花のち晴れ 最終回までのあらすじ&感想とネットの反応まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

4/17日からスタートした杉咲花さん主演のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」

大ヒットドラマ『花より男子』シリーズを手がけた石井坪井監督が演出を担当。

『花より男子』も人気作品だっただけに、”花男”チームの新たな青春物語に期待されていましたが、初回視聴率は、7.4%とやや低い数字。

が、「花より男子」の道明寺(松本潤)や花沢類(小栗旬)などF4メンバーの登場も手伝ってか、回を追うごとに視聴率も伸びている模様。

SNS上では、だんだんストーリーに引き込まれていき毎週火曜日が楽しみといった声が多く見られます。

第1話から最終回までのあらすじと感想やネットニュースをまとめました。

花のち晴れ 第1話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第1話のあらすじ

資産家の子女が集まる名門校・英徳学園。伝説の4人組“F4エフフォー”が卒業して10年、学園はかつての輝きを失いかけていた。

2018年春。英徳学園の高等部2年生・江戸川音(杉咲花)は、父が経営する大手化粧品メーカー「エド・クオリティ化粧品」が倒産し、生活が一変。

母・由紀恵(菊池桃子)と二人、貧乏生活を送りながら、“隠れ庶民”として英徳学園に通っていた。

一方、その英徳学園でカリスマとして崇められているのが、神楽木ホールディングスの御曹司である神楽木晴(平野紫耀)。

父・巌(滝藤賢一)は、道明寺財閥と肩を並べる日本三大財閥の一つを束ねる若き会長だ。

F4エフフォーの道明寺司に憧れる晴は、英徳学園に栄光を取り戻すため、幼馴染の平海斗(濱田龍臣)らと“C5シーファイブ”を結成。

「学園に寄付金を払えない庶民は英徳にふさわしくない」として生徒を退学させる“庶民狩り”を行っている。

“隠れ庶民”の音は“庶民狩り”におびえながらも英徳学園に通い続けていたが、それにはある理由が・・・。

音には馳天馬(中川大志)という婚約者がいて、天馬の継母・利恵(高岡早紀)から「音が18歳になるまで英徳学園に通うこと」を結婚の条件にされているのだ。

そんなある日、音と晴は最悪の出会いを果たし…。

花のち晴れ 第1話に関するネットニュース

「花より男子」の続編となるドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」が4月17日から放送開始。

新世代のキャラクターたちへ大きな注目が集まる中、道明寺司役の「嵐」松本潤の登場にネットは歓喜の渦に包まれ、その影響か一時SNSが繋がりにくくなる現象まで発生した。

— 中略 —

第1話では半年前に父の会社が倒産し貧乏人となってしまい、C5による「庶民狩り」に怯えて学園生活を過ごす音が、バイト先のコンビニで晴とバッタリ出会い、晴が“ヘタレ男子”だったことを知る。

自分の“秘密”をばらされたくない晴は音を自宅に招くが、そこで音のバイト仲間を侮辱して怒られたことで、晴は音に恋をしてしまう…というストーリーが展開した。

SNS上では表向きは「完璧」を装いながらも実は「ヘタレ」な晴を演じた平野さんに「可愛いすぎもうやばい無理」「へタレ男子最高すぎ」など役柄のヘタレ加減に対する声と共に、「平野くん体格が良い」「顔がいいしか言えない」など平野さん自身のポテンシャルの高さを評価する声が続々投稿。

また前作の「F4」道明寺司を演じた松本さんも友情出演。

最初はホログラムで登場した司に「ええwww道明寺ホログラム」「言い値で買うから道明寺のホログラム買わせてください」など驚きと共に多くの反響が巻き起こると、その後は出演シーンのオンエアと共に「泣きそう、なつかしすぎる」「松潤かっこよすぎませんかねぇ」「花のち晴れ道明寺出て来たときの鳥肌やばかった」「道明寺出て来た時泣きそうになった」などの反応がタイムラインを埋め尽くし、その影響かは不明だがラストシーンの頃にはTwitterがつながりにくい状況に。

これには「天下の道明寺様はTwitterすらも破壊する威力を持っていらっしゃる」「ツイッターが落ちるほど道明寺にやられた数分」などのツイートが寄せられ、松本さん演じる道明寺の影響力の大きさを改めて見せつけられる形となった。

