海外遠征の制限もセーフ?世間の声も一転!体操の塚原夫妻にパワハラ認定なし!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 体操女子の宮川紗江(19=高須クリニック)が日本体操協会の塚原千恵子強化本部長、夫の光男副会長からパワハラを受けたと告発した問題で、10日に東京都内で開かれた日本協会の臨時理事会で、第三者委員会がパワハラを認定しなかったと報告されたことについて、代理人弁護士を通じて「信じられない」とコメントした。

代理人弁護士の山口政貴氏によると、同氏が調査報告書の内容を電話で宮川に伝えたところ、第一声で「信じられない」と発言したという。

山口氏は宮川の様子について「とにかく落胆していた」と説明。

「本人は2年を切った東京五輪に向けて競技に集中したいと考えている。
今後、会見などを行う予定はない」と話した。

今後の対応などは宮川本人や家族らと協議した上で検討する。

一方で山口氏は私見とした上で「あまりにもパワハラ(認定)のハードルが高い。そこまで(条件を)書かれると、何もパワハラにならない。
もう少し緩和しても良かったのではないか」と述べた。

「勘ぐれば、結果ありき(の調査)ではないか」と第三者委員会への不信感を表明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000151-spnannex-spo

『宮川紗江 パワハラ認定なしに「信じられない」代理人弁護士も「結果ありき」 体操女子パワハラ問題』のニュースに世間の声は

意にそぐわない結果は認めずの結果ありきでしょう。第三者委員会だけが、結果ありきじゃないと思う。
コーチの件はどうなった?

まぁコーチの宮川選手の暴力映像が出てあのような事をする人だから強権発動されても仕方なかった
しかもあの映像が出ても宮川選手がコーチを庇う発言をしていた事がさらに関係の異常性を疑わせる形になったしね
塚原夫妻も真っ白とは言えないけど2人の異質な関係性を考慮したらやむを得なかったという判断になったのかもね

いやいやいやいや。
一連の騒動で、いちばんのパワハラ暴力人間は、宮川選手のコーチだったわけで……
そのコーチをかばい続けてわめいている時点で、悪いんだけど、宮原選手の言葉を重く受け止めることは難しいよ。

何でもかんでもパワハラにしたら、全て言ったもん勝ちになる。
客観的に立証できる明確なものが必要なことは当然。
コーチのビンタの方が客観的にはパワハラ以外の何者でもない。

言えるのはコーチのビンタは確実にあったということ

パワハラと言ったら、被害者が全て正義という風潮もどうかと思う。

それよりあの暴力の方がよっぽど問題。周りの選手への影響もある。
宮川選手や両親、弁護士は大した問題だと思ってないようなので、コーチの暴力について第三者に調査してもらって、宮川選手側に正しい認識を突きつけてほしいくらいです。

結果ありき?
客観的事実が次々に明らかになり、宮川選手サイドにとって不利な状況になるまでは、どちらかと言えば体操協会は宮川選手寄りの立場を表明していましたよ。
思い通りの結果が得られないと見るや第三者委員会を批判する。自分たちの主張が通らない時の常套手段です。

宮川紗江選手の会見が、あの日大アメフト部の宮川選手のような会見だったら、もっともっと世間が味方してくれて結果にもまた影響を与えたのではないかと思ってしまう。
私見を語りすぎた会見だったような印象。

コーチの暴力の処罰が重すぎるから、パワハラ・・と言う会見でしたが、
あの暴力はあまりにひどすぎる。
登録抹消どころか、解雇でもいいと思うほど。
そこに早く気付いてほしいし、暴力指導はしっかり根絶してほしい。
まずはそこが一番の大問題だと思う。
引き抜き等の問題については、早急に改善策を検討してほしいところでもあるが、まずは暴力的指導とは無縁な状況で、東京五輪を目指してほしい。

塚原夫妻はともかく、宮川選手のコーチは間違いなくパワハラ。暴力振るった後に抱きしめるとか、DV男そのものなんだが。

あのコーチからの態度でもパワハラと感じない宮川選手個人が、塚原夫妻のことをパワハラと訴えるには無理があるかも。コーチを擁護したいが為の塚原夫妻を引き合いに出してきたと捉えられても不思議ないかもしれない

