まつ毛美容液で目のかゆみや腫れの相談相次ぐ!育毛剤成分入りの商品には注意が必要!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

「まつ毛美容液」で目のまわりが腫れるなどの相談が相次いでおり、国民生活センターが注意を呼びかけている。

国民生活センターによると、まつ毛美容液を使い、かゆみや腫れなどがあったなどの相談が、2015年度以降、381件寄せられた。中には、角膜が傷つき、手術したというケースもあったという。

センターがインターネットで販売されているまつ毛美容液を調べたところ、化粧品であるにもかかわらず、「育毛効果」をうたった商品や、頭髪への使用を目的に医薬部外品として承認された育毛剤を、まつ毛美容液として販売していたケースがあったという。

センターは、育毛剤を使用しないことや、異常を感じた時は、使用を中止するよう呼びかけている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190808-00000270-nnn-soci

まつ毛美容液について

 まつ毛美容液は、マスカラのようにブラシやチップ(スポンジ状のもの)、あるいは手で直接、まつ毛の生え際等に塗布する商品で、はり、こし、つやを与える等の効能をうたっているもののほか、育毛の効能効果等をうたっているものもみられます。

その一方で、化粧品では、医薬品等適正広告基準(注5)により毛髪にはり、こし、つやを与える等の効能をうたうことができますが、まつ毛の育毛の効能効果をうたうことは認められていないと考えられます。

また、現時点(2019年7月末時点)では医薬部外品として承認されたまつ毛美容液はありません。

インターネットショッピングモールで販売されている20銘柄(注6)の成分表示を調べると、9~57成分が表示されていました。

20銘柄全てに、オタネニンジン根エキス、ナツメ果実エキス、センブリエキスなど様々な植物由来の成分が表示されており、そのうち、一部の銘柄にはエタノールなどのアルコール類が成分として表示されていました。

専門家からのコメント

 顔や頭皮の部位によって皮膚の構造は大きく異なります。

特にまぶたなど、目の周りは皮膚が薄く外界から物質が経皮吸収される率が最も高い部位となっています。

また皮脂分泌能力は通常年齢と共に減少し40歳代を過ぎると洗顔後の皮脂分泌回復力が衰えてきます。

特に秋から春にかけて乾燥する時期は刺激等の影響を受けやすく眼周囲のトラブルが多くなるようです。

そのため、多くの成分が含まれる医薬部外品の育毛剤や化粧品のまつ毛美容液を使用すると、使用者の体質や、使用時期によっては、刺激またはアレルギーによる赤み、かゆみ、痛み、腫れ等が生じることがあります。

特に、植物由来の成分やエタノールなどのアルコール類は、使用部位による刺激・アレルギー反応を起こし易いと考えられます。

国民生活センターのHP

国民生活センターのHPで詳細を確認することができます。

国民生活センターHP

『 「まつ毛美容液」で目が腫れる 相談相次ぐ』のニュースに世間の声は

どの商品がよろしくないのか、きちんとニュースで伝えてくれるといいのに。

調べたんだから、発表するなら注意喚起でなく、商品名と企業名の公表もしてください。

逆にどのようなものが安心して使えるのかの提案もあるほうがいい。

種類と販売者も多くて、問題提議だけされても困ります

看護師です。
目と瞼の間の粘膜に塗ると書いてある商品を使ったことがあるけど、使うハケをディスポか何かにしないと菌がボトルの中で繁殖して目に良くないのではないかと職場の女医さんと話したことがあります。
最悪失明する可能性もあると言われました。

医薬品で副作用としてまつ毛が伸びる、濃くなってしまう緑内障点眼液があります。
だから、美容目的としてるものでも全く嘘の商品ばかりではないと思うけど、塗ってまた戻すという不衛生な状態から細菌わいて皮膚炎という場合もあるのかなと思います。

使い方次第なとこもあるかもしれないけど、まつ毛美容液に限らず、安易に使わないことですね。


最近は特に、女性、特に若い女の子にとっては目元を大きく可愛く見せることに手間もお金もかけているように思います。

そこに目を付けた、商品を売る側は責任を持って販売して欲しい。


ネットで簡単に購入できる時代。


売るだけ売って、不具合があれば謝罪で済ませれば儲けはそのまま。


カラコンもですが、目に傷が残ったり、将来は失明する恐れもあるのでは。


アレルギーがある人も増えたので、市販のものは医薬部外品のみにするなど、対応が必要だと思います。


個人によっては合う合わないはかなり差があります
特に粘膜系や皮膚の薄い所では影響が大きくなる可能性もある
身体に優しいと言われるオーガニック、植物系でもアレルギー起こす人はいます
万人に安全な物はなかなかありません
むやみにネットや周りの方々の言葉を信用しすぎず
自分の身体に合わない、かゆみ、赤くなる、かぶれる等の異常を感じたらばもったいなくてもすぐ使用を止めた方が良い
その後の治療費や身体への影響を考えたらば合わなかったのだと潔く使用を止めた方が良い