“道明寺”松本潤の登場でTwitterが落ちた!? 「花のち晴れ」第1話放送にネット大盛況 | cinemacafe.net
「花より男子」の続編となるドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」が4月17日から放送開始。新世代のキャラクターたちへ大きな注目が集まる中、道明寺司役の「嵐」松本潤の登場にネットは歓喜の渦に包まれ、その影響か一時SNSが繋がりにくくなる現象まで発生した

花のち晴れ 第1話 視聴者の感想

花のち晴れ 第2話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第2話のあらすじ

英徳学園に通う元お嬢様で“隠れ庶民”の女子高生・江戸川音(杉咲花)は、学園のカリスマ的存在、神楽木晴(平野紫耀)率いる“C5シーファイブ”の庶民狩りに怯える日々を送っていた。

ところが、アルバイト先のコンビニで晴に遭遇したことから、運命は一転。晴が実は“ヘタレ男子”だったことを知る。

一方、晴は音に出会ったことで胸の奥がざわつく毎日。いつもと様子が違う晴を面白がるC5の面々だったが、愛莉(今田美桜)だけはその原因が気になって仕方ない。

そんな中、晴は音をデートに誘う。

何か裏があるのでは?と疑う音と鈍感な晴の会話は少しずつ食い違い、やがて二人は英徳学園伝説の四人組“F4エフフォー”のリーダー・道明寺司の家へとたどり着く。

そこで道明寺家のメイド頭・タマ(佐々木すみ江)に会った晴は嬉しさのあまり、道明寺への憧れと英徳への決意を熱く語る。

そんな晴を前にした音は、自分が英徳に“隠れ庶民”のまま通い続ける本当の理由を伝えるのだが…。

この告白に晴の心は大混乱、その場に崩れ落ちてしまう。
音の婚約者が馳天馬(中川大志)だと知った晴は、C5と共に桃乃園学院に潜入!英徳に迫る勢いの桃乃園学院とはいったいどんな高校なのか?

しかし、本当の目的は会長の馳天馬を探ることだった。

文武両道、完璧な生徒会長の天馬と晴の対面の行方は果たして…!?

花のち晴れ 第2話に関するネットニュース

杉咲花、「King&Prince」平野紫耀、中川大志ら新世代キャストによる「花のち晴れ~花男 Next Season~」の第2話が4月24日にオンエア。

前作「花より男子」を彷彿させる「恵比寿ガーデンプレイス、1時」のセリフにSNS上で多くの“花男”ファンが盛り上がった。

— 中略 —

今回、神楽木が音の初デートの待ち合わせ場所と時間が「恵比寿ガーデンプレイス、1時」だったことにSNSが大きく反応。

これは前作「花より男子」で牧野つくし(井上真央)が道明寺司(松本潤)と待ち合わせた場所でもありこれに

「恵比寿ガーデンプレイス、1時……涙」

「恵比寿ガーデンプレイス午後1時!!!でた!なつかしい」

「恵比寿ガーデンプレイス 一時!この言葉だけでときめく」

など懐かしさや感動を覚えたというコメントが続出。

また今回は天馬と音のデートシーンもあり、そこで見せる天馬のさりげない気遣いやふるまいにときめきを覚えた視聴者が多数。

「中川大志イケメンすぎてつらい」「中川大志が、一番かっこいい」「輝いて見えて仕方がない。」などの声が多数寄せられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000000-cine-movi

花のち晴れ 第2話 視聴者の感想

花のち晴れ 第3話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第3話のあらすじ

「江戸川音(杉咲花)は”隠れ庶民”!」
英徳学園の生徒全員のスマホにメッセージと画像が届いた。

神楽木晴(平野紫耀)から「お前は庶民狩りをしない」と言われ、ほっとしたのも束の間、全校生徒に”隠れ庶民”であることを知られ、音は絶体絶命!

このメッセージが晴の仕業だと思いこんだ音は、深く傷つく。

一方、晴はこれまで庶民狩りをしてきた“C5シーファイブ”としての自分と、音を救いたいという想いのはざまで思い悩んでいた。

翌日、英徳学園に退学届を出す決意を固めて登校した音は、生徒たちにとり囲まれてしまう。

騒ぎを聞きつけてC5の面々が駆けつけると、そこには、突き飛ばされ、土下座させられた音の姿が!

