トヨタが中国の奇点汽車(シングラート)に電気自動車技術を販売!「大丈夫?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

[北京 15日 ロイター] – トヨタ自動車<7203.T>は、中国の電気自動車(EV)スタートアップ企業である奇点汽車(Singulato)にEV技術を販売することで合意した。

トヨタにとって中国EVスタートアップとの合意は初めて。

その見返りにトヨタは、EVとプラグインハイブリッド車向けの中国の新たなクオータ制度の下で奇点汽車が生み出す「グリーンカー」クレジットを優先的に購入する権利を得る。

また、奇点汽車の沈海寅最高経営責任者(CEO)およびトヨタの関係者2人によると、トヨタは中国EVスタートアップの運営手法や戦略についても大局的に把握できるようになるという。

トヨタ関係者の1人は「電化、自動運転、カーシェアリングが業界を揺さぶる中、従来の方法を見直す必要がある」と指摘。

「われわれは自動車技術において1世紀のリードを有するが、新規参入者から学ぶ謙虚さも必要だ」と語った。

奇点汽車は、トヨタ「eQ」の設計利用ライセンスを取得する。

今回の合意は16日に上海自動車ショーで発表される予定で、奇点汽車はeQをベースとしたコンセプトカーを発表する。

奇点汽車は発表車を現地の好みに合わせて設計し直し、2021年初めまでにはより手頃な価格で航続距離が長いモデルを考案する予定だ。

沈CEOはロイターに対し、「今回の合意により、信頼性の高い車を開発し、当社が得意とする分野に集中するために時間とコストを節約できる」と語った。

金銭的な条件は明らかにされない見通し。

奇点汽車の関係者によると、同社はeQの設計に「数千万ドル」を支払うことに同意したという。

トヨタは主要市場である中国での事業を加速させるため、さまざまな措置を講じているとしたが、具体的な措置についてはコメントしないと説明した。

沈CEOによると、今回の合意は奇点汽車の将来性に対するトヨタの信任投票だという。

奇点汽車は2014年に設立され、インテル<INTC.O>と伊藤忠商事<8001.T>の支援を受けている。

少なくとも50の中国EVスタートアップが競争の激しい市場での生き残りを目指しており、奇点汽車もその1社。

最初の自社開発バッテリーEV「iS6」を今年販売する計画だ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000067-reut-bus_all

『トヨタ、中国の奇点汽車に電気自動車技術を販売』のニュースに世間の声は

シャープの二の舞だけにはならないで下さい。
トヨタは日本にとって影響力大き過ぎるのですから、国益も含めた行動をお願いします。

エンジンで走る車は、部品点数が多すぎて、新規参入は極めてハードルが高いし、参入できたとしても競争力を発揮するには、部品メーカーや、その孫請けまで管理しなければならず、スタートアップでは扱いきれない。

一方、電機機器は、一度参入して生産技術を取得してしまえば、後はコスト合戦。


アメリカがトップだったブラウン管のTV産業を日本がまねしてアメリカのメーカーが全て撤退、TV立国となった日本は世界に先駆けて液晶TVを量産化するが、韓国にまねされて地に落ちた。


世界最先端だった日本のガラケーもスマホ化で日本メーカーは携帯分野からほぼ撤退。


成長したと言っても、地方からの出稼ぎで安い人件費が使える中国に、家電化した車の技術を売るという事は、日本は撤退する、撤退しなくても駆逐される覚悟が出来た、と言う事か。


どの程度の関わりが有るのか判らないけど、安い気はするね。
パクラれて終わる事無き様に、トヨタのシェア獲得に向けて頑張って行って欲しいかな。

技術を提供すると
自分が開発したとばかりに
開き直られそう
常識が通用しないから
やめてほしい
日本は資源がないのだから
技術だけは国ぐるみで流失を抑えて守ってほしい

新幹線みたいに、独自開発と言い出し、特許料請求されますよ。

基本技術はトヨタから買ったが、量産品は自社で改良した独自技術と言うのが常套手段ですから。


なんて事をするの。

敵国に技術を渡してどうするの。


利益ばかり考えず政治の事も考えて欲しいです。


必ず中国は安い販売を武器に将来トヨタを潰しに掛かります
多分トヨタは中国の産業スパイ戦略で技術が漏れる可能性が高いのでその前に技術提供の約束をしたのではないか?
いずれにしても必ず中国は裏切ります!
SAMSUNGがSONYと組んで裏切った様に!
極めて危ないです

トヨタの行く末がうっすらと見えてきた瞬間
素人だがメリットがあるようには思えないし
日本でのトヨタの信用が低下する
企業のツケは消費者にしわ寄せが来る
嫌だね

情報の共有化。
別にトヨタは日本でやる気がある人がいればそれをやっただろう。
でも、出てこなかったんだから仕方ないよね。
国際的な企業らしい判断。
いずれ日本の車も衰退して中国の車に乗る時代が来るかもね。
上がり過ぎた価格が一気に下がって、100万以下で乗れる電気自動車の時代が来る。

トヨタは思い切った戦略に出た、かなりリスクのある試みだと思う。
電気に関しては、日本での供給を諦めたとも言える行動に見える。
どちらにしても、これからの日本は車自体が売れない時代になるから、中国との取り組みが必要なのではと思う。
要するに、それだけ先行き厳しいということなのだろう。
令和時代に明るい未来を期待している。

トヨタも一つ上をいくモノが無い状態では売らないと思うが。

これって確かトヨタの理念に沿った技術販売だったかな?HV技術って日本やアメリカなどには広がってるが他の国はまだ少ない。
ほとんどがガス車。
で、トヨタとしてはもっとHV技術を地球環境の為に復旧させたいってのが理念だったかな?
まぁ、本来なら2016年にトヨタのHV技術の特許が切れた時に一気にHV伸びるのではと思ってたが思いの外伸びなくて、仕方がなく技術提供することで地球環境保護と言う目標を達成したいのだろうね。

特に中国は環境が最悪だし。

技術だけは守ったほうが良さそうだけど。

これは間違った選択だと思います。
かつて日産も技術提供し、事実上倒産してしまった。
中国にこれからの軸となるEVの技術を売るということは 日本はアジア トップにはなれないということ。
考え直して欲しい。

今は技術を隠すだけでなく、オープンにして多くの企業を巻き込むことによって国際標準を作るのも一つの戦略です。
今まで日本は凝った技術を開発するのは良いのですがその間に欧米諸国にシンプルな装置を開発されてそれが世界標準になるという苦い経験をしてきています。

中国2025に向けて、米国は制裁を強化し、日本は白旗を挙げた格好。

今の日本企業を象徴するニュースだ。


新幹線の二の舞。


電気自動車の最大の課題は充電場所とバッテリー性能。

技術独占ではステーションが増えないのはわかりきっているので、参入は増えたほうがいい。

けれどもライバルを抑えきれなければ市場を奪われるだけ。

崇高な目的なのか、それとも驕りなのか。


なぜ、日本は簡単に技術を開放するのかわからない。
これまでも貴重な技術や特許を移転して日本の体力は低下していることは素人の私でもわかる。
ことに中小企業は生き残りのためにかなり身売りしたはず。
国を代表する企業がこれではもう、日本の行く末が心配。
アメリカのGMの様にならなければいいが。

日本のメーカーは車に限らず利益優先で技術を甘く見過ぎてるね…
利益を生むのは技術あっての事だし技術の無い会社は埋もれていく。


技術を甘く見てるトヨタもいよいよ危険な香りがしますね…

そういうことばかりしているから、技術を盗まれて数年後にトヨタを上回るものを作るようになる。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!