
自分自身に対して間違いを認めない、曲がったことや納得いかないことは受け入れられないんだろう…。
自分の今の状況は、想像していたものとは全く違うんだろう。
その自分の人生に景子さんを付き合わせることに納得出来なくなったんじゃないか?
ちょっと辛いね。
夫婦はやっぱり、お互いの足りないことを補い合いあったり、大変な時に支え合うものだろう?
もっと本当に大切な人には、本当の自分を見せてお互い本気で向き合うことが必要なんじゃないか?
人っていうのは、そういうもんだろ…。

景子さんて結局何がしたかったんかな?ていう印象。あれだけの大横綱と世間の冷たい風当たりがあって結婚した割に、我が子も関取にはせず、相撲部屋にも寄り添わず、ただ相撲界のスターと玉の輿婚狙ってただけなのかなーと。別の道に行ったとはいえ、長男はチャラ男だし。結婚も子育ても失敗したイメージだ。

もうずっと前からきっと破綻してしていたんですね…
貴乃花に対してずっと信念を貫き通す方だと思っていましたが、結果が離婚となると長年のどこかやはり頑固過ぎた性格が災いしたのかな…と思ってしまいます。
景子さんはもう数年前から事業をやり始めている様なので子供さん達の為にも頑張ってください。
貴乃花もこれからは相撲部屋も無くなってしまったので大きく背負う物が無くなった分、やり甲斐が無くなったり寂しい思いもあると思いましすが
自分の人生を心穏やかに過ごして下さい。
お二人共頑張って下さい。

河野さんも、テレビ界に復帰するのかな。
貴乃花、どこに向かうのか…。

元々結婚には無理があると思っていた。相撲のことしかわからない若者と知的にも年齢的にも上の人と話があうのだろうかと疑問に思った。合わない相手といることはかえって辛いので、これでお互いよかったのではないかと思う。

人生折り返し地点、またお互いに良い出会いがあると良いですね。

彼の人生が音を立てて、跡形もなくなっていく。本人のせいである部分もあるだろうけど、見ていて苦しい。

卒婚か。
最近は、番組降板やグループからの脱退も、卒業というけど、意味が違う気がする。

角界のスターと才色兼備の女子アナの結婚・・・貴乃花の方がより取り見取りだったが、景子さんが掴まえたって感じだった。景子さんも想定以上の苦労だったとは思うが・・・おかみさんって感じではなかったな。

結局は親や兄ちゃんと同じようになってしまったなぁ。どんなに許せない事があっても家族って似るんだと思う。奥さんに非があるかどうかはわからないけど、元親方は曲げない性格なようなので仕方ない気もする。それぞれ新しい道で頑張ってください。

貴乃花の方が自由になれるからいいんじゃないのかな。
奥さんは年齢を考えてもちょっと厳しいかな。
テレビの仕事も一時的には増えるだろうけど、後はこれまでと同じように講演の仕事がくればいいだろうけど、おかみさんじゃなくなった今では需要があるのか疑問だ。

貴乃花は真っ直ぐ過ぎて、信念を貫き過ぎて傍に要ると息が詰まりそう。
部屋もなくなったし、子育ても終わったし、景子さんも新たな人生のスタートを切りたかったのでは?
経済的に自立出来る自信があるのでしょう。

結婚が善で離婚が悪という偏見があります、本当にそうでしょうか?
夫婦だからこそ複雑な問題があったり、耐えがたきを耐えてきたと言う部分があるのではと考えるのは私だけでしょうか。確かに夫婦円満が理想ですが、成人するまで全く異なる世界で生きてきた二人が、短期間で夫婦となるのですから、互いに許容できる部分はそうして、出来ない部分は相手を責めるのではなく自分が変化する努力もあると考えますが、限界まで耐え忍ぶのは家庭的とは程遠いのでは。そんな時は新たな未来に向かって進むのも人生だと思いますから、ただ世の人気者は周囲に何かと噂されがちですから、温かい目で見守ることもファンとして必要だと感じます。功績も美しいままであると希望します。万事塞翁が馬といいます。世の中に失敗という言葉あまりないように感じます、いつしかその結果が人生の糧になることが必ずやってくると信じて閉じます。

相撲取り、しかも平成の大横綱と結婚したならおかみさんになるということ。
もともとアナウンサー時代から自己顕示欲の強い人で好きではなかったし、おかみさん稼業も不十分で貴乃花を支えたとは思わない。
この年まで離婚しなかったのが逆に驚き。
貴乃花は不器用だけれど、頑張ってほしい。