晴は、音のもとに駆け寄ろうとするが、生徒たちの人垣に阻まれてなかなか前へ進めない。

まさに音にバットが振り下ろされようとした時、馳天馬(中川大志)が現れて…。

花のち晴れ 第3話に関するネットニュース

「花より男子」の新シリーズとして4月から放送が始まったドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の第3話が5月1日に放送された。

第1話の松本潤演じる道明寺司に続き“F4”から小栗旬の花沢類が登場。ネット上は喜びの声に溢れている。

— 中略 —

第3話では音の“隠れ庶民”が発覚。

英徳学園の生徒たちから卵を投げつけられあげくにバットで殴られそうになるのを助けようとする晴だったが、そこに天馬が現れ音を守り、学園に5000万を寄付したことで音は退学を免れる…というストーリー。

この展開に視聴者からは

「天馬くんクソイケ…しんどい…」

「これは、天馬くんの優勝ですわ」

「天馬くんかっこよすぎる」

などの声が相次ぐ。

音を守れなかった悔しさから落ち込む晴だが、そこに現れたのはなんと伝説の「F4」の1人、小栗さん演じる花沢類。晴は花沢の助言で立ち直るのだが、第1話の道明寺司に続く待望の登場にSNSは歓喜に沸く。

「あの時のままだ何この再現率。すごい。」

「最近の男感ゴリゴリの小栗旬があんなに柔らかい雰囲気の花沢類に…」

など、10年を経たいまも当時の雰囲気そのままの小栗さんを絶賛する声が続々投稿される。

なかには「現在の花沢類のがかっこいいな可愛い」というツイートも。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000000-cine-movi

花のち晴れ 第3話 視聴者の感想

花のち晴れ 第4話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第4話のあらすじ

ひょんなことからアルバイト先の先輩・紺野(木南晴夏)とその彼氏・ミータン(浜野謙太)とダブルデートをすることになった音(杉咲花)と晴(平野紫耀)。

二人は次第に打ち解け、距離を縮めるが…突然、愛莉(今田美桜)が現れた!

愛莉は、音を英徳学園から追い出そうとしたことを謝り、音に「友達になって欲しい」といきなり切り出す。

「なにか裏があるのでは?」と怪しみながらも、愛莉のペースに巻き込まれていく音。

さらに、愛莉が幼い頃から晴を思い続けていることを知り、次第に心を許していく。

そんな中、音がレストランの冷蔵室に閉じ込められてしまうという事件が!そこには何故か天馬(中川大志)がいて…。

花のち晴れ 第4話に関するネットニュース

「花より男子」を受け継ぐ新たなラブストーリーを展開する「花のち晴れ~花男 Next Season~」の第4話が5月8日放送。ヒロイン・音に嫉妬し過激な行動に出た愛莉を演じる今田美桜の美貌に「めちゃくちゃ美人」「可愛すぎ」の声が相次いでいる。

— 中略 —
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

第4話では冒頭から音をピンチに陥れた愛莉が一転音に謝罪。「友達になろう」という愛莉は音と晴も誘い3人で“デート”することになるが、愛莉は音をトイレに連れていくとみせかけ冷蔵庫に閉じ込めてしまう。そこには天馬も閉じ込められていて…という展開に。

嫉妬に狂った愛莉の“暴走”がストーリーの軸となった今回だが、その愛莉を演じた今田さんの美貌に放送開始直後からSNSがザワめく事態に。

「今田美桜って人めちゃくちゃ美人だな」

「あいり顔整いすぎ あんな顔がよかった」

などその美人ぶりに衝撃と感銘を受けた視聴者たちが続々SNSに投稿、なかには

「美桜ちゃんほんと可愛い。。こんな美少女じゃ普通のヒロイン役こないよね」

「今田美桜ちゃん可愛すぎて息が苦しい」という声まで。

また今田さんを本作で初めて知ったと思われる視聴者からの「あいりちゃんかわいいな!あいりちゃん役かわいい誰だろう」というツイートや「あいりちゃん役の子、可愛い。あの子が悲しんでる顔も見たくないなー。幸せになってほしい」と今回かなりの“悪役”ぶりを披露しているにも関わらず、思わず応援してしまう声も。

ラストでは再度仲直り(?)した音と愛莉の姿が描かれたが、今度は飯豊さん演じる西留めぐみが登場。次回からはさらに複雑な恋模様になりそうな予感。

“悪役”ぶり披露も今田美桜の美しさにネットがザワつく「花のち晴れ」第4話(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース
「花より男子」を受け継ぐ新たなラブストーリーを展開する「花のち晴れ~花男 Next Se - Yahoo!ニュース(cinemacafe.net)

