東京ディズニーランドの従業員女性が訴訟!オリエンタルランドに損害賠償請求!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 従業員の労務管理に問題があるとして、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)の運営会社に損害賠償を求めて訴訟を起こした女性2人が13日、千葉市内で記者会見をした。

同社の契約社員として、着ぐるみに入ってショーなどに出演してきた2人。
この日の第1回口頭弁論にあわせ、裁判に至るまでの思いを語った。
会見ではまず、過重労働を訴える女性(29)が口を開いた。

女性は2015年に運営会社のオリエンタルランド(同市)に入社し、総重量10~30キロほどの着ぐるみを着て様々なディズニーキャラクターとしてショーやパレードに出演。
17年に腕などに激痛が走る「胸郭出口症候群」を発症し、労災が認められた。

「公的に職業病と認められても働き方は何も変わっていません。
私以外にもけがをしている人がいます。
皆さんに愛され、求められる業務が、少しでも長く働き続けられる環境になることが願いです」  時折、涙で声を詰まらせながら、そう語った。

労働組合に入り、会社側と団体交渉を重ねたが、半年以上たっても「現場は変わっていない」とも指摘。

途中で辞めていった同僚も多く、「使い捨ての意識があるんじゃないかと正直、思う」と話した。

過酷ショー「使い捨て意識では」 TDL提訴の女性が涙(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
従業員の労務管理に問題があるとして、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)の運営会 - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)

『過酷ショー「使い捨て意識では」 TDL提訴の女性が涙』のニュースに世間の声は

なんか表ではニコニコと「夢の国」を演出しておきながら、裏ではドロドロした労働環境問題があるのかと思うと、素直に楽しめないね。
今回の一件は、ディズニーの固定イメージがある上での提訴なので、おそらく会社が想像する以上にTDL側にはマイナスダメージが大きいと思うし、結構後引くと集客にも影響が出ると思う。
本国のアメリカのディズニーはどう判断するんだろうね。
個人的には、とっととパワハラ上司を解雇して、被害を受けた女性達に速やかに和解金を払って示談にして、改善計画を速やかに打ち出した方が、世間的なイメージは良いと思うのだけれども。

ブラックでも働きたい人がいるから改善はしないでしょう。あの動きで楽はないものね。今回、体を壊してしまった方は訴えた勇気は素晴らしいと思うけど、復職はないでしょう。仕事はお金を稼ぐのが目的だから、一段落ついたら別な仕事をした方がいい。

勇気ある訴えだと思う。
次世代の方には同じ辛い思いをして欲しく無かったから、苦渋ながら裁判へ踏み切ったんでしょうね。
そんな女性達の訴えに耳を傾けて真摯に話し合う姿勢をとらないブラックディズニーには、もう行かない。
訴えた女性の方々、大変でしょうけど頑張ってください!

まぁ、使い捨てだろうな。長く雇おうとは思ってないと思うよ。若くて元気なやつは次々入ってくるだろうし。体力的にきつくなったらそこが定年でしょう

私は年間パスポートを持っていた時期もある程ディズニーが大好きですが、ここで働くことは絶対に無いと思っています。
キャストさんは”ディズニーのスタッフ”として理想の高過ぎる振る舞いを求められますし、少しでも理想と離れるとすぐにクレームが行くそうです。
キャストさんが男性ゲストから怒鳴られている姿を見たこともあります。
着ぐるみ問題にしてもディズニーに来て気持ちが大きくなっている人が多くグリーティングで無理な絡み方をしている人もよく見かけます。
働く場としては肉体的にも精神的にも辛い所だな、と感じる事が多々ありました。
今回訴訟起こされた方達は現場復帰を希望しているそうですが、現実的に言うとディズニー相手に訴訟を起こして戻れるとは思いません。
ですが今回の訴訟でディズニーキャストに対しての盲目的な憧れを持つ方は減ったかと思うので、今働いてくれているキャストさん達を大切にしていただきたいです。

