安田純平氏が嘘みたいに健康そうに帰国!虐待されてたって本当?と疑う人続出!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 25日に帰国したフリージャーナリスト安田純平さん(44)はシリアで拘束された3年4カ月、犯行グループの虐待にさらされ続けた。
監禁や絶食、嫌がらせ――。

帰国便で朝日新聞のインタビューに解放された喜びを述べ、「日本のことをもっと知りたいと思った」と今後の希望を語った。

「最初はスパイ容疑で2日くらい(監禁が)続き、1カ月して『人質にする』という話になった」  安田さんは2015年6月22日にシリアに入り、翌日朝に拘束された。

そこで体験したのは、「解放」をうたって強制された数々の「拷問」だった。
トイレに立つ際に音を立てると、犯行グループの話を「盗み聞きした」「スパイだ」と疑われた。

グループのこうした疑念はエスカレートし、生活に様々な「ルール」が設けられたという。

「16年からは、ほぼ毎日、『解放する』と言われた。
その代わり、『これをやったら帰さない』という不可能なことを要求された。
高さ1・5メートル、幅1メートルの場所で、24時間、身動きしても、何一つ音を立ててもいけないと言われた。
それを8カ月やらされた」

部屋の外で監視され、要求された行為ができないと、自身の独房の前に他の収容者が呼ばれて殴りつけられ、その様子を見せつけられたという。

「頭を洗ってはいけないというルールが設定され、服も洗えない。
指を動かして関節が鳴ってもダメ。
歯磨きもダメ。
頭も体も洗っていないから、かゆくてかくと音が鳴る。
鼻息も、指が鳴っても、寝ている間に体が動いてもダメ」

安田さんは、犯行グループのメンバーが「ゲーム」としてこうした要求を出していたと考えている。

「鼻息も、指が鳴るのもダメ」 安田さん虐待の状況語る(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
25日に帰国したフリージャーナリスト安田純平さん(44)はシリアで拘束された3年 - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)

犯行グループからの虐待内容を語る安田純平氏(機内の取材)

安田:自由になれたのは本当にうれしい

記者:健康状態は?

安田:筋肉がすっかり落ちてしまって、非常に疲れやすくなってきた
特定のどこがどうというわけではなく、体力が極度におちてしまっている
事実上、虐待状態がずっと続いていたので、精神的な負担もかなりあった
どういう影響になっているかわからないが、拘束される前と今とでは体が全然違う

記者:どういう状態でいたのか?

安田:24時間身動きしてはいけないとか、何ひとつ音を立ててはいけないとか
指を動かして関節が鳴ったらダメ

記者:音を出すと暴力を?

安田:自分ではなく自分の独房のドアの前に別の人を連れてきてひどい拷問をしたり
食事がこないとか、食事がきても缶詰がきても缶切りを持ってこないとか、そういう嫌がらせを…

『「鼻息も、指が鳴るのもダメ」 安田さん虐待の状況語る』のニュースに世間の声は

この経験でもう海外に行かなくても良いくらい金になるだろうが、日本人を人質に取れば日本だけでなく他国からも金を取れるという実績を作ってしまった責任は大きい

海外旅行をしていた時に拉致されたわけじゃなく、渡航禁止と外務省に警告されていた紛争地域に自分の意思で取材に行って、拉致誘拐されました。

あの地域にいけばかなりの確率で拉致されることはわかっていました。やはり自己責任の非難は免れないでしょう?莫大な身代金も動いたわけですし。今後海外で日本人はより狙われやすくなるでしょう。


ジャーナリストとして最高の舞台である記者会見を拒否したことに大多数の人は不信感を持っています。
今後何しようが勝手でしょうけどくれぐれも国益にならない行動はしないようお願いします。

精神的には疲弊してたとは思うが、今の安田氏を見ると、通勤電車の中で寝てるサラリーマンの方が疲弊してると思う。

健康でピンピンしてるのに本当に虐待されたのか?顔色もいいし痩せてもいない…ヒゲを剃らないのは病人の演出か?

