闇営業の仲介人「モノマネ芸人B」とは誰?スリムクラブが無期限謹慎!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 事務所を通さずに行う闇営業では“闇の仲介人”の存在がある。

14年12月に詐欺グループの忘年会などを仲介して吉本興業から契約解消されたカラテカ入江。

今回のケースで「スリムクラブ」や「2700」に声を掛けた“闇チュー”はモノマネ芸人Bだった。

関係者は「本業ではあまり売れていないので、つい闇営業のうまみにはまる。

仲介で利ざやを稼ぐことがある。

そんなことを繰り返しているうちに素性のよく分からない人物とも軽い感じで仕事をしてしまう」という。

知らず知らずのうちに反社会的勢力につけ込まれる実態。

そこには闇営業の本当の“闇”が隠れている。

詐欺グループの忘年会では入江が正規営業の相場より「格安」で雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮らを呼び、自身が半分以上のギャラを受け取った可能性も浮上した。

自身の裁量でギャラを決めるため、こんなに実入りのいい仕事はない。

だが、芸能事務所では黙認しているケースが少なくない。

個人の人脈による結婚式やパーティー、地方営業など「全ての実態をチェックするのは難しい。

個人の人脈による仕事は許可している」(芸能事務所スタッフ)という。

タレントの間では「直(ちょく)」「直営業」「内職」「ショクナイ」と呼ばれるほど「闇営業」は身近でもある。

ある芸人は「親しい知人に誘われた場所に反社会的勢力がいたとしても見かけでは分からない」と話す。

「キャバクラなど不特定多数が集まる飲み屋が要注意。

みんなで撮影して後で反社だったと言われても分からない」と眉をひそめる。

暗躍する“闇チュー”が呼び込む闇。

個人で対応するには危険がつきまとう。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000092-spnannex-ent

『暗躍する“闇の仲介人”の存在 本業では売れていない分仲介で利ざやを稼ぐ』のニュースに世間の声は

一連の問題の我々世間の落とし所が難しくなってきたね。

今後もきっと芸人や演歌歌手や、下手したら政治家とか財界人が暴力団と宴会とかゴルフしてたとかいうネタは出てくるだろう。


その時、去年の話ならきっとアウトだろうが、それが10年前なら?20年前なら?いつからならダメなのか?
あとは元暴力団とか元暴走族の評論家とかの過去の反社会的勢力との画像が出てきたら、それはアリなの?本物の人は許されて堅気の芸人はアウト?
なかなか落とし所が難しくなってきた気がする

今度はスリムとは。

これは、まだまだ出てくると思うし事務所側の問題も何らかあるのではと疑ってしまいますね。


しかし、闇営業云々よりも反社と関わっていた事が大問題。


本業では成り立たないからといって反社との関わりを持つことは許されることではない。


領収書を貰わない仕事に対する報酬は収入としてカウントしているのだろうか?脱税行為が横行しているとしたらゆゆしき事だと思います。
所属事務所もそれを放置していたら不味いと思います。
また反社会的勢力との交際は、交際の事実をネタに揺すられる可能性も極めて高い事から芸能界で仕事を今後続けたいのであればやはり得策だとは思えません。

これを機会に目先の利益に目をくらませる事は止めた方が良いと感じます。


モノマネ芸人B
実名を隠すのはなぜかな。


そもそも吉本の創業者がヤクザとつるんでたはずでは

闇営業に関しては、吉本興業の資質、ギャラ自体が安すぎるからこそ、芸人は食べて行かないといけないからこそだと思う。

売れない俳優やタレントがバイトする感覚だったんだろうと…。

そのバイトを芸を利用して収入を得たことに問題があったんだろうけど、そのバイト先に、反社会勢力が関係してた。

その支払われたお金が、人を騙したり悪事を働いて得たお金だった事までは、考えが及ばなかったんですよね…。


呼ばれた仕事先の関係者まで、若手芸人ならわざわざ調べなかったんだろうし、美味しい仕事、取っ払いで現金が得られるなら飛びつくのもわかる気がするが、そのお金の元の先に、被害者がいるんだということを考えて欲しかったです。


でも、宮迫さん達の件といい、今回の件といい、すっぱ抜いたフライデーは、この情報を得るのに、反社会勢力にお金は払ってないんだろうか?もし払っているなら、そこは問題視しないんですかね?