まずは幼少期に何度も楽しませて貰ったのでお礼を言いたい。影でたくさんの人の努力や辛い仕事内容があった事は見えなかったが、楽しかった。ありがとう。
キャストが楽しそうに仕事をしているから、見えてなかったんだな。労災としてきちんと認定して欲しい。オリエンタルランドは色々とお客さんへの配慮もしているが、一緒に働く人にも配慮してほしいね。
ただ、あそこは体力勝負な会社だなって事はわかる。個人的にはやりたくないな。

儲けているのは会社ばかり。従業員には還元されない。こういう会社は淘汰されなければいけないと思うが、今の日本は違う。自動車メーカーも携帯電話会社も。。。そういえば、政治家や官僚もそうですね。

> 「使い捨ての意識があるんじゃないかと正直、思う」と話した。
どう考えても、この肉体労働は長く続けることが出来る仕事では無いだろ?
いつまで続けるつもりだったのだろう?

オリエンタルランドは従業員の仕事への憧れが強く、会社側からの洗脳を受けやすい
お客様ファーストが度を越しているので従業員は洗脳に気づいていない人が多いのだろう
今回の訴えは内容が事実なら一石を投じたことになるね
会社は長期化や事実を認める(敗訴)によるイメージ悪化を避けるために
必死に和解に持ち込むんだろう

どこの企業でも言い出したら不満が出てくる。
多くは上司が良くないと問題が大きくなる傾向がある。
上司がきちんと意見・不満をくみ取り、
きちんとした対処をして、お互い納得できる話をしないと
最終的には不満が怒りになり、恨みに発展する。

夢の国の裏側までキラキラしている訳がないのは、少し考えればわかると思うけど。
夢の国ではなくても、どこに行こうと黒い部分はあるけどね。訴えた事で、現在とこれから働こうとしている人達のために改善されていくといいですね。

TDLの劣悪な労働環境は今に始まった事じゃないので、逆に今になってやっと訴える人が出てきたことに、驚いている。
でもまあ特別な職場だから、それでもそこで働きたいという人は後を絶たず、現在の体質は変わることはないでしょう。
スバルや相撲協会もそうだけど、組織の体質が腐りきった場合、外部の人間による解体的出直しをしない限り、もう浄化しようがないので。

精神的にキツイ仕事もあれば、体力的にキツイ仕事もあります。
例えば物流の関係者とか。
毎日仕事でもプライベートでもお世話になっていますが、見ていて、腕や腰がおかしくなるんじゃないかと心配になります。
TDRのキャラクターの仕事なんて、どう見たって過酷で、重たいだろうし夏は地獄だろうし、到底長く続けられる仕事とは思えません。
オリエンタルランドが給料安いって話も良く聞きます。
この方達も、それが分かった上で、やりたくて、自分で選んだ仕事なんじゃないんですかね?
やりたい!という人がたくさんいる以上、この仕事に関しては、使い捨てはやむなしと思ってしまいます。
働く側にも仕事を選ぶ権利があるんですから、ある程度は自己責任と思います。
唯一、上司の暴言はNGです。
今のご時世、ちゃんと起こったことは認めて、会社としてパワハラを無くすように動かないといけないのではと思います。

ボランティアでキャラクターの着ぐるみの経験がありますが、構造によっては普通に動くだけでアザはできるし、動きは制限されてかなり過酷な役目でした。
ただ、キャラクターになりきって演技する事を考えれば、それはある程度予想できるものでしたけどね。
同じキャラクターでも作っているメーカーの違いで全く動きやすさが違ったりもしましたし。
ハラスメントは問題かと思いますが、着ぐるみを身につけることでの問題は、この仕事につく前に想定できたと思いますけどね…。

気の毒だとは思うが訴えたいことがいまいち記事から伝わってこない。
体を壊した。だからアクターをやめて負担の少ない業務に回して欲しいけど取り合ってくれない。ということ?
そもそもアクターとして雇われたんではないの?
サッカー選手が、怪我したからスタッフに回してくれって言っても普通は通らないよね。