本当にそんな生活をしていたなら『目』が死にます。普通の人とは違う目の感じになりますよ。

刑務所に服役した直後の人も目が死んだようになっていますよ。安田氏はキラキラの目ですね。


ヒゲを剃らないのはアピールかな?
健康そうでなにより!
働いてお金返そうね。

彼の言動に対して嫌悪感を感じる人が、逆に非難される。それもまた違和感。
世の中には思いもよらぬ悲惨な目に遭う人が沢山いて、それでも運が悪かったと受け入れて、そうしてやっと皆生きているのに、周囲の制止も聞かず、なるべくして辛い目に遭った人を、何故擁護賞賛しなきゃいけないのか。多くの人は、その理不尽を受け入れられないんじゃないですか。

シリアへ行く前のウマルの写真と比べても大して痩せてもいなければ顔色だって悪くはない
案外現地ではかなり快適で優雅な生活をしていたんじゃないですかねぇむしろ人質ではなく連中の顧問を務めていたんじゃないでしょうか
ウマルさんは、その辺も含めてマトモな親族ならウマルを問い詰めた上でウマルの身勝手な行為のせいでどれだけ世間と日本政府に迷惑をかけたか説教するのが普通だと思う。

膨大なお金が動いていることは確かだ。この為にテロリストによる関係のない被害者が増えることを自覚してほしい。

人間の筋肉は大体、1ヶ月動かさないとほとんど落ちる。2ヶ月動かないと自分で立つ事すら出来なくなる。ちなみに、階段や坂道は昇る時より降りる時の方が大変危険。前にコケたら最悪死ぬからね。でも、特に何にも掴まらずスムーズに階段を降りてるのを見て日常的に運動はしていたなと感じた。8ヶ月も身動きできない状況からあそこまで回復するには大体一年ぐらいはリハビリをしないと無理。

鼻息も云々って話が本当だとしたらこんなに身体が健康であることが不思議なんだけど。
ほんとだったら、寝たきりの老人みたいになるはず。

かなり体を折り畳まないと入れない場所に入れられてとか色々あったみたいだけど、リハビリ無しで歩行出来るのですね!!!
さらに体に壊死もなさそうですね!!!
三年以上監禁されていたらと考えたら・・・
さぞかし超人なのか?話盛っているのか?
テロリストと共犯なのか。

うーん、独房の話が本当ならエコノミー症候群になってまともに歩けないと思うだけどな。

まずペンやノートを没収されずにメモできていたことが疑問過ぎる

ネットがあって良かった
今までなにか違うんじゃないかと心の中にモヤモヤを抱えたままテレビを見ていたけどネットの意見を読んで自分と同じような考えの人が結構いるのだと驚く
ということは今までマスコミに情報操作されていたことがかなりあるんじゃないかと感じた
マスコミからの情報操作には注意しようと思った

>鼻息も、指が鳴っても、寝ている間に体が動いてもダメ
何故、日記を書く音は禁じられなかったんでしょうね??

帰国後、強烈な逆風を感じてその後の会見ストーリーを練るのに苦労しているのだろう。
国税身代金3億円、むしろ解放後もしっかり地獄を感じて欲しい。

ジャーナリストなら帰国した時点で会見して語るべきでは?身代金やらの事もあるし。
しかもなんで奥さんが会見で代読して、話をするの?表に出すぎな奥さん。本当に監禁拘束されていたのか疑問を感じてしまう

最後に「また来るから」とか「また会おう」とか言って犯行グループとハグでもして別れて来たんじゃね。

こおゆうジャーナリストが増えない事を願う。てか良く奥さんテレビにでれるよね。神経がすごいわ。そんなお金ほしい?

