楽しんごも闇営業で吉本を解雇されていた!恐喝まがいの言動であわや刑事事件!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 6月4日、カラテカの入江慎也が所属事務所の吉本興業から契約解除された。

「6月7日発売の『フライデー』に、入江さんの反社会的勢力との交際疑惑が報じられました。

大規模振り込め詐欺グループの忘年会に、宮迫博之さんなどの吉本タレントを仲介したというんです。

事実上の解雇ですね」(スポーツ紙記者)

入江はスポーツ界や企業の社長まで幅広い人脈を持ち、“友達は5000人”と豪語していた。

「入江さんの人脈作りは今後に繋がる可能性があるからと、事務所も大目に見ていた部分があった。

それをいいことに、最近は怪しい人たちのパーティーや飲み会にも顔を出していると話題になっていました。

東京の芸人の間では、“入江案件は危ないから関わらないほうがいい”と言われていましたね」(放送作家)

友達5000人というのも、かなり怪しいらしい。

過去に一緒に仕事をしたことがあるという雑誌ライターによると、 「世間話をしていたら“○○編集部の○○さん、友達なんですよ。

よろしくお伝えください!”と言うんです。

後日、本人に聞くと“飲み会で2回ぐらい会って、連絡先を交換した程度だけど……”とのこと。

なので、彼の友達=一緒に飲んで連絡先を交換した人なんだと思います。

ただ記憶力はすごくよくて、とにかく人を立てるので、飲み会では重宝されるだろうなとは思いました」

問題の忘年会出席は、会社を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”だったという。

「吉本としては、“反社会的勢力の営業だけは絶対に受けるな”と厳しく言っていましたからね。

入江さんは”詐欺グループだとは本当に知らなかった“と言っているようですが、交友関係が報じられてしまった以上、知らなかったでは済まされないでしょう」(放送作家)

実は、入江の2か月ほど前にも、「ラブ注入!」のギャグで一世を風靡した芸人・楽しんごが吉本を退社していた。

ユーチューバー活動に本腰を入れるためと、当時は報じられていたが、どうやら彼も闇営業が原因での契約解除だったらしい。

「‘18年から渋谷りゅうきさんと『おいなりさん』というコンビを結成しているのですが、全国を飛び回って闇営業をしていたようです」(テレビ局関係者)

その中には、交渉段階で事件になりかけた危険なものもあった。

「ペットが集まる2日間のイベントの営業だったそうなのですが、運営側は楽しんごさんに“もしかしたら無しになるかもしれない”と、あくまで仮でのオファーをしていたそうなんです。

結果的に、スポンサーなどの判断もあり無しになってしまったんですが、それを伝えると彼の態度が一変。

“その仕事のために、ほかの仕事のオファーを断っていたので、営業補償を払え”と、強引に迫ってきたんだとか」(同・テレビ局関係者)

この恐喝まがいの言動は、運営側を中心に大問題となり、当時の所属事務所だった吉本の耳にも届くことに。

「あわや刑事事件という問題を起こした上に、その話は事務所を通していない闇営業ということもわかってしまった。

契約解除は自然な流れだったようですね。

相方の渋谷さんは言われるがままに動いていただけなので、吉本に残ってもいいと言われたそうですが、楽しんごさんに“一緒に辞めよう”と強引に押し切られ、吉本を去っていきました」(同・テレビ局関係者)

手軽に現金が手に入る闇営業だけど、バレたら芸人生命はオシマイ。

そのリスクを今一度、考えたほうがいいのかも……。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00015325-jprime-ent

『カラテカ入江騒動のウラで、楽しんごも“闇営業”で吉本を解雇されていた!』のニュースに世間の声は

そもそも島田紳助も繋がっているという理由で引退したよね。

吉本興業の中で反社会的な人たちとの繋がりもあるのか?と感じたけど、それだけじゃなさそうな気もする。


吉本の芸人さんたちが、月収500円とか、事務所がピンハネしているとかいっているし、他の事務所は低額でも給料が存在するということもやっていた。


そういう背景から、事務所を通すとピンハネされてしまう、生活ができないことがあれば闇営業に行ってしまう構造があるのでは?と感じた。


そう考えると芸人だけが悪いのかな?と。


他の事務所の芸人もやって見つかるならともかく、結構前から吉本ばかりだし。


だからといって、闇営業も反社会的な人たちと繋がっていいという根拠にはならないが、吉本はあぐらをかいて、問題の芸人を切れば終わりでは駄目だと思う。


やはり闇営業に関与した宮迫や亮は、なんらかのペナルティーは受けるべき。
知らなかったから許してというのは、被害者やその家族を目の当たりにしたら決して言えないはず。
反省する意味でも謹慎ぐらいはすべきでは。
ってか、当の本人達は今回の事があって、平常心で仕事できるのかって話やね。