ほんとどの商品がよくないのか教えてほしいね。

私が使った数本は効果あったし、刺激もない。


ただ使い方が悪いと細菌、沈着物が透明な容器なのは見えるから
捨てるけれど、助かっています。


気をつけなければならないのは、ネット購入。


ネットでは有名メーカーの偽物コスメが出回っている。


これ取り締まってほしいわ。


きれいになろうとして、これは辛いな。
いつも使ってる化粧品でも体調が悪いと肌荒れを起こす事があるし、目のまわりは特に敏感かも。

ネットのクチコミだけで聞いた事も無いメーカーの物を使うのはちょっと不安。


さらなる被害者が出る前に企業名と商品名を公表して欲しい。

商品の成分に問題があるなら、自主回収して改善して欲しい。


とはいえ、何がアレルゲンになるのかは個人差があるから、消費者も注意が必要だよね。


高校生の時からDHCのまつ毛美容液使っていますが、全然問題があったことなど無いですし、体質や個人差の問題もあるのでは・・・?
それか、そのメーカーの商品に問題があるとか。


ある種の緑内障治療の点眼薬にはまつ毛を増やす作用があります。
ただし本来は緑内障治療が目的であり、まつ毛を増やす作用は副作用です。

毛だけに付着させれば育毛効果がありますが、まぶたに付着すると特有の色素沈着を起こしてしまいます。

(緑内障治療を行っている方でまつ毛が伸びている方は、まぶたも黒ずんでいる方が多い印象です)
きちんと医師の処方を受け、薬剤師から交付され
たものであれば重大な副作用が起きた場合、救済を受けられますが、こういった適応外使用でのトラブルの場合には受けられません。


自身の身体に変化を及ぼすものを使用する場合には慎重になった方が良いですね。


美容液は使っていませんでしたが、似たような症状になった事があります
つけまつげ、カラコン、ガッツリメイクだった頃、ありえないぐらいまぶたが腫れて、1ヶ月かゆみと痛みと戦ったことがあります
その後、ファンデだけでもまた腫れ、色々試して何回もそれと格闘しました
今も1日化粧すると、まぶたが痒くなり違和感がもの凄くあります
出来るだけ化粧せず、まぶたをこすらない、メイクは短時間のみ、そんな生活を続けてます
アレルギーのテストはやったし、その時の写真を持って受診もしましたが、原因は未だに不明
今は子育て中で仕事はしていませんが、女は化粧するもの!ノーメイクはありえない、という職業が多いので、この先不安で一杯です
安価な化粧品やカラコン、やはりリスクがあるのでは、と個人的に思います
私みたいにならない様、皆様にアイメイクは優しいモノを選んでもらいたいです

約6年いろいろなまつげ美容液をつけてきました。
数ヵ月前から急に片目が開けづらくなり、瞬きする力が急激に衰えて瞬きすることで目が疲れます。
眼科に行っても少し眼瞼下垂の症状があるけど大丈夫と言われてしまい、アイケア点眼薬を処方されました。
今もずっとおかしいままなのでまつげ美容液をやめてみます。

私がここ数年使っているのは育毛剤を販売している会社が作っているグランモアというまつげ美容液で、信用しているサロンにオススメしてもらいました。

とても信頼している人が紹介してくれた商品なのでとてもショックです。

だったら商品名、メーカーを写真入りで公表するべきでは?
消費者センターさんお願いします

目に入るとしみるタイプがありますが、目に入った事が分かる様にあえてそういう処方にしてあります。

睫毛が凄く伸びる、濃くなる物を選びがちですが、これは例えるならば、中国などで異常に大きく育った野菜などをネットなどで目にした事があるかと思いますが、これは農薬などを規定量以上に使用した為で、それと理屈は一緒です。


安全な睫毛美容液は、本来伸びるべき長さ、濃さになる様に作られています。


迷ったらメジャーなブランドの物を買うのが良いかと…。


まつ毛が少ない上に薄いので、化粧品メーカーのまつ毛美容液を色々と試しながら10年近く使っていますが、物によって合う合わないは確かにあります。

私は痒みが出ることが多いですが、中には塗るハケ部分の素材の芯が針金で、それが瞼に当たって痛いのですぐに使わなくなった物もありました。


なんだか合わないな…と思ったらすぐに使用を中止することは大事です。


商品名出すかメーカーか輸入元に改善要望をすべきだろう。

(センターには命令権は無いから本来は消費者庁がもっと積極的に動くべきだろうけど。

そうしないと、ちゃんとやっているところまで風評被害に遭う。


どうせ、苦情が出ている商品は偏っているのだろうから。


ただ、ライバルを潰すために通報する連中もいるだろうから、
公表の際には慎重な調査が必要だろうけど。


瞼はもともと皮膚が薄くデリケートな場所なので、成分に反応しやすい部位だと思います。

消費者もまつ毛を伸ばしたい気持ちが強いと思うので商品を必要以上につけている可能性もあるし、製造メーカーも結果を出すために育毛成分を濃厚にしているのでは?と個人的な見解を持ちました。


