塚原千恵子強化本部長がインタビューで反論!「『金を使ってでも』はこのこと?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 体操女子代表の宮川紗江(18)を巡る問題で、宮川からパワハラの告発を受けた塚原光男副会長(70)、千恵子女子強化本部長(71)夫妻のインタビューが9日、フジテレビ系「Mr.サンデー」で放送された。

インタビュアーは、フリーアナウンサーの宮根誠司が務めた。

騒動が激化して以降、沈黙を続けてきた千恵子氏だったが「もう言われ放題で。女帝だとか。
ちゃんとしゃべらないといけないなと思った」と、出演の理由を説明。

夫の光男氏、息子の直也氏への誹謗中傷もあり「私は女帝でもなんでもいい。
(夫と息子の)名誉を回復したい」と、力を込め「暴力から始まって、パワハラになって、引き抜きになった。

私たちは暴力(の対処)だけやったのに、なんでこういう展開になるのか」と、現状への疑問付を突きつけた。

宮川は暴力行為で無期限の登録抹消処分を受けた速見元コーチの処分は重すぎると主張。
その裏には、塚原夫妻が自身を朝日生命体操クラブに引き抜きたいという思いがあると主張している。

宮川が明かしている千恵子氏から掛けられたという「私の方が速見の100倍教えられる」という言葉について、千恵子氏は「私は100倍なんて言葉は使わないし、自分の方がとか自慢はしない」と否定。

宮根アナウンサーからの「処分は妥当か?」との問いに光男氏は「(厳重注意という)そういう声もあったが、結論としてNTC(ナショナルトレーニングセンター)という聖域でやったということが大きな問題」と、妥当性を主張した。

引き抜きについても、光男氏は「一切ない」と否定した。
宮川の選手としての実力については、「脚力は世界レベル。瞬発力がある」(光男氏)、「アクロバットは一流。あとはダンス的なものをやれば、上のレベルにいける」(千恵子氏)と評価する一方で、速見元コーチとの二人三脚のままでは「メダルは難しい。世界の1、2位はそんなに甘くない」と、厳しい見方。

理由については「踊るバレエとか、表現力に問題がある」(光男氏)とし、朝日生命体操クラブへの勧誘ではなく、世界から振り付け師を招へいしたプログラムもある2020東京五輪特別強化選手に入ってほしかったと、説明した。

塚原夫妻が沈黙破る「私は女帝でもなんでもいい」千恵子氏、テレビ番組でパワハラ否定(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
体操女子代表の宮川紗江(18)を巡る問題で、宮川からパワハラの告発を受けた塚原光 - Yahoo!ニュース(デイリースポーツ)

『塚原夫妻が沈黙破る「私は女帝でもなんでもいい」千恵子氏、テレビ番組でパワハラ否定』のニュースに世間の声は

本件については、フジと朝日のTV番組は見る気がしませんね。
ご夫婦は、言いたいことがあれば、記者会見を開くと良いでしょう。

見ましたが、宮根さんのツッコミが優しすぎて、問題の表面だけ、かいつまんで答えている感が強かった。編集も多く、今までの事件のただの言い訳。何も評価できない番組だった。
何しろ記者会見をして、編集のない、記者のツッコミにしっかりと答えていただきたいと改めて思いました。

宮川選手の能力を認めてて、足りない部分が解ってて、宮川選手は速水コーチとやる方がモチベーションが上がるなら、速水&宮川選手のコンビに足りない部分(ダンス的な部分?)を補えるアドバイスとかコーチを付けるとかしてあげるのが最良なんじゃね?
選手のモチベーションは大事だと思うけどなー
塚原さんが選手のことを本当に思ってるなら塚原さんが速水&宮川コンビにしてあげるべき。
なぜそれができないのか疑問。
しかし、フジテレビはまた宮川選手が殴られる映像流してたな。
ほんとフジテレビはクソだよ。

宮根さんの「千恵子さんが選手に暴力をふるっていたという記事が出ていますが?」との問いに「30年も前の話ですよ」との返事。
開き直ってましたが駄目でしょう。
まずは「かつて、自分も過ちをおかしていました」と反省するところでしょう。
やはり、信用できない。