入江さん以外にも、仲介人がいて、事務所を通さない=申告していない可能性が高い営業活動が相当あるのではないでしょうか?
事務所を通す、通さないはどちらでもよいのですが(事務所と芸人さんの間の問題)、営業して、収入があれば、税金を払ってもらいたいです。


未申告の収入が相当多額で存在するのではないでしょうか?
反社会勢力云々の問題も大事ですが、
こちらの問題もとても大事だと思うので、重要視していただいて、早急に改善していただきたいと思います。


一度売れながら落ちた芸人や売れない芸人は生活のために
やっているのもわかる気がする。


たまにTVで今月の給料は数千円とか数万円とか言っているし。


知らずに現場に行けばやらないわけにはいかないと思う。


ただ、宮迫などのように十分に生活できる人がリスクを冒して
なぜ闇営業をするのだろう?

芸人の数が多すぎる
しかもライバルではなく先輩や後輩、友達なので共存しようとしてる
当然貰えるお金は減る
吉本にも問題が有るが芸人の意識もまた問題

相手が反社会的勢力(暴力団など)であることを知っていれば、勿論、いけないことだと思うが、知らなかったら仕方のないことだと思う。

仲介者を信用してのことだから、なおさらだと思う。


芸人たちを擁護するのではないが、マスコミや世間は、今回の芸人たちを一方的に批判しているが、一般の商売人だって、相手が反社会的勢力だとは知らずに、物を売ったり、食事をさせたりして、その対価に彼らが闇で稼いだお金を平然と受け取っているのである。


つまり、自分達も知らないままに芸人たちと同じことをしているのだから、他人のことを必要以上に批判する資格はないと言える。


ましてや、相手がヤクザなどと分かっているのに、食事提供や物を販売している商人だってあるのは事実なのだ。


マスコミが平等・公平に報道するのであれば、そういうのだって取材し、報道すべきなのである。


日本のマスコミは、反撃しない者だけを叩く偏向報道があると思う。


闇営業は「跡に残らない」ものであった。

物を売るのと違うし、大抵は特別な道具も必要ない、ただその場にいて人を笑わせることが仕事。


食事をおごってもらう、タクシー代等の名目でいくらかもらっても何も証拠が残らない。


だから、事務所としても黙認といえば黙認だが、要するに追及しようがない。


ただし、参加者が外に漏らさなければ、である。


今までも暴力団との繋がりはあって、当事者が漏らさなかったんだろう。

それは自分達のやってることがマズイと自覚していたからだ。
宮迫もスリムクラブも、参加者が情報を漏らしたことが大きい。
意図的に情報を売った可能性もあるが、あるいは参加者自身も反社会的な集まりだと自覚していなかった可能性もある。
事務所を通してもわからない可能性もある。
暴力団と違い、隠れ蓑を着ているのだ。
今や反社会的集団といってもそれだけ判断が難しいということを前提に対策するべきであろう。

モノマネ芸人は、漫才師等とは違って普段から芸を披露する場が少なく
結果として、街中のショーパブ等で仕事をする機会は多く
そういう店は、パチンコ屋や風俗店等と同様にカタギではない人が経営者なのは良くあるので
あからさまに、ヤクザ感を出してない限りは良く分かり難くなってると思う。


相手が、思いっきりヤクザ感出してたとしても「そういう人達」のネットワークで
地方営業等が、入って来る事は多いだろうから完全に縁を切るのは不可能だろうと思う。


そのモノマネ芸人達を経由して、普通の芸人さん達にもシゴトが回って来るのも珍しくはないんじゃないのかな。


モノマネ芸人達からすれば、依頼を断れる相手ではないと思う。


まぁ、金のにおいのある所にはそういう反社会組織は鉄板で絡んで来ようとするわけで、芸能人は個人事業主が多いのでそのことに関してはもう少し危機感をもって行動した方がいいとは思う。

個人事業主はこと何かあったら多くの場合で大なり小なり責任は負わなければならいのですし、、、
状況によってはどうしようもなかったと言いたい気持ちはわかりますが、事業主である以上、残念ながら想定外は許されない環境ですよね。


だとするなら、闇営業するとしても信用ができる知人とかの安パイな範囲でしかしないくらいは考えてすればいいのにとは思うけど。


まぁ、闇営業は事務所との契約違反になるところの方が多そうだからほんとはやってはいけないと言わないといけないのだろうけど、吉本のギャラ設定とか聞いてるとわかっていてもやり続ける芸能人はやめそうにないなとは思う。


まぁ、自己責任の自業自得でかたずけてもいいような気はするが、、、

芸人の意識改革以上に事務所と芸人の契約問題はどうなる?
芸人たちは本人が納得しているいない関係なく
会社側の”優越的地位の濫用”が常態化している可能性がある
個人との業務委託であろうと何だろうと契約書の無いことによって多くの芸人が不当に不利益を被っている可能性も高い
契約書は無くとも見えない圧力で縛っているとしたら悪質
一方的に不利な条件で多くの若者たちを働かせる芸人たちを放置したままテレビ局や代理店や行政などが関係を続行できるの?
芸人が事務所に条件改善を訴える権利はどのように担保されている?
訴えられないためにファジーにしているのでは?
政府と組んでいる大事務所がこんなんで大丈夫?
公共性の高いテレビ局や行政は、この契約問題を解決してから
慎重に仕事すべきだ
今回そんなグレーな実態が浮き彫りになったから税金をこの事務所と一緒に使う事業も見直さなければならないのでは?

