安田純平氏がシリアからの解放を振り返りツイッターで政府を批判し物議!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 ジャーナリストの安田純平氏(44)が4日、ツイッターを更新し、シリアからの解放について振り返った。

シリアで3年4か月拘束されていた安田氏は昨年10月に解放された。

解放にあたり、日本政府の外交努力に加え、テロリストに身代金が支払われた、との情報も一部で駆けめぐった。

安田氏はその真偽について

「交渉したり身代金を払ったりする場合、生存証明は必須なのに、拘束中、日本政府は私が生きているか死んでいるか一度も確認してない。

(中略)生きてるかも確認しないで金払うなんて絶対にありえない」

と断言。

自身の解放に関し、金銭授受の動きは一切なかったことを強調した。

そして、このような報道をした一部の日本メディアに触れ

「ただの噂話を、何ら確認すらせずにそのまま垂れ流した日本メディアは、日本が金を払う国だと世界中に宣伝することの影響をどれだけ考えてやったのか」

と不快感を表明した。

「私が人質になったのは今回のシリアが初めて。

人質3回だとか6回だとかデマを拡散している人々は、私を叩くために、日本がホイホイ身代金を払う国だと世界中にせっせと宣伝し、結局は日本人全体を危険にさらす自滅行為を繰り返しているわけだ」

とアンチもまとめて切り捨てた。

また、安田氏は問題となった「自己責任論」についても言及。

「自己責任論は、イラク人質事件で自衛隊撤退の要求が出たのに対し、自己責任=応じる必要はない=政府は何もしなくてよい、というのが原点。

だから政府が何かをしたということならば、それは自己責任論に反するから政府を批判しなければならない、というのが本来の自己責任論」

とし、自身に非がないかのような見解を示した。

安田氏の突然のツイートは物議を醸し、一読したフォロワーからは

「炎上商法なんだろ? じゃなかったらもう黙れよ…」

「誰に向けて助けてくださいと言った(言わされた)の?」

「泣きべそかきながら日本政府に助けを求めた君がよくこんなこと言えますね」

と疑問の声も相次ぐ事態となっている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000003-tospoweb-ent

安田純平氏のツイート


『安田純平氏のツイッターが物議 政府による身代金支払い説を「絶対にありえない」自己責任論にも反発』のニュースに世間の声は

自分で危険なとこ行って捕まったんだから助ける必要無かったのに

>「ただの噂話を、何ら確認すらせずにそのまま垂れ流した日本メディアは、日本が金を払う国だと世界中に宣伝することの影響をどれだけ考えてやったのか」と不快感を表明した。

自分の意のままに報道しない同業者の批判も行ったか。


批判された報道機関に火がついて徹底的に検証が始まることを期待します。


彼に言わせれば何も知らない素人の意見でしょうが、救出時の彼の身なりや言動には不審な点が多い。


徹底究明をお願いしたい。


YouTubeに流れたあのみっともない映像を見返した方が良い

やはり助けるべき人物ではなかった。
そのまま放置すればよかったと思う。
トルコとかにも変な借りを作らずに済んだし。

言ってる事とやってる事が真逆でみっともないと思います。

助ける必要なかったな

政府を批判することは必要だけど、日本の場合声高に政府を批判する人ってこういう常識の外れた変な人多いよね。

自己責任論や金銭交渉の噂等々議論したり問題点は多々あるとは思いますが、一つ共通してる事があります。

それは少なからずとも政府や家族を含めた周りの人々に「迷惑をかけた!」これにつきるのではと思います。


ご本人にはこの事を重く受け止めて発信してもらいたいと思います。


なぜ助けた?勝手な行動や発言をする自分をヒーローかなんかと勘違いしている彼に、なんの同情の余地もない。

メディアが無責任なのは今に始まったことではないし、ジャーナリストを自認している安田氏もその一部。

ただ、政府は当事国と外交しているなかで噂話を書けば、翻訳されて他の日本人も被害にあうことは当然考えられるのでこの点の主張は評価するな。

命の話だから。

いろいろ批判されるのも覚悟の上だろうと思うけど、もしこうした危険地帯での取材を続けたいなら、日本の行政のことも考えて、命の問題をどう取り扱うべきか含めての提案をするべきじゃないかと思う。


