大坂なおみとセリーナの試合に米メディアが「ウィリアムズの自己崩壊」と酷評

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

◆テニス 全米オープン第13日

▽女子シングルス決勝

大坂なおみ2―0セリーナ・ウィリアムズ

(8日、米ニューヨーク)女子第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、日本勢初の4大大会シングルス制覇を果たした。

決勝で元世界女王セリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=をストレートで撃破。
日本勢が4大大会に初出場してから102年、ついに歴史を動かした。

圧倒的アウェーの雰囲気での大一番で、大坂は「走らないといけない覚悟はできていた」と足を動かし、相手のパワーに負けず返球を続けた。

第1セット第3ゲームでブレイクした直後。
「いいリターンが来るのでサーブが大事」と気を引き締め直し、緩急やコースを使い分けて主導権を握った。

第2セットはいらだつセリーナがラケットをコートにたたきつける荒れた展開。
4―3の第8ゲームは3度目の警告によってプレーせずに大坂が取った。
怒るセリーナを後押しするブーイングが起き、異様な雰囲気が漂っても「彼女はどんな状況でも盛り返してくる。
自分に集中」と乱されなかった。

表彰式では「みんなセリーナを応援しているのは分かっている。
こんな結果になってごめんなさい」と勝者らしからぬ言葉を発して涙した。

全米オープン女子シングルス決勝で大坂に敗れたセリーナ・ウィリアムズの主審に対する抗議や、それを甘受した観客や大会関係者を米メディアが酷評。
「全米テニスが大坂選手にしたことは恥ずべきことだ」などと批判する記事を一斉に掲載した。

9日付の大衆紙ニューヨーク・ポストは作家モーリーン・キャラハン氏の論評を掲載。
表彰式で観客が大坂にブーイングし、全米テニス協会の会長が「私たちが求めた結末ではなかった」「セリーナは王者の中の王者」と述べるなど、勝者を侮辱するような対応をしたと指摘した。

セリーナも大坂をきちんとたたえなかったなどとし「これほどスポーツマンシップに反する出来事は記憶にない」とこき下ろした。

一方で「キャリアが始まったばかりの若い大坂選手は、コートの内外で闘志や決意、成熟ぶりを示した」と称賛した。

同紙の別の記事は「ウィリアムズの自己崩壊」と表現。
表彰式で泣き続けた大坂にとって「覇者として純粋な喜びの瞬間であるべきだった」と指摘した。

ニューヨーク・デイリーニューズ紙も「セリーナのラケット(破壊行為)が大坂を祝福すべき時を奪った」との記事で、主審に謝罪を迫ったセリーナに対し「謝罪を受けるに値するのは大坂だ」と断罪した。

ニューヨーク・タイムズ紙は「涙に染められた大勝利」の見出しで「怒りとブーイングと涙が大坂なおみの素晴らしい勝利を曇らせた」と解説した。

◆大坂なおみ  ▼生まれ&サイズ 1997年10月16日、大阪市。
180センチ、69キロ。
右利き。
両手バックハンド。
現在はフロリダ州ボカラトン在住。
日本と米国の二重国籍だが登録は日本。
▼家族 幼少期からコーチ役だったハイチ出身米国人の父、レオナルド・フランソワさん、日本人の母・環(たまき)さん、姉でプロ選手・まり(22)。
▼テニス歴 3歳のとき、大阪の靱(うつぼ)テニスセンターで始める。
01年に父の仕事の関係で米国に移住。
14歳からプロツアーを転戦。
▼今までの最高成績 3月のBNPパリバ・オープン優勝。
世界1位のハレプ(ルーマニア)らを連破し、日本女子初の4大大会に次ぐ格付け「プレミア・マンダトリー」大会制覇。
▼趣味 買い物。
日本の漫画、アニメが好きで日本語学習にも役立てる。
▼験担ぎ 今大会の朝食はずっとサーモンベーグルで、毎日同じテーブルで食べていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000254-sph-spo

『大坂なおみがかわいそう 米メディア「全米テニスがしたことは恥ずべきこと」』のニュースに世間の声は

NYポスト、「USオープンは恥を知るべき、これ以上にスポーツマンらしくない出来事があったか思い出すのに苦労する」とセリーナとテニス協会と観客をぶった切り。ナオミは勝つべくして勝った、この試合から何か盗まれたものがあったとしたら、それはナオミの歓喜の姿だ、と。

本当その通りだと思う。。
ファイナルへと続く試合に勝利した時がまるで優勝したかのようなはしゃぎぶりだったのに。。(セレナと戦えるからだよね)
昨日日テレの錦織くんの友人?アナウンサーが現地の報告してたけど、ルール(ペナルティによる失効ポイント)知らない人が大半で何が起こったかわからないと言う意味のブーイングだったらしい。隣にいた日本人に説明していたら、外国人にまでどうなってるんだ?と説明を求められたらしいから。日本の野球じゃないけど、運営の経過説明もあれば良かった?

