どこがファミリー!?吉本研修生に「死亡しても一切責任負いません」の誓約書!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 死亡しても責任は一切負いません、賠償請求もできません――。

所属芸人の多くと契約書を交わしていなかった吉本興業が、そんな規約を承諾する誓約書を提出するよう、芸人養成所「NSC」の合宿に参加を希望する研修生に求めていることがわかった。

朝日新聞が規約の内容について尋ねたところ、吉本興業は「間違った内容が記載されているため修正する」と説明した。

吉本興業が提出を求めていたのは、9月9~11日に静岡県掛川市で同社が主催する「NSCお笑い夏合宿」に参加するための誓約書。

合宿費用は税込み4万500円で、参加を申し込む場合、同社が示す「規約及び注意事項」について、「私の保護者も含めて熟読、十分に理解したうえで参加する」と記された誓約書に署名し、提出するよう求めている。

その「規約及び注意事項」では、合宿の費用や持参物とともに、15項目の順守事項を列挙。

時間厳守や飲酒、喫煙の禁止などのほかに、「合宿中の負傷、これに基づいた後遺症、あるいは死亡した場合、その原因を問わず吉本興業に対する責任の一切は免除されるものとする」との免責事項を組み込んでいた。

さらに、こうした傷害については「賠償請求、訴訟の提起などの支払い請求は行えないものとする」とも記載。

こうした内容を含む規約について、「遵守(じゅんしゅ)しない者は、強制送還や退学処分となる場合もある」としている。

一般的に、契約時に免責事項が設けられることはある。

だが、2001年に施行された消費者契約法は、たとえばイベントの主催者の不法行為で生じた損害の責任をすべて免除するような条項は無効だとしている。

消費者問題に詳しい紀藤正樹弁護士は「書く必要のないことが記載されている。

今の法制度にのっとらない、人を人として扱わない規約」と指摘。

「訴訟ができない」ことについても、「憲法で認められた裁判を受ける権利を放棄させようとする内容だ」と問題視する。

吉本興業によると、今年の合宿の規約のほかに、少なくとも14~16年に実施した合宿の規約にも、こうした内容が含まれていた。

大崎洋会長が社長に就任した09年にコンプライアンスやリスク管理の強化方針が打ち出され、免責範囲を広めるような内容にしたという。

しかし、3年前に顧問弁護士の指摘を受け、「責任の一切は免除される」などの記載を修正したという。

今年の規約に記載されていることについては、「今年になって担当者が代わり、引き継ぎがうまくいかずに修正前の規約を渡してしまった」としたうえで、「生徒と親御さんに与えた不信感を払拭(ふっしょく)できるよう説明していきたい」と謝罪した。

同社は合宿の内容について、「プールで大喜利をしたり、ギャグで競い合ったり、罰ゲームはおかずの一品を減らす程度で、命の危険はない」と説明している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000003-asahi-soci

『吉本「死亡しても一切責任負いません」 研修生に誓約書』のニュースに世間の声は

完全なブラック企業という事で反社会組織だと思う。

吉本も会社なんだから
こうした内容はそりゃ世間から批判浴びるでしょう!
是正が必要ですね!

死ぬリスクがある仕事に吉本は行かせるという事でしょうか。
昔紳助の番組で雪山登山させて指が凍傷でダメになった芸人がいたから、そういうリスクを回避するための誓約書かもしれないな。

契約書がないのもおかしいが、あったらあったでオカシナ契約書を作るんだなあ。

吉本こそが反社会組織の筆頭

そんなとこは抜かりなくするのね

毎回言い訳がひどい。

子供が考えているのかと思うレベル。


やっぱり会社にも問題があると証明されたようなもの。


やっぱ裏でなにかと繋がっていると言われても仕方がない

吉本自体が腐ってる。
芸人さんがかわいそうや。

変えるとか変わるとか言ってるけどそういう問題じゃない。


吉本自体がブラックで反社だと思う。


社長がカリスマか何かしらんけど 紙に書いた文書読み上げるだけの謝罪会見を許す会社やし。


時代が移り行くなかで淘汰されるべき組織だと思う。


一方的に会社側が有利な契約は裁判でも認められないはずだが、誓約書作成時にリーガルチェックはどうなってるのか?

仕事は、娯楽で自ら進んで危険なバンジーをするわけじゃないだろう?
業務命令でするわけだから、その際に起きた死亡事故は会社側に賠償責任が発生すると思う。

変な誓約書を取るべきじゃないな。
危険な業務命令を一切しないならわかるけど、危険な事をさせているから、取るんだろう?あきれる。
とんでもない会社だ。
芸人をなんだと思ってる。

