大谷翔平(27)日本人初「エドガー・マルティネス賞」受賞!合計11冠獲得!

スポーツ

メジャーリーグ エンゼルスの大谷翔平選手が「エドガー・マルティネス賞」を受賞したというニュースが話題となっています。

この賞は、”年間で最も活躍した指名打者”に贈られます。

ゆえに、指名打者制度を採用しているアメリカンリーグのみの賞となっています。

この賞を受賞するのは日本人では初めてのことだそうです。

このことを伝えるニュースがこちら。

このニュースに対する世間の反応も。

メジャーリーグ機構は、30日(日本時間)、エンゼルスの大谷翔平選手(27)が年間で最も活躍した指名打者に贈られる「エドガー・マルティネス賞」を受賞したと発表しました。

1973年に同賞が設立されて以来、日本人選手の受賞は初となります。これで今シーズンのメジャーリーグの主な表彰は終わり、大谷選手は“11冠”となりました。

「エドガー・マルティネス賞」はアメリカン・リーグの球団関係者とメジャーリーグ各球団の担当記者の投票で決定。大谷選手は今シーズン、打者として46本塁打、100打点、26盗塁。

三塁打は両リーグ最多タイの8本をマークしていました。

打撃部門で評価されたタイトルは、これまで受賞している

(1)選手間投票で選ぶ「アメリカン・リーグ最優秀野手」

(2)専門誌『ベースボール・ダイジェスト』の「野手部門最優秀選手」

(3)打撃のベストナインと言われる「シルバースラッガー賞」

(4)「オールMLBチーム 指名打者部門 ファーストチーム」に加えて、

「エドガー・マルティネス賞」が5つ目となりました。

二刀流と投手部門で評価されたのは、

(1)最高の栄誉”MVP”

(2)選手間投票で選ぶ「年間最優秀選手」

(3)専門誌『ベースボール・アメリカ』の「年間最優秀選手」

(4)7年ぶりの選出となった「コミッショナー特別表彰」

(5)老舗スポーツメディアサイト『スポーティング・ニュース』の「年間最優秀選手」

(6)「オールMLBチーム 先発投手部門 セカンドチーム」で、

合わせて“11冠”となります。

大谷選手は、今月15日に記者クラブで行われた会見で、数々のタイトル獲得について

「今年やってきた数字というのが、そうやって評価してもらえるのは嬉しいこと。

ただ、待ちわびるとかそういう感覚ではない」と話していました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/36c186915c59cef56c51bea3c8d9e395deb84b18

スポンサーリンク

『Yahoo!ニュース 【速報】大谷翔平11冠締め 最強指名打者の称号“エドガー・マルティネス賞“ 受賞 設立49年目、日本人選手としては初 』のニュースに世間の声は

今年最高の締めくくりになりましたね。

大谷選手、沢山の楽しみをありがとうございました。


もうここまで来たら大谷翔平賞も作られるんじゃないか!
二刀流で活躍した人にあげる賞!

今年の活躍の評価としてはほぼ最上級でしょう。

来年も怪我なく各部門王を狙えるといいね。


おめでとうございます。


松井秀喜を超えるスラッガーが現れるとはね
また大谷を見て育った子供達が超えていってほしいね
ピッチャー初、日本人初のホームラン王期待値してます!

おめでとうございます 賞を総ナメですね
来期の活躍も楽しみにしています

未来の大谷翔平博物館には
並べきれない程の勲章が陳列される事だろう
いつか孫と見に行けるかもなぁ

今年のメジャーを代表する選手ということが改めて証明されましたね!本当に誇りに思います!来年は更に飛躍してほしいですね!!

もう凄すぎて驚かなくなってきました。

大谷選手が今後どうなっていくのか非常に楽しみです。


とにかく今までと変わらず楽しく野球少年でいてください。


大谷選手、受賞おめでとうございます。
帰国されてから練習以外は自宅にいらっしゃるとの事。
決して浮かれる事なくストイックに過ごされている事に、ただただ脱帽です。
大谷選手自身は、今年の成績がベースになると仰っているので、来年のご活躍に期待するばかりです。
コロナ禍の中、明るい話題を本当にありがとうございました。


error:Content is protected !!