ユニクロのシームレスダウンはクリーニング店で断られる!?3シーズン以内ならユニクロが補償

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 生地を糸で縫いあわせる代わりに合成樹脂で圧着したダウンが人気だ。

すっきりしたシルエットが特徴だが、「圧着部分がはがれる」として、ユニクロなど一部メーカーについて、クリーニング店が受け付けを拒否するケースが相次いでいる。

なぜか。

「剝離(はくり)等の事故が起きた場合の責任は負えません」。

愛知県津島市の「太陽舎クリーニング店」では昨年11月から、一部メーカーの圧着式ダウンを受け付ける際、こんな趣旨の同意書にサインを求め始めた。

同店の辻村卓也さん(43)は

「樹脂の劣化が原因なので、いくら気をつけて洗っても剝離は防げない。

でも実際に剝離すれば、お客様から『洗い方が悪い』とお叱りを受ける」。

同意を求めているもののひとつが、ユニクロが2015年に発売した「シームレスダウン」だ。

軽くて暖かい上に、縫い目が少ないため羽毛がふき出さず、雨もしみこみにくいのがセールスポイントだ。

同様のダウンは他社が既に売り出していたが、ユニクロは1万円台と手頃な価格で人気を集めている。

だが、同社によると、圧着に使われるポリウレタン樹脂は、空気中の水分や紫外線などと反応して、経年劣化が避けられない。

新品のまま保管しても3年ほどで、剝離やべたつきなどの問題が生じるため、ラベルにも明記してきた。

クリーニング業界紙「全ドラ」編集長の中沢孝治さん(47)は、

「圧着式のダウンは他にもあるが、ユニクロが販売を始めたことで消費者に一気に広がった。

劣化することはあまり知られておらず、しかも接着のはがれがはっきり現れるのは洗う時。

クリーニング業者にとっては時限爆弾を抱えるようなものだ」

と話す。

ユニクロによると、シームレスダウンの購入客から、同社に「クリーニングを断られた」などの問い合わせが多数寄せられるようになったのは2017年ごろから。

ユニクロは「手洗いで自然乾燥」を求める洗濯表示をしていたが、業者の負担が大きく、剝離トラブルのリスクもあり、一部の店舗で拒否されるようになったという。

このため同社は昨年、機械でのまとめ洗い・低温乾燥を繰り返してもそれ自体では剝離しないことを実験で確認。

8月以降は複数のクリーニング団体を訪れ、こうした洗い方で剝離した場合、3シーズン以内なら、クリーニング店に返金や交換するとの補償条件を示し、書面で配ったという。

同社は今回、朝日新聞の取材に

「検証を行い、クリーニング店でのまとめ洗いが可能であることが分かった。

クリーニング店様及びお客様対応において引き続きご協力させて頂きます」

とコメント。

担当者は「説明すれば、拒否していた店も受け入れてもらえるようになった。

表示にも反映したい」と話す。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000020-asahi-bus_all

『圧着式ダウンは「時限爆弾」? クリーニング店拒むわけ』のニュースに世間の声は

クリーニング店はお客さまとのトラブルを防ぐ為に、『うちではできません』でいいと思う。

クリーニング店側にしてみれば顧客との信頼関係が最優先事項です。
プロだから何とかするのではなく、プロだからこそ博打の様な選択肢は排除したいのが本音だと思います。

最近はクレームが本社に行くだけではなくすぐにSNSに発信されるから、リスク回避をしっかりしたほうがよい。

圧着式って高いんだよ。


検証したところで
客の使い方なんてわからんし。


数回洗っても問題ないとかじゃなく。


剥がれた時点で文句をつける。


拒否でいいじゃん。


ってかそこはメーカー側が解消すべき課題。


クリーニング屋に理解や協力を求めるのは
違うんじゃない?

クリーニング店は断るのは自由だと思う
後々の問題を考えたら賢明な判断

なんの解決にもなってないじゃん。

クリーニングで「洗えない」んじゃなくて、「洗った時に、劣化しやすい製品が劣化したことが発見されやすい」のが問題。


クリーニング屋は、洗えないと断るのが1番安全。


トラブルを避けるために、クリーニング店は断っていいと思う。
手洗い推奨のタグが付いていりらならば、購入時に消費者も確認すべき。

当然ですな。

ユニクロさんよ、商品開発の詰めが甘かったです。


超一流ブランドを買う客はむしろこういう問題には寛容ですが、
ユニクロ客では無理スジ。

客はイージーな使用概念しかないのでね。

そう言う性格の商品・加工を大量販売するのはリスクが大きいよ。


販売員が一点一点デメリットを説明し、顧客が納得する売り方で
ないと難し過ぎるよ。

ま、分かってて売ったと思うけども、
現代は何事も許容範囲が狭い世の中ですからね。

同情しますわ。

圧着式のダウンと言えばユニクロや水沢ダウンを発売しているデサントが有名だけど、クリーニング店は拒否するのが1番だと思う。

そしてユニクロやデサントなどのメーカーは、
たかだか3年程度で悪くなるような商品を作らないでほしい。


確かにポリウレタンは3年程の経年劣化で悪くなるものだけど、それで何万円も使わなきゃいけないのは問題じゃない?
消費者にもその知識が十分にあるとも思えないし。


ブランドさん、頑張って品質改善お願いしますよ!