夢の国だからと勘違いしてムチャをするゲストや、
様々な苦情を言うゲスト
場所取りや開園での走るなどのルール違反の行為をするゲスト
キャストを下に見て偉そうにしているゲスト
などなど現場のキャストやダンサーなど頑張っていても、士気を下げる低俗なゲストが増えてしまって、結果としてキャストの労働環境が悪くなっている部分もあると思います
キャラを演じるのはかなりの肉体労働として過重ですが、多くのキャストは憧れや向上心を持たれているからこそ今までのディズニーリゾートが支えられ、繁栄してきたのでしょう
キャストに対しての労働環境が今後良くなることを願ってます

最大30キロの着ぐるみはいつまでも着られる物では無い、男でもキツいと思う。
ショー等があり、沢山のお客さんが楽しみにしているなら、パフォーマンスが落ちたら交代にはなると思う。
スーツアクターに固執するのではなく、転属等を願い出て違う関わり方を探しても良かったのでは?

個人的な見解です。
労働環境を今後よくすることはできると思うし、すべきだと思う。
ただし、仕事には一定の負荷がかかるものもあります。そこは理解する必要がある。
スポーツもそうですが、無理しないで金メダル取れるのでしょうか?それはブラックスポーツとでも言われるのか?
肉体労働には適正な年齢もあるとは思う。今の世の中、求人で年齢制限ができないとか、男女は差別になるからどちらか一方のみの募集はダメだとか、なにかずれてきているように感じる。
必要な人は、ピンポイントにわかる方が互いのためになるのでは無いかな?理想と現実は違うというけど、ある程度は理解できる環境づくりも必要なのでは?
この一件ではそこまでのことはわかりませんが、今の世の中自体、本質が見えにくく、難しいなと思います。パワハラって、結局はされた側がどう感じるかですから、指導者のスキル不足も大きいようにも感じます。

少し記事の内容とは異なりますが 元 TDLダンサーだった人が知人にいたが ダンサーはTDLの中では将来があるような職種ではなく30歳を過ぎると将来的な展望は無いようです。。
TDLでダンサーをするというのは一部の若い人の夢かもしれないが企業としては単なるショーとしての扱いでしかなく、不要になればそれに関連する人間も不要となるので首を切るというのはアメリカ企業としては極当然のことのようです。
これらのことは米国企業としては当然のことなので、改善されることはないと思います、TDLでダンサーを目指す人は、30歳以降の将来像は無いと思って考えるべきだと思います。

特別な職業だから、多少の理不尽も許される。嫌なら来るな的な考えがまだまだたくさんあると思う。
1番いいのは、今回のような事案からユーザーが当事者として学びサービスから距離を置くこと。そしたら組織改革も進むかもしれない。
2番目にいいのは、ミーハー心から職を選ばないことだと思う。そしたら、廃れていくし、改善されるかもしれない。
現場とバッグオフィスで差が大きい組織は長い目で見たらまぁやめたほうがいいねぇ。

パワハラやもし、ダンサーとしてダメになった時に配置転換などのルールがないのであればそれはきちんと対処をするべき。
ただ、この記事において10キロ〜30キロの着ぐるみを着てというのかなり過酷であるというのは世間的にはどうなんでしょうかね。
確かにダンサーとして体を酷使する職業というものであればそれを仕事として選んだ本人問題だと感じます。
そらにそれだけの重量を持って動かなければいけない職業の方々ってけっこう肉体系の方って当たり前じゃないでしょうか。
どれくらいの給与とかの待遇はわからないのでそこがどうかというのもこの裁判の世間的イメージは変わるんじゃないですか?
これで年収600万〜800万ありますよとかになればショーが1日に2、3回とするとまた違った話しになってきそうですが。

キャラクターがそんなに楽な仕事ではない事は見ていても分かる。
ショーでの動きなど要求されてる事が出来なくなったら自ら引退を考えたほうがいいのでは。
使い捨てと言うと、イメージが悪いですが、実際若い人でないと体への負担が大きい仕事なので、自動更新無しの1年契約のはず。
もう1年続けると決めたんなら文句言わず頑張って欲しい。
ダンサー、キャラクターは毎年オーディションで全国からディズニーに憧れ多数の方が受けにくるので、要求されてる事が出来るであろう新人に早く譲って、違う仕事を探したほうがいいのではと思う。