また問題になりそうな内容
会社を守る為の誓約書であって研修生を守る内容ではない

担当者が代わって、古い誓約書を使ったようです。

昔から書類のミスを言い訳する会社の常套句です。


長年いくつかの企業総務を経験してきましたが、ダメな会社の典型的な内部文書の扱いです。


誓約書の内容は顧問弁護士に確認修正を受けている筈ですが、少々強引な制約内容と感じます。


また幾ら修正されても、過去の誓約書を配布する社員の危機管理に対するレベルの低さを知られてしまいました。


これは社内教育の稚拙さと緊張感の無さが伝わってきます。


もう潰れるしかないでしょうね。

はっきりブラック企業と言わざる負えない。


こんな企業に、国とかが公的な資金を出している事自体可笑しな話だ。


公金を投入する時にちゃんとブラックな企業とか反社と繋がっていないとか厳しくチェックしたのかと思う。


芸人には何も責任はないので、松本が全員を引き抜き新しい会社を作れば良いと思う。


ここの上層部は、ブラック企業そのものだと思う。


これこそ、吉本興行が闇企業、反社会的勢力の企業であることを示した様なもの。

引き継ぎが上手くいかなかったとしているが、担当者は書面の内容を把握した上で渡しているのでしょう?
これをおかしいと思えない感覚がダメなんですよ。

この内容で本当にいいのか?って、渡す前に考えないと。
自分の頭で。

いつまでたっても会社の体質は変わらないよ。


お笑い好きで吉本入ってきた人に契約書もなく、死亡しても吉本は責任負わないってのはブラックすぎるのではないでしょうか。

吉本の経営感覚は、戦前戦中から戦後の混乱期のままのようですね。

ジャンルは別だが、ダイビングをする時にも、「私は事故に関して責任を負いません」の免責同意書を毎回書かされていた事があったかな。
でも実際、その効力はどうなのか?疑問を感じます。
何かあった時に一時はこれが通用するだろうけれど後々、社会から疑問意見を投じられ、客足が段々鈍り挙句の果てには自然淘汰の道が待っているのかな、とこれを読んで感じました。

掛川?にそんなことできる施設あったかな?
デカイ公園は、あるけど…
プールで大喜利?
ダメなら落とされるんじゃないの?
これで、事故があったら施設はたまったもんじゃない

吉本にとって困る内容だけは
誓約させ、本人達が知りたい契約は
無しでは、流石にブラック過ぎる。


会見前後の会社の対応を見たときも思ったが、完全にドス黒い会社だね。

とりあえずガツンとかましておいて、世間から叩かれたら「間違えた」とか言い訳をして改める。

世間から叩かれなければそのまま。

先日の会見でも、契約解除しないようにしたことと減俸の理由が明確にされていない。


どう見ても、世間から叩かれたから、にしか見えない。


今回も絶対そうでしょ。


「誤った内容が」とか「引き継ぎが上手く行かず」なんて言ってるけど、指摘されなかったらそのまま契約するつもりだったでしょうね。


百歩譲って吉本のコメント通りだったとしても、規約は3年前に修正されているのに、それ以前の規約を渡してしまうような管理状態ってことでしょ。


3年前に修正したといいながら、去年、一昨年の契約書も修正されてないような気がする。


想像以上にドス黒い。


基本的な考え方が「やったもん勝ち」みたいな会社だな。


子どもを持つ親の立場としたらこの誓約書には署名できないし、怖くて参加させられない。

事務的なイージーミスにしてはなかなかの内容。


自分達に責が及ぶことは抜かりなく書面を用意。

芸人を働かせて儲かる場合は曖昧に口頭だけの適当な契約。


長年それでやって来て大きくなってきたんでしょうね。


ただ、情の部分もあったと思う。


人にもよるが、芸人さんの抱えた借金を立て替えてあげたケースもあったようにも聞いている。


そう言う情の部分でお世話になったベテラン芸人にとってはいい会社なのかも知れないが。


まぁ昔の吉本なら宮迫みたいなのは長期謹慎扱いで、タイミングを見て復帰させたかも知れないけどね。


(犯罪を犯した芸人が刑を受けて出所を待つぐらいの度量はある)
もしかしたらそう言うのは今の時代とは合わないかもだが。


「間違った内容が記載されているため修正する」と説明したとあったけど、白々しいと思う。

何らかの意図がないと、そういった内容にならないし、契約書が無いのにどうして誓約書を書かせるの?
手違いとか事務処理のミスとかではない。


一連の報道等からして、吉本興業に都合がいいように物事を進めていたに違いないと思います。


ネット番組黎明期にFUJIWARA原西がクレーンの上からバンジージャンプをしたら
コンクリートの地面に足がついてしまった映像を見た事がある
もう少し低い所から飛んだり、ゴムが長ければ大事故
ネット番組なんて制作費は安いので安全性度外視で保険すらなかったでしょう
原西はそれ以降売れて報われましたが危険な仕事をして
売れることなく去った人も多いのでしょうね

子どもが通っていた習い事の教室も、毎年同じような誓約書提出させてた。
サインするのが毎回メチャ嫌だった。

記事読んで、あ、法律的にもおかしかったんだということがわかり、なんか胸につっかえてたものが取れた思いです。


吉本問題、いいね!世の中にまかり通る「やっべぇ」闇に何石も投じてくれてる。


吉本のみならず社会も少しでも良くなる良い機会になるかもかも…!

>今年になって担当者が代わり、引き継ぎがうまくいかずに修正前の規約を渡してしまった
本当かなぁ。

去年参加者を血眼になって探してる記者の姿が眼に浮かぶ

ジャニーズや吉本を使うことを許容しているスポンサーも問題。
両事務所は徹底的に改革し、結果を公表しないと数年以内につぶれるかもしれない。
そして、他の芸能事務所も今は他人事だけど、同じことが起きるかもしれないと肝に命じなければいけないと思います。

大崎洋会長が社長に就任した09年にコンプライアンスやリスク管理の強化方針が打ち出され、
↑会社が果たすべき当然の義務を回避するのはリスク管理とは言わないんだが。


松本人志もこの会長を立てるのは考え直した方がいいぞ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!