花のち晴れ 第4話 視聴者の感想

花のち晴れ 第5話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第5話のあらすじ

自分の恋は破れたものの、晴(平野紫耀)と音(杉咲花)がうまくいくようにと願う愛莉(今田美桜)は、嫌がる音を無理やり一茶(鈴木 仁)の華道パーティへと連れ出す。

ところがそこで音が目にしたのは、今をときめく人気モデル・メグリン(飯豊まりえ)が、晴に微笑む姿だった…。

「好きではない」と言いながらも嫉妬する音。

一方、晴は温泉でハプニングに遭遇!偶然、メグリンの裸を見てしまい、そのことが音にバレないか気が気ではない。

しかし、翌日メグリンが英徳学園に現れ、あっという間に秘密がバレてしまう…。追いかけてきた晴を音は拒絶。

その頃、音の母・由紀恵(菊池桃子)の元には天馬の継母・利恵(高岡早紀)から、仲睦まじい音と晴の写真が送られてきていた。

今度は心配する由紀恵に八つ当たりしてしまう音。さらに写真の件を知り、駆けつけた天馬(中川大志)にも「ほっといて!」と感情をぶつけてしまい…。

花のち晴れ 第5話に関するネットニュース

ドラマ、映画と展開し大ヒットした「花より男子」の新章としてこの春から放送が開始された「花のち晴れ~花男 Next Season~」の第5話が5月15日(火)オンエア。飯豊まりえ演じる西留めぐみの登場でさらに混戦模様の青春ラブストーリーに視聴者の反応は!?

—中略—

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

嫉妬から音にひどい嫌がらせをしてきた今田美桜演じる真矢愛莉が“改心”。一転して音と晴の恋を応援するようになったのもつかの間。「C5」の1人、成宮一茶(鈴木仁)の華道パーティーに来ていた大財閥の令嬢で人気モデルのめぐみが晴に恋心を抱いてしまう。

恋愛ゲームでしか恋をしたことがないめぐみは“リアルな恋愛”の仕方がわからず、晴に積極的にアプローチ。

その様子を見ていた音はヤキモチを焼いてしまいイライラ。しかも音と天馬の仲を裂きたい天馬の継母・利恵は音と晴が2人っきりでいる瞬間を盗撮。

音の母・由紀恵にその写真を送りつけてしまう。さらに晴の父・巌も音の存在を知ってしまう…というのが今回の物語。

“悪役”ながらもその美しさに視聴者を騒然とさせてきた愛莉だったが、今回からはキュートさを前面に押し出した性格に“キャラ変”。改めてその美しさを讃える声がSNS上に溢れかえる事態となった。

「あいりちゃん可愛すぎないか?」

「今日も今田美桜の可愛さ異常」

などのコメントから、

「花のち晴れのあいりめっちゃかわいいねんけどほんまにかわいいねんけど。かわいい通り越して好きなんやけど」

「愛莉可愛いよー可愛すぎて可愛いすぎて!」

「愛莉ちゃん最高にがわいいいいいいいいい」

など、あまりの可愛さに絶叫に近いようなコメントまでがタイムラインをにぎわせている。

そして“新たな恋のライバル”めぐみには

「めぐりん電波少女だったのか… すごいのきたな」

「め、めぐりん…だいぶキツいやつやん…」

など、その強烈キャラに対する反応が続々。

一方で

「ピュアな感じかわいいとか思っちゃった」

「飯豊まりえ可愛すぎて死んじゃう」

など今夜の放送で“メグリン推し”の視聴者も多数誕生した模様。

障害が多いほど恋は盛り上がるというが、次回からは音、晴、天馬それぞれに恋の試練が降りかかりそうな予感で、来週も見逃せない展開になりそう。

飯豊まりえの“強烈キャラ”に視聴者の反応は…「花のち晴れ」第5話(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース
ドラマ、映画と展開し大ヒットした「花より男子」の新章としてこの春から放送が開始さ - Yahoo!ニュース(cinemacafe.net)