テレビ出演なんかより夫婦揃って記者会見を開くのが筋だと思う

どうして第三者委員会の結果が出るまで待てないのでしょうか。まだ協会の役職者なのに。

宮根は、この夫妻の話しに納得していたが、単に話をすり替え、持論を主張しただけ。
夫婦漫才の茶番だと思う。

こんな方が日本の体操界を牛耳っていたら、選手がどれだけ頑張っても成績は残せないですね。

まあパワハラって概念の無かった時代の人たちだからね、気の毒ではある。
時代は変わったと諦めて、静かな余生を過ごすのが良いと思う。

宮川選手がパワハラを感じたという事に対してなんでそうなるかわからないとハッキリ言った地点でこいつらが謝罪したコメントは
明らかに弁護士が用意したら内容だとわかりましたね。

自分がやってる2020に入ってないから練習させないって言ったんでしょう?ナショナル選手なら使用する権利あったのに。
協会トップが個別クラブの経営は公平性にかけるし、20年くらい前にもジャッジが朝日生命クラブの選手に有利になってると、他のクラブが総ボイコットしたのでしょう?
勧誘してないとか、全部嘘とか、言葉が滑り倒してるのに次から次へと…
他の関係者も、元朝日生命クラブの選手も、宮川選手サイドを応援してるのはどうして?

以前に塚原千恵子氏が、金を使っても勝つと語ったことを裏付けるかのようなテレビ出演で世論誘導を企んでいるような台本通りのオール釈明インタビューで呆れた。
パワハラ騒動の張本人にも関わらず報道被害者の立場にすり替える巧妙さや、肝心の騒動の本質に触れないことから体操協会の権力闘争を含めて闇の深さを感じた。

この夫妻を野放しにすることは、更なる犠牲者を増やし、明日の体操会をダメにすることは必定。
徹底的に塚原夫妻を調査してほしい。この夫妻行動は、自らに非がない者が取る行動ではない。
塚原夫妻はまず自らの疑惑を記者会見の場でFAXではなく説明する義務がある。そういう役職についているのだから、その責任を果たしてほしい。

宮根さんの番組を観てました。塚原夫婦は、小出しに話をし過ぎる。暴力がリオの時にあったのなら、その時に解決すべき。自分達を正当化してみえますね。辞任しても内部改革をしないと何も変わらないです。権力闘争はあるにせよ、具体的にルール作りや再発防止などを行わないと体操協会も2020も良い結果が出ない。
塚原夫婦は、全て隠さず会見し、質疑応答した方が良いのでは。こんなに問題が大きくなると思わなかったのでしょう。
マスコミ・週刊誌も事実やウソを書きますよ。

パワハラ問題は 第三者委員会に任せると公言した割には世論誘導が第三者委員会に効果的との弁護士の戦略ですね。
確かに コーチの暴力映像で世論、主にメディアが飛びつき風が変わりましたね。
然し暴力問題は処罰を受けて終わった話、会見後に映像流すのは卑怯、然も18歳未成年の顔晒した暴力映像、宮川選手に与える精神的影木陽を全く考えていない、自分を有利にするためにはなりふり構わずだ。
こんな手法が 過去のパワハラをより真実だと思わせる。

フジテレビは塚原夫妻擁護で徹底しているが、何か裏で関係があるのかなぁ。
なんか、胡散臭さと嫌悪感を感じる。

女帝のイメージのわけを聞かれて、自分の性格から選手や周囲とのコミュニケーションをあまりとれてないと塚原さんは答えていたが、そんな人をなぜ強化本部長としているのか。
もともと指導者としての能力に欠けているし、ものいいが威圧的な感がみられた。

坂上忍や安藤優子、そして宮根とか。塚原夫妻は利用する人物を間違っていると思うんだが。余計にイメージが悪くなっている。

NTCの利用制限の話はなかったですけど…
その話はしていないのか、それともカットしたのか…。

パワハラをしてる側は意識が無いんだよ。だから上に立つ人は相手に対してより注意が必要だがこの夫妻には無い。団塊ジュニア世代までは通用した指導だろうが今は全く違う。

はっきり言って塚原さん達の事はどうでも良い。
大事な事は宮川選手の将来と、体操協会の今後なのでは。
報道云々の以前に、メデイアが襟を正す事も必要だな。
報道すべきは事の本質に沿った真実のみ。


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!