『正義のセ』あらすじ・キャスト【吉高由里子が正義感強めな検事役!阿川佐和子原作】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

日本テレビの2018年4月スタートドラマ『正義のセ』
原作は、エッセイ、小説、テレビと幅広く活躍する阿川佐和子さんの『正義のセ』シリーズの小説。

吉高由里子さん演じる新米女性検事・竹村凛々子(たけむら りりこ)が、持ち前の正義感で事件解決に挑み、仕事に恋に悪戦苦闘しながら一歩づつ成長していく物語。

20代最後のドラマ出演となる吉高由里子さんは、主演を演じるにあたって、以下のようなコメントをされています。

「検事役ということで身構えていましたが、原作を読んで、普通の女の子がたまたま検事になり、仕事に恋に失敗しながらも立ち向かっていく、女性なら誰もが共感できるお仕事ドラマと分かり、ホッとしました。凛々子と一緒に私も成長したいです」

あらすじや登場人物・キャストをまとめました。

あらすじ

主人公・竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検で働く2年目の検事。

29歳、東京の下町にある豆腐屋の長女で、実家暮らし。まだまだ駆け出しの凜々子は、不器用だけど何ごとにも一生懸命。

検事といえどもいわゆる“完璧”人間ではなく、融通が利かない性格で、正義のために声を出し、喜び、笑い、泣き、怒る、人間味あふれるキャラクター。

周りを巻き込みながらも、まっすぐに事件に取り組み、検事として、そして女性として成長していく。

持ち前の正義感で事件解決に挑む一方で『事件もの』ではなく、凛々子が同僚や家族に支えられながら、一歩ずつ成長していく様を『お仕事もの』として描いていく。

キャスト

吉高由里子

安田顕

三浦翔平

広瀬アリス

平埜生成

塚地武雅

宮崎美子

大杉漣

生瀬勝久

登場人物

竹村凛々子(たけむら りりこ)…吉高由里子

下町育ちの女性検事。
持ち前の正義感を活かして被疑者との取り調べに挑むが、ユウズウキカンチンな正確から失敗も多い。

竹村家(5人家族)

竹村浩一(凛々子の父)…生瀬勝久
竹村芳子(凛々子の母)…宮崎美子
竹村温子(凛々子の妹)…広瀬アリス
竹村菊江(凛々子の祖母)
下町で豆腐屋を営む凛々子の家族
高校卒業後、温子が豆腐屋を継いでいる

小林明日香(こばやし あすか)

小学校5年生の時に秋田から転校してきた凛々子の友人。
社会人になってから凛々子と再開する。

笹原順子(ささはら じゅんこ)

凛々子より少し年上の同期の検事。
凛々子と朋美とは、友人関係
奈良地検に配属された際にスキャンダルを起こしてしまう。

柴口朋美(しばぐち ともみ)

凛々子より一つ年上の同期の検事。
凛々子と順子とは、友人関係。
大きな黒目が特徴で、社交的。

神蔵守(かんぞう まもる)

横浜地検時代の凛々子の同僚。
初めて会った時から凛々子に積極的にアプローチしているが、実る気配がない。
凛々子に片思いしているが、凛々子からは「いけ好かないやつ」と思われている。

相原勉(検察事務官)…安田顕

大塚仁志(検事)…三浦翔平

木村秀樹(検察事務官)…平埜生成

徳永太一(検事)…塚地武雅

梅宮譲(支部長)…大杉漣

スタッフ

原作: 阿川佐和子「正義のセ」シリーズ(角川文庫)
脚本:松田裕子
プロデューサー:加藤正俊、鈴木香織
演出:南雲聖一、明石広人、岩﨑マリエ

主題歌

未発表

(※随時更新)

放送日程

日本テレビ系 2018年4月スタート
毎週水曜日 夜10:00~11:00
第1話:2018年4月スタート(日付未発表)

(※随時更新)

その他(見どころなど)

正義感丸出しの凛々子。そのため、いろいろと周りとぶつかって、腹を立てたり、失敗して泣いたり…。だけど、なぜか周りに助けられるという愛されるキャラクター。真面目で、真っ直ぐで、頑固で、でも失敗しては凹んで…というような、喜怒哀楽が激しいキャラクターなのでしょうか。

そんな凛々子を、吉高由里子さんがどのように演じるのか。また、他のキャストも誰なのか、楽しみです。

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!