花のち晴れ 第5話 視聴者の感想

花のち晴れ 第6話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第6話のあらすじ

音(杉咲花)が婚約者である天馬(中川大志)に改めて”告白”している場面に遭遇した晴(平野紫耀)はひどく落ち込む。

翌日、晴を追ってメグリン(飯豊まりえ)が英徳学園に転校してきた。

晴が「カノジョであるメグリンを転入させた」と校内は大騒ぎだ。

メグリンが転校してきたおかげで英徳への転入希望者が増えたことを知った海斗(濱田龍臣)は、晴に「英徳のために西留めぐみと付き合え」と強要する。

ある日、ひょんなことから音&天馬、晴&メグリンでWデートすることになった4人。

晴は、音が天馬に向ける笑顔や言葉にイラつき、天馬は普段は見ない音の言動に驚く。

そんな中、観覧車で二人きりになってしまった音と晴。晴はそれまでの感情があふれ出し「俺のことをもてあそぶな!」と音に怒鳴ってしまう。

ようやく晴の気持ちに気づいた音は、ある決心のもと晴の部屋を訪ねるのだが…。

花のち晴れ 第6話に関するネットニュース

杉咲花、「King&Prince」平野紫耀、中川大志、飯豊まりえらが共演、TBS系で現在好評放送中の「花のち晴れ~花男 Next Season~」の第6話が5月22日(火)にオンエアされ、切なすぎる4人の恋の姿に涙する視聴者の声がネットに溢れかえっている。

—中略—

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

今回の第6話では“メグリン”ことめぐみが英徳に転校してくる。

父に音を否定され言い返せず落ち込む晴を励まそうとめぐみは遊園地に誘うのだが、その頃音も天馬を遊園地に誘い、この2カップルが遊園地で鉢合わせ。

なんとダブルデートをすることに。

そんななかで天馬は晴の気持ちに気付き「音は渡さない」と“宣言”。観覧車で2人きりになってしまった晴は音に告白しようとする。

そして晴の気持ちに気付いた音は「いままで苦しめてごめんなさい」と晴をきっぱり振り、その後音と天馬はキス。天馬は音に「桃乃園に転校してこないか」と誘う…という展開。

Wデートで晴に嫉妬されながらも常にクールな天馬の姿に視聴者からは

「天馬くんまじかっこよすぎてほんとしんどいんですけど!王子様!」

「“音は渡さない”って。天馬くんカッコよ過ぎ」

「天馬くんが当て馬なんて嫌」

などの声が殺到。

「天馬くんの鼻のシルエットが美しすぎて滑りたい」

と独特の表現で中山さんの横顔の美しさを讃えるツイートも。

一方、これまで“ヘタレ”だった晴には転がるベビーカーを助けるなど男らしい場面が。

そしてとうとうしっかりと音に告白するのだが

「ハルトの切ない告白シーンに宇多田ヒカルはダメだよ…シーンに合いすぎて泣いちゃうよ」

「晴にめっちゃ感情移入してもうて涙出てきた」

などの反応が。

「胸が苦しすぎます」

「これじゃ天馬くんも晴も可哀想すぎる…」

など切ない“失恋”シーンに涙する視聴者が続出している模様だ。

中川大志の「音は渡さない」…完璧男・天馬に視聴者熱狂!「花のち晴れ」6話(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース
杉咲花、「King&Prince」平野紫耀、中川大志、飯豊まりえらが共演、TBS系で現在好評 - Yahoo!ニュース(cinemacafe.net)

花のち晴れ 第6話 視聴者の感想

花のち晴れ 第7話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第7話のあらすじ

音(杉咲花)は天馬(中川大志)から桃乃園学院への転校を勧められる。
「音を守りたい」という天馬の言葉がうれしいものの、晴(平野紫耀)からの情熱的な告白が忘れられない音は、心の中にもやもやを抱えていた。

一方、完全に振られた晴は落ち込むものの、久しぶりに父・巌(滝藤賢一)に食事に誘われ、ようやく認められたと嬉しくなる。

しかしそれはホテルチェーンの娘であるメグリン(飯豊まりえ)との婚約話を進めるためだった!