反社会集団と繋がるのも問題だが、芸人側がこんな風に反社会的行為に及ぶのも問題だと思う。
楽しんごの解雇は自業自得で当然だと思うが、これを見てもわかるように闇営業は今に始まったことじゃない、文字通り深い闇のある問題だという気がする。
良い機会だから吉本芸人の闇営業の実態を徹底的に調べて公厳正な処分を下して欲しいと思う。

吉本はもっときちんとすべき。

規約と言っても、年収50万とか80万の芸人もいる。


外で、働かないと生きていかれないの分かってる事だ。


厳しく闇を拒むなら、最低限の所得は与えるべき。


余りにも、吉本側の都合が良すぎる。


楽しんごアウトなら、宮迫も同じでないの?

楽しんごは性格にも問題があり干された形になりましたよね。
過去に暴力疑惑も浮上したりしてましたし。
この芸人は闇営業でというより素行の悪さが祟って解雇された様な気もします。

吉本興業がちゃんと契約書を交わしてないのがダメなんだよ。

お笑いは吉本って風潮だから芸人になりたい人は入ってくるし所属してる人も多い。


だったら尚更最低賃金決めるとか、歩合制はこうなるとか禁止事項とか、ちゃんと契約書作るべきだと思う

宮迫などは解雇でないにしても何も処分がないのはおかしいと思う。
100歩譲って、「知らなかった」が本当であってもリスク管理能力(自覚)が欠如しているし、知らなかったで済まない問題も世の中にはたくさんある。
そもそも注意していれば気づかない訳がない。

よくバラエティ番組で吉本の芸人が給料について発言することが多く、その内容が吉本のピンハネについてかなり不満を持っている発言を耳にする。
もう少し芸人さんが芸人として生活できるようにサポートしていくべきなのじゃないだろうか。
売れない時期の薄給はある程度は仕方ないとしても、生活に追われてアルバイトで生計を立てないようだとネタやアイデアを考える余裕も時間も削られてしまうと思う。

少なくとも番組を見る限り吉本のピンハネの大きさや支給額に不満を持っている芸人さんが多い印象を感じる。


難しいかもしれないけど、
吉本自体がもう少し、芸人の面倒を見てあげる必要があるんじゃないか。


NSCは誰もが入れてたくさんとって駄目な奴は切り捨てだから、闇営業がなくならないし、高収入の反社会勢力と繋がってしまうような気がする。


楽しんごが、吉本に居ようが居まいが、それ程興味はないが、その点より、キチンとした書面上の契約を結んでもいないのに、解雇とか言っている吉本側の企業体質こそ、変革せねばならない急務なのではないかと思う。

時代的に、もう今までのように契約を結ばず、ある種、現在の派遣のように、利益だけ搾取する、吉本の経営スタイルは無理があるし、法的にも問題アリだと思う。


吉本興業も、反社会的組織との交流は絶対許さないとか、表面上だけ威勢のいい言葉を言うんじゃなくて、まず、芸人との契約関係から、見直す時期だと思う。


楽しんごは暴行起こした方が問題だと思うけど。

本業もあるし別にいいよ。


問題は宮迫たち。


つまり吉本は、闇営業をしないと生きて行けない会社って事だよね。

これを機に、吉本は反社会的な存在との繋がりを完全に断ち切ってやり直した方が良い。


闇営業どうこうと罰則を言うのなら、契約書もちゃんと作って法律に則った会社にしろ。


ただでさえ、バラエティがメインのテレビで、関西のお笑いは浮いていて使いモノにならずに、非吉本芸人が台頭してきているのに、そんな下らない事で芸の足を引っ張ってどうするんだよ。


闇営業という言い方が良くないのかもしれないが、事務所とマネジメント契約を交わしておきながら、事務所を通さずに仕事をすることが契約違反になるなら、契約解除されても文句は言えない。
それがどんな相手からの仕事だろうが。
事務所を通さずに仕事をしたいなら、事務所を辞めればいい話。