すごくまともな記事。
まさにそう、あの場は勝者が讃えられるべきだよ。

審判に悪態をついたりラケットを壊したりする選手を応援する観客の神経がわからない。
セリーナは審判に謝罪を求めるんじゃなくて逆に大坂と審判に謝罪をするべき。
審判は冷静で素晴らしい判定をしたと思います。

試合を最後まで見ていたが、ブーイングの中で表彰台に立っている大坂なおみちゃんの姿は本当に辛そうだった。
きっと彼女にとっても、こんな結果は望んでいなかったと思うし、笑顔で表彰台に立ちたかったと思う。
セリーナがペナルティーをもらったから、勝てたんじゃない。
大坂なおみちゃんが強かったから優勝しただけ。これからは、笑って優勝の喜びを語って欲しいと思う。

笑って終わってほしかった
屈託のない弾ける笑顔でトロフィーを掲げてほしかった
観客もセリーナも審判も台無しにしたと思う
審判は細かく説明するべきだったし、観客ももっと聞くべきだった
セリーナは女王としてのプライドに懸けて、物に当たったりしてほしくない
近年稀に見る後味の悪い決勝でした

公平公正なジャッジをした審判の方もお気の毒。
しかしまぁ恥ずかしい行為だね。
4大大会を開催資格も疑われる民度。

うがった見方かもしれないけれど、セリーナが3度目に行った審判への暴言と、試合後の審判への抗議は、印象操作の為。
ペナルティが無かったら、セリーナが勝ったのではと思わせるための。
実力で負けることを感じ、恐怖感から思わず言い訳できる状況を作った感じ。

セリーナも酷かったが全米会長の発言には驚いた!とんでもない事を言うね
日本にもメジャー大会を一つ持って来てほしい!
四大大会が五大大会になってもいいじゃん!

相手が怒るほど悔しいときっていうのは、たいがい相手の強さに恐怖を抱き、自分の存在をおびやかすライバルであると認めたときだ。だからセリーナ選手が大坂選手に脅威を感じたのは確かだね。王者の世代交代と言ってもいいくらい、大坂選手はこれからどんどん強くなっていくよ。

良くぞ、書いてくれた。セリーナの姿を見て、カッコ悪いと思いました。絶対王者でも、素直に審判の判定や負けを認めて、大坂選手をたたえ、謝るべきだと思う。大坂選手の方が心、精神面もずっと大人。

セリーナは幼稚でしたね。オオサカ選手の受け答えは私の琴線にふれました。これからも頑張ってほしい。

観客の態度については良くも悪くもアメリカ的。ベースボール、フットボール、バスケットボールと近い感覚でテニスを観戦しているので今回の様な事が起こる。だからUS OPENならではの盛り上がりをみせる。
しかし、ゴルフ同様テニスというゲームそのものの観戦態度からすると、米国の観客にはプレイヤーにベストプレイをさせるために細心の敬意と配慮を払わなければならないと言う姿勢が欠けていることは事実。
大阪選手はそれをも呑み込んでプレイに専念できる精神的成長を勝ち得たのではないかと思う。

この感覚が普通だろうね。
観客はなぜブーイングをし続けたのか?
ブーイングの理由なんてどうでもいい。
勝者を称える時間だけは、ブーイングを止めるべきだということすら分からないのか。

それだけの衝撃だったかもしれないけど勝者は称えられるべき。
新しいヒロインの誕生がこんな形でのスタートになったことはこの先ずっとブーイングが語り継がれる恥になっただけ。

セレモニーにあのブーイングは無い。不満はあるかもしれないがあれば論外。でも、大坂さんますます株上げたな。あの誠実で飾らないキャラはみんな虜にになるよ。

開催国としての誇りや品格はないのでしょうか?あまりにお粗末。
優勝のスピーチで大坂選手が謝らなければならないなんてありえません。
対戦相手を讃えつつも勝った喜びを存分に表現できる場なのに(T_T)
テニス協会やブーイング観客は猛省していただきたい。

本当にそう。フェアに戦ってる相手にブーイングなんて有り得ないと個人的に思います。アメリカ人のメンタリティって恐ろしい。

コートの内でも外でも誰が勝者か、こんなに明確だった試合も珍しい。

アメリカの民度が問われていた。やっとメディアが我に返ったか。セリーナ?途中から勝てないと感じ、言い訳づくりに走ったと私は見た。醜い。場外乱闘に持ち込んだだけ。ウィンブルドンの観客に比べたら、余りにお粗末、品格なし。まさか、贔屓のセリーナが大坂を始末するのを見に来たのではあるまいに。闘牛場のつもりだった?

本当に大坂選手は精神的に強くなった。
そこがネックだったけど、メンタル克服できたら、次も期待できますね。

賞賛されるべき大坂なおみさんにとって涙の表彰式となってしまったのは悲劇な事だと思う。唯一の救いとして米メディアがきちんとまともな記事にしてくれたことは評価したい。
「大坂なおみさん」、周りはちゃんと正しく見てくれているんだよ。
これからもどんどん勝って世界ランク1位になってくださいね。
世界の方々はそれを待っていますよ。

アメリカは 大坂なおみに 謝罪すべきだろう。しかし 大坂は それを望まない。素晴らしい アスリートだと思う。

もしかすると、この怪物には二度と勝つことは出来ないと思わせる試合だった
セリーナがああいう負け方をすることなど記憶にないはずだ
ここ10数年見続け、共有してきた景色が否定されることへの観客が感じた恐怖がああいうブーイングに現れたのだろう
それが時代が変わるということだ

セリーナが異常なまでにナーバスになっていたは、若手の突き上げに抗う術がない、世代交代の波に曝されていることを肌で感じた元絶対王者の焦燥感の表れでしょう。

アメリカでこういう論調があり、論者がいるなら、救われる思いです。テニスの品格を守る正しい評価に与します。


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!