まつ毛美容液自体に否定的な人が多いですが、自分に合った物なら、増えはしないけど弱っていた毛にコシが出たり、成長は早くなると思います。

が、、合わないものは色素沈着を除き、普通に2日とか使えばわかるし、あくまで自己責任。


なぜ異変があるのに使い続けるんでしょうか. . .

育毛効果が無いと、まつ毛は成長しないし、つける意味ある??
問題のある商品を公にすることと、不衛生な物を使用し続けたり、使用方法を誤っていないか確認するべき。


外国のものも、簡単にネットで買えるし、自分には合わないかもしれない商品を買う側の責任だと思う。


5月に初めてまつげパーマを体験したのですが、美容液とは違いがあるかもしれませんが、2ヶ月ほど続いた眼球がヒリヒリするような違和感はとても辛かったです。

人生の中で試してみたい事は色々ありますが、よくよく気をつけようと思いました。


写真の美容液に問題あったと言うこと?
他の美容液にも?

そもそもまつげ美容液は効果などありません。
成分などヒアロルンのような美容成分が数滴含まれている程度で、あとはグリセリン。

目の周りは非常に皮膚が薄いので、少しの刺激でもかなりの負担になります
私は元美容部員ですが、まつげ美容液を使う美容部員は聞きません
必要ないからです。

またアイプチもつけまつげも若いうちはいいですが、
必ずつけがきます。

皮膚やまつげにかなりの負担をかけています。
今さえ良ければいいのか。
よく考えて欲しいと思います

以前リバイタラッシュを使い、塗った日の翌朝目の周りが赤紫に腫れ、そのままゴミ箱行きになりました。

最近EGUTAMをサロンで購入し使っていますが、確かに睫毛は濃くなり伸びました。

しかし毎回ではないものの涙袋が腫れて色素沈着して赤黒くなってしまい、妹に朝起きた瞬間、ものもらいにでもなったの?ひどいよ?と言われてからやめました。
かかりつけの皮膚科の先生に相談すると元々アトピーがあって皮膚が薄くて弱いから、そんな高刺激な薬物使っちゃだめだよと言われました。
普通の人が腫れなくてもあなたの皮膚だとひどくなるから絶対やめた方がいいとまで言われたので今は何もしないことにしました。

少量でも高価です。
ずいぶん無駄にお金を使ってしまいました。
痒くて痒くて夜も眠れなくなります。
商品名をお伝えしたいのですが、同じ商品でも全く痒くならない人もいるようです。

数年前にも全く同等な【まつ毛美容液】で眼が腫れる、重症化すると視力失うという、大きな事件もありました。

この記事はその過去の事案を再掲載したのでしょうか…
新事件性を記事にしたのなら、過去の事案が、その時期にはどのような解決したのかもこの記事で明らかにするべきではないですか…
消費者も、全く勉強しない盆暗頭でスマホ片手に最先端行ってる私って『カワイイ』って己惚れるおバカですね。


まつ毛美容液が危険だと分かったならどの商品が。
と情報提供もして欲しいです。

私も年単位で使っていますが、特に問題はないので体質や個人差もあると思うのですが…

私も若い頃(8年くらい前だったかな?)に睫毛が伸びると謳っている商品を使ってた事があります。
睫毛が伸びる効果があったので嬉しくてリピートしてた記憶が。

思い返してみれば、塗った後瞼が腫れるとか痒くなる症状が出てたかも、、
今思うと目に怖い事してたんですね。


特に若い子は可愛くなりたい、睫毛を伸ばしたい一心で使うんじゃないかなあ。


雑菌とか知識が薄いと怖いですよね。


これ以上被害が増えなければいいな、、

何年もまつげ美容液を使っています。

全く染みないし、効果はあると実感しており、今後も続けようと思っていますが、こういったニュースが出るととても不安です。


すべての商品がダメなような文面だと混乱しかねないので、どの商品が問題なのか公表してほしいです。


15年以上いろんなメーカー試して、あまり効果がなかったもの、睫毛が抜けにくくなったもの、睫毛が伸びたものいろいろあったけど、腫れたりはなかったな。

ただ液体タイプのもので目に入ってしみたことはあるので、使い方とか、体質の問題なのかなと。


うまく使えば伸びるまでいかなくても、ビューラーやマスカラで傷んだ睫毛が、丈夫になる商品はたくさんあると思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!