闇営業をした芸人よりも仲介をした人間を特定して処分した方がいいと思う。

先輩芸人から言われたら断りづらかったりもするだろうし、
闇営業自体を黙認してるのであれば、会社側にも責任はあるだろう。


上手い話に簡単に乗るのが脇が甘いというのは間違いないので、それなりの処分は必要だろうが。


野球界では暴力団関係者に1億渡しても監督できるくらいだし、音楽界や俳優界では覚せい剤や大麻などして捕まった人や、ひき逃げした人も普通にいるし、たかだか芸人にそこまで厳しくする?

それも一つの才能なのではないかな?
事務所は他業でバイトをしなくては生活できない現状から
闇営業の線引きが曖昧で見て見ぬふりもしてただろうし、
中には引っ越し芸人などで財を成す者も現れた
それでいて言うと営業芸人とか仲介芸人と言うくくりで才能を評価し
所属事務所で条件のいい取り分とかを契約しても良かったのかも知れない、
入江は吉本に所属しながらそのような会社を立ち上げていたわけで そこに釘をさせなかった吉本にも問題はあったと思う。


反社会的勢力との云々は、いけない事だが線引きは何処に引けるか?
闇営業というが、多分吉本興業は、副業を認めている。

では、バイト先で、話しをしてくれと言われたら、どうする?自分の芸では無い事なら良いのか?芸人はいつも自分の芸を見て欲しいだろう。
バイト先へ、自分目当ての客が来たときは、どうすれば良いのか?では、闇営業へ行くのが~と言われても、吉本興業はバイトを紹介しているか?何か、売れた者の面倒は見るが、当然そこから手数料を抜くが、売れない芸人の面倒は見ないが、吉本興業の意のままにしたいとも、見える。

大前提として!何年も前から『吉本は給料取り分が少ない』って散々テレビでも先輩芸人さんが言ってるから、それを分かった上で在籍し続ける芸人や新たに入ってくる芸人はやはり『吉本』というブランドは大きいと思ってるからですよね?給料少ないのは承知の上では?生活が出来ないのであれば移籍が転職するべき。
…と単純に視聴者の自分は思ってしまうのだか?!
(会社の取り分が多すぎるのは言うまでもないですが)
しかも仕事が無い…って。

テレビ業界の方に「起用したい」と思わせる芸が無いので会社も紹介出来ないのではないのでしょうか?自分の芸の幅の狭さの否を認めずに「仕事が無い」って怒ってる人達を見るたび不快感を覚える。
「仕事が無い」っていうことを笑いに変えてる芸人さんは好きですけど。

(会社側は所属させるならば責任を持つべき!手一杯なのに無闇に芸人さんを増やしすぎ!という事は言うまでもないですが)

各芸人についているはずのマネージャーはどうしていたのでしょうか?会社側の人間であるマネージャーが知らないわけがないんじゃないか?本当に吉本の知らないところでやっていたのか?
また吉本の対応がことごとく後手後手、穿った見方をすれば「出たら対処すれば良い」という対応で、余計に不審感が深まる。

「決意表明」を出すのなら、吉本は記者会見を開くべきだが、その気配すらない。

吉本が反社とズブズブなのは公然の事実。

中田カウスが大きな顔をしてる時点でおかしい。
「反社と付き合ってる芸人を厳しく処分」するなら、自ら山口組舎弟を名乗って幅を利かせているカウスをなぜ解雇しないのか。
全く理解ができない。

吉本の芸人は報酬が少なくて、
闇営業をしないと食えない芸人がたくさんいるので、
闇営業の仕事については、
つまり、
吉本を通さず見つけてきた仕事については、
いったん、吉本を経由して契約することにして、
吉本が形式的な審査をして、
一応、違法性のない相手だと判断した場合に、
その契約書に、
「犯罪行為とは一切関係ない個人もしくは社団です。
」という文言を記載すればいいと思う。

闇営業を本営業に転換するということ。


そうすれば、
吉本との契約なので契約の主体は吉本で、
芸人ではなくなるので芸人の責任はなくなる。


この場合の契約の取り分は、たとえば、
吉本が10%抜いて、90%は芸人の取り分とするなど、
マネージメント料を吉本が見つけてきた仕事よりも低くすればいいと思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!