嬉々として苦労話をしている姿を(こんなに元気なら、すぐ記者会見できそうじゃん)と冷めた目で見ていました。
「日本のことをもっと知りたいと思った」という意味もよく分からないし。
この人は今後何をしたいのか分からないけど、何にせよ日本に居てほしくないです。

気の毒だとは思いますが、識者はあの時期のシリアへの渡航は有り得ないと仰ってる方が多いので、そういう事になってもしょうがなかったのでしょう。

個人的な感想ですが、昨日の飛行機の中での話の時の目つきがなんか普通の人とは違う印象を受けてしまいました。人質にとられて辛い想いをした人の目には見えなかった。
批判するな、歓迎して迎えろって意見もジャーナリストから一部聞こえますが、賛同出来ない。
なんか裏があると見てしまうんです。

その身代金で武器が買われテロに使われたり無関係の人命が奪われるかのうせいがあることが
ジャーナリストなら目の当たりにしているはずですが
自分のことだけで考えが及ばないのでしょうね
取引してる可能性もあるしね

悪いのは拉致したテロ集団という姿勢を変えない
あくまでも『被害者』
それが唯一の生命線なんでしょうね

むしろテロリストには屈しないという意味で、一切交渉やら身代金出すやらしなければ良かったのに。危険な所に自己責任で行ったんだから

虐待を受けていたと仰る割に血色も良く、タラップをスイスイと登り日本語を話せなかったと仰る割に流暢にお話されてましたね
この方の言う事は全く信用出来ません

とりあえず両親が千羽鶴と称した星の説明をお願いします

話しを盛ってるのは間違いない。

この方が渡航禁止区域に行った結果、救われた人などいないでしょう。更にこの方を解放する為に、過激派組織に資金が渡っています。これは新たな犠牲者を生むでしょう。
身勝手な行動が招いた結果として最悪です。許されるべきではありません。

以前、自宅療養で1ヶ月間一歩も自宅から出れなかったとき、
かなり足腰の筋力が低下しました。
外出して歩いてみると平地の歩行はまだ何とかなりましたが、階段の登り降りが大変でした。
とくに膝に力が入らなく、一歩一歩意識して膝に力入れて降りるかしないとフラつくくらいです。
この人の歩き見てると普通ですよね。
何の苦もなく歩いている。
とても長期間身体の自由を奪われていたとは思えません。

記者会見しないからよくわからないが、彼の話している内容には不審点が多く残る。
何よりも、健康過ぎる。
これだけ長い期間彼の語る生活をしていたのであれば、もっと障害がでてもおかしくない。目や痙攣や挙動不審具合がもっとはっきりと出てもおかしくない。
彼はどこで何してたのだろう?

絶食や嫌がらせを受け、狭い独房のような体を曲げなくては寝ることもできない、鼻息の音さえダメという過酷な日常を送っていたら精神的におかしくなり、
異常な行動を取ってもおかしくないようになり、まず目が普通ではなくなると思う。
だが昨日の安田さんの映像をニュースで見た限りではまず目が普通で充血もしていなくて目力があると最初に感じました。
安田さんが拘束された間は地獄だったとか今回の話を聞くと話せば話す程に信憑性に疑問を持ってしまいます。

安田さんのPTSDを心配したりしますけど、やはり渡航禁止箇所に行くのはどうなんだろうか、と思ってしまう現実はあります。行かなければ、当然こんなことにはならなかった。
紛争地域と戦争地域は違います。誰かが伝えなければ、という使命感や、一旗上げようという人もいるでしょう。しかし、紛争地域と戦争地域は違います。国家を上げての戦争は報道する責務は分かります。しかし、紛争地域は、先進国などでは到底理解出来ないものがあるのですが、そこも含めてしっかり報道しても、紛争内容は理解できません。報道して解決する問題かといったら非常に難しい気がします。
紛争地域で捕まって、色んな国家に迷惑かけて、金まで動いて…良いはずないでしょう。

要は、テロリスト達のおもちゃにされていたわけですね。
で、戦場の現場から何を伝えたかったんですか?
次は、その話をちゃんと聞かせて下さいよ。

…これだけの事されたらこんな元気かな?…この人の犯した罪は大きい今後またテロリストによる誘拐ビジネスが発生する
まさかとは思うがこの人にお金の1部でも流れてない事を願う…それほど疑わしい
何度も拘束され注意されて再び捕まり助けてと言いながら感謝もせず健康状態がすこぶる良い…..違和感しかない


 

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!