着ぐるみとか若いうちしか出来ないと思います。体力が必要ですしね。使い捨ての意識が会社にあるかどうかではなく、そもそも着ぐるみを老人になっても出来る人は、稀だと思う。つまり、業務的に若い人を対象にしている以上、使い捨てになることは誰でも想像できる。しかし、体力がある人は、続けられる。つまり、体力が続く限り自己責任で続けられる仕事だと思う。続けられなくなったのなら、配置転換で別の部署に移って頑張ればいいと思います。

今回の労働者の女性が提訴したことはには、違和感がありました。
上司からの暴言は、パワハラ行為認定でOKと思いますが、
それ以外では、TDLで働く以上は、ゲストに楽しんでもらう仕事になります。
自分は仕事を楽しむより、仕事の大変さを実感する事でしょう・・・。
楽しみたいのであれば、ゲストで入場したほうが良いかと・・・。
労働環境はそれぞれ・・・TDLは多くのお客様に夢を与えている場所です。そこで働く以上は、それなりの覚悟は必要に思いました。
TDLに限らず、このようなアトラクション施設で働くことは、本当に大変だと思います。

学生時代にキャストとして働いていました。確かに覚えることも多く、イメージ重視なのでいつも笑顔でいないといけないので大変でした。
でも、社会人になって数10年経って思うことは、10代の学生相手にあんなに一生懸命仕事を教えてくれる会社も逆にすごいと思っています。残業代や着替え手当などもあり、意外と中小企業の正社員より労働環境はよかった。まぁ時給は普通だけど。

どんな仕事でも適性が求められる。必要ライン以下の人もしがみついている。ムリなら自分で判断するしかないよ。辞める自由はあるんだから。
雇用する側も短期契約に切り替えて、判断機会を増やしてやるべき。契約内容もよく説明すべき。あらゆるものには上位10%下位10%が存在する。下位の人は苦しむ前に早く決断をするしか方法がない。大変なことになる前に、辞める自由を行使すべきだ。
じゃあ下位10%はどうすりゃいいんだと感じるかもしれないが、綺麗事を捨てて敢えて言えば、適性にかなう仕事を探せばいい。夢破れることなんて珍しい話じゃないんだから。

例えば工事現場で男女差別なく力仕事をしていたら必ず女性がへばる。
これは体の構造上仕方がない事なのだか、だったら力仕事は女性はせず女性の魅力を生かせる仕事をしたら良い。
ダンスや着ぐるみ等は体が健康でないと男性も難しく、長期していたら体を壊す事もある。
労災は有り得るが損害賠償は論外だと思います。

給与の契約内容は、学生の数年のみのアルバイトならいいかもしれない。
仕事内容は独特で高度だから正社員雇用で経験を積んでくれると、
客側としては安心。
しかし非正規で他で使えない技術。
これでは使い捨てだと言われても仕方ない。
年齢を重ねたら、体力を必要とする部署から、
経験や知識を生かしてお客の対応をする部署に移っていくような、
定年まで働けるシステムにしないとね。

>皆さんに愛され、求められる業務が、少しでも長く働き続けられる環境になることが願いです
普通に仕事をしていて、こういう言葉を自分自身言ったことがないだけに、これが言えるだけで如何にディズニーを愛しているのかが伝わってきます
遊びに行った時「また来よう」と思うのは、ディズニーリゾート特有の素晴らしさもありますが、何よりキャストの方々の頑張りも感じるからです
自分が今まで行った時に嫌な思いをした事は正直ゼロではありませんが、他のやる気のないアルバイトがウジャウジャいる遊園地と比べたら格段に少ないと思います
働いている人が、好きな場所で仕事をしている、という雰囲気を感じる機会が、他と比べて多いのもディズニーの特徴だと思います
そういうキャストに支えられるからこそ、夢の国が成り立つと思うのです
サービス業が何なのか、経営側が忘れてしまったらおしまいです
改善をファンとしても切に望みます