その日、晴が行方不明になったと聞いた音が、道明寺邸へ向かうと…やはり晴はそこにいた。

そこで二人は、メイド頭のタマ(佐々木すみ江)と秘書の西田(デビット伊東)から道明寺の過去を聞くことになるのだが…。

花のち晴れ 第7話に関するネットニュース

資産家の子女が集まる名門校・英徳学園を舞台にした青春ラブストーリー「花のち晴れ~花男 Next Season~」の第7話が5月29日にオンエア。これまで“強烈キャラ”だった飯豊まりえ演じる西留めぐみに「見直したぞ」「格好いい!」の声が相次いでいる。

—中略—

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

7話は音が天馬から桃乃園学院への転校を勧められる。音に振られた晴は“庶民狩り”を再会。

そんな頃父・巌から食事に誘われ自分が認められたと喜ぶが、それはめぐみとの婚約を勧めるためのもので、それを知っためぐみは晴を連れ食事会を飛び出してしまう。

行方不明になった晴を探して音は道明寺邸へ。そこで晴を見つけた音は2人でメイド頭のタマ(佐々木すみ江)と秘書の西田(デビット伊東)から道明寺の過去を聞く…というのが今回のストーリー。

今回の注目はいままで“強引”“不思議”キャラ感が強かっためぐりんの以外な一面。

騙されるように連れてこられた食事会で厳に対し「晴君の素晴らしさを点数にしないでください。私は自分の力で晴くんを手に入れます。ビジネスに利用しないでください」ときっぱり告げその場を飛び出すシーンでは

「めぐりんよくやった!!!」

「株上がってますよ?」

「見直したぞ」

などの投稿が続々。

これまでのイメージを返上した“めぐりん”に

「やっぱりいい子じゃん!」

「格好良い!」

「メグリンの逆襲」

と再評価の声がネット上に溢れかえっている。

飯豊まりえ演じる“めぐりん”に「見直した」の声続々…「花のち晴れ」第7話(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース
資産家の子女が集まる名門校・英徳学園を舞台にした青春ラブストーリー「花のち晴れ~ - Yahoo!ニュース(cinemacafe.net)

花のち晴れ 第7話 視聴者の感想

花のち晴れ 第8話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第8話のあらすじ

音(杉咲花)と晴(平野紫耀)は友達として向き合って行く事を決める。そして晴はメグリン(飯豊まりえ)を「彼女(仮)」とし、音と晴は、それぞれ素敵なカップルになろうと誓い合う。

ある日、音と天馬(中川大志)の映画館デートに合流する事になった晴とメグリン。

そこで音と晴の仲の良さを見て、不安になってしまうメグリンだが、晴のために英徳学園を盛り上げようと自分の誕生パーティーを企画する。

しかし、同じ日に馳&江戸川両家で食事会が開かれる事になってしまう…。その食事会は桃乃園への転入を延期した音が、果たして天馬の婚約者として相応しいのかどうか見極める場だった。

音はメグリンの招待を断り、食事会に向かおうとするが…。

花のち晴れ 第8話に関するネットニュース

「花より男子」から10年後を描いた「花のち晴れ~花男 Next Season~」もいよいよ佳境に突入。6月5日に放送された第8話ではこれまでの“ヘタレ”から一転、男らしさをみせた晴に「かっこいいよー」「いつこんなに大人になったの?」などの反応が相次いだ。

—中略—

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

第8話では桃乃園への転校を撤回した音が、晴と友人として向き合うことを決意。晴もメグリンを「彼女(仮)」と認めそれぞれ素敵なカップルになろうと誓い合うのだが、音と晴の関係を快く思わない天馬の継母・利恵(高岡早紀)は馳&江戸川両家の食事会をセッティング。

天馬の父がそこで音が婚約者にふさわしいか見定めることに。

同じ日に開かれるメグリンの誕生会を欠席し食事会に行くことになった音だが、誕生会に爆破予告が。その犯人が誰か気付いた音は食事会に行かず学校に戻り、すんでのところでメグリンと晴を救う。

晴は音とともに食事会に向かい天馬の両親に謝罪。

その姿に天馬は悔しそうな顏を見せる。そして晴は音を振り切るようにメグリンを抱きしめ「めぐみ」と下の名前で呼ぶのだった…というストーリーが展開。

これまで“ヘタレ”キャラだった晴が今回ついに“男らしく”音を守る姿をみせたことに

「漢だわ神楽木」

「え、いつ神楽木こんなに大人になったの?」

「はるとー!!!かっこいいよー!!!!」

などといった視聴者の声が相次ぐ。

このまま晴はメグリンと、音は天馬と結ばれそうな展開なのだが、一方で次回予告では「俺は江戸川を諦めない」という晴のセリフも。

「ええもう何この展開」

「あ、あ、あ、天馬が、あ、あ、どうなる」

「え、待って どうなるの…?!」

など今後の展開に対する不安や期待が入り混じった反応も多数見受けられた。

平野紫耀演じる晴が“ヘタレ返上”…視聴者たちが沸いた!「花のち晴れ」第8話(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース
「花より男子」から10年後を描いた「花のち晴れ~花男 Next Season~」もいよいよ佳境 - Yahoo!ニュース(cinemacafe.net)