この人のコーチの暴力の方が強烈だったな。
注意されてむかついたからパワハラにするのはもう止めましょう。

宮川選手は実力で結果を残さないと!
文句ばかり言ってないで練習した方がいい。

信じられないのはあんな暴力を振るわれてもコーチを庇う宮川選手なんですが。
あれはハラスメントではなく暴力です。
まぁ自分がよければそれでいいのかもしれませんが、コーチというのはその後も違う人を教える可能性があるわけで、あんなことを普通におこなうコーチは問題ありです。
こういった問題が実際にあった中での塚原夫妻の対応は完全に白ではないかもしれないが、第三者から見ても許容範囲ということでしょう。

暴行リンチは問題外だけど一連のパワハラ暴力で覚えることはこれが昔は常にまかり通っていた事実です。
以前桑田氏がソフトの宇津木元監督 現日本代表中田久美監督3人で討論
テーマはスポーツに体罰は必要なのか
桑田氏は持論で例えどのような理由であれ体罰からは何も生まれない。
それに対して二人は選手との信頼関係が前提として体罰は必要。
結局議論は平行線をたどる形になったけど
水泳でも、この前のパンパシで金メダルを獲得した選手も後輩に対して炊事の時間に遅れたと激しい暴行を加えたし長年スポーツ界には暗黙のルールではないが暴力体罰が横行している。
彼女の最大のミスは自身が殴られているのに愛のムチと言った
片方の塚原夫妻はあなたはこのままだと奴隷にされる。
ある意味助け舟を出したのに拒否した。
朝日生命に入れとは言わないけど、彼女を心配した。
それをパワハラと思われてしまったら、元も子もない。

宮川選手は今回の結果に落胆はしているでしょうが、例の速水コーチに指導を受けられるということも含め、事実上何も変わらなくなったので(神奈川県内の徳洲会体操クラブの体育館を使えるということになり、そこには速水コーチは帯同できる)、まあぶっちゃけどうでもいいでしょうね。パワハラがあったから訴えたのではなくて、速水コーチと一緒にいられなくなったから訴えたんですしね。
でも、両親も含め誰が見ても明らかな、異常な相互依存状態、どうするんだろう?そこは絶対に是正しなければ、彼女の今後の社会人としての人生に大きな悪影響が出ると思いますよ。また速水コーチがあのパワハラ指導から脱することができるのか非常に疑問なので、徳洲会の施設では絶対に衆人環視のもとで、2人だけにさせないように、かつビデオも撮って万一に備えてほしい。

暴力によるマインドコントロールを受けているのだから、宮川はとことんまでやるだろうな。
もう体操選手でなくなっても構わないぐらいの反撃に出てくるだろう。
もはや常人には真似ができないほどに。
速見の暴力は以前よりも激しくなるだろう。
宮川は速見の暴力が激しくなればなるほど、大事にされていると思っているようなので速見の思い通りに動くのだろう。

この弁護士が言っている「パワハラが認められるための高すぎるハードルとなる条件」は以下の通り
「同じ組織で競技活動をする者に対して、職務上の地位や人間関係などの組織内の優位性を背景に、指導の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与え、又はその競技活動の環境を悪化させる行為」
これがパワハラの前提条件として更に
「違法性を帯びるものや、各組織・団体において懲戒や懲罰の対象ともなり得るような、悪性度の高い否定的な評価に値する程度のもの」
「社会通念に照らして客観的見地から見て、通常人が許容し得る範囲を著しく超えるもの」
もし本当に引き抜きに失敗したという理由で
施設の使用を制限したり海外遠征のメンバーから外し
代表に選ばないと恫喝し、コーチに処分を加えたのであれば
例えその一つでも真実であればこの高すぎる条件とやらを軽々とクリアする
つまり宮川側の指摘は全て虚偽だったということ

宮川さんは「信じられない」かもしれないけど、日本国民の多くは「やっぱり、パワハラではないよね」です。
塚原氏に「このままではオリンピックに行けなくなるわよ」と言われて恐怖を感じたと言っていたけど、NHK杯6位なのだから、指導者として「オリンピックに行けるわよ」と言えるはずもない。
成績が落ちている高校生に対して、担任の教師が「このままでは第一志望の大学に行けなくなるわよ」と言ったらパワハラですか?
去年の世界選手権で、得意なはずの床で17位だった宮川さん。
速見教祖にこれからもついて行くのは自由だけど、東京オリンピックどころか来年の国際大会で代表にさえ選ばれないと思います。
会見後、直接会って謝罪したいと申し出た塚原夫妻に対して「パワハラを認めないなら会わない」と拒否した宮川さん。今度は、あなたが夫妻に謝罪する番だと思います。