大変でしたね。言ってることは合ってると思う。指を折られたり(普通に事件じゃん…そもそも訴訟する相手が違うのでは…?)、暴言は訴えてもよいレベルだと思う。
が、会社勤めな以上、大きな企業になればなるほど使い捨てだと思うけど…それにはちょっと夢を見過ぎかもしれないね。労働環境の是正にはなるかもしれないけれど。…まあ、穿った見方をすれば、そんな大きな企業だからこそ訴訟を起こして賠償金を取れる、とも言えるけれども。

使い捨ての意味をはき違えている人が多いと思うんだけど。
彼女が言いたいのは、人に対しての扱いの問題だと思う。
言葉悪いが、奴隷のように何も言わせず酷使して、不満が出たらポイ捨てという人道的な問題。
年齢や怪我との勝負の仕事ではあるが、だからこそ健康状態に気を遣い働かせるべきで。
スポーツ選手だってチームはいろいろなケアを行って働かせている。
ケアが十分なされないまま、要求がエスカレートすれば、どんなアスリートも壊れるよ。
彼女が言うことが全て本当かはわからないけど、見えない舞台は何が起きているか一般にはわからず、それがブラック化しやすい元凶とも言える。

お気の毒だが、夢を与える場所なので過酷さはあると思う。私は20回くらい行ったけど、裏切られたことはないです。大変なのだな~というのは伝わりましたが、大変さがあるから人に幸せな気持ちを伝えられるのかもしれませんね。笑顔が見たいから頑張れるのかな…。使い捨てまで言われているのだから、雇用側もそこは素直に受け取って休みや給与面を考えてあげてほしいし、今頑張って働いてる人たちには、これからも頑張ってください!とお願いしたいです。

人生で一番何が優先されるべきかよく考えないといけない。
ディズニーで働くことが目標で、そこで働くことに日々喜びを感じている人はたくさん居るだろう。
特にパレードなんてのは花形で、これができれば残りの人生は考えられないって人も居るだろう。
ただ、人生は長い。普通に子孫を残そうと思えば60年間ぐらいは稼がなければならない。
俺はそこまであと22年間だが、恐ろしく長く感じている。(決してディズニーとは関係の無い仕事だが)
それを考えれば、ディズニーへの憧れだけで、バイト扱いで過酷な労働に、自分の貴重な時間を費やすことに本当に価値があるのかどうか、よく考えた方がいい。
それでもやりたいなら、やればいい。途中で辞めてもいい。
しかし、頭に入れておかねばならないのは、8割の人間をバイトとして雇用することにより、上層部が金銭的にものすごくおいしい思いをしているということ。彼らの最優先事項はやはり金銭。

着ぐるみの重さは労働法で考慮されませんから、過重労働と言っている労働時間がどうかですね。訴える方のコメントや数値の提供がないところを見ると、長時間労働と言われるような部分での法規制はクリアしていると受け取って良さそうです。(労災は仕事原因で怪我や病気になれば労災扱いですから、必ずしも長時間働いているかの判断基準にはならないでしょう。)そうなると、着ぐるみを着て働くような「重労働」を法規制するかどうかですが、例えば野球選手として一年間で20試合投げるとか、引っ越し業者として毎日のように重い荷物を持つとか、それは職業選択の範疇である気がします。ヒジを壊さないように、腰を悪くしないように、一定の配慮や気遣いは必要と思いますが、「企業として配慮出来ないなんてブラックだ」という訴えは違う気がします。