花のち晴れ 第8話 視聴者の感想

花のち晴れ 第9話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第9話のあらすじ

英徳学園がピンチを免れたかに見えたのも束の間、さらなる事件が!
音(杉咲花)が何者かに襲われたのだ。
必死に助けを求める音は、偶然通りかかった桃乃園学院の近衛(嘉島陸)たちに助けられる。

病院に駆けつけた天馬(中川大志)は音の身を案じ、晴(平野紫耀)にも報告すべきだと助言。

しかし、音はメグリン(飯豊まりえ)との初デートのプランを必死に考える晴に、自分が襲われたことは伝えずにいた。

そんな中、音は事件を裏で操っていた犯人を知ってしまう。すぐさま天馬にその事実を伝えるも、「何かの見間違いでは?」と天馬は半信半疑。音は自分を信じてくれない天馬にショックを受ける。

だが、晴は音の前で「そんなの一択だろ!好きな女の言うことを信じなくてどうする!」と天馬に掴みかかり…。

花のち晴れ 第9話に関するネットニュース

杉咲花、「King&Prince」平野紫耀、中川大志、飯豊まりえら若手キャストが集結、「花より男子」を受け継いだ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の第9話が6月12日放送。“ヘタレ返上”した晴に訪れる試練、そしてまさかの“アノ人”の登場!?に視聴者の反応は…

—中略—

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

前回のメグリン誕生会での爆破未遂に続き、今度は音が夜道で何者かに催涙スプレーをかけられる事件が発生。

偶然通りかかった天馬に心酔する近衛(嘉島陸)らが助けるのだが、警察に通報しようという天馬に近衛は、英徳にいるから事件に巻き込まれると桃乃園への転入を早めるよう進言する。

実は英徳の校門に落書きしたのも爆破事件も、そして音を襲わせたのも、裏で近衛が仕組んでいたことだった。

そのことを知った音は天馬に近衛が犯人だと訴えるが、天馬は信じられない様子。

ショックを受けた音を慰める晴のもとに天馬が現れ、2人は直接対決へ…というのが今回のストーリー。

音の訴えをあくまで客観的に捉えようとする天馬を「好きな女の言うこと信じないでどうする」と一喝する晴の姿に

「晴がイケメンすぎて1話からの成長ぶりが著しすぎてもう泣きそう」

「晴の急成長にはびっくりだよ!全然ヘタレじゃないじゃん!男気タップリじゃん!」

などの声続出。今回で天馬派から晴派に鞍替えした視聴者続出の模様。

さらにゲストに「ゴールデンボンバー」喜屋武豊も出演。

これにも

「喜屋武さん出たー笑笑(*´?`*)」

「喜矢武さま!」

と多数の反応が寄せられた。

そして次回予告のなかで「F4」西門総二郎の登場が予告されると、

「ずっ~~と待ってた松田翔太さんが出る回が遂に~~~~」

「とりあえず西門さんが楽しみすぎるけどまじ?」

「ようやく西門総二郎出る」

など歓喜の声がタイムラインを埋め尽くす事態に。

いよいよ次回は晴と天馬が音を巡って“決戦”。ますます目が離せない「花のち晴れ」をお楽しみに。

ついに松田翔太演じる西門総二郎が!…ネットが沸いた「花のち晴れ」第9話(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース
杉咲花、「King&Prince」平野紫耀、中川大志、飯豊まりえら若手キャストが集結、「花 - Yahoo!ニュース(cinemacafe.net)

花のち晴れ 第9話 視聴者の感想

花のち晴れ 第10話のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第10話のあらすじ

音(杉咲花)をめぐり、愛とプライドを賭けた武道対決に挑むことになった晴(平野紫耀)と天馬(中川大志)。

二人の決闘についてC5も知る事になるが晴の勝利を信じておらず、音はそんな4人に喝を入れる。

圧倒的に不利な晴に、F4の西門(松田翔太)が弓道の極意を指南することに。
晴との稽古中、練習場にやってきた音と天馬。

彼らが交わす言葉から、西門はかつての道明寺たちを思い出し…。
そんな中、天馬の父の事業拡大に伴い、音の父・誠(反町隆史)を化粧部門に迎える事になり、由紀恵(菊池桃子)は喜ぶ。

そして利恵(高岡早紀)は、江戸川家が3人で暮らす家を手配。さらには音と天馬の結婚式を音の誕生日にあげようと言い出す。

そして迎えた大会初日。音が本当に好きなのは天馬なのか?晴なのか?勝負の行方はいかに!?
物語はいよいよ最終決戦へ!!!