この手の問題はどっちかが100%悪いとはなかなか決めづらい部分がある。その中で唯一100%悪いのは暴力。それを許容するような姿勢の宮川選手側の印象は、どうしても悪くなるよね。

宮川選手の主張が一つでも事実であればパワハラ認定されたはず。被害者の言い分が虚偽であればその時点で被害者ビジネスでしかない。山口弁護士はコーチによる暴力が明るみになる際、先手を打ち宮川選手に記者会見で塚原夫妻からパワハラを受けたと虚偽の主張をさせ、コーチによる暴力事件から塚原夫妻によるパワハラへと巧みに問題をすり替えた。第三者委員会の裁定への不満にも山口弁護士と宮川選手の卑劣な人間性がよく表れている。

コーチが暴力指導してるビデオを観て、それを擁護してた宮川選手のコメント読んでみると、宮川選手の言っていることも疑問を感じたけどなぁ。
でも、ある程度のパワハラがあるチームの方が強いのは、高校野球でお馴染みだけどね。

宮川もおかしいだろ

そもそも2重契約したうえ、契約金を返してないから親にも問題はあると思う。この速水コーチと宮川親子にはまだまだ明るみに出ていないことで様々な問題があったように思う。

塚原夫妻もも籠池夫妻のように怪しさ満開だったが、宮川選手がコーチから受けた動画を見ると、塚原夫妻がほんとにこれはやばいと思ったのかもしれない。
ただチームを私物化しているなどと塚原夫妻を悪者に仕立てようとするメディアによって結局コーチの起こしたパワハラがうやむやになった気がする。

パワハラのハードルが高いって、じゃあ低ければ、なんでもパワハラになる。
セクハラでハードルを下げすぎた結果、恋愛感情を伝えるだけでセクハラと騒がれる世の中になった。パワハラも同じで、ハードルを下げれば指示でさえもパワハラと騒がれるようになる。
そもそも、宮川の言っていたパワハラ自体に無理があるんだよ。今のままなら五輪に出れないにしても、暴力コーチについて行っても出れないという事実を伝えただけ。それを勝手にパワハラだと思い込んだに過ぎない。事実を冷静にみていけば、宮川の思い込みによる部分が大きすぎる。
まあ、マスコミはあまり積極的に報道したくないニュースだろうね。宮川が悪いだと叩けない。叩けないならニュースにしても面白くない。面白くないなら報道しない、それがマスコミ。軽く扱っても、ワイドショーで注目して取り上げるようなことは絶対にしないだろう。

コーチと二人の関係が良好だからとパワハラを訴えたのは失敗だった。
冷静に考えてあれは、暴力でしたと認めていれば塚原夫妻もこんなことにはならなかった。ただ、夫妻の生きてきた時代と、宮川の生きてきた時代は違っていて、夫妻の生きてきた時代は今の若者には不具合が生じるということを勉強したほうがいい。
また、なんでもかんでもパワハラだということになると、適切な言動はどこにあるのか?となってしまうから、証拠をしっかりと取って欲しいですね。ハラスメントが受けた人の問題である。とテレビでも平気で言っているが、それだけで判断基準にしたら罠にはめようと思ったら、いくらでもできることになるから、単純に「受けた人がどう思ったか」だけでと言うコメントは避けた方がいい。いつもそうだが、弱い者のほうだけ擁護するコメントは避けて欲しいですね。疑われてる状況だけなら両方平等にコメントしないとね。

彼女がコーチに依存してたにしろ、暴力があるにしろ、納得できてない現状を見るに、体操協会側は彼女の立場に立った対応ではなく、自分達の保身ありきによる、暴力排除だったのではないだろうか。
暴力はいけないが、何より彼女の精神状態をよく見る必要はあったはずだ。暴力による影響は計り知れない。だとすると、まずは選手の状態を把握しなければならない。
暴力ダメだから辞めさせました、と、ある日突然そんな事実を突きつけられ、彼女が傷付くか安心するかも見極めてないあたり、信頼関係が無いことは明白。
暴力排除はしなくてはいけないが、すればいいってもんでもない。選手のケアを第一に考えたとき、順序は見えてくるはずだ。
パワハラと彼女が訴えた理由は、協会側との信頼関係が全く無いことに尽きる。