着ぐるみなんて、暑くて重い、臭いというイメージ。
それを我慢するからこその時給だし、ある程度稼いだらやめる仕事だとおもってます。
それを長く続けたいから、環境をかえて!って思うなら向かないと思う。
人件費が高いから1日に同じ着ぐるみ用に何人もなんていれないよ。それで体力が続く人しかお呼びじゃない。使い捨てだなんだと思うなら、使い捨てられない仕事に最初からつくべき。
告発は勇気ある行動と思う人もいるだろうし、お国は味方になってくれるんだろうけど、こういう人のせいで、今だけ体がキツくても稼ぎたい!ができない最近です。
せいって言っちゃいけないなぁと思いつつ、想像力が足りなくてした怪我で労災、まぁこれは勝手に申請すりゃいい。だけど裁判かぁ、
ますます過労だなんだに厳しい世の中になりそうだと、強制休憩中の運転手は思いました。

どんな仕事でも、仕事内容と報酬が合わなければ辞めればよい。会社が従業員を解雇すというのは余程の事情が無いと許されないが、労働者側に職業選択の自由があり、各自の都合で辞めるときはさっさと辞めるのだから。他の大変な仕事でも前向きに取り組んでいる人も多くいると思う。”少しでも長く働き続けられる・・・”という労働者としての期待は分かるが、働いてお金を稼ぐという事はそんなに簡単なものじゃない。何もこの仕事に拘泥して不満を言い続ける必要は無いと思う。

着ぐるみを着てダンスをしたり、楽しそうに園内を歩き回るのは、それなりの実力と才能と体力がなければできない、大変な仕事だと思う。そんな簡単に代わりが見つからない、新しくダンサーを増やすにはオーディションを開かなくてはいけないし費用もかかる、などの理由も会社側にはあるのかなと思う。でもだからこそ会社側は今いる人達をもっと守るべきだと思う。パレードの数を減らすとか、踊らない演目を増やすとか、週休2日は必ずとれるように企業努力をしてほしい。

女子フィギュアでは歳を取るとトリプルアクセルなども跳べなくなり引退します。
ディズニーランドのスタッフも歳を取って必要なパフォーマンスが出来なくなったら引退するのが普通なのではないかな?
スキージャンプの葛西選手のように体をしっかり鍛えて歳をとっても選手を続ける人もいますので、ディズニーランドで働くための体力作りをプロとして本気で取り組み若い人に負けないパフォーマンスを怪我しないように出来るなら歳をとっても続けても良いと思います。
体も鍛えず歳を取り仕事場に来て体力不足で怪我をしたのであればプロとしてどうなのかなとは思います。

嫌ならやめればいいのに
この提訴はたくさんの夢を壊した
可愛そうだとは思うんだけどね、
そういうところだとわかっていて働いていたんだからしかたないし、自分に会社を合わせるのではなく、自分を会社に合わせる、体壊れるまで頑張って意味あるの?ダメならやめたらいいのに。
オリエンタルランドは採用がかなり厳しい
それでも努力して正社員になって会社で働いて、仕組みを充分理解した上で意見して提訴するとか、勤務条件に合わないなら変えていく働きができると思うんだけど、努力して正社員にならずに正社員よりは比較的簡単に採用されるバイト、バイ同等だったら正社員目指す人はいないと思う。
おかしいと思った時点でやめるべき。
いくらディズニーで働きたいからって、世間騒がせてたくさんの人の夢壊して自分優先てのはどうかと思う。ネタをマスコミに売らなきゃニュースにならないから、きっと売ったんでしょうね。

オリエンタルランドが売りにしているアルバイトの多さが悪いほうに傾いたのかもしれない。アルバイトの数に対して社員が少なすぎるため、その分社員、契約社員に負担がかかる。100人のアルバイトに対し社員が5人しかいないと聞いたことがある。そして何といってもそれにより現場のアルバイトへの社員のサポート力が不十分になっているような気がする。仕事のみならず精神的サポートとして見守るにはあまりにも人数が多すぎる。そのような中、ゲストの期待値は年々異常なまでに上がっていってしまう。結果、重圧がかかるのは現場。到底一人一人は見ていられないので問題の把握も難しいだろう。今回の件でそんな状況が想像できてしまう。現場の言葉にならない言葉をどれだけくみ取れる体制をつくるかを見守っていきたい。


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!