花のち晴れ 第10話に関するネットニュース

フレッシュなキャストによって描かれる「花より男子」の10年後の物語…「花のち晴れ~花男 Next Season~」の第10話が6月19日にオンエア。松田翔太演じる「F4」西門総二郎の“ガッツリ”登場にSNSは歓喜と狂乱の渦に包まれている。

—中略—

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

父の命令で天馬と柔道、剣道、弓道で対決することになった晴だが、勝負は天馬に圧倒的に有利だった。

真相を知らない「C5」は勝負を止めるよう晴に進言。音を呼び出し天馬に試合を辞退してもらうようお願いするが、音は「仲間なら晴を応援しろ」と一喝。

圧倒的に不利な状況を打開すべく「C5」の成宮一茶(鈴木仁)は「F4」の西門総二郎に晴の指導を依頼する…というのが10話のストーリー。

西門が登場した瞬間からSNSには

「西門さんきたぁぁあ!!!」

「松田翔太かっこいいいいいいい」

「きたきたー!!松田翔太!」

などの投稿が続々アップ。

その後も松田さん演じる西門が晴に弓道を教えていると、そこに音と天馬も練習のため現れ、「あれが惚れた女?」と聞く西門に、晴が自分の気持ちを話すと「カッコいいじゃん」と返す場面や、音に対して優しく大人の“壁ドン”をシーンなども。

これまでの「F4」のメンバーのなかでも特にガッツリと新キャストと絡む松田/西門に

「個人的にはお茶立てて欲しかった」

「昔の演技の初々しさ出しつつの隠しきれない超絶オーラの松田翔太最高」

「松潤と小栗旬よりも1番出てるなぁ~」

「松田翔太至高すぎ」

などの反応がツイートされ続ける。

さらに

「西門総二郎の柔らかな壁ドン…色っぽすぎないか…」

「ジワジワ近づいてくる壁ドンは思い出すだけでニヤニヤする」

「松田翔太の壁ドンのエロさを死ぬ前に拝めてよかった」

と、松田さんの“大人の壁ドン”にも“喜び”の声が多数寄せられている。

“F4”松田翔太の大人壁ドンに「色っぽすぎ」の声続出…「花のち晴れ」10話(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース
フレッシュなキャストによって描かれる「花より男子」の10年後の物語…「花のち晴れ~ - Yahoo!ニュース(cinemacafe.net)

花のち晴れ 第10話 視聴者の感想

花のち晴れ 第11話(最終回)のあらすじ&感想&ネットニュース

花のち晴れ 第11話(最終回)のあらすじ

音(杉咲花)への気持ちを断ち切れない晴(平野紫耀)は、父・巌(滝藤賢一)の提案で音の婚約者で桃乃園学院の生徒会長である天馬(中川大志)との武道大会で勝負をすることに。

英徳学園と桃乃園の戦いであると同時に、音をめぐる“愛とプライド”を賭けたぶつかり合いに、音は複雑ながらも天馬の応援席へ。

試合当日、晴は天馬に柔道で秒殺され、右手首を負傷してしまう。

一方、天馬は音を襲撃した英徳狩りの首謀者が近衛(嘉島陸)だと知り衝撃を受ける。

晴と天馬による“恋の決闘”の行方は!?

そして、音・晴・天馬が下した〝自分らしく生きる”ための決断とは…。

花のち晴れ 第11話(最終回)に関するネットニュース

花のち晴れ 第11話(最終回) 視聴者の感想

花のち晴れの視聴率まとめ

第1話(4/17) 視聴率 7.4%

第2話(4/24) 視聴率 7.9%

第3話(5/01) 視聴率 9.6%

第4話(5/08) 視聴率 9.0%

第5話(5/15) 視聴率 8.7%

第6話(5/22) 視聴率 8.3%

第7話(5/29) 視聴率 7.5%

第8話(6/5) 視聴率 9.6%

第9話(6/12) 視聴率 8.6%

第10話(6/19) 視聴率 5.2%

第11話(最終話)(6/26) 視聴率

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!