重量挙げ三宅会長のパワハラ問題再協議は古川理事との「権力争い」のニオイ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

またまた、スポーツ界のパワハラ問題が浮上しました。

今度は、日本ウエイトリフティング協会の三宅義行会長の女性選手に対するパワハラ問題ですが、これに関しては”権力争い”のために、3年前に解決したであろう問題を蒸返されたのではないかと、話題になっています。

まず、三宅義行会長が3年前のパワハラを再調査されるというニュースがこちら。

アマチュアスポーツの膿を出し切る日は遠いのか。
1968年メキシコ五輪重量挙げ銅メダリストで、日本ウエイトリフティング協会の三宅義行会長(72)に、女性選手に対するパワハラ疑惑が浮上した。
告発が適切な手順で調査されていなかったとの指摘もあり、協会はコンプライアンス(法令順守)委員会で対応を協議する。

三宅氏は指導者としては長女の宏美(32)との二人三脚で知られ、2012年ロンドン五輪で銀、16年リオ五輪で銅メダルを獲得させた。
同年9月から会長を務める三宅氏について、今月1日の常務理事会で、15年ごろに女性選手(現在は引退)からパワハラの告発があったことが問いただされた。

協会側はパワハラと認定していないと回答したという。

この問題を取り上げた古川令治常務理事によると、女性選手にコップを投げつけたり、食事の際に挨拶がなかったとして怒鳴るなどの行為があったという。
常務理事会の中で三宅氏は「何が悪いんだ。挨拶するのは当たり前だろ」と開き直ったと振り返る。

パワハラの告発があった場合、古川氏が3年前に作成したコンプライアンスマニュアルにのっとり調査をして、倫理委員会で当事者へのヒアリングを行う必要がある。
古川氏は、告発が闇に葬り去られたと感じざるを得なかったという。

三宅氏について「体育会系で昔から言葉が荒い。リオ五輪の際、男子選手2人に向かって『お前ら五輪に行く資格なんて全然ない!』と大勢の前で恥をかかせたり、女子合宿の移動では会長と宏美だけビジネスクラスだったと不満が出ていた」と明かす古川氏。

「この2年、宏美以外、女子選手の記録は伸びていないが、協会幹部は会長のイエスマンしかいない」といい、練習場所を変えたり、引退したりした選手もいたという。

日本協会は「近くコンプライアンス委員会を開いて対応を協議したい」としている。

今度は重量挙げ…日本ウエイトリフティング協会・三宅会長にパワハラ疑惑 女性選手にコップ投げつける、怒鳴る(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
アマチュアスポーツの膿を出し切る日は遠いのか。1968年メキシコ五輪重量挙げ銅メ - Yahoo!ニュース(夕刊フジ)

パワハラ問題は解決済みだった!?

ところが、三宅会長は、当時関係者に謝罪し解決していたと思っていたというのです。

3年前の問題を、今になってコンプライアンス委員会で対応を協議するということですが、なぜなのでしょう。

世間では、この問題を取り上げた古川令治常務理事と、三宅会長との権力争いではないかと憶測を呼んでいます。

3年前に謝罪したとコメントした三宅会長のニュースがこちら。

 日本ウエイトリフティング協会の三宅義行会長(72)が重量挙げ女子選手からパワーハラスメントを訴えられたとされる問題で、三宅会長が12日、読売新聞の取材に対し、「パワハラと受け止められたならおわびしたいと3年前に関係者に謝罪した。解決したと理解していた」と述べた。

三宅会長によると、副会長だった2015年に女子選手(引退済み)への言動がパワハラではないかとの指摘が協会に寄せられた。
「あいさつなど礼儀について指導したことがあった」といい、同年8月に選手の所属先の代表者やコーチに謝罪した上で、協会幹部にその後の対応を委ねたという。

協会はコンプライアンス委員会や15日の理事会で問題の取り扱いについて決める方針で、三宅会長は「隠蔽(いんぺい)するつもりは全くなかった。
調査が必要と判断されれば、協力したい」と述べた。

重量挙げ三宅会長「3年前、関係者に謝罪した」(読売新聞) - Yahoo!ニュース
日本ウエイトリフティング協会の三宅義行会長(72)が重量挙げ女子選手からパワーハ - Yahoo!ニュース(読売新聞)

『重量挙げ三宅会長「3年前、関係者に謝罪した」』のニュースに世間の声は

古川の狙いは、三宅潰して、自分が会長になりたいのだろう。当時の会長は小池で彼女を巻き込み混乱させる気だろう。調査は3年前よりやるなら今の選手を対象に三宅体制でいいかどうか調査すればいい。塚原の問題利用した権力闘争で、宏美が東京オリンピックでメダル取らせなくするための陰謀のような気がする。

どうも、三宅氏に権力が集中している協会を改革したい、という常務理事が、無理やり蒸し返したような感じのする話みたい。
協会改革したいなら、それを議題にしてやったほうが、回りもスッキリしていいように思うのだが・・・。

無理やり問題化したいような気がするが、本人への事実確認は必要でしょうね。
本人も意外と何をいまさらって思ってるかもしれないし。

三宅氏にパワハラあったって3年前に決着済みだよね♪今この問題が出るのは、間違いなく権力争いだろう!

三宅氏も長く権力持ったらまわりから、不満が出るのは当然かもね!もう三宅氏もいい年齢ですよね、次の人にバトンタッチする次期に来たかもね♪

今なら体操協会見たいに醜い争いにならないから今勇退するのがベスト


パワハラは許される事ではないが、余りにも多くの競技で発覚しすぎでまたかと思ってしまう。

過去の事をあれこれ引っ張り出して来る事で、何か陰謀めいている感じを受ける。それよりも学校や草の根などでも今起こっているかも知れない。

これからが大事なので、同じ誤ちを起こさない対策をしっかり練って下さい、スポーツ庁 鈴木長官。
お願いしますよ!


パワハラだって?……
そりゃ選手がコーチの練習メニュー無視して自分がやりたいトレーニングしてたら怒られるのは当たり前。
教えてもらいたくないのなら自主練すればいいだけ。
会社でも、上の指示無視して作業してたら怒られるわけだし

しつけの悪い選手には笑顔で注意。→直らなければ、代表に呼ばない。→競技が上手く選ばれないのはオカシイ。→その選手が問題がある態度、行動を世間に晒す。→協会は何やってんだと世間から批判を浴びる。
どうすれば良いわかりません。

パワハラの線引きが難しいが、パワハラに関しては大なり小なりは、どんな業界にも有るだろう。
何故、今頃に成って3年前の事が出て来て要るのかの、背景の方が重要な気がする。

これは臭いなあ・・なんか、おかしいよ。
別に肩を持つわけじゃないけど、3年前の出来事で、しかも双方が合意して、終わった事だろう?
なんで今ごろ?
体操のパワハラ騒動に乗った、なんか特別な意図が感じられるよね。

いじめた本人は「ごめん」で済んだことだと思っていても、いじめられた側はそう思っていない場合が多いのです。

これは三宅さんお気の毒に思います。何年前に言い出したらとんでもない数出てくると思う。自分も該当するかなと思っている
コーチ、監督何百何千といるんじゃない!?

東京五輪でのメダルラッシュを妨害する動きがあるような気がする。
確実にメダル獲得できる水泳・柔道とかの競技に飛び火しないことを祈るばかり。
野球は・・・?大丈夫、星野仙一はもう代表監督になれないから。

なんだ、済んだ話だったのか

なんだろうこの権力闘争の道具感は………


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!