家族への対応状況などの命の危険があったときの対処について、国への書面通知をするなど、制度を整えるような行動も必要でしょう。


自分の思いだけで行きたいから行く、などというのはやはり迷惑な行為としか言えないわけだから。


実際に危険にあってその経験をいかして、自分の志を継ぐ人に有益な行動をしてもらいたいと思う。


一般的に考えれば身代金なりゲリラに利のある内容がないと解放される訳がない。
かたちは違えど何かしらあったはずでしょう。
日本はお金を払わなくてもカタールや交渉をしてくれた諸外国に貿易や政治的なお返しをしないといけないだろうし、交渉国もひょっとしたら地域の利権、捕虜交換など何かしら行ったはず。
身代金と言うものの見せ方が変わっただけではないですか?そもそも訴えも検討と以前書いていましたが、政府が言う事はきかないで都合のいいときだけ司法を使おうとする自分主義が理解できない。

時間が過ぎて忘れ去られたのが寂しかったのかな。

あなたの事は半分以上の国民が疑念の目で見てたので
忘れられてたほうがいいのに。


今回と形は違うけど過去に何度も捕まってたのは事実じゃん。

それに日本政府が一度も生存確認していないなんて誘拐されていた人間が何故分かる?

不愉快です

もう相手にする意味もない人なのに 相手にしてほしいだけでツイッターで発信してるんでしょ
どうでもいいですがウザイですね

調子乗っちゃって!

もうさぁ身代金うんぬんじゃないよ。

実際色んな人が貴方のために動いたのは事実だし、今生かされているんだから感謝だけでいいんだよ。


良かったね生き延びられて
好きな事言えて。


やはりコイツは見捨てるべきだったね・・・
政府も判断を誤ってしまいましたね・・・

是非もう一度行って捕まって欲しい。

応援しています

「俺は悪くないんだ!」って思い込みたいのかな?

社会的に影響力が少なからずある人は
SNSは慎重にしないとこうなるね
リスクを考えればやらないほうがいいと思うよ

それはそれででいいんだけど、じゃあ何故急に解放されたのか説明して欲しい。

あれほど何回も「これが最後のチャンスです」と動画で訴えてたよね。


何が変化して、解放されたのか安田氏本人も知りたいはずなんだけど。

何故そこはダンマリなの?
戦地に赴き世界の人々に状況を伝え続けるのは
信念と勇気が無いとできないことなので一定の
評価は誰もが与えるでしょう。

 しかし
囚われてまでそのタスクを成し遂げようとする
行為は賛成できません。

自己責任、結局当人は
それを達成することはできないのです。

解放され
自己責任とやらを達成したと言う自負がまがいにも
あるとしたなら、この人はジャーナリストとして失格
だと思います。

 今回のSNSでの反発は自己擁護
としてのみ一般には受取られるでしょう。


囚われ泣き言を発し更に保身での正当化はみっともない
としか言いようがありません。

  残念な人だ。

安田氏の主張を信じる人はいないと思う。

ニュースに上がらなくなったから煽ってるのか?

何の驚きもない。

これくらいのことしか発信できない、戦場に赴くには、あまりにも能力的に不十分なジャーナリストなのだと思う。


今後は、安全な日本でコメンテーターにでもなって、その発言で物議をかもす程度のお仕事をすることがご自身のためだ。


弱々しく助けて欲しいと言っている人間を無視すれば、政府が批判される。
最悪、現政権への批判に利用され問題がすり替わり法案も通らなくなるし、基地問題の再燃等サヨクが暗躍する。
この人の問題だけではないことを全く理解できない人間に、ジャーナリズムとか冗談でも言ってほしくない。

安田氏に責任はないと思います。

そして救出するのは政府の職務義務です。


お礼だけで十分だと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!