ちなみに、吉本芸人が契約を交わしていないとよく言うが、契約は別に書面で交わさずとも、口頭の合意でも契約は成立する。


ただ、口頭合意だけだと、揉めたときに言った言わないの世界になるから、書面化したほうがいいとだけの話。


一方、口頭合意だけで契約というのが、今までの吉本興業の契約のやり方だとするなら、それは互いにいいとは思えないので、書面化したほうがいいと思う。


「闇営業」という呼び方に何か背信的で不正な匂いがしますが、、吉本芸人はそもそも契約を結んで無いと松っちゃんや東野がテレビで喋ってました。
個別に契約を結んでいないのならば契約違反にもなりませんし 事務所も内容が反社会的な組織からの依頼でなければ黙認しているのではないでしょうか。
楽しんごのケースは入江のケースと違う様な気がしますが、依頼内容が社会的に問題になるかどうかを判断するのは依頼を直に受ける芸人自身ですね。
問題発覚時点で事務所解雇と、、これは結構リスキーですが、今までそれを上回る報酬があったと考えるのが正しいのでは

入江は犯罪集団のパーティを闇営業したから悪いとは思うけど、闇営業自体は良くないんだろうけど吉本の営業スタイルにも原因があるのでは?
給料がめちゃくちゃ安いってのは昔からよく聞く話だし、そこを少しでも改善したりしないと減らなそうだけどね。


島田紳助の場合は大阪ミナミで飲食店を開く際にヤクザ絡みの物件で揉めていた時に知り合いのヤクザを使って解決していた事がバレて自ら引退した。
今回は知らなかったとしても不注意だった宮迫他芸人にも問題がある。
ノーギャラで持ち歌を熱唱するわけがない。
宮迫を守るために入江が一発解雇となった。

会社員とは違う立場だからだと思うけど、、自分で営業して仕事を取ってきたら歩合を上げてあげるとか芸人との契約内容を整備したら、満足行く仕事を芸人に振れてない事務所でも通したほうが得だと考えるのではないだろうか
ま、それでも反社会勢力絡みの仕事はダメだけどね。


闇営業っていう表現もどうなのかと思うんだが…。

実際に芸人としての収入だけでは生活できなくて、背に腹は代えられない状況の中、事務所の力を借りずに自分で仕事取ってきました。


は、別に許容してもいいのでは?
事務所を通さずに大きい仕事は出来ないだろうし、額なんてたかが知れてるハズ。


本人が取ってきた仕事であっても事務所を通すと相当な額を取られちゃうと思うから事務所に内緒で仕事しちゃう。


直接取ってきた仕事の場合は少額でも事務所に入れてくれればいいよ。


というスタンスでいてあげれば内緒で仕事することもなくなると思うんだけど…。


まあどっちにしても楽しんごは興味ないけども…

闇営業というのは、「所属事務所を通さず依頼された仕事を直接受けること」なんですよね?でしたらそれは事務所と所属芸人さんの間の話であって、第三者がどうこう言うことではないんじゃないかと思います。
もちろんそれによって世間で持たれるイメージが悪くなることは本人の選択なので仕方ないとは思いますが、闇営業それ自体を、無関係の人が「処分されるべき」と言ってしまうのは筋が違うと思います。
闇営業した芸人さんと一般社会の間には利害関係は無いはずですので。

ここで世論が騒ぐべきは「反社会的組織との接触」の方です。

間違えてはいけません。

いとこがパチンコ店長やってる関係でよく話を聞いたことがあるのですが、営業で芸人さんを呼ぶときは吉本興業でもどこでもだいたい50万円から100万円だそうです。
ギャラはもちろん本人ではなく会社に支払われるのですが、吉本興業の場合は100万円の内、本人に入るのは10,000円以下と本人から聞いた時は店長愕然としたそうです。
伝え聞いた私もショックと同時に吉本興業という会社がケチなのは昔から知ってましたがここまで酷いもんかと聞いていて悲しくなりました。
ほかの事務所はここまでひどくなくて営業が多ければ多いほどそれ相応に潤うそうですが、吉本興業の場合はそうはならないみたいです。
使い殺しというか飼い殺しですよね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!