思いあがった老夫婦と思い込みの強い若い娘との意思伝達障害。
たぶんこんなところが、真相なんじゃないかと思う。
つまり、不適切な言動は確かにあっただろうけど、それは法的にパワハラというレベルではなく、受け手の過剰な受け止め方も相まって大騒ぎになったというところか。
なんにせよ第三者委員会が、パワハラについて「被害者がパワハラと思ったらパワハラ」などという頭の悪い定義をせず、厚労省の定義にのっとった形で「同じ組織で競技活動をする者に対して、職務上の地位や人間関係などの組織内の優位性を背景に、指導の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与え、又はその競技活動の環境を悪化させる行為」と定義した点はよかったと思う。

一方的に体操協会の肩を持つわけじゃないけど、宮川さん側も怪しげななんだよな。
パワハラ、引き抜きの話も、そもそも宮川さんの一方的な言い分だったわけで。
あくまでも可能性だけど、コーチの暴力を問題視した塚原女史が宮川選手のことを心配して、
・コーチが処分される可能性がある。あまり感情的に肩入れしない方が良い。
・指導が心配なら、私のところで面倒を見てもいいから
というようなことを親切で言ったとしても、パワハラ、引き抜き、と勘違いされた可能性があるんじゃないかと思う。
そりゃぁ、線引きは大事でしょう。

確かにパワハラ認定のハードルが高かったかもしれない。
しかしコーチのパワハラの方が明らかに暴力行為があったのと実際の映像が残っていたので度合いというのも変だけどパワハラ度も高く認定の可能性も高い訳で。
他のかたのコメント等にもあるけど、彼女がコーチの味方になったり等々、ちょっと珍しい内容だった。
彼女側のコーチに対する信頼は分からないでも無いけど、暴力というパワハラは良くないし、それ自体をまるで肯定してしまうかの様な味方に付く行為は一般論や世論を否定している様にも感じた。
これらの点等も踏まえると結局、彼女がコーチを庇った事、その後の協会の二人をパワハラで訴えた事も彼女の都合や感情的な訴えみたいで論理性等が薄く感じた。
報道やマスメディアを利用しそれを通じて訴えるなら理論的で感情的なのは排除するべきで今回の件が全体的に彼女の都合の様にも感じられたのでパワハラ認定なしも致し方ない気もした。

こんな事だと思った。コーチの暴力を擁護していたから周りの意見がパワハラになった。まわりが見えなくなりすぎ。

あなたを殴りながら指導していたコーチはパワハラではなく、オリンピックに行けないなどと言われたらパワハラ。あなたの主張に説得力はありません。

体が吹っ飛びそうになるくらいのビンタだったもの。
あんなの周りが見てたら「止めさせなければ」って普通は思うよ。
止めさせる為に誰かが塚原夫妻という権力ある人に頼んで離れさせようとしたのかも知れないね。
その中で案として移籍の話を出したとか?
私の勝手な臆測ですが。
宮川さんの親御さんもあのビンタ見ても愛の鞭だと思うのかな?

この弁護士胡散臭い。
結果ありきって、自分たちが望む結論が出なければ認めないことは最初から分かっているのはどちらでしょう。
宮川選手にとって大切なのは五輪でメダルを取ることですか?
それとも塚原夫婦のパワハラが認められて協会から追い出すことですか?

宮川選手は「たくさんの支えでこれからもがんばっていける」と言ってるのだからもうやめたら。


環境が整ったのなら早く忘れて練習に集中した方が良いと思いますが代表に選ばれ無かったら協会のせいにする気ですか?

会見まで開き世間を騒がせた宮川選手は何?騒いだだけ?宮川選手が騒ぎを起こさなければ速見コーチの暴力映像も出なかったんじゃないの?

結局宮川選手は速見コーチの暴力を世間に公表しただけ。今スポーツ界では暴力振るったら引退だから速見コーチは引退だね、体操協会だけ暴力は良しにしたらおかしいでしょ。速見コーチは引退したかな。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!