どんな仕事でも、その道のプロだろうと言うお客様がいるけどリスクのある仕事は予想だにしないことが起こる可能性がある。
そのリスクをわかっているからこそ、説明も細かくなるしサインをもらう。
こういう記事は、すごく為になるな

そもそもセールで7990円のものを、クリーニングに出すのがわからん。

個人的には襟や袖が直接皮膚なら触れないように、タートルとか着込んで2.3年で捨てるでしょうね。


クリーニング出すなら圧着でもデサントの物や一般的なダウンを買うべき。


というか、UNIQLOがしっかりメンテナンス可能か記すべきだと思う。


クリーニング業の者です。
実際シームレスは乾燥にも時間がかかり一点に手間がかかる品物です。

ウチではお断りはしていませんが、正直扱うのが厳しいと感じています。

ご購入される際、クリーニングに出される際は充分に理解して頂きたいです。

後から補償してもらったところで「文句」を言われて辛い思いをするのはクリーニング店だ。

汚れた部分は食器洗い洗剤をつけて、シャシャっと綺麗にして着ればいいじゃない
3年も着れば、充分に元は取れるよ

発売元がきちんと提示する、口頭で説明するべきでは?

購入した金額や種類にもよるけど、さすがにユニクロのをクリーニングに出してまで着続けようとは思わない。

ダウンも自宅で洗濯できるけどな
てか自分で洗える服しか買わん

勘違いしとる人のおるけ書くけどユニクロだからダメになるとかじゃないですよ。
ポリウレタン樹脂を使ってる製品はみんな製品に使われた時点から劣化していきます。
安いからとかじゃなくても高い製品にもポリウレタンが使われてたら必ずダメになりますよ。

あと使い方にもよりますけど。


そこはクリーニング屋さんの腕の見せ所の部分と違う部分だ。
作り方に問題があって対応できないんなら断っていいんじゃないの?特殊で実績ないんだから。
圧着式ダウンは汚れるまでの限定使用だな。
洗濯後の使用は一か八かの勝負に賭けるしかない。

アークテリクスのジャケットも、防水性を高める為に縫製を減らし、圧着法を採用してるけど、経年劣化で剥がれる…
凄く高い割に脆い…
この方法ではこんなもんかなと思う。


なんでもかんでもクリーニング店で扱えると思ってる人は多い。

洗濯タグなんて見ない人が大半だし可能でも断るケースも多い。


3シーズン以内なら交換するとか補償するといわれても
文句言われるのはクリーニング屋だしね。


スタジャンみたいな異素材の組み合わせも断られやすいんで
これを機に服を買う前に洗濯タグを確認することをお勧めします。


ユニクロくらいの品質のものだと、むしろ自分で洗ってメンテコストも下げないとあまり価格メリットを感じない。
高価なダウンはメンテも高額なウォータークリーニングにしてるけど、これも毎年やる必要はないよ。
着た後湿気とか残らないようにするほうが重要。

1万のダウンで洗うのにリスクがあるんなら使い捨てるつもりで買わないと。
ギャアギャア言うならシームレスは避ければいい。
何でも安物を買う人の方が喚くクレーマーが多い。
高い物を買う人程不具合があっても冷静に対処してもらってる

3シーズン以降はいつ剥離するかわからないということでしょ。

僕は一度買うとアウター3年以上着るからむりだな。


今回初めて知りました。

購入する際はデザイン、価格、品質だけでなく
保管の仕方(洗濯)まで見て買わないといけないな。


シームレスダウンは見た目が好きだけど、劣化の話は結構前から話題になってたので買わず。

もっといい技術が出てから買いたい。


それまではクリーニング屋も拒否するべきだと思う、

ユニクロでクリーニングサービスを提供すればいいのに。

町のクリーニング屋さんリスクのあるものは断わるのは当然だし接客業はお客様の望みを全て叶える事ではない。


ユニクロは決して安くはない。
中途半端な価格設定にして、ダメになっても「まぁそこまで高いものでもないし仕方ない」と思わせる絶妙なライン。
商売としては素晴らしいけども、メーカーとしては三流だと思う。
ユニクロは寝間着です。

拒否か店内に「万一の場合の責は負えません」表示でいいと思う。

何かというとSNSで発信する奴が多いので、こういう風に先に発信して世間に周知するのも大ありと思う。


承知の上でクリーニングに出しながら、事が起こったところでSNSに出して非難する奴を事前に制するためにも。


去年買ったが圧着部分の剝離保証が三年ともとれる。

購入者に対する説明は?
買う時には洗濯用の小さいタグなんか見ないけど。


品質保証三年と大きく表示して欲しいな。


もし記載されていてクリーニング店に非が無い事を証明できても、
クリーニング店でそれを納得させる対応は大変だと思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!