松岡の御曹司と噂があったがポシャリ
結婚した時は、角界のプリンスで将来理事の妻もての届く処にあったから、その後色々ありましが支えてきた
でもそれも夢と消え、自分で商売した方が現実的にいいと判断した結果のようにしか思えない
フジがまだ良かった頃のアナだから、自分が中心の方かな

私たちは、イメージでしか判断出来ないから何とも言えないけれど、やっぱり相撲の世界は世俗とかけ離れたところなんだろうなと思う。
貴乃花は、相撲界を考え、今の時代にそぐわない部分を変えていくことを模索した気がする。
でも結局は、何も変わらない、変えられない世界。彼には相撲しかない人生ゆえに、結局は家庭も上手くいかなかった。尊敬する父親の背中を追い続けたことが、彼を哀れにしているようで、何だかやりきれない。
22歳で結婚。母親は、女将さんを卒業したくて離婚。同じ道を歩みたくないと考えながら生活してみたけれど、結局自分も離婚。
女将さんになっても大丈夫な人と縁があれば、また違った人生が歩めたかもしれない。
彼は大切な理解者が早死で、本当に不運としか言えない。大横綱の地位と名誉を引き換えに、試練の多い人だなと思う。
やっぱり、人生ってそんなに上手くいかないのだと彼をみてしみじみ感じる。

びっくりしたけど、貴乃花が入院しているときに景子さんが来ていなかったっていうのはこういう事だったんですね。
貴乃花は誰の意見も聞かなさそうだし夫人には色々と苦労があったと思う。
共に戦ってきた部屋がなくなったことで夫婦でいる意味がなくなったんだと思う。

貴乃花がまだ現役だったころから密着番組が放送されるたびに必ず見てきたけど、景子さんとは自分は合わないって常々口にしてましたね。ある番組では、子はかすがいですからね、って言ってたこともあるし(そもそもこの言葉は夫婦仲はあまり良くないという意味にもなる)。親方になってからはそれがもっと顕著に表れて弟子たちの前で食事中とか景子さんの悪口ばっかりだった。貴乃花は真面目で嘘がつけないタイプなのでかなりガチであることは知っていて、いつか二人はそういう日が来るかもなー、と思って見てたので驚きはしないです。

景子さんはおかみさんとしてはかなり楽をされて、ネットではいいおかみさんをアピールされていましたね
ほかの部屋のおかみさんのほうが苦労は絶えないように思います
景子さんは手を抜くべきと子はしっかり抜いていたので、夫婦間に距離はずっとあったはず

「円満じゃないから別れる」という率直な言葉に、逆に貴乃花の正直さや誠実さを感じる。
一般的には「感謝しかありません」のような言葉のみで円満離婚をアピールする芸能人が多いのに。

こうなるとは思ってました。
もう一緒にいる意味などありませんよね。
ただ一つ思うのは、この二人が結婚をする際に一人の女性を大変傷つけた上で一緒になった事を考えると、愛とは結婚とは何なのかなと思います。

母親とも、兄貴とも、親方たちとも、奥さんとも、うまくやれない貴乃花・・・
そして、誰もいなくなった。。。
景子さんも色々騒がれて苦労はあっただろうし、これからまたそれぞれの、良い人生を歩んでほしいね。

貴乃花が、後すこし柔軟な考えだったら、一連の騒動も結果が違っていたと思う。
離婚はパワーがいります。
格好のワイドショーネタですが、静かにしてあげて欲しい。

あのとき宮沢りえさんと結婚してたら、素直なままで意固地な生き方をせず、もっと幸せになれたのかな

2016年の婚姻件数は62万1000件で離婚件数は21万7000件。
およそ3組に1組が離婚していることになる。
いかに離婚は日常的かがわかる。
昔なら後ろ指さされてた離婚も、こうも一般的になるとは。
有名人であるゆえ話題になるが。
子供も成人もしくは、それに近い年齢ゆえまだ救いがある。
個人的には、貴ノ花親方は国民的英雄だけに残念に思う。
でも事情は各家庭でそれなりにおありでしょうから、第三者はとやかく言えませんが。
個人事情ですから貴ノ花ファンの気持ちは不変です。
頑張れ応援しています。

離婚せずにいることでただ苦しいだけなんだったら、卒婚には大賛成。
うちの両親もそうだけど、一歩を踏み出せず我慢してる人って結構多いかもって思います。
離婚したくて結婚したわけじゃないことは誰もが分かってるし。
一度きりの人生、新しいステージへ行くことによって笑顔を取り戻すのなら、良い選択だと思います。

部屋に通うおかみさんて
何か違和感を感じましたね。
しかも、息子の問題、部屋閉鎖の事、全てが両者にとって歯車が狂った感じですよね。


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!